五木村の観光スポット紹介!くまモンも跳んだバンジージャンプの料金は?

2017年3月29日 (2020年9月6日最終更新)

先の震災で復興途中の熊本県。幸いにも五木村での最大震度は4でしたが、訪れる観光客の数が減っているのは事実です。しかし五木村は元気です。全然へこたれていません。今回は現在の五木村のおすすめ観光スポットをたっぷりとご紹介いたします。

目次

  1. 五木村についてご紹介!
  2. 五木村を代表するものは?
  3. 五木村のおすすめ観光スポット
  4. スポーツ大国五木村
  5. 五木村は水の国
  6. 折り紙つきの水質を活かす事業
  7. 日本遺産「五木村阿蘇神社」
  8. 五木村の手作りうまいもの
  9. 暖かくなるとツーリングも楽しめます
  10. 五木村の取り組み
  11. くまモンも大好き「五木村」!

五木村についてご紹介!

17332331 753063204864664 8970030590581538816 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
chieko_hiyo

熊本県の南部中央に位置する五木村。観光資源と云えば「自然」くらいしか思いつかない方も多いでしょう。しかし最近ではバンジージャンプのメッカとしての知名度が上がってきたり、美味しい豆腐や珍しいジャムやアイスなどを発信したりと様々な試みをしています。元気をもらえる明るい村です。今回は、五木村についてご紹介します。

Src 10835965観光するなら人吉・球磨地方へ!穴場なおすすめスポットや名所を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
九州の小京都とも呼ばれる熊本県人吉市。かつては城下町として栄え今なお古き良き日本の風情が残る...

五木村を代表するものは?

10584587 1461525444118888 1910787332 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
o.kogure

五木村で忘れていけない物はバンジージャンプでもうまいものでも、観光スポットでも、ましてやくまモンでもありません。そう、誰しも一度は耳にしたことがあるでしょう。「五木の子守歌」です。貧しい時代、口減らしのために奉公に出された子供たちの悲哀を唄ったものです。悲しい歴史もあるんです。

五木村のおすすめ観光スポット

16908579 1917313151821477 4392807028960002048 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
meitianxiushu

西日本で唯一のブリッジバンジージャンプとして2015年から営業を開始している「五木村バンジージャンプ」。BUNGY JAPAN(バンジージャパン)という会社の提供で始まったものですが、ここは日本で唯一ブリッジバンジーをやっている会社です。熟練のスタッフの元、新しい観光スポットになりつつあります。

気になる料金は

16123695 247566619019699 2635941787423735808 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
felia_insta

小八重橋から川面に向けてジャンプをします。時には水面に手が届く事もあるそうです。そんなスリルたっぷりのバンジージャンプが初回12000円で楽しめてしまいます。各種割引もありますので、ここにその料金の一部を載せておきます。

料金
1回目:12,000円
同日2回目:7,000円
2回目以降:9,000円(要認定書&身分証明書)
バンジージャパンの運営するバンジーサイトでジャンプ経験のある方は料金1,000円引

くまモンも飛びました

15258684 1800795633493184 3851482253053919232 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kininarukumamoto

勇気ある挑戦をしてくれたのがこの人、そうくまモンです。勇気あるゆるキャラというのがミスマッチで面白いですが、熊本のためなら何でもしてくれる(らしい)熊本のスーパーヒーローです。その時はなんと熊本県副知事、五木村副村長につづき五木村のゆるキャラ「いつきちゃん」まで飛んだそうです。

スポーツ大国五木村

17332615 259029514550313 6326879769270943744 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
itsuki_village_unofficial

「九州チャレンジサイクルロードレースin五木村」と銘打たれたサイクルロードレースは公道を封鎖して行う本格的な物です。8.5㎞と3.5㎞の2コースで行われるこのレースは五木村名物の山桜の季節に行われます。多数の参加者を18のカテゴリーに振り分け、自分の体力に合ったコースで競い合います。右下にくまモンといつきちゃんがいます。

17333334 1935679906655136 8750014856414887936 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nuts722

細かくカテゴリー分けされた出場資格の中には「カテゴリーBC(実用車の部/ママチャリ及び子ども用自転車等)」などというものもあります。こちらは参加料金も1000円とリーズナブルで、だれにでも参加してもらいたいという主催者側の意向が伝わってきます。春風の中体力作りにいそしむのは気持ちいいですよね。

五木村は水の国

13774652 664441843705059 779287159 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
k_a_y_o_c_o

熊本県といえば阿蘇山があることから「火の国」のイメージが強いのですが、実は熊本県は「水の国」として県興しをしているほど水資源の豊富な県です。その中でも五木村は清冽な湧水スポットが沢山あります。そのおかげで五木村を流れる川辺川は8年連続で「水質日本一」を獲得しています。川に沿った事業やスポーツが盛んなのも納得です。

川辺川でカヤック体験

11850427 915210585192967 1852016102 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
_ari_shu_

「日本の川を下る」シリーズの野田知佑氏の出身も熊本でした。カヌーに犬を乗せ、世界中の川を旅した氏のルーツはお隣の菊池川でしたが、川辺川の良さもよく語っています。その氏が愛したのが「五木の子守唄」でした。川面にカヌーを浮かべ、遊び疲れたら河原でバーベキュー。最高の休日が過ごせそうなスポットです。

折り紙つきの水質を活かす事業

17334163 1311533198869502 4771618965464023040 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
itsuki_village_unofficial

元々水質が良くホタルの生息地域だった五木村なのですが、台風災害などが何年か続くとホタルは減ります。事実平成18・19年頃ホタルが激減しました。そのためにホタルの再生事業が活発に行われています。観光地としてのホタル再生ということももちろんありますが、昔からそこに住む生き物への敬意を感じます。

540匹のホタルの幼虫を放流

17265328 1448840828484037 3860898457749291008 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
itsuki_village_unofficial

きれいな水に頼っているばかりではありません。ホタル再生のために幼虫の放流や餌となる川ニナの養殖なども事業の一環として行っています。6月頃から始まるホタルの見ごろ。標高の高い五木村では7月の初め頃まで見る事ができます。ここでホタル観察スポットをご紹介しておきます。

旧五木中学校そば
池の鶴橋周辺の五木小川
川辺川沿いの相良村上薗地区
梶原川の小原橋

日本遺産「五木村阿蘇神社」

17334190 1222315007876530 8082425334860873728 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
itsuki_village_unofficial

東俣阿蘇神社は五木村藩主が民衆との結びつきを絶やさぬよう、代参として代官を派遣して参拝をかかさなかったという神社です。人吉球磨地区の日本遺産41の中の一つです。奉納されているご神木(杉)の切株は樹齢600年とも800年ともいわれています。五木村を訪れた際はぜひ見学しておきたいですね。

趣のある神社も

17266025 282903465476783 4031042947230203904 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
itsuki_village_unofficial

五木村頭地松本にある五木甲佐神社です。画像からあまりスポットライトを浴びていない感じはしますが、こういった観光スポット以外の隠れた景勝地を探すのも面白いでしょう。五木村を訪れる機会がありましたらぜひとも探し出して見学して下さい。森の中にポツンと建っている風情がたまりません。

五木村の手作りうまいもの

山うにとうふ

16465406 267353663677921 1447319926242017280 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
chie_stgram_

さて、ここからグルメの時間です。まずは800年の歴史があるという「山うに豆腐」からです。平家の落人がこの地に隠れ住んだ約800年前に、貧しい中で保存食として造られたという豆腐の味噌漬け。ウニのようなとろりとした食感と、濃厚な味わいは他に例えようがありません。何種類か売り出されている中で画像の物が一番人気です。

山うに豆腐オリジナル90g
648円(税込)

くねぶゼリー

16585185 656764361169358 9064282088819130368 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
aoiro_ri

くねぶゼリーがとても美味しそうです。って「くねぶ」って何?と聞きたくなりますよね。くねぶは漢字で書くと「九年母」。ゆずよりもまろやかで、すだちよりも果汁が多く、かぼすよりも甘みがある五木村特産の柑橘系果実です。最近アイスやゼリーになったものが道に駅などで売られ始めました。一度は味わいたいお菓子です。

知る人ぞ知る

10724790 864216420255145 620555143 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yoshiomuto

ちょっと反則かなと思いましたが、やはり五木の名を冠している限りここは紹介しておこうと思います。1878年(明治11年)創業の「五木食品」です。うどん・そばの老舗としてより「アベックラーメン」の方が有名かも知れませんね。熊本市の会社ですが、会社名は五木村周辺がそばの産地だったことに由来します。

暖かくなるとツーリングも楽しめます

川辺川沿いを走る

標高の高い五木村は夏のバイクツーリングのメッカとなっています。445号線を川辺川沿いに走るルートは気持ちが良すぎて鳥肌が立ちます。駐車料金のいらない道の駅(子守唄の里)は絶好の待ち合わせ場所です。ここでくねぶアイスなどをいただくのが通のツアラーです。ほてったエンジンと体を思う存分冷やして下さい。

おすすめ周辺スポット

15034896 701934426630918 2875470898045911040 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
riconicopun

樅木の吊り橋(もみぎのつりばし)と読みます。445号から159号に入りしばらく走ると樅木の吊り橋に出ます。ここは料金のいらない駐車場がありますが、そこから吊り橋まではけっこう歩きます。159号の道が悪いので、ライダーは皆緊張を強いられます。リハビリがてら歩いてみてはいかがでしょうか。

五木村周辺おすすめポイント

15056569 1605955659707528 1305760046138785792 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
fuji_olympus

五木村周辺のツーリングポイントを幾つかご紹介させていただきます。メインルートは445号線からの52号線と159号線の二本になります。やはり山間の村なので見どころは川関係になります。159号線からは前述の「樅木の吊り橋」、52号線からは「栴檀轟の滝」、445号線ならば「梅の木轟公園吊り橋と幻の滝」がおすすめです。

6304431ff317f5fb330adc65fd1423ad熊本のドライブ定番スポット紹介!夜は夜景も!景色を楽しむ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
九州の中心に位置する熊本にはドライブ定番スポットがたくさんあります。大自然の景色、ロマンチッ...

五木村の取り組み

五木村歴史文化交流館

17267906 740318766142715 3476318431706349568 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
itsuki_village_unofficial

「ヒストリアテラス五木谷」と名付けられたこの施設は五木村の民俗や歴史を展示・紹介し、五木村に伝えられてきた山村文化が見学できる施設となっています。開館は2017年4月21日。五木村の、いや、日本の文化の原点を垣間見られる施設を、と作られました。すごい取り組みです。利用方法等、明記しておきます。

開館時間/10:00~17:00(通常時)※カフェ利用時間は、季節による
休館日/月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
   12月29日~1月3日  
観覧料/展示室:大人(高校生以上) 300円
       小人(小学生・中学生)200円


くまモンも大好き「五木村」!

11184556 1583600591910969 1776142405 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kumamonkr

いかがでしたでしょうか。熊本県五木村の魅力が伝わりましたでしょうか。今や日本を代表するゆるキャラのくまモンも事あるごとに五木村に足を運んでいます。まだまだくまモンの力を借りなければならない事もあるでしょうが、震災復興の意味も含めて五木村への観光をお勧めいたします。ありがとうございました。

関連記事

126.thumb
この記事のライター
kuma10
バイクで日本中を駆け回る不良オヤジです。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する