JFK空港の免税店や人気のお土産をご紹介!アクセス情報も詳しく解説!

2017年6月20日 (2019年9月1日最終更新)

世界中から旅行者が集まるニューヨークですが、その玄関口であるJFK空港はアメリカ国内の主要空港のひとつでもあります。そんなJFK空港からのニューヨークまでの色々なアクセス方法や免税、お土産、グルメ情報などを集めてみました。

目次

  1. ニューヨークの玄関口!JFK空港
  2. JFK空港の免税店1:化粧品
  3. JFK空港の免税店2:ハイブランドショップ
  4. JFK空港の免税店3:アメリカ系のアパレル
  5. JFK空港で買えるお土産1:「I Love NY」
  6. JFK空港で買えるお土産2:ヤンキース・グッズ
  7. JFK空港で買えるお土産3:M&M's
  8. JFK空港で買えるお土産4:アスター・チョコレート
  9. JFK空港のおすすめレストラン1:シェイク・シャック
  10. JFK空港のおすすめレストラン2:ブルー・スモーク
  11. JFK空港のおすすめレストラン3:パーム・バー&グリル
  12. ニューヨーク市内へのアクセス方法1:タクシーでのアクセス
  13. ニューヨーク市内へのアクセス方法2:空港バスでのアクセス
  14. ニューヨーク市内へのアクセス方法3:エアトレインでのアクセス
  15. JFK空港はお楽しみがいっぱい!

ニューヨークの玄関口!JFK空港

アメリカ、ニューヨークの空港と言えばJFK空港(正式名称はジョン・F・ケネディ国際空港)です。ニューヨークだけではなくアメリカの代表的な国際空港として、50カ国からの国際線が就航しており1日の離着陸数は400にものぼります。こちらでは、JFK空港でのショッピング、おすすめのレストラン、アクセス方法などをご紹介します。

201404 sweets 4 1アメリカのお土産おすすめ10選!雑貨やお菓子から人気コスメ・ブランドまで | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アメリカは、大自然と大都会が両方楽しめる人気の旅行先です。コスメや雑貨、お菓子など、アメリカ...

JFK空港の免税店1:化粧品

JFK空港の中には数多くのの免税店品店がありますが、やはり気になるのは化粧品です。女性だけではなく男性もお土産に購入することが多い化粧品ですが、まずは荷物チェックを出てから目に入るのが免税店Duty Free Shopです。プロモーションなどお得なイベントも行っていますが、免税店の方がニューヨーク市内の街中で買うより高いということもあるので、要チェックです。

その他にもクリニーク(CLINIQUE)やエスティー・ローダー(Estee Lauder)、資生堂もありますが、品揃えという点からはちょっと物足りないかという評判もあります。化粧品のブランド店自体があまり多くないですが、空港限定の商品などもあるということで、発掘してみるのも面白いかもしれません。

JFK空港の免税店2:ハイブランドショップ

ブランドショップといえば、やはりチェックしておきたいのがバッグやお財布類です。アメリカのブランドであるマイケル・コース(Michael Kors)やランジェリーでおなじみのヴィクトリアズ・シークレット(Victoria's Secret)から、コーチやエルメスなどの高級ブランドショップが並んでいます。

JFK空港の免税店3:アメリカ系のアパレル

JFK空港の免税店の中には無印良品(MUJI)や、ラコステ(Lacoste),アメリカらしくハーレーダビッドソン(Harley-Davidson)などのショップがありますが、中でも注目なのが一時期日本でも大人気だったジューシークチュール(Juicy Couture)のショップです。日本から撤退してしまったブランドなので、ジューシークチュール好きには嬉しいショップです。

JFK空港で買えるお土産1:「I Love NY」

ニューヨークのお土産といえばやはり、ハートのマークが付いた『I Love NY』グッズです。JFK空港の中のお土産ショップでは、Tシャツ、マグカップ、テディベアなどの様々なお土産が並んでいます。『I Love NY』グッズはJFK空港でなくても購入できますが、旅の終わりにお土産をみるのも楽しいです。

JFK空港で買えるお土産2:ヤンキース・グッズ

JFK空港の中には地元ヤンキースのショップもあります。Tシャツや色々な種類のキャップからショッピングバッグ小物まで、色々なヤンキースグッズを購入することができます。ヤンキースファンではなくても野球好きには喜ばれそうなお土産です。

JFK空港で買えるお土産3:M&M's

海外旅行で一番お手軽なお土産の一つがお菓子類です。アメリカには有名なチョコレートがいくつかありますが、JFK空港ではそんな有名チョコレートのお土産バージョンを買うことができます。ターミナル7にはマンハッタンにも支店があるM&M'sのショップがあり、チョコレートだけではなく、Tシャツなどのグッズも販売しています。

JFK空港で買えるお土産4:アスター・チョコレート

ニューヨーク発のチョコレート「アスター・チョコレート」では、ニューヨークの観光名所が描かれたパッケージのチョコレートが販売されています。色々な種類のチョコレートがあり、パッケージの柄は自由の女神が描かれたものや『I Love NY』のロゴが入ったものなど様々です。

JFK空港のおすすめレストラン1:シェイク・シャック

シェイク・シャック(Shake Shack)はミルクシェイクとハンバーガーで有名なレストランで、ニューヨーク市内のシェイク・シャックではいつも行列が出来ています。JFK空港の中には2ヶ所のシェイク・シャックがあり、通常のメニューとブレックファスト・メニューもあるので、早朝のフライトにはうれしいレストランです。

JFK空港のおすすめレストラン2:ブルー・スモーク

ニューヨーク市内マンハッタンに2つのレストランを持つブルー・スモーク(Blue Smoke)ですが、JFK空港では第4ターミナルにあります。メニューやクオリティーも市内のレストランと変わらず、プルド・ポーク(Pulled Pork)やスペアリブス、スモーク・ソーセージなどのバーベキュー料理を楽しむことが出来ます。

JFK空港のおすすめレストラン3:パーム・バー&グリル

ニューヨークのマンハッタンにも支店があるパーム・バー&グリル(The Palm Bar & Grille)は、2009年にJFK空港にオープンしたステーキハウスです。メニューにはステーキだけではなく、カニやロブスターなどのシーフードやサラダなどがあり、上質のステーキ肉を使ったバーガーが人気です。

ニューヨーク市内へのアクセス方法1:タクシーでのアクセス

JFK空港からタクシーでニューヨーク市内を目指すのが、おそらく一番簡単な方法だと思われます。タクシーは到着ロビーを出たところにイエロー・キャブの乗り場があるので、見つけるのはとても簡単です。頼んでもいないのに「Taxi?」と売り込んでくるドライバーもいますが、ライセンスがないタクシーなどもあるので、必ずタクシー乗り場で、ライセンスプレートのあるタクシーに乗るようにします。

料金は、マンハッタンまでは一律料金$52となっていますが、有料道路(Toll)を使う場合はその料金と、チップが加算されます。マンハッタン以外では、ブロンクスまでは$52から$68、ブルックリンまでは$59から$64、クィーンズまでは$28から$33が大体の目安となります。

Originalニューヨークでおすすめのホテルを厳選!おしゃれで女性にも安心! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ニューヨークには星の数ほどホテルがあります。その中からおすすめのホテルのご案内です。ニューヨ...

ニューヨーク市内へのアクセス方法2:空港バスでのアクセス

空港バス(NYC Airporter)は空港公認のバスで、JFK空港だけではなくラガーディア空港からも運行しています。朝6時から夜11時半まで30分おきに運行していて、マンハッタンまでは片道$18、往復$34と、往復でチケットを買うと$2の割引となります。

JFK空港からの空港バスの停車地は、グランド・セントラル(Grand Central)、ポート・オーソリティ(Port Authority)とペン・ステーション(Penn Station)で、JFK空港からマンハッタンまでは1時間半かかります。各ターミナルのすぐ外に停車場があり、係員が常駐しています。

ニューヨーク市内へのアクセス方法3:エアトレインでのアクセス

JFK空港からニューヨーク市内を目指すのに一番経済的なのがエアトレイン(Airtrain)で、$10ほどでニューヨーク市内に到着できます。2003年に開通したエアトレインは、空港の各ターミナルと鉄道駅とを結ぶ高架鉄道で、3路線のエアトレインがあります。そのうちの一つは、各ターミナルの間のみを循環する路線です。

2つ目はJFK空港と地下鉄E線、ロングアイランドレイルロード(LIRR)を結ぶジャマイカ線(Jamaica Station Route)で、ニューヨーク市内でもミッドタウン、マンハッタン、アップタウン、クィーンズ方面を目指す場合はこの路線を使います。3つ目はJFK空港と地下鉄A線を結ぶハワード・ビーチ線(Howard Beach Route)で、こちらはダウンタウンやブルックリンに向かう場合に利用します。

空港ターミナルからエアトレインに乗車する場合には改札もなく、切符の購入も必要ありません。2つあるホームは、一方がターミナル循環線のみ、もう一方がジャマイカ線もしくはハワード・ビーチ線が停車するので、インフォメーションを確かめてから乗車します。

エアトレインの運賃は、ジャマイカ駅もしくはハワード・ビーチ駅で下車して改札を通る前に$5を支払いをします。地下鉄に乗る際にはメトロカードというニューヨーク市の地下鉄・バス乗車券を購入して料金をチャージする形になります。エアトレインを使ってJFK空港からニューヨーク市内を目指すのは経済的にはお得ですが、移動が多いので大きい荷物を引きずりながらだと大変かもしれません。

JFK空港はお楽しみがいっぱい!

JFK空港は大きな空港ですが、免税店などのショップ自体はそれほど大きくなく、ショッピングをするのにも物足りないとも言われますが、免税店だけではなくて面白いお土産を販売するショップや、美味しいレストランなどもあり、楽しみ方は様々です。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
patandjessthecat

ニューヨークの人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

ニューヨークの新着のまとめ