モバイルバッテリーおすすめ23選!買って後悔しないための選び方のポイントも

2020年9月3日 (2020年9月4日最終更新)

スマホなど電子機器の普及に伴って、生活必需品となっているのがモバイルバッテリーです。そこでおすすめのモバイルバッテリーについて、そのおすすめポイントを紹介します。加えてモバイルバッテリーを選ぶポイントについても紹介しましょう。

目次

  1. おすすめのモバイルバッテリーをご紹介!
  2. モバイルバッテリーのおすすめの選び方
  3. モバイルバッテリーのおすすめメーカー
  4. おすすめのモバイルバッテリー9選<3000mAh~>
  5. おすすめのモバイルバッテリー7選<10000mAh~>
  6. おすすめのモバイルバッテリー7選<20000mAh~>
  7. モバイルバッテリーの注意点
  8. モバイルバッテリーを活用して快適なスマホライフを送ろう!

おすすめのモバイルバッテリーをご紹介!

スマホが普及し、ゲームや動画などをきれいな画面で楽しむことができるようになると、心配になるのがバッテリーです。また最近は台風などで停電になった時の情報収集のために避難グッズにモバイルバッテリーを入れる方も増えてきました。そんな方におすすめのモバイルバッテリーとその選び方を紹介します。

手頃で安い人気モデルや大容量のおすすめ商品も!

モバイルバッテリーと一口に言っても、近年ではさまざまなモデルが販売されています。大容量のものや値段が安いものはやはり人気ですが、その方のニーズによって選び方はさまざまでしょう。そこでそういったおすすめの人気商品の中からモバイルバッテリーを選ぶ際の選び方についても紹介していきましょう。

モバイルバッテリーのおすすめの選び方

それではまず、モバイルバッテリーのおすすめの選び方について紹介します。今述べたように、最近のモバイルバッテリーは値段が安いものや大容量のものなどそれぞれに特徴があり、ついつい目移りしてしまいます。そこで選び方としてポイントとなる部分に関してまずは紹介しておきましょう。

PSEマークのあるものを選ぶ

モバイルバッテリーは安いものではないので、できるなら大容量で安いものを選びたいと考えがちです。しかしまず確認してほしいのが「PSEマークの有無」です。

PSEというのは「電気用品安全法」のことです。ふだん使っているさまざまな電気製品はこの法律のもと、事故などが起きないように厳しい規制がかけられています。2019年からはモバイルバッテリーもこのマークがついていないものは製造、輸入、販売ができなくなりました。

ネットなどで購入する場合など、基本的にはこのマークがないものは売られていませんが、売れ残ったものなどがある場合もあるので、確認することをおすすめします。

容量で選ぶ

せっかくモバイルバッテリーを購入するのであれば、大容量で安いものにしようという方は多いです。しかし次とも関係しますが、大容量のものはサイズが大きく、重くなる傾向にあります。

バッテリーの容量は「mAh」という単位であらわされます。数字が大きいほど大容量となります。ですから日常使う分には1回から2回分、旅行などに持っていきたい場合には3回から4回分の容量のものを選ぶのがおすすめです。

ただし、モバイルバッテリーは時間が経つと自然に放電してきたり、パフォーマンスも落ちてきます。ですから購入してから時間が経過したものは書かれている容量の充電ができない場合もあります。

サイズ・重さで選ぶ

モバイルバッテリーはどのような時に使うものでしょうか。もちろん災害などの時のために避難用の袋に入れている方もいるでしょうし、その場合ならばとにかく大容量のものが便利と言えるかもしれません。

しかし一般的にモバイルバッテリーというのは、出先でバッテリーが切れそうになった時にチャージするために使うもの、つまり日常的に持ち歩くものです。そうなるとやみくもに大容量のものを選ぶとサイズが大きかったり重かったりして逆に不便ということもあり得ます。

カバンにちゃんと収まって、持ち歩いてもあまり負担にならないタイプのものは大容量でなくても使いやすいという面もあります。持ち歩きまで考えて選ぶことをおすすめします。

出力で選ぶ

モバイルバッテリーの選び方として確認したいものに出力があります。字が示すように、スマホなどの接続しした機器にどのくらいの電流が送れるのかということを示しています。

次に選び方のチェックポイントとして挙げますが、電流は「A」であらわされ、この数字が大きければ大きいほど早くスマホなどを充電できます。またスマホもタブレットも持ち歩いているという方ならば、複数台の充電ができるモバイルバッテリーを選ぶという選び方もあります。

チェックポイント①:充電スピード(出力ワット数)

一般的にモバイルバッテリー使って充電する時は、その必要に迫られた時が多いのではないでしょうか。つまり、少しでも短時間である程度充電させたいということが多いでしょう。

そんな時に出力ワット数が多いモバイルバッテリーは充電スピードが早いため、急いで充電したいという場合におすすめということになります。ですからこれからモバイルバッテリーを購入するのであれば、この出力が2A以上のものを選ぶと、充電の際のイライラが少なくてすむでしょう。

チェックポイント②:急速充電機能

最近はスマホなどのバッテリーが大容量となってきており、それに伴って「急速充電」機能がついたモデルが出されるようになりました。この機能がついたモデルはふつうのバッテリーよりも早く充電を進めることができます。

このようなモデルのスマホを使っている方はモバイルバッテリーも急速充電対応のものを選ぶことで、その機能を十分にいかすことができます。自分のスマホのモデルを確認することをおすすめします。

チェックポイント③:出力ポートの数

特に大容量タイプのモバイルバッテリーの中には、ポートが複数あるものもあります。ふだんスマホ1つだけ持ち歩く方はいいのですが、スマホ、携帯、タブレットなど複数の電子機器を持ち歩いている場合、複数のポートがあるモデルのほうがまとめて充電できておすすめです。

また、一般的にスマホよりもタブレットは充電の容量も多く必要になります。スマホとタブレット両方に充電したい場合は、大容量のものを選ぶことをおすすめします。

入力ポートで選ぶ

モバイルバッテリーの選び方の中で特に気をつけたいのが入力ポートです。実はスマホや携帯には充電の入力ポートにさまざまな種類があり、ポートが違うと充電できません。

特に危ないのがスマホの機種変をした後です。iPhoneとAndroidではそもそもポートの形が違いますし、Androidのスマホでも機種モデルによってポートの形が変わっている場合もあります。最近のものではUSB-Cのポートが増えてきています。

モバイルバッテリーを購入する際には、ポートがどのタイプなのかをしっかり確認してから選ぶことをおすすめします。またスマホが機種変などで変わった場合はケーブルを交換することで使える場合もあるので、そのあたりも確認しておきましょう。

Original飛行機に持ち込みできるモバイルバッテリーの種類・容量は?注意点もチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
国内・国外へ訪れる際に便利な交通手段「飛行機」。外出時、スマホやタブレットを簡単に充電できる...

モバイルバッテリーのおすすめメーカー

このように、モバイルバッテリーの選び方としてポイントとなる部分を紹介してきたのですが、そもそもモバイルバッテリーを販売しているメーカーは多いので、そこまであまり考えたことがないという方もいるかもしれません。その中で特におすすめしたいモバイルバッテリーのメーカーをいくつか紹介します。

Anker(アンカー)

「ANKER」というのは2011年に設立されたハードウェアブランドです。大容量のモデル、値段が安いモデル、急速充電に対応しているモデルなど、さまざまなニーズに合う商品が揃っており、コスパも比較的いいので、使いやすいモバイルバッテリーが揃っているという特徴があります。

また、このメーカー独自の規格や技術を持っており、その分高性能なものも多く揃っているため、使いやすいのも人気の秘密と言えるでしょう。

cheero(チーロ)

「cheero」は安全性第一という姿勢が強いブランドです。PSEマークに適合しているのはもちろんですが、独自の基準を設け、その基準に適合した商品を提供するなどしているので、安全に利用することができます。

また、モバイルバッテリーというと白や黒などシンプルなタイプが多いのですが、こちらのものはカラー展開が多様だったり、形がかわいらしかったりするものが多く、スマホと色を合わせたりすることもできます。どうせならおしゃれなモバイルバッテリーが欲しいという方に人気です。

BUFFALO(バッファロー)

「BUFFALO」はWifiルーターやキーボードなど、PC周辺機器を多く提供しているメーカーです。こちらのメーカーのものの特徴として挙げられるのは、つないだ機器を自動で判別し、さらに充電が完了したら自動でモバイルバッテリーの電源をオフにするという機能があることです。

この機能があることで、iPhone、Androidそれぞれに対応して急速充電をしたり、無駄に電力消費を防いだりすることができるため、スマホにも無理がかかりにくいという点で人気があります。

RAVPower(ラブパワー)

「RAVPower」はアメリカのメーカーで、アメリカを中心に高い人気の商品を提供しています。こちらの人気のポイントは大容量モデルからコンパクトで持ち歩きしやすいモデルまで、さまざまなタイプが提供されているため、選択肢の幅が広いことにあります。

また、独自の充電規格を持っており、素早い充電ができるため、モバイルバッテリーとして使いやすいという特徴もあります。

Originalコンビニの充電器まとめ!旅先ですぐ使えるおすすめ種類や値段を紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
私たちの生活に欠かすことのできないスマートフォン。外出先で突然充電が切れて困ったことはありま...

おすすめのモバイルバッテリー9選<3000mAh~>

それでは、おすすめのモバイルバッテリーについて、充電の容量を基準にいくつかに分け紹介していきましょう。まずは3000mAhから10000mAhくらいまでのものです。このあたりは容量としてはさほど多くはないのですが、その分値段が安いものが多く、持ち歩きにも便利なモデルが揃います。

Anker PowerCore+ mini

口紅か何かと見間違えるようなスタイリッシュな形ときれいな色使いが女性に人気のこちらのモバイルバッテリーは、何と言っても持ち歩きしやすいのがおすすめポイントです。充電の量は多くないのですが、普段使いには十分に役に立つモバイルバッテリーです。

機能の面では接続したスマホに合わせて最適な電流が送られる「PowerIQ」に対応しているため、スマホに負担をかけずに充電ができるというメリットもあります。女性が普段使いに持ち歩くのに特におすすめのモデルです。

BricksPower スマホに吸い付くQi対応モバイルバッテリー

こちらの商品はQi規格のワイヤレス充電器で、対応している機種にくっつけるだけで充電ができるというモバイルバッテリーです。クラウドファンディングで資金を集め製品化された商品だそうです。

なんといってもケーブルを使わず、くっつけるだけでいいというのが人気の秘密であり、別売りのLEDライト、Bluetoothスピーカーをつけて使うこともできるという、いろいろな使い方ができるタイプです。アウトドアが趣味という方にもおすすめのモデルです。

Anker PowerCore III Fusion 5000

こちらのモバイルバッテリーにはコンセントにつなぐアダプターとUSBポートが搭載されているため、モバイルバッテリーとUSB充電器の2つの使い方ができるという点がメリットです。USB-AとUSB-Cの2つのポートを持つため、2つの機器を同時に充電することもできます。

それほど大容量というわけではありませんが、コンパクトな作りで持ち歩きもしやすく、機能が充実しているわりには値段も安いため、使いやすいモバイルバッテリーです。旅行などの時にもかさばらずおすすめです。

ELSONIC マイクロUSBケーブル内蔵 モバイルバッテリー 5000mAh

こちらのモバイルバッテリーのおすすめポイントは、ほぼ名刺と同じサイズで重さが100グラムというコンパクトで超軽量である点、そして値段が安いことです。さらにボタンを押すとデジタルで残量が出るようになっている点もわかりやすいと人気です。

モバイルバッテリーの選び方として、とにかくコンパクトで安い、使いやすいものが欲しいという方にはおすすめのモデルです。

Apollo Traveller モバイルバッテリー 5000mAh

こちらのモバイルバッテリーは急速充電に対応しており、USBポートも2つ搭載されています。特にUSB-Cのポートは出力が大きいため、素早い充電が可能です。

しかもセルにグラフェン素材を使用することで、充電効率が非常によく、容量にもよりますが18分ほどでスマホのフル充電ができ、さらに充電回数も一般的なモバイルバッテリーの倍という長寿命モデルです。値段は安いとは言えませんが、長い目で見るとおすすめのタイプと言えるでしょう。

Anker Astro E1 5200 モバイルバッテリー

モバイルバッテリーの選び方で述べたように、基本的に大容量になればサイズは大きく重くなります。その点こちらのモバイルバッテリーはとても小さく、重さは125グラムくらいしかありません。

一方で、接続された機器を自動的に検知してフルスピード充電ができるという機能も持っているので、素早い充電もできるので、普段使いで持ち歩きたい方に特におすすめのタイプです。

RAVPower 6700mAh RP-PB060

こちらは手のひらに収まる程度のコンパクトなサイズと急速充電が可能という使いやすいモバイルバッテリーです。マルチ充電保護機能で過充電や高温を防ぐことで、スマホなどにも無理をかけないようにしている点も人気のようです。

容量としてはさほど多くはないので、スマホを何回も充電できるというわけにはいきませんが、普段使いでいざという時のために持ち歩くならば十分役に立ちますし、値段も安いのでおすすめです。

SuperMobileCharger

こちらはクラウドファンディングで注目を集めたという人気のモバイルバッテリーです。モバイルバッテリーの他にワイヤレス充電器、ACチャージャーと3つの機能がある点が大きな特徴です。

特にQiが使えるので、iPhoneのワイヤレス充電に対応しているためユーザーに人気のモデルで、折りたたみ式コンセントプラグでコンパクトに持ち運びをすることもできます。旅行などの際の荷物を少なくしたい方にも人気のモデルです。値段も比較的安いのでその点でも手軽です。

SMARTCOBY

こちらのモバイルバッテリーは何と言ってもサイズの小ささが人気の秘密です。クレジットカードくらいのサイズ、厚みは1.3センチ、重さは約137グラムとどれをとってもコンパクトでありながら、8000mAhの大容量、急速充電対応と、機能の面でも優れています。

こちらもクラウドファンディングで話題となった人気商品だそうで、持ち歩きにも便利で、スーツのポケットに入れておいても邪魔になりません。持ち運びしやすい大容量のものを探している方におすすめです。

おすすめのモバイルバッテリー7選<10000mAh~>

次に10000mAhから20000mAhの容量があるモバイルバッテリーでおすすめのものを紹介します。大容量と言われるタイプのものなので、スマホはもちろん、タブレットを使っている方にもおすすめです。このくらいあれば長時間の外出の際でも安心できる容量があるタイプと言えるでしょう。

Anker PowerCore II 10000 PowerIQ 2.0

10000mAhクラスの大容量になると、モバイルバッテリーのサイズもそれなりに大きくなりますが、一見するとそうとは思えないコンパクトサイズのモバイルバッテリーがこちらです。出力も大きく、急速充電にも対応しているため、使いやすいモデルとしてロングセラーになっています。

スーツのポケットなどに入れても邪魔にならないサイズ感と大容量、さらに急速充電のスピードの速さと忙しい方に特におすすめしたいモデルと言えるでしょう。

RAVPower ソーラーチャージャーモバイルバッテリー 100000mAh

近年、地震や台風などで停電を体験し、なかなか情報が入らず困った経験がある方もいるでしょう。そういう方におすすめしたいのが、ソーラーバッテリーで充電ができるモバイルバッテリーです。

こちらの商品は太陽光でチャージができ、さらにLEDライトがつき、ポートが2つあるため、スマホを2台一度に充電することもできます。アウトドアに災害の時の持ち出し袋の一品におすすめです。

AirALLY 4 in 1 10000mAh モバイルバッテリー

Apple製品を多く使っている方にはぜひおすすめのモバイルバッテリーがこちらです。なんとiPhoneからApple Watchまで、合計4つのApple製品を一気に充電することができるからです。もちろん急速充電にも対応しており、いざという時にもすぐに対応できるという点も人気の秘密です。

Briskyjp モバイルバッテリー 10000mAh ケーブル内蔵

こちらのモバイルバッテリーはケーブルが内蔵されており、しかも変換アダプタが付属しているため、さまざまな機器に対応することが可能です。形も薄型なので、スマホに重ねるようにし、内蔵ケーブルで充電すればコンパクトで使いやすい点もおすすめです。

またバッテリー残量もパーセント表示で出るため、今バッテリーの充電がどのくらい残っているかがすぐわかるため、その点でも安心して使用できます。

Anker PowerCore 13000

こちらのモバイルバッテリーは大容量でポートが2つあるタイプです。一般的な同容量のモバイルバッテリーに比べて30パーセント以上コンパクトなサイズになっており、持ち歩きもしやすいです。

また充電の面では電流と電圧を調整する機能がついており、接続機器によって適切な電流が供給されるため、スマホなどに負担をかけにくいという点もおすすめです。

BUFFALO モバイルバッテリー 13400mA 自動判別 2ポート

13400mAhという大容量でポートが2つあるこのモバイルバッテリーは、出力が4.8Aに対応しているため、2台一度に充電する場合でもスピードが落ちずに充電することができます。また接続機器を判別し、適切な充電ができるため、スマホなどにも無理がかかりにくい特徴があります。

LEDでバッテリーの残量がわかるようになっているので、特に何回か使った後などに残量が気になる際はそこで確認すると安心して使えるという点もおすすめです。

cheero Power Plus 3 13400mAh

一般的にポートが複数あるモバイルバッテリーの場合、複数つなぐと充電のスピードが落ちてきます。その欠点を克服したのがこちらのモバイルバッテリーです。合計出力が3.4Aと高く、接続機器に応じて最適な電流を送ることでハイスピードを実現しました。サイズもコンパクトで形も丸みがあるので持ちやすい点もおすすめです。

おすすめのモバイルバッテリー7選<20000mAh~>

次に、モバイルバッテリーの中でも20000mAhを超える大容量モデルについて紹介します。このタイプになると少し持ち歩きには不便かもしれませんが、その分大容量であり、いざという時の非常用として持っておきたいという方にもおすすめです。安いものが見つかったら手に入れておくとよいでしょう。

SMARTCOBY 20000mAh

スマホのモバイルバッテリーとしてだけではなく、カフェなどで仕事をすることが多い方にもおすすめしたいのがこちらのモバイルバッテリーです。なんといっても20000mAHの大容量で、出力は60WとMacBookの充電などにも十分に使えます。

しかしそれでいながらポケットに軽く入るコンパクトサイズであり、重さも370グラムほどしかありません。邪魔にならずに持ち歩くことができるサイズということも、おすすめのポイントと言えるでしょう。

Anker PowerCore Lite 20000

こちらのモバイルバッテリーはポートが2つあるのですが、それぞれのポートが最大3Aで急速充電することができます。そのため複数の接続機器がつながっている場合でも、どちらもハイスピードで充電することができるという点がおすすめです。

またBluetooth機器に充電する場合は低電力モードがあり、それを使うことで過充電を防げるというメリットもあります。いろいろな機器を使いこなしているという方におすすめのモデルです。

Anker PowerCore II 20000 PowerIQ 2.0

大容量でありながら薄型で持ち運びに適したタイプのモバイルバッテリーがこちらです。スマホはもちろん、タブレットなどにも充電できるうえ、ポートが2つあるので旅行などでたくさん利用するという場合にでも安心して使えるおすすめのモデルです。

さらに高出力で急速充電にも対応しているという高機能でありながら、値段が安いのが人気の秘密です。これだけの機能でこれだけ安いものはなかなかないでしょう。旅行や出張などが多い方にもおすすめです。

PowerPie モバイルバッテリー 20,000mAh

大容量のモバイルバッテリーは何度もスマホなどに充電できる反面、充電を使い切った時にチャージするのに当然ながら時間がかかります。ところがこちらのモバイルバッテリーには充電中に熱の発生を抑える特殊テクノロジーが使われていて、どちらもとても速いのが特徴です。

モバイルバッテリーのチャージにも、スマホへの充電も速く、しかも大容量ということで、特に忙しいビジネスマンに人気のモデルとなっています。出張などか多い方にもおすすめです。

TSUNEO モバイルバッテリー 24000mAh ソーラーチャージャー

こちらのモバイルバッテリーにはソーラーチャージャーが付属しています。ですから太陽光に当てておくだけでバッテリーに電気がたまり、しかも大容量なので、アウトドアや災害などの緊急時にもおすすめのモデルとなっています。

ポートが4つあり、ケーブルの種類も多く、また防水性能もあるため、いろいろな場所で使いやすいモバイルバッテリーです。家族の避難用グッズとして用意しておくのもおすすめです。

Anker PowerCore+ 26800 PD

モバイルバッテリーという持ち歩くアイテムとしてはギリギリのサイズに充電容量をいっぱいに詰め込んだという商品がこちらです。とにかく大容量で、スマホやタブレットはもちろん、MacBookなどにも充電ができるという高機能モバイルバッテリーです。

さらに付属の急速ACチャージャーを使うとモバイルバッテリーの充電もとても早く、これ一台あれば数日間なんの心配もいらないのではというレベルです。とにかく大容量高機能のものを探している方に人気です。

Angma モバイルバッテリー 30000mAh LEDライト付き

なんと32個ものLEDランプがついているこちらのモバイルバッテリーはUSBポートも4つついており、選び方としては地震や台風などで停電した時の非常用モバイルバッテリーとしてもおすすめのタイプとなります。

家族でスマホやタブレットなどを複数台利用している方の場合にもいいですし、値段の面ではこれだけの高機能でありながら安いというのもありがたいところです。非常用袋に1つおすすめです。

モバイルバッテリーの注意点

モバイルバッテリーの選び方を参考にお気に入りを選んだからには、長く使いたいものです。モバイルバッテリーは精密機械なので、その扱いにはいくつかの注意点があります。

まず、モバイルバッテリーが壊れる原因で最も多いのは、モバイルバッテリーの落下だそうです。特に外で扱うことが多いモバイルバッテリーはうっかり手を滑らせて地面に落とし、その衝撃で壊れるパターンが多いそうです。

また、モバイルバッテリーは高温に弱く、真夏の車の中などに置きっぱなしにすると異常発熱が起こり、発煙、発火などの危険があります。うっかり落としたり、うっかり置きっぱなしにしたりしないように、優しく扱うことをおすすめします。

モバイルバッテリーを活用して快適なスマホライフを送ろう!

普段使いはもちろん、災害などの際に情報が途絶えることを防ぐためにも、モバイルバッテリーは今や生活必需品と言えるでしょう。さまざまなタイプがあるので、値段や容量、そして用途などを考えて使いやすいタイプのものを用意しておくことをおすすめします。上手に利用して快適なスマホライフを送ってください。

関連記事

関連するキーワード

2237.thumb
この記事のライター
よしぷー
青森出身、京都在住の歴女です。歴史が感じられる場所を旅するのが好きで、寺社巡りや博物館巡りを楽しんでいます。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ