川崎市が治安が悪いと言われる理由とは!駅周辺の住みやすさは?

2017年9月5日 (2019年9月1日最終更新)

川崎は治安が悪いといわれていますが、そのように治安が悪いといわれる理由は何でしょうか。1つには、駅周辺での事件が多いことなどがあるそうですが、街全体の住みやすさではいかがでしょうか。今回は、川崎の治安を調査しました。お出かけやご旅行のご参考になれば幸いです。

目次

  1. 川崎市が治安が悪いと言われる理由とは!駅周辺を調査!
  2. 川崎市が治安が悪いといわれる理由は?:「犯罪統計」
  3. 川崎市が治安が悪いといわれる理由1「人口」
  4. 川崎市が治安が悪いといわれる理由は2「隣接する東京と横浜」
  5. 川崎市が治安が悪いといわれる理由3「7つの区」
  6. 川崎市が治安が悪いといわれる理由4「工場が多く空気が悪い」
  7. 川崎市が治安が悪いといわれる理由5「風俗店が多い」
  8. 川崎市が治安が悪いといわれる理由6「ギャンブル」
  9. 川崎市が治安が悪いといわれる理由7「川崎競馬場周辺」
  10. 川崎市が治安が悪いといわれる理由8「堀之内」
  11. 川崎市が治安が悪いといわれる理由9「川崎区大島」
  12. 川崎市が治安が悪いといわれる理由10「港町駅から多摩川周辺/川崎区/幸区」
  13. 川崎市の住みやすい地区1「中原区/高津区/多摩区」
  14. 川崎市の住みやすい地区2「麻生区」
  15. 再開発で都会になった川崎
  16. 川崎は住みにくいのか

川崎市が治安が悪いと言われる理由とは!駅周辺を調査!

神奈川県川崎市駅周辺は治安が悪いといわれていますが、本当なのでしょうか。ここでは、犯罪統計や地元の印象などを含めて川崎の治安についてご紹介いたします。どこが治安が悪くて、住みやすいのはどこなのか見つけていただき、ご旅行やお駅周辺へのお出かけ、お引っ越しなどのご参考になれば幸いです。

川崎市が治安が悪いといわれる理由は?:「犯罪統計」

ここでは、住みやすさを判断する基準として、2009年と2010年の神奈川県と川崎市の犯罪発生率や件数をご紹介いたします。こちらのデータは、法犯認知件数を使用したものであり、刑法犯である殺人、強盗、強姦、暴行、傷害、詐欺、窃盗、放火などの事件や犯罪のデータです。なお、軽犯罪や交通事故(危険運転致死傷など)は含みません。

神奈川県犯罪発生率ランキング上位の都市

このデータだけで、海外の危険地域と同じく危険な地域というものがある程度客観的に把握できるのかもしれません。まず、1位は横浜市中区で、犯罪発生率2.358%です。2位は横浜市西区で、同2.253%です。そして、3位が、川崎市川崎区で、2,137件なのです。凶悪な事件も起こっており、住みやすさでは上位とは言えない地域もありますよね。

川崎市内犯罪発生率ランキング上位の区

ここでは、川崎市内の7つの区の犯罪発生率をご紹介いたします。まず、1位は川崎市川崎区で、2.210%です。2位は川崎市中原区で1.099%、3位は川崎市高津区で1.027%です。さらに、4位は川崎市多摩区で0.944%、5位は川崎市幸区で0.865%、6位は川崎市麻生区で0.719%、7位は川崎市宮前区で0.486%です。事件が多いと住みにくいですね。

競馬場よりも工場地帯よりも川崎駅や堀之内

最近では、川崎駅周辺は再開発が進みましたが、少し前まで、組の抗争が頻発していました。さらに、現在も、川崎駅前には、再開発されずに残った路地があるといいます。

焼き肉が美味しいお店が多いそうですが、実は治安は悪い地域なので、古い建物にはあまり近づかない方がよさそうです。事件に巻き込まれないようご注意ください。

もちろん、川崎市全体が治安が悪いわけではありません。特に川崎区、堀之内は非常に窃盗事件が多いということで、訪れる際は注意してください。一般的な窃盗事件の数ではないといいます。川崎の危ないというイメージは、競馬場や工場地帯そのものではなく、主に、犯罪率や事件数からきているのではないでしょうか。

川崎市が治安が悪いといわれる理由1「人口」

川崎市は、政令指定都市です。その中では最も面積が小さいのですが、人口は都道府県庁所在地以外の都市の中では最大となっているようです。2017年4月現在の人口が1,500,000人を超えています。一般的に、大都市というのはお互いに見知らぬ人どうしが大勢行きかう場所であり、様々な犯罪が発生しやすいといわれています。

川崎市が治安が悪いといわれる理由は2「隣接する東京と横浜」

多摩川を挟んで東京都と向かい合っており、かつ、横浜市にも隣接した、細長い地形です。さらに、川崎市内はJR南武線が縦断、南武線と交差するように5つの私鉄が横断しているんです。また、その路線とは、海側から京急線、東急東横線、東急田園都市線、小田急線、京王相模原線となっています。さらに、南部線は「ギャンブル列車」とも呼ばれています。

川崎市が治安が悪いといわれる理由3「7つの区」

川崎市には、川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区という7つの区があるんです。そして、それぞれの区ごとの特性というものがあり、先ほどの犯罪発生率でご紹介しましたが、一概に治安といっても区により異なります。また、路線の駅によっても当然治安は様々ですが、特に治安が悪いといわれている築がいくつかあります。

川崎市が治安が悪いといわれる理由4「工場が多く空気が悪い」

路線とは別に、港側に京浜工業地帯が位置しており、昔から工場が立ち並び、化学薬品のイメージが大きい地域となっているようです。

実際に「空気が汚い」というのは、工場の廃棄などの影響もあって、あながち間違いでもないといえそうです。ただ、これも、周辺の悪い治安と重ねられた結果ともいえますし、港側と内陸の方でも異なるでしょう。

歴史を振り返ると、1912年(明治45年)日本鋼管(後にNKK、現在はJFEスチール)川崎製鉄所が設立されました。ここから臨海部の工業化が開始されました。1914年(大正3年)には味の素川崎工場が設立され、さらに工業地域として発展していきます。そして、今日のような日本有数の工業地帯で夜景が美しい地域となったのです。

川崎市が治安が悪いといわれる理由5「風俗店が多い」

日本の大都市ではどこもそうであるように、川崎市もまた風俗店が多い地域となっています。風俗店の看板があるだけで、治安が悪いといわれてしまう場合もありそうですが、実際に川崎市駅周辺のある地域には風俗店が密集しており、その店舗数は日本でも有数の多さだそうです。事件も起きていますし、住みやすさはないでしょう。

川崎市が治安が悪いといわれる理由6「ギャンブル」

競馬場があるので、ギャンブルのイメージで、南武線は「ギャンブル列車」ですが、ただ競馬場があるだけではなく、風俗やホームレス、ごみ不法投棄、出稼ぎ外国人、工場地帯が治安の悪いイメージを想起させ、川崎市や特に川崎区といえば治安が悪いといわれているんです。

川崎市が治安が悪いといわれる理由7「川崎競馬場周辺」

競馬場があり、歩いていると競馬場から出てくる人々にすれ違います。電車や徒歩で移動していますが、徒歩ならば、そのまま風俗街へ行く人も多いといいます。夜間競馬もあり、家族で楽しむ人も増えていますが、一般的にはすこぶる治安がよいわけではないでしょう。

川崎市が治安が悪いといわれる理由8「堀之内」

堀之内というと、関東のあいりん地区といいますか、大阪の西成区の北部が愛隣地区として有名なように、危険地帯といわれているんです。西成区は、ホームレスが多く、昼間から路上でお酒を飲んだりする患者さんがいますし、風俗店も盛んに営業してる地域です。このように、一般的に怖いイメージの街なのです。

川崎市が治安が悪いといわれる理由9「川崎区大島」

大島地区は、実際にはそれほど治安が悪くないのですが、近隣の浜町、桜本、池上地区が治安が良くないため、大島地区もどちらかといえば悪いイメージがついてまわります。この一帯は、「おおひん地区」と呼ばれ、戦前から日本鋼管という会社が軍需工場として国内の貧困者や朝鮮半島からの労働者を集めた飯場であり、今はコリアンタウンです。

川崎市が治安が悪いといわれる理由10「港町駅から多摩川周辺/川崎区/幸区」

港町駅の多摩川側が住宅街で、反対側に競馬場や風俗街があるので、実は、通勤に電車を利用する人はあまり治安を気にせずに生活しているんです。

ただ、多摩川の河川敷にはホームレスが多いといわれています。特に、大田区、川崎区、幸区の境目にバラック作りのホームレスの村が並んでいます。

川崎駅を中心として、川崎の様々な悪いイメージがあり、実際に犯罪率も高めのエリアになっております。地域内には、工場が多いので住宅地よりは空気が悪く、さらに、治安の悪さを象徴するホームレスやギャンブル、風俗の問題などを抱えているんです。住むのに適した街とはいいがたい現状ではないでしょうか。

川崎市の住みやすい地区1「中原区/高津区/多摩区」

武蔵小杉駅、溝口駅、登戸駅を中心としたエリアです。川崎の悪い方のイメージはあまり感じられず、住むのに問題ないといわれています。ただ、挙げるとすれば、ギャンブル列車と呼ばれる南武線が走っている、それだけです。通過するだけですので、すべての地域が治安が悪いとまでは言えないのではないでしょうか。

川崎市の住みやすい地区2「麻生区」

新百合ヶ丘駅、鷺沼駅を中心とする、緑豊かな住宅街のエリアです。治安の悪いというイメージや、様々な川崎の悪いイメージは感じられず、落ち着いた環境といわれています。南武線の悪いイメージも見当たらないようです。住んでも、特に問題ないといえます。

再開発で都会になった川崎

川崎駅周辺の再開発で、ラゾーナというショッピングモールや地下街のアゼリア、ラチッタデッラというイタリア風のおしゃれなショッピングストリートができたりして、治安は大きく改善してきました。しかし、百貨店はありません。また、事件が多く、戦前からの風俗街は有楽町に次いで関東第2の規模です。住みやすさはいかがでしょうか。

Original川崎でおすすめのデートスポットBEST15!ランチやディナーも楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
神奈川県の北東部に位置し、住みたい街で上位に入る川崎市。大型ショッピングセンターや美味しいレ...

川崎は住みにくいのか

川崎の治安はいかがですか。川崎市のような大都市では、駅周辺の犯罪率が高くなるのも当たり前かもしれませんが、川崎市の中でも治安が良い場所もありますよね。また、空港も近く、外国人も多い街で、活気があるということでもあります。ぜひ、危険な場所や時間帯は避けつつ、川崎市での滞在を楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Ishikawa Miws
シンガポールと日本での子育て体験を通じてお出かけが大好きになった主婦ライターです。

川崎の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

川崎の新着のまとめ