北海道の冬の服装は?画像で解説!天気や気温に要注意!靴はどれ?

2017年1月27日 (2018年4月14日最終更新)

冬の北海道旅行には、美しい雪景色、雄大な天気や風景と、他の土地では体験できないことがたくさんあります。防寒効果の高い服装を着用することで、快適に北海道の冬を思う存分楽しみたいものですね。今回は冬の北海道旅行を快適に過ごす為の服装情報をまとめてみました!

目次

  1. 冬の北海道を楽しみたい!
  2. 北海道用に服を新調するの?
  3. 冬の北海道旅行の服装はどうすれば?
  4. 北海道旅行の服装のポイントは?
  5. その靴大丈夫?冬の北海道旅行での靴の注意点は?
  6. 冬の北海道を楽しむための服装、その他の注意
  7. 楽しい旅行はしっかりした服装を準備する事から!

冬の北海道を楽しみたい!

冬の北海道は他の季節以上に雄大な自然が楽しめるということで、ぜひ行ってみたいと考える方も多いのでは。しかしその一方で、天気予報などで北海道の気温や雪が話題に出ると、防寒対策をどうしたらいいのかと悩んでしまうこともあります。それでは冬の北海道を存分に楽しめるように、北海道旅行に適した服装について、画像を見ながらお出かけ前にチェックしてみましょう。

北海道用に服を新調するの?

特に本州以南から冬に北海道旅行する、という場合、ニュースや天気予報で雪や気温の状況をチェックすることは多いもの。特にニュースの場合だと、-20℃以下などの寒さや雪などの天気が報道されることが多いので、北海道ではどんな服装なら寒くないのだろう?と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、本州以南に住んでいると言っても、画像のような冬の時期に着る厚手のダウンコートや防寒用のトレーナーなど持っていることが多いのでは?それをうまく組み合わせることで、北海道の寒さを防ぐ服装にできるのです。

冬の北海道旅行の服装はどうすれば?

冬の北海道は寒い、ならばとにかく厚地の服をめいっぱい着込めば、と考える方も多いかもしれませんが、実は本州でふつうに売っている服装で意外と大丈夫です。もちろん行く場所にもよりますが、普通に北海道観光をする程度ならば、北海道の建物は断熱材などがしっかり入っていることが多く、建物自体が寒さを遮断するしくみになっています。また北海道の場合、冬は暖房をしっかり使うので、建物や乗り物の中は暖かい、という場合も多いのです。

北海道の場合、外の空気がすごく冷たいのに建物・地下に入ると汗かくほど暑いというのが 結構ありますので調整できる服装のほうがいいのかなと思います。 知り合いの道民は冬は暖房ガンガン入れて半袖でアイス食べるとか言ってましたしね。

しかし、北海道の冬ですから、ダウンコートに暖かい下着などを数枚重ねる必要はあります。肌着、薄手の保温タイプの長袖(ヒートテックなど)にセーターやトレーナーなど、その上にダウンコートを着用するというのであれば、手持ちの服装をうまく利用することができます。もちろん、北海道などの寒い地域用のより効果の高いタイプのものが手に入れば、そういったアイテムを利用するのもいいでしょう。

北海道旅行の服装のポイントは?

前に書いた通り、冬の北海道は外と室内の気温差が大きいことがあります。であれば、室内でめいっぱい着込んでしまうと、防寒どころか暑く感じてしまう可能性もあります。こういった場合、コートやセーターを脱ぐことで調節が可能になります。むしろ北海道の建物のことを考えると、温度調節がしやすいように着脱可能なほうがいい、ということですね。

むしろそのことよりも大切なのは、空気を遮断し、体熱を逃がさないようにすることです。特に北海道の地吹雪のような天気の時など、風が強いと、体感温度が大きく下がり、寒く感じます。画像にあるように「首」と名のつく部分を温めると寒さを感じにくくなるので、マフラーや手袋を着用する、ズボンの下にタイツを履くなどすると暖かく感じます。帽子や耳あてもあると暖かくていいですね。

その靴大丈夫?冬の北海道旅行での靴の注意点は?

むしろ多くの人が忘れてしまうのが靴です。防寒=服装、ということで、そちらに気が回ってしまうのですが、北海道の人が冬に履くのは普通の靴ではありません。テレビなどで見ていると、北海道の人はいわゆる普通のブーツや靴でスタスタと歩いていますが、見た目は他の靴と同じでも中身は全く違うのです。

画像にあるように、具体的には靴の裏にスパイクなどの滑り止めがついており、内側には起毛が、そして表面は防水加工が施されている場合がほとんどなのです。こういう靴であれば、雪道でも足が冷たくなりにくいですし、多少の雪道ならば滑りにくくなります(ただし、全く滑らない、という靴はありませんので、気をつけて行動しましょう。北海道や雪国の方が書いた雪道の歩き方などをチェックするのもいいですね)。

冬の転ばない歩き方。そっかペンギンと一緒か。

実はこのような靴は本州ではなかなか手に入りません。早い時期にネットで探すのもいいですが、北海道では駅や空港に靴屋がある場合もあります。ですから、北海道に着いてから買うのもいいでしょう。また、着脱ができる滑り止めもありますので、こちらを購入するという方法もあります。

冬の北海道を楽しむための服装、その他の注意

服装のところで手袋と書きましたが、手袋には防寒のほか、もう一つのポイントがあります。それは両手を空ける、ということ。北海道の人でも同じことが言えるのですが、特に雪道に不慣れな旅行者の場合、両手を空けておくのはバランスを取る上でも重要です。ズボンのポケットに手を突っ込んだりすると、滑った時、転倒した時に受身が取れず大変危険です。

もちろん歩きスマホは厳禁です。また手袋をしていない状態で手をつくと、氷で手を切る可能性もあります。必ず手袋を着用し、できれば手荷物もリュックやショルダーなど、手が空くタイプにするといいですね。転倒したときにリュックなどがクッションになることもありますし、帽子をかぶっていることで頭を護ることもできます。

Sapporo札幌での服装を気温や季節ごとに解説!寒い時の防寒対策は?観光の参考に! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
札幌は、日本最北端の北海道にあります。冬はスキー夏は避暑地へ日本最大の観光地です。旅行に行く...

楽しい旅行はしっかりした服装を準備する事から!

雄大な自然を思う存分楽しむためには、事前の準備が肝心!防寒と足元には十分気をつけて、北海道旅行を楽しみたいですね。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
よしぷー

北海道の人気ランキング

北海道の新着のまとめ