トルコ・ボスポラス海峡クルーズの見所!イスタンブールの現地ツアーで満喫!

2017年8月24日 (2017年9月15日最終更新)

トルコをアジア圏とヨーロッパ圏に分断している海峡がボスポラス海峡です。一つの国で異国文化に触れることができる世界でも珍しい魅力的な国トルコをボスポラス海峡クルーズとイスタンブールを中心に皆様にご紹介していきたいと思います。

目次

  1. トルコ!ボスポラス海峡クルーズへ行く前に
  2. トルコ・ボスポラス海峡を観光するときの注意した方がいいことって何?
  3. ボスポラス海峡とは!
  4. トルコのボスポラス海峡へクルーズへの旅
  5. ボスポラス海峡見学は人間の足で楽しもう
  6. ボスポラス海峡をクルージングで見る景色
  7. ボスポラス海峡の見どころ1「ドルマバフチェ宮殿」
  8. ボスポラス海峡の見どころ2「ルメリ・ヒサル」
  9. ボスポラス海峡の見どころ3「ボスポラス大橋」
  10. ボスポラス海峡の見どころ4「ベイレルベイ宮殿」
  11. 夜のボスポラス海峡クルージングに満喫
  12. イスタンブールに行ったらやっぱりここ!
  13. トルコ・ボスポラス海峡に行きたくなりましたか?

トルコ!ボスポラス海峡クルーズへ行く前に

@akiko_cappadociaさんの投稿
21479679 191495894725911 554440184393891840 n

トルコという国をどこまで知っていますか?長く伸びるアイスクリームやカバブなど美味しいものがあり、カッパドキアなどの独特なスポットも多いです。そこで、まずトルコの基本情報を確認してからトルコの魅力・ボスポラス海峡の魅力をご紹介したいと思います。

トルコ・ボスポラス海峡を観光するときの注意した方がいいことって何?

@syavashsepehrさんの投稿
21568715 366567097108239 6675878039965925376 n

トルコでは公共機関や施設では禁煙ですので気を付けましょう。イスラム教徒が多い為ラマダン(断食)の習慣があります。ラマダンが終わると3日間が祝日になりますのでお店が閉店しているところが多くなりますので情報は確認しておきましょう。治安は良いとは言えませんので客引きにはご注意ください。

6f39f6ca897b90cbe6848ea226870f67 sトルコの治安状況!イスタンブール空港周辺は安全?注意点まとめ!

ボスポラス海峡とは!

ボスポラス海峡は国会とマルマラ海を結ぶ海峡で、この海峡を境に、アジア側とヨーロッパ側に分かれます。そのためイスタンブールは独特な魅力のある都市となっています。2013年に海底鉄道トンネルが開通してボスポラス海峡を車でも渡れるようになりました。

トルコのボスポラス海峡へクルーズへの旅

@oryantalsarayさんの投稿
18160249 353951921669353 453340223363874816 n

ボスポラス海峡の交通手段として船は人々の生活に欠かせないものになっています。現地の人に紛れてのクルーズを楽しむのもいいですし、限られた時間の中で楽しみたい方は、ガラタ橋の麓にあるエミノニュから観光用の小型クルーザーが出ていて、一時間程で主要観光地を回ってくれますのでおすすめです。

@seeyouturkeyさんの投稿
21569323 1314572615331723 8230401157369954304 n

ボスポラス海峡クルーズをお考えの方は「VELTRA」が取り扱っている見地ツアーはいかがでしょうか?【ボスポラス海峡クルーズ付!メルハバ・イスタンブール1日観光ツアー。昼食付】はイスタンブールのホテルまでの送迎があり日本語ガイドがご一緒しますのでトルコが初めての方にもおすすめです。

【ボスポラス海峡クルーズ付!メルハバ・イスタンブール1日観光ツアー。昼食付】は世界一短い地下鉄といわれる公共交通機関トウネルも乗れるウォーキングツアーで、じっくりとトルコを感じることができます。所要時間は約11時間、月曜日以外で開催しています。お一人様96ユーロでお得です。

ボスポラス海峡見学は人間の足で楽しもう

@aki_baharさんの投稿
21568916 1314581705318117 3603819324776644608 n

ボスポラス海峡はクルージング以外でも徒歩で楽しむことができます。例えば、ルメリ・ヒサルからの眺めも絶景ですし、ボスポラス大橋から現地の人々を観察しながら散策するのも面白いものです。サバサンドを片手にトルコの穏やかな時間を堪能してみるのも旅の楽しみのひとつです。

ボスポラス海峡をクルージングで見る景色

@fullitemさんの投稿
21569025 334345397016536 8345715054968045568 n

ボスポラス海峡のクルージングで眺められる景色は、アジア側とヨーロッパ側で異なります。主な観光名所はヨーロッパ側に多く点在しています。ドルマバフチェ宮殿やトプカプ宮殿、アヤソフィア、イスタンブールの街を眺望できるルメリ・ヒサル、ボスポラス大橋など飽きることはありません。

ボスポラス海峡の見どころ1「ドルマバフチェ宮殿」

@kar_kaynakさんの投稿
10413837 477524672382755 383363994 n

「埋められた庭」という意味を持つドルマバフチェ宮殿はイスタンブールの北東郊外、ボスポラス海峡側のベシクタシュ地区にあります。バロック様式とトルコ伝統のオスマン様式を組み合わせたとても豪華な宮殿です。外観と装飾は近代の西洋風で内部は男性(セラムルク)と女性(ハレム)の空間に分かれています。

@indira.nancyさんの投稿
17881108 116036682279594 8161652719669477376 n

ボスポラス海峡側のドルマバフチェ宮殿はイスタンブールの中でも人気の観光スポットです。1938年11月10日9時5分に初代大統領のアタチュルクが執務室で亡くなっています。今は迎賓館として使されていて、イスタンブールを代表する宮殿です。吹き抜けの儀式の間にあるバカラ製のシャンデリアは必見です。

VELTRAが取り扱っている現地ツアー「世界中の参加者と巡る☆ドルマバフチェ宮殿とボスポラス海峡大橋 半日ツアー<午後/英語ガイド/イスタンブール発>」は、ホテルからの送迎付お一人40ユーロ、開催日は月・木曜日以外です。ツアー時間は3時間ですが所要時間は6.5時間(送迎込)です。

ボスポラス海峡の見どころ2「ルメリ・ヒサル」

@theoriginalemjayさんの投稿
21569306 116231939059817 3034526228645150720 n

ボスポラス海峡側のルメリ・ヒサルは1452年にオスマン帝国のメフメト2世がコンスタンティノープルの攻撃に備えて造られた「ローマの城」という意味の城塞です。のちに監獄としても使われ、現在は劇場として一部は博物館として利用されています。ここからの眺望が絶景のため人気の観光スポットになっています。

「ボスポラス海峡クルーズとイスタンブール市内観光の1日(ドルマバフチェ宮殿、オルタキョイ、ボスボラス大橋) 専用車利用&日本語プライベートガイド付き」はHOT HOLIDAYが取り扱う現地ツアーでホテルからの送迎があります。開催日は月・木曜日以外で約8時間で主な観光地を回ります。

ボスポラス海峡の見どころ3「ボスポラス大橋」

@suyamaakihitoさんの投稿
14553200 663701390469318 8428814073621118976 n

ボスポラス海峡に架かるボスポラス大橋は1973年10月30日に完成した吊り橋でアジア側とヨーロッパ側を結んでいます。全長1510M、幅39M、高さ64Mで世界最大級の吊り橋としてイスタンブールでも人気の観光スポットです。夜にはライトアップされますのでその魅惑的な姿は観光客の心を掴んでしまうくらいです。

【プライベートツアー】ボスポラス海峡クルーズとスパイスマーケット&アジアサイド 1日観光ツアー<終日/日本語ガイド貸切/昼食付・なし選択可/イスタンブール発>はVELTRAが取り扱う現地ツアーです。料金は106ユーロから、所要時間は9時間、開催曜日は火・水・金・土曜日です。

ボスポラス海峡の見どころ4「ベイレルベイ宮殿」

@pee_yumi_chaさんの投稿
14488229 191668764594545 2204995162763952128 n

ボスポラス海峡側のベイレルベイ宮殿はボスポラス大橋のたもとにあるスルタンの離宮として1865年に完成しました。バロック様式とオスマン朝様式を合わせた様式になっていて外観も内観もとても豪華に造られています。見どころは、2階の玄関にあるきらびやかなシャンデリアとハレム、1階の執務室や浴槽です。

@takegatasanさんの投稿
19534787 158429318034408 7066802089187344384 n

ボスポラス海峡側のベイレルベイ宮殿は、シャンデリアだけではなく繊細な彫刻が施された天井やアタチュルクの死亡時刻を指している広間の装飾時計も見逃せません。ただし、館内見学はガイド付きのツアーのみですので、見学希望の方は現地ツアーのお申し込みが必要になりますのでご注意ください。

【プライベートツアー】ボスポラス海峡クルーズとスパイスマーケット&アジアサイド 1日観光ツアー<終日/日本語ガイド貸切/昼食付・なし選択可/イスタンブール発>はVELTRAが取り扱う現地ツアーです。所要時間は約9時間、開催日は火・水・金・土曜日・料金はおひとり様106ユーロです。

夜のボスポラス海峡クルージングに満喫

@masaaa_kana49さんの投稿
21577243 1448472171867748 4260098599712456704 n

イスタンブールを訪れたら一度は見てみたいのが、ボスポラス海峡の夕日です。黄金に輝く海面と影になるイスタンブールの街のコントラストが観光客に人気の絶景スポットになっています。あなたも是非この神秘的な光景を体験してみてくださいね。

@s.n.beeさんの投稿
17333632 186288088541399 4970024640400326656 n

「ボスポラス海峡 ナイトディナークルーズ<イスタンブール発>」はVELTRAが取り扱っている現地ツアーです。所要時間は5時間でない日運行しています。船内で夕食を召し上がりながら、ベリーダンスなどのショーを観賞出来ます。大人おひとり68ユーロですので、参加してみてはいかがでしょうか。

イスタンブールに行ったらやっぱりここ!

アヤソフィア

@photoseraphさんの投稿
21433736 1798632330177348 1706034428142157824 n

ボスポラス海峡からも見えるアヤソフィアは360年にコンスタンティヌス2世の時代に完成したビザンツ建築の最高傑作でキリスト教の大聖堂を目的に建築されました。次にイスラム教のモスクとして利用され現在では世界遺産に登録され、博物館として一般公開されています。人気の観光スポットです。

Originalアヤソフィアの見所!大聖堂や博物館を観光!イスタンブールの世界遺産!

スルタンアフメット・ジャミイ(ブルーモスク)

スルタンアフメット・ジャミイ(ブルーモスク)はオスマン帝国時代のスルタン・アフメットの命で1616年に完成した聖堂です。世界遺産であるアヤソフィアの向いに位置しているため、観光ツアーに組み込まれていることが多く観光客にも人気のおすすめスポットです。支柱が6本あるのが特徴です。

@japinniceさんの投稿
21480415 342949649485478 4896967276760137728 n

スルタンアフメット・ジャミイは外見も魅力的ですが、特に内装のブルーに輝くタイルでできた神秘的な天井が観光客にも大人気です。トルコに来られる観光客はほとんどといっていいほど訪れます。もちろんガイド付きツアーでも外せないおすすめスポットになっています。

Nis845 cyakuriku tp vイスタンブール観光旅行の見どころ!名所や世界遺産!体験ツアーも!

ガラタ橋

@hd.masaさんの投稿
19367037 311922259261974 4916739064217993216 n

ボスポラス海峡に架かるガラタ橋はエミノニュ桟橋とカラキョイ桟橋を結ぶ金角湾にかかる橋です。1845年に木製の桟橋が造られて現在は1990年代に再建した5代目になります。釣りを楽しむ人たちとトルコ名物のサバサンドなどの売り子達でいつも賑わっています。桟橋の下にレストランがある不思議な光景です。

グランドバザール

グランドバザールはトルコ語で「屋根付き市場」という意味で、約4400ものお店が所狭しと立ち並んでいる光景は圧巻です。トルコの絨毯やランプなどもお土産におすすめです。とても広い為、21個ある門には番号が振っています。この番号を目印にすると迷うこともなくショッピングを楽しめますよ。

トプカプ宮殿

@yamahoi_さんの投稿
17333826 258917057902186 4467245937550426112 n

ボスポラス海峡からも見えるトプカプ宮殿は、1460年代に着工して1856年宮廷がドルマバフチェ宮殿に移るまで、オスマン朝の支配者の居城として建設されました。最大の特徴は4つの中庭で構成されているため「公園」という雰囲気であるということです。世界遺産にも登録され、ガイド付きのツアーでも人気のスポットです。

Worldheritage572 2 20130122192342トルコ観光旅行の見どころ!名所や世界遺産!おすすめはアンタルヤ!

トルコ・ボスポラス海峡に行きたくなりましたか?

@voltchuさんの投稿
21577058 1813010568989901 927209857826684928 n

いかがでしたか?一つの国なのに二つの国の文化を上手に取り入れているトルコ共和国ですが、ボスポラス海峡へ行ってみたいと少しでも思ったら行き時です。さあ、次の休暇はトルコで異文化体験をしてみましょう。新たな自分発見ができると思います。

関連記事

トルコ全都市の新着のまとめ

© 2017 TravelNote