地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

アラブストリート!お土産ショップにエキゾチックな食堂!人気スポットまとめ!

シンガポールの中で、最も異国情緒の漂うエリアとして有名なアラブストリート。多民族の文化を身近に感じることができるアラブストリートは、観光客に人気のブギス周辺のおすすめスポット。今回は、アラブストリートのお土産や布、雑貨、レストラン情報等をご紹介していきます。

アラブストリートとは?見出し

シンガポールは、様々な人々が暮らす多民族国家。その中でも、アラブストリートは、モスクからコーランが響き、民族衣装をまとった人々が行き来するエキゾチックな街です。今回は、異国情緒溢れるアラブストリートや周辺エリア「ブギス」で買えるお土産や布・雑貨の他、おすすめのレストラン等をご紹介します。

アラブストリートの歴史見出し

アラブストリートは、19世紀の前半イギリスのラッフルズ卿が敬虔なムスリムの人々のために整備したエリアと言われています。昔は、商売に成功したアラブ系の移民を中心に発展してきましたが、今日ではマレー系やインド系ムスリムなど、イスラム教徒がが食事や買い物をするストリートとして賑わっています。

アラブストリートには、通りの起源となったアラブのランタンやペルシャ絨毯を扱うお店、インドネシアやマレーシアのろうけつ染めの布バティックや雑貨店等、異国情緒漂うお土産店が所狭しと並んでいます。また、インド系ムスリムも多いことから、布問屋やがたくさんあります。

シンガポールの食べ物!おすすめは?多民族国家ならではの食文化に迫る! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールの食べ物!おすすめは?多民族国家ならではの食文化に迫る! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールは食べ物がおいしく、グルメ国家だと聞いたことがある人も多いと思います。実際に、島内全体で、多民族国家ならではの多様な食文化や独特の伝統料理の他、多国籍グルメが溢れています。今回は、おすすめの有名伝統料理や様々な食文化をご紹介いたします。

アラブストリートのモスク見出し

アラブストリートのシンボルマークである「サルタン・モスク」は、シンガポール最大のイスラム教の礼拝所です。アラブストリートに行ったら、必ず訪れたい観光スポットです。大きな黄金のドームが輝くモスクが、シンガポールの青空に映えます。一日に5回のお祈りの時間になると、モスクからアザーン(コーランの経典)が流れてきます。

礼拝の時間以外であれば、美しく厳かなモスク内を見学することができます。敬虔なイスラム教徒にとって、モスクは神聖な場所ですので、土足厳禁。また、肌の露出の多い服装も髪の毛を見せることも不道徳と考えられていますので、貸出用のケープを羽織って静かに見学してください。

住所:3 Muscat Street,Singapore 電話:093-4405

アラブストリートで注目のおしゃれスポット見出し

アラブストリートで、今一番注目されているおしゃれスポットは、ハジレーンです。先ほどご紹介したサルタンモスクから、歩いてすぐの所にあるハジレーンには、若手オーナーやアーティストらの個性溢れるお店がいっぱい。おしゃれな雑貨屋さんもあるので、観光客や地元の若者で賑わっています。

シンガポールの治安は?現地情報・トラブル防止・対策もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールの治安は?現地情報・トラブル防止・対策もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本人にも人気の旅行先であるシンガポール。アジアの中でも平和で犯罪が少なく、比較的治安が良い方のシンガポールですが、日本と比べると、スリやひったくりなどの軽犯罪が起きている割合が高いです。そんなシンガポールの治安情報を詳しくご紹介いたします。

アラブストリートで行きたいレストラン1:ザムザム見出し

アラブストリートで行きたいレストラン1は、ザムザムです。ザムザムは、100年以上続くインド系ムスリムの老舗レストラン。お店の看板メニューは「ムルタバ」です。ムルタバは、薄く延ばした小麦粉の生地の中に、ラム肉や鶏肉、牛肉、魚の他、卵や玉ねぎを挟んでこんがりと焼いたもので、カレーに浸して食べます。

スパイシーな料理が好きな方におすすめなのは、ブリヤニです。ブリヤニとは、インド風炊き込みご飯のようなもので、インドスパイスをふんだんにつかったご飯に、肉や魚をトッピングしたもの。レストラン「ザムザム」では、ラム、ビーフ、チキン、サーディン、ディア(鹿肉)の5種類からトッピングを選べます。

住所:697-699 N Bridge Rd, Singapore 198675 電話番号:6298 6320

アラブストリートで行きたいレストラン2:テ・タリ・ショップ見出し

アラブストリートで行きたいレストラン2は、テ・タリ・ショップです。Teh(テー)とはマレー語でお茶、Tarik(タリッ)とは引っ張るという意味です。テ・タリは、その名の通り、高い所から何度もお茶を引っ張るようにして注ぎ入れて作る甘いミルクティーのこと。コンデンスミルクがたっぷり入った濃厚な味わいです。

テ・タリ・ショップは、アラブストリートで有名なレストラン。小さな店構えで看板もありませんが、お客さんはひっきりなしに訪れます。お店には、テ・タリ一筋30年、白いヒゲがトレードマークの看板おじさんがいます。暑いアラブストリートを歩いた後に飲む甘いテ・タリは絶品です!

住所:21A bussorah, Singapore 電話:6295-2153

アラブストリートで買えるお土産見出し

アラブストリートで買える手頃なお土産の一つが、バティック。バティックとはマレーシアやインドネシアなどのろうけつ染めの布です。シンガポール航空やマレーシア航空のフライトアテンダントの制服にもなっています。アラブストリートでは、バティック染めのスカーフやストールの他、バッグや布雑貨も買えます。

少し変わったお土産なら、香水瓶もおすすめ。アラブストリートには、中東諸国の雑貨を扱う店もあります。小さな香水瓶は、日本の切子とはまた一風違ったデザインで、カラフルで可愛らしいデザインです。香水瓶は、手のひらに乗る程のサイズからあるので、軽くて持ち運びにも便利なお土産です。

アラブストリートの雑貨店1:スーパーママ見出し

アラブストリートの雑貨店1は、スーパーママ。もっとクオリティの高いシンガポール商品を作りたいというオーナーが、地元デザイナーと日本企業のコラボで商品制作し、販売を始めました。アートミュージアム脇のショップが場所を少し移動してリニューアルオープン。クオリティの高いお土産を探している人にお勧めのお店です。

スーパーママで大人気なのが、有田焼のキハラとコラボした65個のシンガポールモチーフが散りばめられたお皿「ONE SINGAPORE」。84ドルとちょっとお高いお皿ですが、アイコンの説明がついており、シンガポールを知るのに役立つ面白い小冊子となっています。旅の記念に、自分へのお土産としても良さそうです。

住所:265 Beach Rd, Singapore 199544 電話番号:6291 1946

アラブストリートの雑貨店2:リトルショップハウス見出し

アラブストリートの雑貨店2は、リトルショップハウスです。先にご紹介したサルタンモスクからすぐ近くにあるプラナカン雑貨を扱うお店です。プラナカンとは、マレー半島からインドネシア地域に広がる土着民族と貿易商が結婚し生まれた文化で、その豪華絢爛で贅沢な手仕事は、アジアの中で最も華やかな文化と言われています。

リトルショップハウスの店内には、プラナカン雑貨やビーズ刺繍のサンダルなどが所狭しと並んでいます。この雑貨店のメインは、布の上にわずか2mmほどの極小のビーズが刺繍が施されたサンダルです。大変手間のかかる手仕事が施された一品は、大切な人への素敵なお土産にも良さそうです。

住所:43 Bussorah St, Singapore 199461 電話番号:6295-2328

アラブストリートの布問屋見出し

アラブストリートには、マレー系やインド系の布地等、布を扱うお店が数多く集まっています。マレー系やインド系の人は民族衣装を仕立てて着る人が多いので、お値段も安い布問屋がずらり。お裁縫が好きな人にはたまりません!一般の方におすすめの品は、ブロックプリントのテーブルクロスやクッションカバー等の布製品です。

アラブストリートから近いブギスにも寄ってみよう見出し

ブギスには大型ショッピングモール「ブギス・ジャンクション」や、小さな店舗が並ぶ「ギブス・ビレッジ」があります。アラブストリートから近いこの辺りは、地元でも人気のショッピングスポットになっていて「ブギス・ジャンクション」には若者向けのローカルブランドのショップが多く、たくさんの観光客や買い物客で賑わっています。

ブギス・ジャンクション3階のフードコートは、とてもオシャレな雰囲気ですが、ローカルの屋台(ホーカー)料理が楽しめます。シンガポール庶民の味をぜひ味わいましょう。一方、ブギスビレッジには、お手頃価格のTシャツや雑貨、アクセサリーなどが売られていてますので、ばらまき土産を探すのにおすすめです。

アラブストリートへの行き方見出し

アラブストリートとブギスの最寄り駅は、MRTブギス駅です。ブギス駅から、それほど遠くありません。ブギス駅にあるブギス・ジャンクションを出たら、ノース・ブリッジ・ロードへ出ます。目印としては、ラッフルズ病院があります。あまり日陰がない通りを歩くときには、折りたたみ傘を持っておくと良いでしょう。

アラブストリートへ行ってみよう!見出し

アラブストリートの情報はいかがでしたか?本文ではご紹介しきれませんでしたが、ブギス・ストリートには、お土産店の他、B級グルメの露店もたくさんあります。暑い日には、数ドルで買えるトロピカルフルーツジュースを片手に、観光するのもおすすめです。ぜひエキゾチックなアラブストリートを探検してみて下さい。

投稿日: 2017年10月19日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote