地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

フライブルクはドイツの環境先進都市!美しい市街の観光情報や交通事情など!

ドイツ西南端、フランスとスイスの国境にほど近いフライブルクという街をご存知でしょうか。フライブルクはドイツ内では環境先進都市として知られる町でそれと同時に多くの観光名所にも恵まれています。今回はそんなドイツのフライブルクという町について詳しくご紹介します。

フライブルクってどんなところ?見出し

ドイツ西南端、フランスとスイスの国境にほど近いフライブルクという街をご存知でしょうか。フライブルクはドイツ内では環境先進都市として知られる町。それと同時に多くの観光名所に恵まれ、また冬季の日照時間が短いドイツ国内の他の州と比較すると日照時間が長く住み心地がよいと言われています。今回はそんなドイツのフライスブルクという町について詳しくご紹介します。

先進都市でありながら歴史も古いフライブルク見出し

現在は環境先進都市として知られるフライブルクですが、実は歴史ある都市としても知られています。フライブルクの山の上にそびえるフライブルク城が建設されたのは1000年近くも昔の1091年とされています。また1457年にはフライブルク大学が建設され、以降現在までフライブルクは多くの大学を擁する大学都市としても知られています。

カリーニングラードの観光スポット!なぜロシアの飛び地?ドイツ臭漂う! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
カリーニングラードの観光スポット!なぜロシアの飛び地?ドイツ臭漂う! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
カリーニングラードはバルト海に面したロシアの飛び地で、ポーランドとリトアニアに挟まれており人口の多くが軍事関係者です。また、カリーニングラードは「水の都」と称されるほど美しい港町や、琥珀が世界的にも多く採掘されていることでも有名です。

フライブルクが環境先進都市になったわけ見出し

それではなぜフライブルクは環境先進都市へと変化を遂げたのでしょうか。この理由としては1960年代後期の学生運動の隆盛が関係しています。当時既に大学都市として知られていたフライブルクでは、当然この時期学生運動の嵐が吹き荒れ、それにより成熟したフライブルク市民の政治意識はその後の時代へまでも引き継がれていきました。

1960年代後期の学生運動によって成熟したフライブルク市民の政治意識は、その後の1970年代に起こったヴィール原発建設計画への反対運動へと引き継がれ、フライブルク全土を巻き込み反原発運動が繰り広げられました。その結果、フライブルクでは環境保護を訴える政治政党“緑の党”に支持が傾倒。環境保護を志向する空気に包まれる中、フライブルクはドイツ内で環境先進都市としての地位を確立させることとなりました。

ドイツ内のカトリック教会中心地としても知られるフライブルク見出し

環境先進都市として知られるフライブルクですが、ドイツ国内ではそれだけではなく、カトリック教会の中心地のひとつとしても知られています。フライブルクにはドイツで最も美しい宗教建築の一つとして名高い大聖堂があり、また1978年に開催されたドイツカトリック会議には聖人として知られるマザー・テレサが参加したことでも知られています。

ドイツケルンのおすすめ観光スポット厳選10選!外せない名所ばかり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドイツケルンのおすすめ観光スポット厳選10選!外せない名所ばかり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツの西部に位置する古都ケルンは、ケルン大聖堂や多くの教会など、歴史建物が並ぶ観光地です。ライン川を挟んで広がる風景はヨーロッパならではの美しい街並みで、美術館や博物館も充実しているケルンの観光スポットなどをお伝えします。

環境先進都市としてのフライブルクの取り組み見出し

環境先進都市として名高いフライブルクでは、環境保護のための様々な先進的な取り組みが行われています。その中でも有名なのはシュヴァルツヴァルト(Schwarzwald)の保護にかかわる政策です。シュヴァルツヴァルトとはフライブルクの北側に位置し、南北約150キロ、東西には30〜50キロに広がる広大な森ですが、1970年代にこの森は酸性雨によって枯死の危機に瀕しました。

酸性雨の脅威にさらされたシュヴァルツヴァルトを保護するため、フライブルクでは様々な環境保護政策が取られることになりました。エネルギー政策においては脱原発と太陽光発電を中心とした自然エネルギーの推進を行い、大気汚染対策としては公共交通と自転車利用の推進と自動車依存への脱却を図りました。

フライブルクの環境先進政策はこれだけには終わらず、他にも様々な政策が知られています。代表的なものとしては交通政策や緑化政策、有機農業の推進、廃棄物処理政策などが挙げられます。それだけではなく、学校教育においても環境保護への取り組みは重点的に教えられており、その結果として市民の環境への意識は向上。フライブルクの環境保護政策推進を支えています。

環境先進都市フライブルクの交通事情見出し

環境先進都市として知られるフライブルクでは交通に関しても環境政策が取られており、中でも1984年にドイツではじめて導入された「環境定期券」はよく知られています。この定期券を保有していると、フライブルク市内の全路面電車とバスを追加料金なしで利用することができ、さらに日曜日に限っては定期券の保有者の家族も全員が全路面電車とバスを追加料金なしで利用できる非常に画期的なシステムとなっています。

フライブルクでは自家用車の利用を減少させるべく路面電車とバスが整備されています。路面電車の市内での総運行距離は28キロで、7割にもおよぶ市民が停留所より5分の距離に暮らしているといいます。さらにバスの総運行距離にいたっては270キロに及び、95%の市民が停留所から5分の距離に暮らしているというので、観光の際にも路面電車とバスを利用すれば快適に観光が楽しめることでしょう。

ドイツ・フランクフルトの観光おすすめスポット!グルメやお土産情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドイツ・フランクフルトの観光おすすめスポット!グルメやお土産情報も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツ経済の中心土地でもある「フランクフルト」にはたくさんの高層ビルや歴史的建造物が並んでいます。美味しいカフェや観光スポットなど、魅力溢れるドイツフランクフルトのおすすめ観光スポットを、グルメやお土産情報も合わせてご紹介していきます。

フライブルクおすすめ観光名所1.フライブルク大聖堂見出し

それではここからはフライブルクでおすすめの観光名所をご紹介します。フライブルクの旧市街でひと際目を惹く尖塔を持つのが大聖堂です。この大聖堂は1200年から建設が開始されたとされ、建設開始当初はロマネスク様式だったものの、最終的にはゴシック様式の大聖堂として完成し、その豪壮な姿を今も伝えています。

フライブルクの大聖堂でまず目に飛び込んでくるのは背の高い尖塔ですが、こちらの高さは116 メートルにも達するといいます。またフライブルクの市街は第二次大戦の際に多くが破壊されましたが、この大聖堂は破壊されることなく原型を留め、大聖堂内のステンドグラスの一部は13世紀当時のまま残されているといいます。

内部に美しい装飾を持つフライブルクの大聖堂建設を担ったのは実はドイツ人ではありません。なんでも銀鉱山を有し裕福であった当時のフライブルクには、大聖堂建設の際に細やかな作業に長けたイタリア人職人がイタリアから連れて来られたとのこと。それ故かはわかりませんが、フライブルクの大聖堂はドイツで最も美しい宗教建築の一つと言われています。

フライブルクおすすめ観光名所2.ミュンスター広場見出し

フライブルク大聖堂が位置する旧市街の中心地がこちらのミュンスター広場です。この広場の見どころはなんといっても市場。旧市街の広場で週末に市場が開かれているのはドイツではごく普通のことですが、ここフライブルクのミュンスター広場ではなんと日曜日以外毎日市場が開かれています。

ミュンスター広場で行われる市場でもおすすめは水曜日か土曜日で、屋台の数が他の曜日と比較しても多くなっており、土曜日にいたっては周囲まであふれるほどの人が訪れています。またドイツ料理やチーズ、ワインといった食料品等を販売する屋台から、フライブルク特有の手工芸品を販売する屋台まであるため、お土産を買うのにもおすすめです。

ドイツのお城11選!美しき名城への行き方や見どころなど観光情報を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドイツのお城11選!美しき名城への行き方や見どころなど観光情報を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ヨーロッパへの海外旅行も人気の目的地です。ヨーロッパの中でもどこを訪れるか悩んでしまいますよね。そんな方はドイツはいかがでしょうか。ドイツといえばビールとソーセージのイメージですが、ドイツの古城観光も大変人気です。今回はドイツの名城の見どころをご紹介します。

フライブルクおすすめ観光名所3.旧市庁舎見出し

フライブルクの旧市街、市庁舎前広場に面する旧市庁舎は、第二次大戦の際で爆撃に襲われ破壊されて以降、市庁舎としての機能は失っています。しかしその後再建され、現在では爆撃前と同様の美しい姿を晒しています。また旧市街の他の観光地へのアクセスがよいことから旧市庁舎には観光案内所が入っており、ここで観光情報を聞いてから観光をはじめてみるのもよいかもしれません。

フライブルクおすすめ観光名所4.マルティン門とシュヴァーベン門見出し

歴史あるフライブルクの町に古くから残る2つ門のうち、古い方のものはマルティン門と呼ばれています。旧市街の入り口にそびえるこのマルティン門は塔のような姿をしており、その高さは60メートルに達するといいます。また現在では威厳のある姿をしているこちらの門は20世紀に増築されたものであり、それ以前は現在の3分の1ほどの大きさだったそう。

またフライブルクに現存する2つの門のうち新しい方の門はシュヴァーベン門という名で知られており、かつては関所として使用されていたとのこと。ちなみにシュヴァーベン門より古くから存在するマルティン門の壁面には“McDonald's”と刻まれ、門の真横ではマクドナルドが営業しています。歴史的建造物と現代のファーストフードチェーンの特異なコラボレーションはかえって目を惹くようで、観光名所と化しています。

ドイツの世界遺産特集!定番観光スポットやおすすめの見どころも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドイツの世界遺産特集!定番観光スポットやおすすめの見どころも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツの世界遺産は、2017年現在で、41箇所あります。美しい大聖堂やお城、庭園など、世界で5番目に世界遺産が多い国として、多くの観光客がその美しい景観を見に訪れます。今回は、そんなドイツの定番世界遺産のスポット、おすすめや見どころをご紹介します。

フライブルクおすすめ観光名所5.シュロスベルク見出し

人通りの多いフライブルク旧市街観光に疲れたら、そこからほど近い小高い山、シュロスベルクをおとずれてみてはいかがでしょうか。山の頂上まで至る道はハイキングコースとなっており、ちょっとした運動にもぴったり。また山の中腹までは“シュロスベルクバーン”という名のケーブルカーも出ているので、ハイキングコースを登りたくない方でも楽に頂上まで到着することが出来ます。

フライブルクおすすめ観光名所6.アウグスティーナー博物館見出し

歴史あるフライブルクの町や芸術について関心がある方には、こちらのアウグスティーナー博物館もおすすめです。こちらの博物館では中世の彫刻や絵画、19世紀の芸術品、さらにはフライブルク大聖堂内にあった装飾品までフライブルクに関わる美術品が展示されています。また博物館の建物自体も修道院を改装したもので中世の雰囲気を感じることが出来ます。

フライブルクおすすめ観光名所7.ヨーロッパ・パーク見出し

フライブルク旧市街での観光に飽きたら、打って変わってこちらのヨーロッパ・パークを訪れてみるのもおすすめです。こちらはドイツ最大級のテーマパークとされ、“ヨーロッパ”をテーマとした展示が行われています。総面積は95ヘクタール超、パーク内は13のエリアに分かれており、合計100以上ものアトラクションやショーが存在するそうです。

ヨーロッパ・パーク内にはジェットコースターが10機もあり、ドイツでスリリングな体験をされたい方にはもってこいです。またパーク内のエリアは“フランス”、“ロシア”などとヨーロッパの各国ごとに分かれており、ドイツのみならずヨーロッパ全土を旅したような気分にさせてくれます。

スリリングなアトラクションが数多くあるヨーロッパ・パークですが、その中でも“フランス”内にある最大時速130キロという“シルバースター”などといったジェットコースターは本格的。一方で中には子供向けのコースターなどもあるため、ご家族での旅行にもおすすめです。フライブルク旧市街での観光の合間に欧州らしい雰囲気たっぷりのパーク内でエキサイティングな体験をされてみてはいかがでしょうか。

リューデスハイムはワインの街!船で川下りも楽しめるおすすめ観光地! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
リューデスハイムはワインの街!船で川下りも楽しめるおすすめ観光地! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツのリューデスハイムという町をご存知ですか?ベルリンやフランクフルトといった大都市ほどの知名度はありませんが、リューデスハイムはワインの生産地として知られ、また川下りもできることから人気を集めています。今回はそんなリューデスハイムを詳しくご紹介します。

フライブルクおすすめ観光名所8.ベッヒレ見出し

環境先進都市であるフライブルクでは、市内に「ベッヒレ」という水路が張り巡らされています。町中のあちらこちらで見かけるこの小さな用水路ベッヒレですが、小川のようにも見え見た目にも美しく、また夏場には子供達の水遊び場となっています。豪壮な大聖堂や建築物に目を奪われていると見落としてしまいそうなベッヒレですが、そちらにも目を向けてみてはいかがでしょうか。

フライブルクでおすすめのレストラン1. Dattler Schlossbergrestaurant見出し

フライブルク市内の観光に疲れたら、おしゃれなレストランで一休みされるのもおすすめです。フライブルク旧市街からほど近いシュロスベルクの山の頂上には「Dattler Schlossbergrestaurant」という名のレストランがあり、フライブルクの美しい街並みを眺めながら美味しいお料理がいただける観光名所となっています。

こちらの「Dattler Schlossbergrestaurant」からはフライブルクの街並みだけではなく、その背後に広がるシュヴァルツヴァルトの景色までをも見渡すことが出来ます。レストランの外にはテラス席もあり、天気が良い日ならそちらで景色を眺めながらビールを一杯、なんていうのもおすすめです。またレストランの近くからは町まで戻ることの出来るケーブルカーも出ているため、ほろ酔いでも帰りの心配はいりません。

フライブルクでおすすめのレストラン2.Hausbrauerei Feierling見出し

フライブルク旧市街でドイツビールを飲みながら一休みをされたい時におすすめなのはこちら「Hausbrauerei Feierling」。こちらは「Feierling」というビールメーカー直営のレストランで、レストラン内にはビール醸造所まであります。さらに近隣のレストランにもここで醸造されたビールが出されているとのこと。お料理の方はドイツ料理メインですが、どれもリーズナブルなのでおすすめです。

フライブルクの夜の過ごし方見出し

環境先進都市として知られると共に美しい旧市街を持つフライブルクには、もちろんナイトスポットも数多くあります。劇場があるためコンサートやオペラの鑑賞もできる上、ナイトクラブやバーも一通り揃っています。昼間のフライブルクとは異なる顔を見せる夜のフライブルクを散策してみるのもおすすめです。

フライブルクへのアクセスは?見出し

環境先進都市として知られるフライブルクには空港はありません。ですので、フライブルクに行かれる際には近隣の大都市から行くことになります。ドイツ側でフライブルクに最も近く空港を擁するフランクフルトからはICEで約2時間10分で着くことが出来ます。またスイスとの国境に近いフライブルクからはスイスのバーゼルからも近く、バーゼルからはICEで45分で着くことが出来ます。

美しい環境先進都市フライブルクを訪れよう見出し

環境先進都市としてドイツ国内で名高いフライブルクですが、それだけではなく美しい教会建築をはじめとした多くの観光名所を持つ観光地としても人気があります。美しいシュヴァルツヴァルトの森を背に、クリーンかつ洗練されたフライブルクの街を観光してみてはいかがでしょうか。

投稿日: 2017年10月25日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote