ナウル共和国の実態!観光スポットはある?国民の肥満が深刻!

2017年8月26日 (2017年8月28日最終更新)

世界には小さな国がいくつかありますが、そのトップ3に入ると言われている「ナウル共和国」。観光スポットとしてあまり知られていないナウル共和国には、いろんな事情があります。ナウル共和国の歴史や、観光に訪れる際に役立つ情報などをご紹介いたします。

目次

  1. ナウル共和国って?
  2. ナウル共和国の特徴
  3. 肥満が多い国?ナウル共和国
  4. ナウル共和国へのアクセス方法
  5. 島はどんな感じ?ナウル共和国のビザって?
  6. ナウル共和国に滞在するなら
  7. 難民が移住してくる国?ナウル共和国
  8. ナウル共和国に観光客は訪れる?
  9. 日本からナウル共和国について調べてみる
  10. ナウル共和国はとても興味深い島

ナウル共和国って?

@exp.everywhereさんの投稿
21041908 181793585696743 6468380451839934464 n

ナウル共和国は、太平洋に浮かぶ小さな島です。その大きさは、徒歩でも数十時間かければ一周できるほどとの事。国の小ささは、世界の中でもトップ3に入るようです。そんなナウル共和国の情報をご紹介いたします。観光に行けるの?と考えている方にも必見の島の様子などをご紹介いたします。日本からも注目を集めるナウル共和国の観光事情や、現地の人々の暮らしなどをまとめてご紹介いたします。

ナウル共和国の特徴

ナウル共和国とアホウドリの関係

@diamond_pink_1118さんの投稿
18013747 365830090481671 6297437605248106496 n

太平洋に浮かぶ小さな島の歴史について知りたい、と言う方もいる事でしょう。ナウル共和国は、アホウドリと言う鳥の糞によってつくられたようです。アホウドリの糞に含まれている成分と、サンゴ礁が化学反応を起こし、のちに島となったとのことです。おとぎの国のストーリーのような事実。アホウドリは、ナウル共和国の歴史を語る上で無視できない存在となっています。

「リン」が採れることで有名

@china_penpalsさんの投稿
21042225 310818319383810 5381677322778705920 n

ナウル共和国を支える大事な産業の一つとして、島に元からあったリンの採掘と輸出が挙げられます。1900年代には、リンの採掘や輸出が波に乗り、この小さな国に大きな富をもたらしたようです。自然の恵みによって国は栄えるかのように思われましたが、その後2000年代に入り、リン鉱山が傾きだし、国にとって厳しい時代が訪れる事となりました。現在も、国民にとっては経済的に厳しい状況が続いているようです。

世界トップ3に入る小さな国

もとはサンゴ礁だった地域にできた島は、世界的にも有名な「小さな島」として知られています。世界で同じように「小さい国」として知られている国は、カトリックの聖地でもあるバチカン市国や、リゾート地としても有名なモナコ公国などが挙げられます。ナウル共和国について調べるついでに、世界にある他の小さな国についても調べてみませんか?

Src 10864431バチカン美術館を攻略!見所は?予約方法や入場料もご紹介!

肥満が多い国?ナウル共和国

国民に肥満が多い国?

@bandb1003さんの投稿
12519538 1724958107772875 6597450 n

現在は、オーストラリアや日本などの国々から金銭的な支援を受けているナウル共和国。リン産業が無くなってからの国民の生活の水準の低下は深刻なものとなり、現在は魚を釣ったり、ココナッツを生産して生計を立てているようです。そんな中、ナウル共和国の国民はインスタント食材や、油が多い食事を食べる状況が続いているようです。様々な理由から、国民に肥満が多いという現状は実在しているようです。

肥満が問題となっている国は他にもある?

@amnestyjapanさんの投稿
13694613 1765070980375837 1500071306 n

メキシコ料理で有名なメキシコもまた、肥満が多い国として知られています。油が多い食べ物を一日何度も食べたり、運動する機会が余りなかったりと、様々な原因で国民の間に肥満が増えるようです。メキシコのみにとどまらず、肥満は世界的な問題として取り上げられていますが、国が何らかの対策を取っている場合もあれば、そのままにされている場合もあるようです。

価値観の違いもある?

@uukuiuukuiさんの投稿
13129956 1178486832170428 1391465724 n

国によっては、少し体重が重い方が魅力的と考える習慣を持っている国もありあす。ナウル共和国でも、そんな考えが支持されているのかもしれません。価値観によっても左右される「肥満」と言う意識。サンゴ礁の海に浮かぶ島の国民たちは、意外と「肥満」という概念を意識せずに生活しているのかもしれませんね。

ナウル共和国へのアクセス方法

島への行き方って?

環境汚染の問題や、経済的な問題など様々な課題が挙げられるナウル共和国。こちらに旅行で訪れるという方は意外と多いようで、観光客には開かれている国として知られています。ナウル共和国に行くためには、ナウル航空を利用することとなります。ナウル航空はオーストラリアなどの近隣諸国から今も乗ることができます。

ジャンボ機はない?

@bandb1003さんの投稿
11850405 1596906743967073 2082474155 n

小さな島の滑走路を使って飛ぶため、飛行機はプロペラ式の物なのだとか。ナウル共和国を訪れる方は、旅行で訪れる観光客の方以外にも、取材などが目的で訪れる方も多いようです。以前は日本からも直行便が出ていたナウル航空は、経済危機が訪れた後に飛ばなくなってしまったようです。日本から旅行で訪れる際は、別のルートで行く必要があります。

今はもう日本からは飛んでいない?

@thomwoodroofeさんの投稿
21107247 1111830045615585 3421537180407824384 n

今はもう、日本からナウル航空は飛んでいないため、国を訪ねる際は他のルートで行く必要があります。オーストラリアのブリスベンなどに先に行ってから、ナウル共和国を目指すという方法もあります。ナウル共和国は小さな国なので、周辺の国の観光や旅行と合わせて訪ねるのもおすすめです。現在も、その注目の高さから日本からの観光客が訪れる事もあるようですよ。

島はどんな感じ?ナウル共和国のビザって?

首都はない?

小さな島国であるナウル共和国にはいくつかの地区が存在し、人々が暮らしています。観光客が旅行で訪れる際、滞在できるホテルなどもあるようです。島に来る人々は、この国の興味深い歴史に惹かれて観光に訪れる事も。一応首都は、「ヤレン」という地区となっていますが、こちらも定かではないようです。

日本から訪れる場合のビザは?

@magicgeography95さんの投稿
21041962 1988447854720321 7069495720876703744 n

様々な理由から、注目が集まるナウル共和国。国に滞在する場合、ビザの手続きなどが気になりますよね。ナウルでは、島についてからビザの手続きを行うというのが方法となっています。事前にナウル共和国の政府に連絡を入れて、現地でお金を払ってビザの取得を行うようです。

お金はオーストラリアドルを使用?

@masakiwwhunterさんの投稿
13741368 1647053342278624 333470236 n

観光で気になる支払方法。お金を両替したりするにはどうしたらよいの?と考えている方もいるかもしれません。ナウル共和国では、オーストラリアドルがメインの通貨となっています。オーストラリア経由で観光に向かう方は、オーストラリアドルを用意して行きましょう。ホテルや食事などの支払いは、オーストラリアドルの通貨を利用することとなります。

ナウル共和国に滞在するなら

高級ホテルに滞在する

@bandb1003さんの投稿
12976273 510484982476673 1475999138 n

リン鉱山の終わりとともに、深刻な経済状況を迎えたナウル共和国。島に来るゲストの方々は、ホテルに滞在し、そこを拠点に時間を過ごしているようです。観光でナウル共和国を訪ねるなら、ホテルを拠点として島をバイクや車に乗って周ることとなります。しっかりとしたホテルは、あまりお値段が安いわけではないようなので、旅行の準備をする際は、島の現状を知ったうえで慎重に行いましょう。

道は意外と整備されている?

バイクや車に乗って走る道は、ある程度整備されているようです。バイクをレンタルして島を一周してみたいという方は、利用してみるのもおすすめです。島ではリン鉱山が終わった後の名残を感じさせるスポットなどもあります。また、島の中で話される言葉は、「ナウル語」がメインのようですが、英語も通じるとの事なので、道に迷ったら英語で聞いてみるのもおすすめです。

難民が移住してくる国?ナウル共和国

難民が移住してくる国?

@parechakiさんの投稿
12750288 175788159464075 562929390 n

ナウル共和国は難民が移住する移住先としても知られているようです。リン鉱山が途絶えた頃、ナウル共和国は様々なビジネスを試みたようで、その中に難民の移住を受け入れるという手続きも行っていたようです。特にオーストラリア政府が移民をナウル共和国に移住させている事は世界的にも有名なようです。ナウル共和国とオーストラリアの間には、難民に関するいろんな事情がありそうです。

難民の移住先としてのナウル共和国

@lucy0083さんの投稿
14607079 1136804153054316 8606085790746804224 n

オーストラリアとの難民をめぐる駆け引きなどが批判を浴びているようですが、国の再建を掛けて様々な取り組みが行われているナウル共和国。世界的にも難民の移住に関して、各国が意見を交わしている現代。小さい島国として知られているナウル共和国でも、難民問題は課題として取り上げられています。

ナウル共和国に観光客は訪れる?

オーストラリアの観光と一緒に

様々な事情を抱えているナウル共和国ですが、島を訪ねる観光客の方は年間を通してある程度いるようです。国の実際の様子を見てみたいという方は、ナウル共和国と密接な関係にあるオーストラリアの観光と合わせて計画を立ててみるのも良さそうです。他にも、太平洋にある他の島国に足を運んでみるのもおすすめです。様々な角度からナウル共和国について考える、良いキッカケとなりそうですね。

Originalオーストラリアと日本の時差は?時差ぼけする?サマータイムも知りたい!

日本からナウル共和国について調べてみる

日本でも調べることができる?

日本でも、ナウル共和国について知ることができます。国に対する理解を深めるために行われているイベントに参加してみたり、本を読んでみる事もおすすめです。実際に訪ねてみようかと迷っている方は、国ができるまでのエピソードや、その後の歴史についてナウル共和国に関する情報を集めてみることをおすすめします。

ナウル共和国はとても興味深い島

@switch_nov4さんの投稿
13414165 517916208402763 468832633 n

リン鉱山が栄えた国は、現在ではオーストラリアに向かう難民の移住先としても知られています。そんなナウル共和国には、様々な課題があるようですが、興味深い国として観光客の方々の注目を集めています。

関連記事

関連するキーワード

© 2017 TravelNote