地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

軽井沢の「石の教会」が神秘的!自然に囲まれた幻想的な建築美にうっとり!

軽井沢の「石の教会」が神秘的!自然に囲まれた幻想的な建築美にうっとり!

軽井沢といえば長野県内でも多くの観光名所を擁する人気の避暑地ですが、石の教会をはじめとする多くの教会が存在することでも知られています。今回はそんな軽井沢の教会群の中でも人気の高い石の教会の魅力を探っていきたいと思います。

軽井沢「石の教会」とは?見出し

軽井沢の高原の自然の中にひっそりと佇む石の教会は、石とガラスが重なり合った独特の美しいアーチが印象的な教会。またの名を「内村鑑三記念堂」といい、明治期のキリスト教者である内村鑑三が提唱した“無教会思想”に基づいて1988年に建築された比較的新しい教会だといいます。そんな石の教会をご紹介いたします。

“無教会思想”から生み出された軽井沢の自然との調和美見出し

教会とは本来キリスト教徒にとっての祈りの場。しかし内村が提唱したのは、祈りというものはキリスト教であるか否かに関わらず、本来誰もが平等に出来るものである、ということ。美しい自然の中で誰しもが平等に祈れる場を築く、という内村の考えを基に建築されたのが石の教会だったのです。

そんな“無教会思想”に基づいて生み出された石の教会の建築様式は“オーガニック建築”というもの。教会を建築するにあたり、周囲の美しい自然を破壊し排除するのではなく、それら全てを活かしたままに建築することで、教会の方があたかも自然の一部であるかのような独特の雰囲気を生み出すことに成功しました。

軽井沢はセゾン現代美術館など美術館がいっぱい!有名な芸術作品も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
軽井沢はセゾン現代美術館など美術館がいっぱい!有名な芸術作品も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
夏の避暑地として知られている長野県軽井沢町。軽井沢にはいくつか美術館がありますが、そんな中からセゾン現代美術館や、その他の有名な美術館をいくつかご紹介いたします。これからセゾン現代美術館などに足を運びたいと考えている方必見の情報をお届けいたします。

建築したのはアメリカ人建築家ケンドリック・ケロッグ見出し

石の教会の建築者であるケンドリック・ケロッグは、石の教会を建築するにあたり、軽井沢の建築予定地周辺を徹底的に歩き回ることで、教会のコンセプトに最もふさわしい場を選んだとのこと。教会の屋内には常に太陽の光が差し込まれるようになっており、アーチ型の形状も太陽の軌道に沿って設計されたものだといいます。

軽井沢石の教会の見どころ見出し

石の教会はその名に石と付くだけあって、館内だけではなく、教会へと続く道まで全て石で出来ています。こちらの石も軽井沢の地元で採れたものだということ。自然と調和したものにする、という石の教会建築のコンセプトに徹底的に基づき建築者であるケンドリック・ケロッグが考えたそうです。

石の教会へと続く道は周囲を軽井沢の美しい自然に囲まれています。石の教会では教会そのものだけではなく、軽井沢の四季折々の自然を味わいつつ教会を鑑賞することができます。教会そのものだけを目当てに訪れるのではなく、軽井沢の自然を感じながら鑑賞することで、本来の石の教会の美しさが見えてくることでしょう。

石の教会を間近から見ると、石壁が傾いて配置されており、ドミノ倒しになっているかのようです。一方、少し離れたところから見てみると、折り重なった石が洞窟のように見え、軽井沢の森の中にそのシルエットがぽっかりと調和して浮かび上がって見えます。

石の教会内部へと続く入り口は、まるで洞窟の入り口のよう。周囲を軽井沢の大自然に囲まれた人気のないその外観は、訪れる者を別世界へといざなうかのように口を開けて待っており、どこか違う国にでも来てしまったかのような気分にさせてくれます。

石の教会の内部に入ると、石壁が両側にそびえ一見威圧感があります。しかし、天井から明るい太陽光が差し込むため、威圧感があるというよりかはどこか異次元に入り込んでしまったかのような神秘的な空気感を味わうことができます。

正方形状のアーチに囲まれた教会の廊下も、一見して暗そうに見えながら、上から太陽の自然光が差し込み、人工的な光では生み出すことの出来ない独特の暖かな雰囲気を生み出しています。ちなみに教会が美しいからといっても、館内での撮影は基本的に禁止のようなので注意が必要です。

軽井沢へ日帰り旅行!ドライブデートにピッタリ!カップルおすすめ定番コース | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
軽井沢へ日帰り旅行!ドライブデートにピッタリ!カップルおすすめ定番コース | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
軽井沢は東京からも近く、四季折々の美しい景観を楽しめ、日帰り旅行に最適です。ドライブしながら移りゆく景色を楽しむ日帰り旅行のドライブコースとして定番中の定番ではないでしょうか。そこで軽井沢の日帰り旅行でドライブコースにピッタリなおすすめコースをご紹介します。

昼とは異なる顔を見せる夜の石の教会見出し

夜の石の教会は昼とは異なるも美しい姿を見せてくれます。教会内部のみならず、周辺もライトアップされるため、夜の闇の中に石の教会と軽井沢の自然が浮かび上がり、ただでさえ美しい教会が昼とは一味違う幻想的な雰囲気に満たされます。

軽井沢の空気が澄み、星空が美しいことはよく知られています。ここ石の教会も周囲を森に囲まれ、空を遮るものが何もないため、星空を鑑賞する場としても向いています。天気がよい夜に教会近くの森を訪れ夜空一面に広がる星々を眺める、なんていうのも素敵な思い出になることでしょう。

軽井沢のレストランでディナー!食事が楽しいおしゃれな人気店!おすすめは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
軽井沢のレストランでディナー!食事が楽しいおしゃれな人気店!おすすめは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
軽井沢の緑溢れる豊かな自然や見応えたっぷりの名所を観光したあとは、人気レストランで美味しい食事やディナーを楽しんでみてはいかがでしょう。軽井沢でおすすめの、おしゃれなディナーを楽しめるレストランや、リーズナブルで美味しい食事処などをまとめてご紹介します。

軽井沢の石の教会は教会でありながら祭壇も十字架もない見出し

教会といえば通常十字架や祭壇がありますが、ここ軽井沢の石の教会にはそのいずれもありません。“無教会思想”に則った館内にはいずれも必要なく、祈りを捧げたいという思いがあれば十分なのです。ガラスと石に囲まれた館内には太陽光が差し込み、壁には苔が蒸し、神秘的で美しい軽井沢の自然を感じながら祈りを捧げることができます。

石の教会では四季折々の軽井沢の自然が楽しめる見出し

石の教会は建築そのものも非常に美しいですが、軽井沢の四季折々の大自然を感じられるのも魅力です。軽井沢は避暑地としての人気が高いため、多くの方が訪れるのは夏の間となりますが、あまり人の訪れない秋や冬に訪れてみても、一人で軽井沢の大自然の中に取り残されたかのような不思議な気分を味わうことができます。

春の石の教会は新緑の暖かな空気に包まれています。まだ肌寒い時もありますが、長い冬が終わり春の息吹が芽吹き始めた石の教会周囲の自然はなんだか希望に満ちているよう。耳を済ませれば、冬眠から目を覚ました動物たちの息遣いが聞こえてきそうな気がします。

青々とした木々に彩られた夏季の軽井沢は避暑地として大人気の観光地です。石の教会も夏の生い茂った草木に囲まれ、自然の中へと埋もれ溶け込んでしまいます。天気が良ければ青空と木々、そして石の教会が織りなす大自然のコントラストが目を楽しませてくれます。

軽井沢の秋の訪れは早く、9月になるともうすっかり肌寒くなり、木々も一気に赤く色づいていきます。そんな中にひっそりとそびえる石の教会はなんだか少し寂しそうで、哀愁が漂って見えます。春夏とは一味違うひっそりとして人気の少ない教会で、他よりも一足早い秋の訪れを味わうのも風情があります。

冬の間の軽井沢は雪に閉ざされ、観光地の多くも店を閉めているため、この季節に軽井沢を訪れる方は少ないかと思います。そんな中でも石の教会は、祈りを捧げに訪れる人をひっそりと待っているかのよう。雪化粧をまとった石のアーチは自然の洞穴のようにも見え、寒々しくも冬眠中の動物たちが中に隠れていそうな不思議な雰囲気です。

雲場池の紅葉情報!見頃やアクセスなど軽井沢の人気スポット紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
雲場池の紅葉情報!見頃やアクセスなど軽井沢の人気スポット紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
雲場池は軽井沢屈指の紅葉の名所です。池と一緒に眺める紅葉だけでなく池に映る紅葉はまさに絶景。カモなどの野鳥も見ることができる自然豊かな紅葉スポットです。そんな雲場池の紅葉の見頃やアクセス方法、おすすめの観賞スポットなどをまとめました。

軽井沢の石の教会の地下には内村鑑三関連資料も見出し

内村鑑三記念館というだけあり、石の教会の1階は教会となっていますが、その地下には内村鑑三関連資料の数々が所蔵されており、外には内村鑑三の碑文もあります。教会の雰囲気を楽しみたいという方だけではなく、キリスト教に関わる歴史について学びたいという方にも石の教会は人気となっています。

軽井沢での結婚式にも人気の石の教会見出し

そんな石の教会は、教会が数多く存在する軽井沢の中でも人気の結婚式場としても知られています。アーチから降り注ぐ太陽光がまるで新郎新婦を祝福しているかのように感じられ、幻想的な雰囲気の中挙式を営むことができます。収容人数も約40人と、家族や親しい友人と厳かに式を挙げたいカップルにはぴったりです。

昼間よりもさらに美しい夜の石の教会での挙式見出し

昼間の石の教会も十分美しいですが、さらに幻想的な雰囲気の中で挙式をされたいカップルに人気なのは夜の石の教会での挙式です。夜の闇に包まれた軽井沢の自然とキャンドルライトの柔らかな光に包まれながら、人生に一度の時を過ごせれば一生忘れられない思い出になるでしょう。

二人だけの時間を過ごしたい方にはアクセス抜群の併設ホテルも見出し

挙式前後に軽井沢の自然を感じながらゆっくりと過ごしたいとお考えのカップルには、石の教会へのアクセス抜群の「軽井沢ホテルブレストンコート」への滞在も人気です。無料シャトルバスが出ているため駅へのアクセスもよく、また石の教会に併設されているので、挙式前後の時間に追われることなく過ごすことが出来そうです。

ちなみに「軽井沢ホテルブレストンコート」からは石の教会と同様に軽井沢で最も人気の高い教会の一つである、軽井沢高原教会へのアクセスも抜群。軽井沢高原教会では8月の間一週間にわたり、キャンドルで教会を囲む「サマーキャンドルナイト」も開催されるので、石の教会からそのままアクセスしてもよさそうです。

軽井沢人気ホテルランキングTOP20!一度は泊まってみたい憧れの宿 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
軽井沢人気ホテルランキングTOP20!一度は泊まってみたい憧れの宿 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
長野県の避暑地の軽井沢は、自然も多く涼しげで、お洒落なホテルが多いことで有名ですよね。今回は、軽井沢に行ったら是非泊まりたい、人気のホテルをランキングにしました。ランキングを参考に、軽井沢のホテル選びをしてみてください。

軽井沢から気になる石の教会へのアクセスは?見出し

気になる石の教会へのアクセスです。電車の場合、しなの鉄道中軽井沢駅より車で5分、長野新幹線軽井沢駅より車で10分、また軽井沢駅より無料バス「ブレストンコート」行きに乗りホテルブレストンコートで下車すぐとアクセス良好です。上信越自動車道碓氷軽井沢ICよりは車で20分となっており、アクセス面でも利用しやすくなっています。

軽井沢の美しい自然と建築を楽しめる石の教会見出し

これまでに足を運んだ方がない方も、また以前訪れたことがある方も、石の教会の魅力について改めて知っていただけましたでしょうか。大自然に建築が融合した石の教会ならではの姿、これまで訪れたことがない方はぜひ一度その目でご覧になってみてはどうでしょうか。

投稿日: 2017年10月18日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote