地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

宗谷岬観光!日の出やドライブにも良い絶景づくし!アクセス方法紹介

日本最北の地とはどんなところか皆さんは知っているでしょうか?それは宗谷岬というところです。この観光スポットは北方領土を除く現在の日本の領土の中で一番北にあり、日本全国で有名になっています。今回は宗谷岬の観光情報をまとめました。

観光におすすめの宗谷岬を紹介見出し

現日本最北の地として知られている宗谷岬。この観光スポットでは初日の出など数々の絶景を見れたり、北の大地らしいドライブを満喫できます。日本最果ての地を観光できるのはロマンがあります。そういうわけで今回は宗谷岬の観光スポットやドライブポイント、日の出情報などを紹介します。

稚内の観光名所まとめ!おすすめスポットはどこ?最北端の景色がすごい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
稚内の観光名所まとめ!おすすめスポットはどこ?最北端の景色がすごい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
稚内は、北方領土を除き日本で最北端にある町です。最北端に位置する宗谷岬からは、天気の良い日には樺太(サハリン)が見られる為、北方圏諸国への玄関口としても有名な観光地です。雄大な自然を楽しめる稚内の観光名所を、ご紹介させて頂きます!

日本最北の地「宗谷岬」見出し

宗谷岬は樺太や北方領土以外の日本の国土で最も北にあるところです。すなわち北海道の最北端に存在する観光スポットでもあります。宗谷岬は日本最北端であるため、夏は涼しく冬は氷点下まで下がるほどまで寒いです。最北端で表すモニュメントも建っており、日の出など絶景を見られる聖地にもなっています。宗谷岬の名前はアイヌ語「ソーヤシュマ」に由来しています。

間宮林蔵の像があることで有名

宗谷岬には間宮林蔵像という偉人の銅像が建っています。彼は江戸時代に北海道やサハリンを探検し、サハリンが島だということを明らかにした人物です。晩年はシーボルト事件の犯人とされ、つらい人生を送ってきました。宗谷岬にある像は林蔵の業績を未来の子供たちに伝えるために建設されたもの。宗谷岬からのアクセスも近いので歴史好きの人にはなかなかおすすめです。

どうして日本最北の地なのか?

なぜ宗谷岬が日本最北の地とされているのか、それには理由があります。なぜなら本来なら最北になるはずだった北方領土について日本とロシアがもめ合っているからです。ことの発端は1945年の太平洋戦争終結時にソ連が北方領土を占領したことに始まりました。なので、現在の日本では実質的に宗谷岬が最北の地になっています。もし、北方領土が完全返還されたら最北の座は変わるでしょう。

最北端の地でその足跡を残そう

最北の地へ来たからには「柏屋」へ行きましょう。ここでは到着証明書を発行でき、写真撮影同様日本最北端に言ったという証を残すことができます。「柏屋」は1977年から続いている老舗店で、日本最北端のお土産屋として去られています。店の前では緯度と気温、日にちが確認できるので、記念として写真撮影するのも醍醐味でしょう。

日の出の時間帯こそ宗谷岬の醍醐味見出し

日の出と日の入りが見える場所

宗谷岬の魅力は何より日の入りと日の出両方が拝められることです。日の出スポットは日本全国に点在していますが、宗谷岬のように地平線を遮る障害物なしで見られるものは少ないでしょう。遠くの地平線を眺めながら日の出を見れるのは絶景そのもの。それはまさに大地の贈り物と言っても過言ではありません。夏に宗谷岬にこれば透明感の高い日の出が楽しめます。

初日の出には毎年イベントが行われる

宗谷岬は稚内観光でいつでも宗谷岬で日の出を拝められます。その日の出をさらに思い出に残したいなら元旦に初日の出を見るといいでしょう。宗谷岬では元旦の日に「初日の出inてっぺん」という正月イベントが行われます。日の出という素晴らしい絶景を眺めながら、年の始まりを祝うのは元気が出ますね。宗谷岬に行きたい人は大みそかに稚内に行って準備するのがおすすめです。

きちんと防寒対策はしておくこと

宗谷岬では初日の出を見たいなら、札幌以上に防寒対策が必要です。1月の稚内は大体最低気温で氷点下8度、最高気温で氷点下2度の極寒そのもの。なので、フード付きの上着や手袋、マフラーなど防寒対策に特化した服装が必須となります。無事に日の出までに極寒の試練を乗り越えれば輝かしい年明けが迎えられるでしょう。

宗谷岬のドライブスポット1「宗谷丘陵」見出し

周氷河地形という自然の絶景

宗谷丘陵は日本最北にある丘陵で、一面森林もなくなだらかな平原が続いています。この給料は千葉県の房総半島のように急斜面な谷底がないのが特徴です。さらには氷河期に形成されたとされている「周氷河地形」が存在しています。この地形は今の北アルプスのような雪線から森林限界の気候ではなければできません。このようになだらかな絶景が見られるのは素晴らしいことです。

貝を再利用した「白い道」

宗谷丘陵には「白い道」という隠れ観光スポットが存在しています。この道は実は本来はごみとして捨てられていた「ホタテ貝」を再利用して整備されたもの。ここは人があまり来ないため、静かに絶景を見れます。リサイクルした貝を絶景スポットにしてしまう人間の素晴らしさには脅かされます。宗谷岬周辺のドライブにはうってつけの観光スポットです。

宗谷岬のドライブスポット2「宗谷丘陵展望パーキング」見出し

宗谷岬や宗谷丘陵の絶景を眺めた後には「宗谷丘陵展望パーク」がおすすめです。東京タワーのように注目したい目玉はないですが、休憩所らしく体を休められます。さらに宗谷丘陵のなだらかな絶景を眺められるのもかなりの見所。北海道らしい魅力がここに詰まっていると言っても過言ではありません。近くに間宮食堂があるので、グルメも合わせて楽します。

宗谷岬のドライブスポット3「宗谷ふれあい公園」見出し

宗谷ふれあい公園はキャンプ場、スノーアクティビティ場、遊技場など、なんでもあるレジャースポットです。公園内にある展望台に登れば、サハリンや宗谷海峡などの絶景が見られます。絶景・レジャーどちらも遊びたい人にとっては魅力的なスポットです。稚内の近くにありますが、宗谷岬のドライブスポットとしても寄っていきたいとこでもあります。

宗谷岬のドライブスポット4「宗谷岬牧場」見出し

宗谷岬牧場は宗谷岬付近で畜産産業を展開しているスポットです。この観光スポットは北海道最北の豊かな自然の元で、宗谷黒牛などを飼養しています。枝肉などここで生産された畜産物はどれも高級なものばかりで、特にハンバーグは北海道産に厳選されている絶品。ちなみに宗谷岬牧場は周氷河地形に囲まれており、日本の物とは思えない美しい絶景を見せてくれます。

宗谷岬のドライブスポット5「宗谷岬灯台」見出し

日本最北の灯台で、サハリンを対岸とした宗谷海峡の航路を監視しているところです。その歴史は意外と古く明治1885年に灯台として完成し火災を経て今の姿に至ります。高さは17メートルで43キロの幅がる宗谷海峡の4分の3まで光が届いています。宗谷岬からもアクセスが近いので、宗谷岬観光の一環として行くのはいかがでしょうか。

宗谷岬のドライブスポット6「宗谷厳島神社」見出し

この神社はいつ建立されたのか不明ですが、1782年に奉納されたことを証明する鰐口が今でも存在することから最低でも1780年以前には建てられたのではないと考えられてます。宗谷の地ではアイヌと和人は戦国時代から交易が始まったとされており、宗谷厳島神社はその名残と言えます。宗谷岬もおすすめですが、その記念としてこの神社に参拝しに行くのもおすすめしたいです。

宗谷岬の人気グルメスポット見出し

「食堂最北端」

「食堂最北端」はその名の通り日本で最も北にある食堂で、エビなど海鮮物がたっぷりと詰め込まれた最北端のラーメンが人気です。メニューとして、もずくラーメンやカツカレーなど多種多様なものばかり。店の雰囲気も時代を感じられ、まったりとした雰囲気でラーメンを味わうことができます。天気の良い日にはサハリンを眺められるのも醍醐味です。

北の果てのマクドナルド

宗谷岬にマクドナルドがあるのをご存知でしょうか?実は「マクドナルド40号稚内店」が宗谷岬には存在します。最北端のマクドナルドということもあり、記念としてドナルドベンチが設置されています。最北端に行った記念に写真撮影することも可能です。グルメ店らしくお馴染みのビックマックやポテトを食べることができます。まさに「北の国」ならぬ「北のマクドナルド」です。

「間宮堂」

ホタテラーメンの元祖が味わえるグルメ店はどこか、それこそ「間宮堂」です。「間宮堂」では元祖とも言われている塩ホタテラーメンが人気で、店自体が最果てにあるせいか美味しく頂けます。ほかにもホタテカレーライスやうに丼、北海しま海老などメニューも様々。11月から4月までは休みですが、夏に行けば食べに行ける人気グルメ店です。

「ゲストハウスアルメリア」

ゲストハウスアルメリアは宗谷黒牛が食べられるところで、宗谷岬で間宮堂を少し登ったところにあります。ここで取り扱われているメニューとしては、ビーフシチュー、宗谷黒牛特製のカレーラーメンなど宗谷でしか味わえないものが勢揃い。ご飯を食べた後にはデザートのアイスクリームも食べられます。新鮮な牛乳で造られているので美味しく頂けます。

アニメとの関係が深い聖地宗谷岬見出し

はいふりの副船長の名前の由来は宗谷

2016年春に話題になった「ハイスクール・フリート」。このアニメでは宗谷ましろという晴風の副艦長が登場しますが、その宗谷の名前の由来がここ宗谷岬なのです。晴風艦長兼主人公の岬明乃の名前も宗谷岬に由来しています。横須賀ははいふりの主要聖地ですが、ミケ・シロちゃんファンは一度宗谷岬で聖地巡礼してはいかかでしょうか?日本最北の地でシロちゃんのフィギュアと撮影するのも醍醐味です。

「夜ノヤッターマン」の舞台でもある

宗谷岬は「夜ノヤッターマン」にも登場します。「夜ノヤッターマン」は2014年の冬アニメで、ドロンボーの末裔が悪役のヤッターマンを倒す王道物。そのヤッターマンの居城としてヤッターメトロポリスという都市が登場しますが、まさに宗谷岬にあるのです。まさに夜ノヤッターマン最終決戦の地でもあります。ある意味ヤッターマンファンに必見の観光スポットです。

宗谷岬近くで泊まりたいおすすめのホテル見出し

「最北の宿」

文字通り日本最北端の地にある民宿で、宗谷岬らしい最果ての宿泊を楽しめます。部屋は最果てのイメージとは思えないほど立派な洋式です。宿の食事も豪華で、特にタコしゃぶはかなり美味しく、海鮮料理らしい風味が味わえます。温泉も厚生省から認可を受けているほど人気があり、疲労回復には効果的です。ただ、冬季期間もあるので泊まりたい場合は夏の間に行きましょう。

「斗夢ソーヤ」

斗夢ソーヤは日本最北のペンションで、美味しい海鮮料理を味わえます。というのもペンションの主人が漁師をやっており、たこしゃぶなど料理にこだわっているのが見どころ。夕食としては囲炉裏コースやたこしゃぶ海鮮コースを選べ、囲炉裏コースは海鮮と合わせて宗谷黒牛も食べれます。部屋も清潔感があるので、宿を確保したい人にとってはおすすめです。

「民宿宗谷岬」

「最北の宿」や「斗夢ソーヤ」より少し南に位置しますが、この宿泊施設も紛れもなく最果ての宿です。「民宿宗谷岬」は全体的に綺麗で居心地のいい音楽が流れています。宿の料理はオホーツク海でとれる海鮮物で、北の海の幸を堪能できます。宗谷岬から数分もかからず、すぐに最北端に行けるのも利点。口コミでもかなり人気なので、ぜひ泊まってみるといいでしょう。

宗谷岬へのアクセスはバスがおすすめ見出し

宗谷バスで宗谷岬まで行こう

稚内から宗谷岬までのアクセス方法はバスか車だけです。遠方から来る人はバスを使った方が良いでしょう。ちなみにバスで50分と時間がかなりかかります。つまり往復で1時間40分という計算になります。なので、バスに乗っている間は絶景を眺めながら宗谷岬に到着するのを待つのがいいです。宗谷岬に到着したらぜひ絶景を眺めに行きましょう。

バスに乗る時の注意点

稚内駅から宗谷岬までは時間がかかるうえに料金が片道で1300円、往復で2700円と普通のバスよりも高いです。宗谷岬に行くには相当な資金が必要ですね。バス料金を安くするためにも往復チケットを安く抑えておきましょう。それとスイカも使用できないので必ず現金で払わなければなりません。宗谷岬行きのバスに行くためにも注意点は押さえておきましょう。

宗谷岬の玄関口稚内へのアクセス方法見出し

飛行機でのアクセス方法

もし、東京から稚内へ最短時間でアクセスしたいなら、飛行機で北海道までひとっ飛びする方法を使います。稚内には空港があるので、羽田空港からは直便で来るのがいいでしょう。飛行機に乗っている間は空の旅を満喫できます。このアクセス方法は飛行機を使うため非常にお金がかかりますが、楽をしたいなら一番おすすめです。

札幌から電車でアクセスするなら

電車でアクセスする場合は、札幌から「特急スーパー宗谷サロベツ号」という列車一本で稚内まで行きましょう。所有時間は5時間ほどで途方も無い時間がかかります。この時間の長さはちなみに旭川からも行く手もありますが、こちらは3時間45分ぐらいです。札幌で鉄道きっぷを買えば往復で12500円程度で済みませます。宗谷岬観光はバスでさえ金がかかるので、できるだけ安く済ませましょう。

バスでも最果ての地に向かえる

稚内へのアクセス方法は電車や飛行機のほかにバスもおすすめです。特に札幌から稚内間の「特急わっかない号」に乗るといいでしょう。「特急わっかない号」は文字通り稚内まで338キロを走り、所要時間は約6時間です。このバスへの乗車の資格は予約でしか手に入らないので、最低でも3か月前に予測しておきましょう。

ぜひ宗谷岬に行ってみてください!見出し

ここまで宗谷岬の観光・ドライブ情報とアクセス方法をまとめました。東京から最果ての地まではかなりの時間がかかると思いますが、到着すればそこは魅力のオンパレード。北の大地をドライブしたり色々な絶景を見たり、人生で貴重と行ってもいいくらいいい体験ができます。宗谷岬へ一生に一度は行ってみたらどうでしょうか。

投稿日: 2017年10月4日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote