バンクーバー空港情報!お土産・免税店・ラウンジなどご紹介!

2017年9月9日 (2017年9月13日最終更新)

飛行機が着陸した瞬間のドキドキ…良いですよね!今年150歳になった人気の渡航先カナダのバンクーバー国際空港。日本人旅行者にもお馴染みのバンクーバー国際空港の情報をたくさんご紹介します。空港としてだけではなく、かなり楽しめる素敵な場所です。お楽しみに!

目次

  1. バンクーバー国際空港ってこんなところ
  2. バンクーバー国際空港をとことん楽しむ
  3. バンクーバー空港内の水族館で癒される
  4. バンクーバー空港でも展望台はお約束
  5. バンクーバー空港から市街へのアクセス情報
  6. バンクーバー空港でお食事ならここ
  7. バンクーバー空港にはお洒落なラウンジも
  8. バンクーバー国際空港の免税店を楽しむ
  9. バンクーバー空港で喜ばれるお土産を
  10. バンクーバー空港はやはり心地よい空間でした

バンクーバー国際空港ってこんなところ

@sweet_smellingさんの投稿
18949690 1898044417109799 4012310486023405568 n

正確にはブリティッシュコロンビア州リッチモンドにあるバンクーバー国際空港。年間の発着数29万、旅客数1700万を誇るカナダ第2の国際空港です。空港内の施設はとても整備されています。アジアからは一番近いカナダの空港ということで、私たち日本人にとっても文字通りカナダの玄関口と言えるでしょう。さっそくお役立ち情報をご紹介しましょう。

利用者数こそトロントに1位を譲りますが、英国の航空サービスリサーチ会社スカイトラックスの調査では、バンクーバー空港は2017年現在4つ星を獲得しています。最近7頭のセラピードッグも登場し、何かとストレスの多い利用客や空港職員を癒すべく頑張っています。ラウンジなどの施設も完備され、とにかくきれいで楽しめる空港です。

バンクーバー国際空港をとことん楽しむ

カナダ第2位のバンクーバー国際空港ですが、印象としては割とコンパクトです。空港の端から端までは歩いても15分くらい。それでもターミナルマップなどがあると便利だと思います。バンクーバーで唯一の空港ですから国際線だけでなく国内線も全線発着します。免税店を始めお土産店などの施設はとても充実しています。

バンクーバー空港内の水族館で癒される

@yuriko_kawabeさんの投稿
16583159 1861546427461874 8211620674133819392 n

バンクーバー空港内に大きな水槽を発見。その美しさに息をのみます。立ち止まって写真に収める人が後を絶ちません。のんびりゆったりと泳ぐ魚たちを眺めていると、国際空港の喧騒も一瞬忘れそうになります。ダイバーが魚たちと一緒に泳いでいることもありますよ。他ではめったに見られない施設です。ひとときの癒しを感じられます。

バンクーバー空港でも展望台はお約束

バンクーバー空港にも展望台がありました。飛行機好きな方には楽しい施設ですね。テーブルもたくさん置いてあるので、飛行機を眺めながら案外ゆっくり過ごせます。飲み物やスナックなどを買い込んで本や雑誌を読みながら過ごしたり、ネットでバンクーバーの町の情報やお天気情報の収集など時間を有効に使えます。

バンクーバー空港から市街へのアクセス情報

「Sky Train」を上手に利用しよう

バンクーバー空港はバンクーバー市街から約15kmの位置にありますので、タクシーを使っても30ドルほど。またホテルごとにシャトルバスも出ています。今回は空港とバンクーバー市街を結ぶ「スカイトレイン」をご紹介しましょう。料金は行き先によって3つのゾーンに分かれます。基本情報として空港からは5ドルの空港施設料が上乗せされますのでご注意を。

「スカイトレイン」は3路線あり、バンクーバー空港からバンクーバーのダウンタウンへ出るには「カナダライン」に乗車します。駅は空港ビルを出て目の前。迷う心配はありません。約25分ほどの列車の旅では、途中地上に出て高架橋を走ることから「スカイトレイン」と名付けられたそうです。東京のゆりかもめに似ていますね。

グループ旅行ならタクシーもあり

バンクーバー空港からバンクーバー市街へはタクシーを使うのも良いアイデアです。割り勘で乗れば案外列車より安く上がるかもしれません。基本情報としてドライバーにはチップをお忘れなく。日本人はなかなか慣れないこの習慣ですが、彼等には大事な収入源ですからね。Thanks!と言って感謝の気持ちを伝えましょう。

Vancouverバンクーバーを観光!人気のお土産や定番のおすすめスポットも!

バンクーバー空港でお食事ならここ

1.「Tim Hortons」はお約束

@_ramu.net_さんの投稿
21436219 306076289801454 4232288561916805120 n

カナダに来たら忘れちゃいけないこのお店。スタバよりポピュラーかもしれません。そう、あの伝説のアイスホッケー選手の名を冠した「ティムホートン」です。カナダ人はとにかくティムが大好き。どこに行っても見かけるお店です。もちろんバンクーバー空港にも何軒もあります。サンドイッチとスープのコンビなどがおすすめです。

2.「Famous Famiglia」でピザはいかが

@charlestesqさんの投稿
20393692 330461184073777 6325825999044870144 n

たかがファストフードとあなどるなかれ。ここ「Famous Famiglia」のニューヨーク風ピザは味もボリュームも大満足の人気メニュー。紙皿からドーンとはみ出した大きなスライスをナイフとフォークで悪戦苦闘するもよし。もちろんそのまま頬張るもよし。口いっぱいに広がるトマトソースと濃厚なチーズの味わいを堪能しましょう。

3.「Monk's Grill」で飛行機を眺めながら

@naoking227さんの投稿
19985503 571810899875684 8780283277656195072 n

西海岸で昔から人気のこのお店。カナディアンにはシンプルに「Monk's」と呼ばれて親しまれています。大きな窓からは飛行機が目の前に見えて臨場感満点です。バーガーやタコス、サラダなどと一緒にカクテルを軽く1杯楽しむのもまたおつなもの。出発までの時間に利用する人が多いようです。

4.和食が恋しい時は「Hanami」で満喫

@irixdesignさんの投稿
914566 1454734434754706 826701565 n

旅も終わりころになるとどうしても和食が恋しくなることもありますよね。そんな時は無理せずに日本食のレストランを利用しましょう。ここ「Hanami」で味わうお寿司やうどん、お蕎麦などの和食は大味の食事で疲れたお腹にも優しく、元気も出ることでしょう。もう1軒「都toshi」という和食のファストフードのお店もあります。

バンクーバー空港にはお洒落なラウンジも

「Maple Leaf Lounge」はエアカナダ御用達

@agmhkgさんの投稿
11358042 475354075999931 1453129289 n

バンクーバー空港にも航空会社ごとのラウンジなどの施設があります。ここではエアカナダの「メープルリーフラウンジ」をご紹介しておきましょう。エアカナダのビジネスクラス利用の方、全日空などのスターアライアンスゴールド会員の方はぜひお試しを。他のクラスの方は事前にパスの購入が必要です。

「Plaza Premium Lounge」でゆったり

@nishizaka41さんの投稿
20838214 255711324947510 9216462160324984832 n

ゆったりくつろげるラウンジをもう一つご紹介しましょう。「プラザプレミアムラウンジ」はPay-Per-Useシステム、つまり利用料を払えば航空会社もチケットのクラスも関係なく誰でも使えるのでおすすめです。温かいスープやヌードル、サラダにフルーツ、スナック類などお食事も、またアルコール類を含めドリンク類も種類が豊富です。

@paigekbさんの投稿
17267942 1464360016910336 8587581641411526656 n

この施設は空港内に3か所ありますが、国際線利用者用のラウンジはセキュリティを抜けるとすぐのところで分かりやすいです。落ち着いた室内にはシャワーや仮眠室などの施設が完備。もちろんWi-Fiも使えますのでご心配なく。料金は2時間30ドル、追加は1時間ごとに5ドルです。毎日午前8時から翌午前1時30分まで利用できます。

バンクーバー国際空港の免税店を楽しむ

バンクーバー空港の免税店はとても広くて品数も充実しています。化粧品やバッグ類、ジュエリーなどのお買い物はもちろん、時間つぶしに見てまわるだけでもとても楽しい場所ですよ。お土産の定番、チョコレートやメープルシロップの他にはご当地Tシャツやトゥークと呼ばれるニット帽などの種類もたくさんあって、迷ってしまいそうです。

@drterrikoさんの投稿
15625211 343380549381106 4830412188663414784 n

免税店でカナダ特産のアイスワインなど、お酒をお土産に購入する方も多い事でしょう。「酔っぱらいの作家」とあだ名のついた、こんなディスプレイもカナダらしいですね。この免税店のお酒売り場ではスコッチの試飲などもあるそうなので、お好きな方はぜひ。でも搭乗前の飲み過ぎには注意ですね。

バンクーバー空港で喜ばれるお土産を

1.やっぱりアイスワインは外せない

@villageliquorstoreさんの投稿
17077174 1834549133432362 4463183147596513280 n

アイスワインはかなり甘いデザートワインですが、やはりカナダのお土産の筆頭ではないでしょうか。オンタリオ州ナイアガラオンザレイクの白のアイスワインが有名ですが、ブリティッシュコロンビア州オカナガンの赤のアイスワインも負けてはいません。醸造技術の進歩が生み出した赤のアイスワイン。免税店などで探してみてください。

2.お土産にバンクーバーの地ビールはいかが

@jessekemppさんの投稿
21435598 1952252818380008 7385375146564911104 n

その土地ごとの地ビールを味わうのもなかなか楽しいものですね。ブリティッシュコロンビア州の地ビール「コッカニ―」は、実際に氷河の溶け水を含む山間部を流れる清水を利用して醸造されているのです。地ビールとは言え、現在ではカナダ西部で一番飲まれているビールです。日本人の口にも合いますのでおすすめです。

3.みんな大好きなお土産メープルシロップ

@antoinebenさんの投稿
21576381 735165513337695 4012347268123328512 n

メープルシロップは、カナダのお土産の定番中の定番です。いくつかのグレードに分けられますが、お土産用にはアンバーというランクを選ぶことが多いようです。他にメープルシロップを使ったクッキーやチョコレートなどのスイーツもたくさんの種類がそろっています。免税店以外のお店にも置いてありますので、手頃なお土産にどうぞ。

4.カナダならではのお土産ドリームキャッチャー

@zhivaia_radugaさんの投稿
18579965 218063662032395 4191053444196335616 n

カナダのイヌイットと呼ばれるネイティブの人達はとてもクリエイティブ。様々なアートを生み出してきました。この「ドリームキャッチャー」もその一つ。小さなビーズや鳥の羽根などをモチーフに使います。カラフルで様々なデザインが楽しめます。軽くてお手頃価格の品もたくさんありますので、配るお土産にも良いです。

5.カナダを代表するブランド「ROOTS」

カナダで知らない人はいないポピュラーなブランド「ROOTS」をご紹介します。ビーバーのシンボルマークがポイントのスポーティーなカジュアルウェアは、老若男女問わず絶大な人気を誇ります。お土産にはTシャツやバンダナ、バッグやポーチなどの小物も良いです。

6.カナダの動物たちのぬいぐるみ

@wakamatsumieさんの投稿
17495272 1353749621339625 6049639587364470784 n

美しい自然に囲まれた広大なカナダには、ポーラーベアやムースなどの希少な動物も数多く生息しています。そんな動物のぬいぐるみを売るお店も何軒かありますよ。「Discover B.C」や「Vancouver Aquarium Gift Shop」など見て歩くだけでも楽しいお店ですので、ぜひ覗いてみてください。

7.カナダと言えばスモークサーモン

@junericeeさんの投稿
21433498 322199318242702 1112310553008668672 n

カナダ、特にブリティッシュコロンビアはカニやエビなどのシーフードが美味しいところです。でもやはりお土産にはスモークサーモンがお手軽でおすすめですね。スライスしてあるお馴染みのものや、半身丸ごとのダイナミックなものなど種類もいろいろです。日本に帰ってからカナダの味を思い出してみるのも良いのではないでしょうか。

バンクーバー空港はやはり心地よい空間でした

@viewstar.caさんの投稿
21435450 1662923003778752 3508348541158293504 n

バンクーバー国際空港の魅力、楽しみ方をいろいろとご紹介してきました。いかがでしたでしょうか?空港は単なる通過点と考えるには余りにももったいない、もっといろいろな楽しみ方があり、それも併せての旅の醍醐味なのではないかと感じました。バンクーバー空港を使う時にはぜひ空港内での時間も楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

カナダ全都市の新着のまとめ

© 2017 TravelNote