東海の花火大会2017!気になる日程は?おすすめの会場や人が少ない穴場も

2017年7月8日 (2017年8月26日最終更新)

東海といわれても一体どこからどこまでを東海と呼ぶのか?という議論もあるでしょうが、今回は愛知・岐阜・三重の東海三県の花火大会をメインに日程などの紹介をしていきたいと思います。関東からも関西からもアクセスしやすい東海地方のおすすめ花火大会にぜひお出掛け下さい。

目次

  1. 東海地方の花火大会はクセが強い!
  2. 東海の花火大会:①「ミスティノーチェ」
  3. 東海の花火大会:②「豊橋祇園祭」
  4. 東海の花火大会:③「新城納涼花火大会」
  5. 東海の花火大会:④「大須夏まつり」
  6. 東海の花火大会:⑤「下呂温泉まつり」
  7. 東海の花火大会:⑥「長良川花火大会」
  8. 東海の花火大会:⑦「揖斐川花火大会」
  9. 東海の花火大会:⑧「名張川納涼花火大会」
  10. 東海の花火大会:⑨「コチラレーシング花火大会」
  11. 東海の花火大会:⑩「夏の鳥羽湾花火大会」
  12. 夏の東海地方で花火三昧!

東海地方の花火大会はクセが強い!

@roc_69さんの投稿
13712833 1585034601791330 316796612 n

東海地方(愛知・岐阜・三重)で夏の花火大会が開催される予定なのが現在140か所余りあります。その中で特に特色のある花火大会と、穴場的な花火大会の2017年の日程と簡単な見どころをご紹介して参りたいと思います。この夏の思い出作りのお役にたてればと思います。

東海の花火大会:①「ミスティノーチェ」

愛知県蒲郡市「ラグーナテンボス」

@kurarapomeさんの投稿
17586799 411934509162285 7825837773780156416 n

長崎のハウステンボスを経営再建させたHISが愛知県蒲郡市にあった「ラグーナ蒲郡」を「ラグーナテンボス」として再出発させたのが2014年でした。夏のプールだけがウリだったラグーナに一年中集客したいと色々な企画を持ち込みました。「ラグナシアナ」での映像と花火とショーの融合もその一つです。感動しますよ!

音と光の共演

@ph7vdggさんの投稿
10554054 267868140087564 1478061985 n

2017年の開催日程は7月15日、16日、7月22日から8月31日、9月16日、17日、23日(日)[雨天時:天候その他の都合により変更になる場合あり]となっています。打ち上げ時刻は20時15分からとなっていますが、多少の変動もあります。席も有料ですが、場所などによってこちらも変動がありますので、下記に問合せ先を記しておきます。

場所:愛知県蒲郡市海陽町2丁目3番地ラグナシア内ルナポルト付近
問合せ先:0533-58-2700

東海の花火大会:②「豊橋祇園祭」

愛知県豊橋市「豊川河畔」

@ats_1025さんの投稿
13712208 155883454820965 531627597 n

愛知県豊橋市に元禄元年から伝わる「祇園祭り」。そのフィナーレを飾るのが大花火大会です。毎年ラストの大スターマインが見どころとして紹介されています。打ち上げ数は堂々の12000発。この祭りと花火で豊橋の方たちは夏の訪れを感じるそうです。2日間に渡って開催されますが、初日は驚きの「雨天決行」だそうです。

手筒花火発祥の地

@kotakota2nさんの投稿
13767742 309062646102583 605563865 n

2017年は300本の手筒花火が彩りを添えます。最近は日本全国各地いろいろな場所で見られるようになった「手筒花火」ですが、発祥はここです。7月21日、22日に花火大会は行われますが、手筒花火は両日ともに行われる予定です。打ち上げ場所の向かい側の豊橋公園がおすすめの観覧スポットになります。

問合せ先:0532-53-5528

東海の花火大会:③「新城納涼花火大会」

愛知県新城市「納涼花火大会」(穴場)

@y__k86さんの投稿
13671724 183742978705748 1247834839 n

愛知県の花火大会の中で穴場中の穴場と言えば「新城納涼花火大会」です。2017年8月13日に開催されますが、有料指定席の販売は6月30日からとかなり早くなっています。それだけ人気は高いのですが(昨年の人出約40000人)、場所が場所だけに周りは無料で観覧できる場所が点在しています。豊川を渡るナイアガラは息をのむ美しさです。

問合せ先:0536-32-0022

東海の花火大会:④「大須夏まつり」

愛知県名古屋市「大須観音」

@ymkmyさんの投稿
13694495 1151401321549646 978231705 n

今年も名古屋の暑い夏がやってきます。「大須の子供たちの記憶に残る楽しいイベントを」をモットーに、良い意味で何でもアリのお祭りが「大須夏まつり」です。土日の二日間開催ですが、土曜日はサンバパレード、日曜日は世界コスプレサミットのパレードを皮切りに様々なイベントが用意されています。

@rhacophorus101さんの投稿
13731298 906614392815692 67693514 n

2017年の開催日程は8月5日・6日の二日間ですが、花火の締めは手筒花火です。サンバあり、コスプレあり、アイドルグループのライブありでステージ上も一日中熱気で溢れかえりますが、やはり真打は手筒花火です。「須鼓路」という大須太鼓保存会の打ち鳴らす太鼓との共演は見ものですよ。

問合せ先:052-261-2287

東海の花火大会:⑤「下呂温泉まつり」

岐阜県下呂市「龍神火祭り」

日本の温泉ベスト10などを調べれば必ずランキングインする下呂温泉。その下呂温泉で一年の中で一番盛り上がるのが「下呂温泉祭り」です。5尾の龍神が白鷺橋に集結し爆竹の爆音と火の粉の中乱舞する龍神火祭りが初日にあり、神輿や踊り連の「下呂おどり」や参加自由の民謡流しが2日目、花火大会は3日目になります。

「花火ミュージカル」

@yponta12さんの投稿
13712764 276439216059617 496478854 n

2017年の日程は8月3日、20時開始となっています。この花火大会はコンピューターで制御されており、「花火ミュージカル夏公演」としてエンターティンメント性の高いものになっています。従来の花火大会としてではなく、壮大な音と光のライブショーとして楽しんで頂けると思います。

問合せ先:0576-24-2222

東海の花火大会:⑥「長良川花火大会」

岐阜県岐阜市「長良川河畔」

この花火大会、実は「全国選抜長良川中日花火大会」という長いタイトルが付けられています。地元の人に聞くと「ちゅうはな」と略す事が多いようですが、そこからも地元に愛されている花火大会なのが判ります。日程は毎年7月の最終土曜日となっています。打ち上げ総数は約30000発と全国有数の規模を誇ります。

有料席はありません!

@taka25__0815さんの投稿
11327333 871835776243078 1390093339 n

2017年は7月29日の土曜日が開催日となっていますが、開始時間がちょっと特殊で午後12時からとなっています。明るいうちから号砲や彩煙で夜の部までの時間を盛り上げてくれます。全国選抜というだけあって日本中の花火師が集い、その技を競います。インターネット投票などで順位付けまでするので気合の入った一発が見られますよ。

問合せ先:052-221-0671

東海の花火大会:⑦「揖斐川花火大会」

岐阜県揖斐郡揖斐川町「山びこの郷」(穴場)

@yans0584さんの投稿
13774358 101257553653560 1921244926 n

花火大会タイトルが「山びこの郷夏祭り花火大会」となっており、場所が山間のために自然の音響効果(山びこ)でド迫力の花火が楽しめます。有料観覧席などなく、地元の方たちに混じって空を見上げて下さい。2017年の開催日程は7月29日となっていますが、まずは16時からのお祭りから参加されることをおすすめします。

コスパ(コスパ?)最高!

ここは東海地方の花火大会の中でも穴場中の穴場と言って過言では無いと思います。昨年度の実績を見ますと、「花火打ち上げ数1250発、観客動員400人」となっており、同じ日に行われる「長良川花火大会」の100分の1の人出です。清流揖斐川の川風にあたりながら花火を満喫して下さい。

問合せ先:0585-54-2231

東海の花火大会:⑧「名張川納涼花火大会」

三重県名張市「新町橋周辺」

@yuta__0607さんの投稿
13628039 1482408275109310 1409474489 n

近郷近在では最大級の4500発の花火が打ち上げられる「名張川納涼花火大会」。2017年は7月29日に行われますが、奈良県との県境周辺(伊賀地方)では唯一の大型花火大会のため人出は覚悟して行かなければなりません。昨年実績で70000人の人出がありました。ゆっくり見たいのであれば有料観覧席(後列1500円)も良いかもしれません。

ラストは観客のカウントダウンで!

@ryske17さんの投稿
13707318 881534418618440 1469557403 n

近くの愛宕神社の勇壮な火祭りが終わると花火大会が始まります。音楽に合わせたスターマインやナイアガラなど色とりどりの花火が観覧できます。朝日公園の有料駐車場(昨年度500円)から良く見えるので、個人観覧席として車を使うのもおすすめですが、ラストのカウントダウンはぜひ参加して下さい。心地良い一体感が味わえます。

問合せ先:0595-63-9087

東海の花火大会:⑨「コチラレーシング花火大会」

三重県鈴鹿市「鈴鹿サーキット」

@aerox_0613さんの投稿
19931572 1231787946944294 3426054657074528256 n

え、鈴鹿サーキットで花火大会?と思われた方もおられるでしょうが、実は「鈴鹿サーキットコチラレーシングモータースポーツ花火」は三重県内第3位の人気を誇る花火大会なんです。8月の期間中1日あたり3500発の花火を打ち上げる本格的な大会なのですが、人気の秘密はそれだけではありません。

バイクパフォーマンスなどとのコラボ!

2017年は8月11日から14日と19日の5日間の開催になりますが、20時前後からの打ち上げ開始までラリーカーとトライアルバイクのバトルパフォーマンスがあったり、花火とマシンのコラボがあったり、音と光の共演があったりと、最高の思い出作りのできるイベントです。入場料が一律ではないので、下記に問合せ先を記しておきます。

場所:三重県鈴鹿市稲生町7992
問合せ先:059-378-1111

東海の花火大会:⑩「夏の鳥羽湾花火大会」

三重県鳥羽市「の各所」(穴場)

8月の夜空に毎夜咲く花火。「夏の鳥羽湾毎夜連続花火」は毎晩8時30分頃、鳥羽の空を見上げると約5分間打ち上がる花火を楽しむことができます。2017年の打ち上げ日程は8月5日から28日までの毎日となっていますが、打ち上げ場所は3か所の持ち回りになっていますから、時々によって見える角度が変わります。

夏の風物詩

打ち上げ場所は佐田浜(8月5日から10日)、安楽島湾(11日から15日)、小浜湾(16日から20日)の3か所ですが、21日から28日は小浜湾から「小浜連続花火」として毎日3分間の打ち上げになります。もうすでに夏の鳥羽の風物詩になっています。旅館の窓から眺めるのも風情があっていいものです。

問合せ先:0599-25-5096

夏の東海地方で花火三昧!

@freiheit_nori_dioさんの投稿
19955375 150351688863132 8952795943384645632 n

今回東海地方の花火大会を紹介させていただきましたが、きっとどの花火大会に行ったとしても楽しめると思います。カップルで、家族で、大好きな人との花火は大きくても小さくても一緒に見る人、やる人によって感動があります。特にクセの強い東海地方の花火大会は一生忘れない良い思い出になると思います。ありがとうございました。

もっと愛知県の情報を知りたいアナタは!

Osu 14大須・駐車場情報!土日も安いおすすめや無料開放の穴場まで!
164128鳳来寺がある鳳来寺山へ行こう!登山や東照宮参りのあとは温泉でゆったり!
Dscf5494豊橋公園は遊具が豊富で子供に人気!イベントやバーベキューもおすすめ!

関連記事

関連するキーワード

愛知県の人気ランキング

愛知県の新着のまとめ

© 2017 TravelNote