地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

Lccとは?おすすめの利用・活用方法は?メリット・デメリットもご紹介!

Lccとは?おすすめの利用・活用方法は?メリット・デメリットもご紹介!

最近耳にするLCCとはいったい何だろう?と思っている方はいませんか?何となく知っているけれど、利用したことはないという方にもおすすめしたいLCCの活用方法やメリットなどをご紹介していきます。記事を読んでLCCとは何か自信を持って答えられるようになりましょう。

LCCとは何?の疑問を解決!見出し

近年、世界各地でLCCの成長が目立つようになり、日本でもLCCの格安航空券やLCCを活用した週末弾丸旅行という言葉を聞くことも多くなってきました。ここではLCCとは何なのか、LCCのメリットやデメリット、おすすめの利用方法、活用方法をまとめてご紹介します。次の旅行を計画する際には、LCCの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

LCCとはどんなもの?見出し

LCCとはローコストキャリアの略で、格安航空会社を意味します。預け荷物、座席、機内食の有料化などを行い、航空券の価格を安くしています。日本国内でも多くのLCCが参入しており、国内外問わず多くの場所へ格安で行けるようになっています。もちろんLCCにはメリットもあれば、デメリットもあるのでわかりやすく紹介していきます。

エアアジア評判!手荷物は?座席は広いの?お得な旅に欠かせないLCCの事情! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
エアアジア評判!手荷物は?座席は広いの?お得な旅に欠かせないLCCの事情! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
LCCエアアジアの予約を計画中ですか?手荷物制限や評判の座席拡張、接客サービス、選べる豊富な機内食など、話題が多いので気になる方も多いと思います。今回は、手荷物制限や評判のエアアジアの事情をご紹介いたします。ぜひ、お得な旅行の参考にしていただければ幸いです。

LCCとは?利用のメリット1:とにかく安い見出し

LCCの一番の魅力はやはりその安さでしょう。国内線では5000円以下の航空券も多く、セールの時には1000円以下という安さで販売されることもあります。旅行の日程によってはかなり格安で国内旅行や帰省などが可能になっています。日々値段が変わることもあるので、何度か予約サイトをチェックしましょう。

LCCを利用して海外に行くこともできます。日本人に人気のある台湾、韓国、タイ、シンガポールなど多くの国への便があるため、交通費を抑えて気軽に海外旅行に行けるようになっています。セール中は海外への便でも5000円以下で販売されることもあるので、海外旅行を検討しているときはLCCのセール情報をチェックしてみましょう。

LCCとは?利用のメリット2:弾丸旅行に最適見出し

LCCでは、早朝便や深夜便が多いため、週末の仕事帰りに一旦家に帰りシャワーを浴びて深夜便に搭乗する方も多いようです。深夜便に乗ると早朝に目的地に到着するので、より長く観光ができます。また早朝便や深夜便ではより機内で眠る場合が多いので狭い席でもあまり苦痛に感じることはないでしょう。

LCCとは?利用のデメリット1:追加料金制度見出し

安くて魅力的なLCCですが、デメリットもあります。予約する際、とても安く表示されていますが、例えばスーツケースを預けるとなると追加料金がかかります。LCC利用で最安値で行きたい場合は、預け荷物をなくしてバックパックや機内持ち込みサイズのバッグに荷物を詰め込む必要があります。

国際線で機内食が出るのは当たり前と考えている方もいるかもしれませんが、LCCでは基本的に機内食はついていません。必要な場合は予約時か機内で購入するようになっています。多少長くなるフライトで機内食を注文しない場合は、軽く食べられるお菓子やパンを持っていって空腹時に食べましょう。

海外旅行でリュック!おすすめバッグは?危険なスリに合わない為の注意点! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
海外旅行でリュック!おすすめバッグは?危険なスリに合わない為の注意点! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
海外旅行を計画中でしょうか。海外旅行のバッグをリュックにするひとも多くなっています。リュックは危険なイメージがあるかもしれませんが、やはり便利さが魅力です。今回は、スリや危険にあわないための注意点やおすすめのリュックをご紹介いたします。

LCCとは?利用のデメリット2:座席が狭い見出し

LCCのデメリットのもう一つが座席の間隔が狭く、シートが快適でないことがあるということです。LCCの中でも座席が狭いと感じないものもありますが、多くのLCCの場合、座った時に前の座席に膝が当たってしまう人もいるようです。小柄な人や短距離のフライトであれば大丈夫かもしれませんが、長距離になると多少きつい思いをするでしょう。

LCCの座席は狭いというデメリットを解決するシートを設けているLCCもあります。Airasiaでは足元が広めのホットシートやフルフラットシートなどが利用できます。もちろん有料ではありますが、元の値段が安いのでお得にワンランク上のシートを体験することができます。

LCCとは?利用方法をご紹介見出し

LCCを利用したい時は、まずインターネットで希望の航路がある航空会社を調べ、その全てのLCCのサイトでセール情報などを確認しましょう。一気に検索したい時は航空券比較サイトが便利です。日程の自由がきくのであれば、近くの別の日の価格も見てみましょう。一日違うだけでかなり価格が変わることもよくあります。

ネットで予約した場合、基本的にメールで予約番号が届きます。搭乗日が近づいたらオンラインチェックインが可能になるので、予約番号を使ってチェックインをし、QRコードを取得します。それがそのまま航空券の代わりとなるので当日は直接保安検査場に行くことができます。利用するLCCによって利用方法が異なるので事前に確認しておきましょう。

LCCとは?活用例をご紹介見出し

LCCのメリットでも少し紹介しましたが、LCCを活用すると今までは考えもつかなかった場所への弾丸旅行も可能になります。仕事を終えて深夜にLCCの便に乗り移動時間に寝て、早朝から現地で楽しむという活用方法もあります。LCCは深夜便がたくさんあるので多くの人が利用しています。

LCCの早朝便を利用するのも便利となっています。早朝に空港まで行くことができるのであれば、早朝便をおすすめします。午前中には国内外の目的に着くことができ、帰りは深夜便にすることで日中のフライトを利用するより何時間も現地にいられる時間が増えます。

例えばLCCピーチの深夜2時過ぎの便で羽田から上海に行き、その日の朝から上海を楽しみ、日が変わった深夜1時発の便で帰国すると0泊2日の弾丸旅行も可能です。体力があれば1日の休みで上海に行くことができるということです。忙しくて休みが取れないけれど、どうしても行きたいところがある方は超弾丸旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

LCCの早朝便を利用して台湾旅行に行く人も多いようです。5時台の便に乗る場合は、空港まで間に合わないこともあるので前日夜に空港入りする人も多くいます。終電で空港に来て仮眠をとるか、空港内のホテルなどで一泊して出国することもできます。自分の休みに合った日程のLCC航空券を見つけて活用しましょう。

3泊4日で手軽に海外旅行を楽しもう!忙しい人におすすめの国15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
3泊4日で手軽に海外旅行を楽しもう!忙しい人におすすめの国15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
仕事に忙殺されている日々を送っていると、ふと旅に出たくなることありませんか。LCCの台頭によって3泊4日の旅行も気軽にできるようになりました。あなたも気軽に海外旅行に飛び出しましょう。そこで3泊4日で手軽に海外旅行を楽しめる、おすすめの15カ国ご紹介します。

LCCのセール情報をチェック見出し

LCCを最大限に活用するポイントは各航空会社のセール情報を随時チェックすることです。例えばジェットスターは成田から宮崎の就航記念セールとして871円の航空券を販売するセールを行っています。座席数は限定ではありますが、成田宮崎便を利用予定の方でこの情報を知っていると、日程が合えばもちろん871円の航空券を購入するでしょう。

国際線のLCCもよくセールを行っています。日本からバリまでのチケットが9900円ほどと本当にお得となっています。こういったセール情報を得るため、LCC各社のSNSやメールマガジンなど登録しておくとセール情報を見逃すこともないのでおすすめです。メルマガ会員にセール価格で先行販売する場合もあるのでぜひ利用してください。

おすすめのLCC:ジェットスター見出し

日本国内はもちろん海外路線も多く定期運行便のあるジェットスターは、成田と札幌、大阪、福岡、上海、台北などの人気路線があります。海外路線もまだ拡充しており、大阪からハノイ(ベトナム)が2017年に就航しています。2017年11月には那覇からシンガポールの就航も予定されており、今後も新規就航が楽しみなLCCとなっています。

ジェットスターを利用すると、オーストラリアのメルボルン、ゴールドコースト、ケアンズなどに格安で行くことができます。少し長いフライトにはなりますが、驚くほど安い渡航費でオーストラリアに行けるので、大自然や美味しい食べ物を楽しみに行ってはいかがでしょうか。

メルボルン観光におすすめのスポットBEST7!見どころ多数あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
メルボルン観光におすすめのスポットBEST7!見どころ多数あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアの中でもちょっぴり古風な雰囲気を残したカフェ文化の根付くおしゃれな街メルボルン。近年では旅行先のみならずワーホリでも高い人気を誇っています。そんなメルボルンの名所を7ヶ所厳選し、見どころやイベント情報も入れつつたっぷりご紹介します。
オーストラリア・ゴールドコーストのおすすめ観光スポット厳選11! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オーストラリア・ゴールドコーストのおすすめ観光スポット厳選11! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本人に馴染みのある観光スポットであるオーストラリアのゴールドコースト。年間を通して気候もよく、海水浴、アクティビティ、買い物を楽しむために観光客が訪れます。そんなオーストラリアのゴールドコーストでおすすめの観光スポットをご紹介いたします。

おすすめのLCC:ピーチ・アビエーション見出し

LCCのピーチは関西国際空港を拠点にしているため、関空からの国内外の旅行に最適です。関空からは韓国、台湾、香港、中国の人気観光地への定期運行便があります。パッケージツアーもあり、全部で3万円で1泊2日の香港旅などが可能になっています。セールが多いLCCなのでセール情報を頻繁にチェックしましょう。

台北観光スポット特集!超定番から穴場までおすすめをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
台北観光スポット特集!超定番から穴場までおすすめをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
週末の旅行でも楽しめる台北は、日本人に大人気の観光地です。今回はそんな台北の見所たっぷりのおすすめ観光スポットをご紹介いたします。台北観光にかかせない定番観光スポットから、今注目の穴場観光スポットまで、人気観光スポットをあますことなく紹介しちゃいますよ。

LCCをうまく活用しよう!見出し

LCCについて理解していただけましたか?LCCの活用方法を十分に理解していると、渡航費をかなり節約することができます。航空券代を節約して、その分旅先で楽しみましょう。国内外問わず、旅の予定がある方はLCCの情報もチェックしてみてください。魅力的なチケットを発見できるかもしれません。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月23日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote