地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ロマンスカーの料金は?運行日や乗り方など気になる情報も紹介!

ロマンスカーの料金は?運行日や乗り方など気になる情報も紹介!

ロマンスカーに乗りたいけど、料金が高そうで遠慮しているアナタはこれを見てください。決して高い料金ではありません。ここではロマンスカーの料金を比較検討して安くなる方法も述べます。気になるロマンスカーの情報も併せてお楽しみください。

あこがれのロマンスカー!その料金は?見出し

Photo by yto

「ロマンスカー」は主に新宿から箱根間の全車座席指定制の有料特急の愛称です。その由来は「ロマンスシート」からということです。かっては「ロマンスカー」は他の鉄道会社でも走っている電車がありましたが、今は小田急電鉄の登録商標となっています。憧れであった「ロマンスカー」は新幹線より料金が安いというのは本当でしょうか?

気になるロマンスカーの料金は?比較検討!見出し

ロマンスカーの料金は安い?新幹線との比較!

Photo by t-mizo

ロマンスカーは主に新宿から箱根湯本間を運行されていますが、その料金はどうなのでしょうか?そこでJRの新幹線を利用した乗り方との料金を比較してみたいと思います。新幹線の場合は東京から小田原乗り換えで箱根湯本というルートになりますが参考にして頂きたいところです。

新幹線で箱根湯本に行ってみる!料金は?

まずは、東京から小田原までの乗車券が1,490円で、特急券が2,250円ですから小田原までの合計が3,740円になります。小田原から乗り換えで箱根湯本まで行くには箱根登山鉄道を利用しますので乗車券が310円かかります。東京から箱根湯本までの総合計購入金額は4,050円になります。ちなみに東京から箱根湯本の所要時間は約1時間です。

ロマンスカーで箱根湯本まで行ってみる!料金は?

Photo by othree

ロマンスカーで箱根湯本に行く場合は乗り換えなしで直通で行くことができます。さて、購入料金額はというと新宿から箱根湯本までの乗車券が1,190円(箱根登山鉄道分310円含む)と特急料金が890円ということで合計購入金額が2,080円ということになります。ちなみに新宿から箱根湯本の所要時間は1時間40分というところです。

料金はロマンスカーがお得!魅力もあり!

ロマンスカーと新幹線を比較すると、購入料金はロマンスカーが半額の近さで安くおすすめです。所要時間では新幹線に敵わないですが、その分箱根湯本まで乗り換えがない事や車内のサービスがいい事が新幹線より魅力的です。カッコイイ車体が旅をするワクワク感を醸し出すのがロマンスカーにはあって新幹線より魅力勝ちとなるようです。

ロマンスカーの予約方法は?空席状況の調べ方などお役立ち情報! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロマンスカーの予約方法は?空席状況の調べ方などお役立ち情報! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新宿から箱根までおよそ90分でつないでいるロマンスカー。かつて温泉地への旅行の代名詞だったロマンスカーは現在通勤の足としても幅広く使われています。通勤時間帯の予約方法や、人気の展望席の予約方法、空席状況の調べ方などをご紹介いたします。

ロマンスカーの料金は安くできる?見出し

ロマンスカーの料金を安くできる?

Photo by yto

さて、ロマンスカーの乗車券と特急券は駅の窓口や電話、インターネットで購入(予約)できますが、割引などで安くなる方法はあるのでしょうか?ネットなどで正規に予約購入の場合でも残念ながら往復割引きなどもなく、新宿から箱根湯本間は片道2,080円(乗車券と特急券)と固定金額となってしまいます。

箱根フリーパスがおすすめ!

箱根に1泊2日で旅行するのであれば、「箱根フリーパス」がお得でおすすめです。新宿発として購入すれば5,140円という金額になってこれにロマンスカーの特急券を別途購入しなければなりません。しかし、箱根のほぼ全ての乗り物と入館料などがタダというのですから絶対お得なのです。通常使用の試算では1,300円以上は安くなるようです。

ロマンスカーの料金を安くする裏技!見出し

金券ショップでロマンスカーの料金が安くなる?

ロマンスカーの料金を安くする方法はあります。株主優待券の使用です。小田急電鉄のものがない方は金券ショップへ行ってください。小田急電鉄の株主優待券が1枚650円から700円のようです。小田急沿線であれば乗車代は無料です。特急券と310円(小田原から箱根湯本間)が必要ですが230円から280円は安くなる料金になるはずです。

回数券で料金を安く上げよう!

小田急電鉄の特急券の回数券(平日)というのもあるので利用しましょう。頻繁にロマンスカーに乗らない方は金券ショップでバラで特急券を購入すると100円くらいは安くなるようです。金券ショップで株主優待券と回数券を購入すれば新宿から箱根湯本間は330円以上は料金が安くなりそうです。生ビール代位は浮きそうでしょうか?

ロマンスカーのルートはここまでに!見出し

初めは新宿から小田原間の運行

Photo by othree

ロマンスカーの1948年運行当時は新宿から小田原間が運行ルートでした。1950年には箱根登山鉄道箱根湯本駅に乗り入れ出来るようになり、今では主に新宿から箱根湯本駅間がロマンスカーの運行ルートなっています。「ロマンスカーで箱根に行こう!」があこがれと共に観光的に定着しつつあります。

新宿から江ノ島間も運行

Photo by reikow101277

新宿から江ノ島間の運行ルートもあります。特に江ノ島での初日の出や初詣に合わせたロマンスカーが人気です。その名も「ニューイヤーエクスプレス号」といって元旦の深夜から未明まで運行されています。来年の初日の出、初詣は江ノ島を考えてみたらいかがでしょうか。カップルには特におすすめですからネットで予約購入しましょう。

北千住から箱根湯本間、大手町から本厚木間も運行

Photo by keiichi.yasu

地下鉄に乗り入れる形としてMSE60000形のロマンスカーが運行中です。ロマンスカーは新宿を越え北千住から箱根湯本間あるいは大手町から本厚木間という運行ルートもあります。ますますロマンスカーは乗り方が便利になっておすすめの電車になっています。あこがれのロマンスカーから身近なロマンスカーの時代になりつつあります。

ロマンスカーの運行日見出し

いつでもロマンスカーに!毎日運行!

ロマンスカーは毎日運行されていて、いつでも乗車できます。休日前や休日は人気があって早めに電話やネットで予約しないと満席の場合もありますから注意してください。特に展望席はすぐに埋まります。また、新宿から江ノ島間または北千住から江ノ島間は大晦日深夜から元旦未明に掛けても運行されるようですから早めに予約しましょう。例年12月1日からネットや電話で予約購入できるようです。

ロマンスカーの乗り方見出し

人気の乗り方!ロマンスカーの展望席!

ロマンスカーの一番人気の乗り方はなんといっても一番前の展望席でしょう。箱根や江ノ島に行くにはぜひ乗っていただきたい乗り方です。さもロマンスカーを運転している様な感覚とどの席よりも展望が望めることに感激するはずです。予約ですぐ無くなりますから今すぐネットで展望席を予約購入してください。他の席と料金は変わりません。

あこがれのロマンスカーから通勤のロマンスカーに!

Photo by Norisa1

画像はEXE30000形のロマンスカーで一見従来からのロマンスカーとは違う形です。ロマンスカー利用者が行楽ではなく通勤に利用する乗り方の人が増えてきたことや地下鉄に乗り入れるための形となったようです。でもロマンスカー愛好者はこのロマンスカーが来るとハズレという人がいるくらいいまいちの評判があります。

ロマンスカーの展望席が人気!予約方法や気になる値段など徹底紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ロマンスカーの展望席が人気!予約方法や気になる値段など徹底紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
旅行や仕事、少し長めの移動に便利なロマンスカー。先頭車両が運転席ではなく、一般のお客さんが座っているのを見たことがあるでしょうか。これは展望席という、即日完売する人気の座席です。1度は乗ってみたいロマンスカー人気の展望席について魅力や予約方法を紹介します。

ロマンスカーの形は日々進化!変遷をみる!見出し

ロマンスカーの形は刻々と変化!

ロマンスカーの形もその歴史と共にさまざまの形が生まれてきました。今年はSE3000形のロマンスカー就航6060周年記念ということです。すでに引退はしていますが、オレンジ色が基調のロマンスカーのイメージの初期のモデルとしていまだにマニアの間では人気があるようです。

懐かしいと思う方もいることでしょう。ロマンスカーの展望席がある初期モデルNSE3100形です。東京オリンピックを控えて新宿から小田原間62分で結んだという当時は画期的であこがれのロマンスカーでした。1963年から1999年まで運行されてロマンスカーといえばこの形のイメージを植え付けたようです。

赤と白のロマンスカーから画期的なロマンスカーに!

Photo by t-mizo

展望席のあるNSE3100形の後継車LSE7000形のロマンスカーが現在も運行されています。レトロな雰囲気がまた大人気なのです。その後HiSE10000形や2階車のRSE20000形が運行されましたがいずれも2012年に引退しました。2005年には新宿から箱根間専用車の白のVSE50000形のロマンスカーが運行され人気になっています。

地下鉄乗り入れ可能なロマンスカーとして1996年にはEXE30000形が運行されました。2008年にはカッコイイと評判のブルーのMSE60000形が運行されて東京メトロから箱根間という画期的な乗り方が出来るようになったのです。週末に仕事が終わったら直通で箱根に旅行ということも可能になったのです。忙しいアナタにおすすめです!

ロマンスカーの最新情報!見出し

ロマンスカーの新型車両が登場!

大人気のLSE7000形のロマンスカーですが、2018年に引退という情報があります。1980年からの運行ですから実に38年ということですから人気のほどが伺えます。レトロな雰囲気ですがロマンスカーの象徴が無くなるようでとても残念です。引退する前に記念に乗って頂きたいので乗車お急ぎください。

2018年に新型ロマンスカーが運行予定です。新型70000形にはもちろん展望席が先頭車両に16席儲けられますが、すべての車両の窓の高さが1mと広くし荷棚も無くすなど展望重視の車両となる見通しです。来年の2018年3月運行ということですから、ネットで注目してぜひ新型ロマンスカー切符を予約購入しましょう!

ロマンスカーに乗ろう!見出し

Photo by masataka_muto

いかがでしたか?料金もそれほど高くないロマンスカーは通勤にも利用するほど身近なロマンスカーとしてアナタの乗車を待っています。電話予約もできますが、ネットでロマンスカー展望席をぜひ予約購入することをおすすめします。引退まで時間がないLSEと来年運行予定の新型車両にぜひ乗車して箱根観光をおすすめしたいところです。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月29日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote