地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

KOICafeはシンガポール・台湾で人気!おすすめメニューやアクセスも紹介

KOICafeとは台湾発の50種類以上のドリンクが楽しめる有名なチェーン店です。なかでもタピオカドリンクが人気が高く多くの方がSNSに上げています。今回はシンガポール・台湾で大人気のKOICafeのおすすめのメニューやアクセスを紹介します。

台湾発のKOICafeはシンガポールで大人気!見出し

台湾発の50種類以上のメニューから選べ、人気のあるタピオカドリンクが飲めるKOICafeは今シンガポールで大人気です!KOICafeのタピオカドリンクは豊富な種類が取り揃えておりそのどれもがおすすめです。今回はシンガポールと台湾で大人気のKOICafeのおすすめドリンクやアクセスを紹介していきます!

様々なタピオカドリンクが飲めるKOICafe見出し

台湾・シンガポールで有名なKOICafeは50種類以上の豊富なメニューのタピオカドリンクを取り揃えており、全ての種類のタピオカドリンクがとても美味しく人気なものばかりです。なぜならKOICafeのタピオカはもちもち触感な味わいでタピオカの色がとてもおしゃれで写真に撮るとキレイだからです!

インスタ映えするようなおしゃれなタピオカ色合いと豊富なメニューから選べる人気のタピオカドリンクは、シンガポールや台湾などの南国の国の景色と見事にマッチしているので一度KOICafeでタピオカドリンクを買ったら、思わず写真に撮ってSNSに取り上げたくなるぐらいおすすめです。

KOICafeはタピオカで有名な台湾が発祥の地で、その後シンガポールに展開しシンガポールでは21店舗もあるぐらいのチェーン店になっております。そして日本には沖縄の国際通りにKOICafeがありおしゃれな内装から人気の高いおすすめのタピオカドリンクを飲むために多くの方が来店しています。

シンガポールのKOICafeでドリンクを購入するシステムは実に効率的で英語が喋れない方でも購入しやすい実に分かりやすいシステムになっています。KOICafeでドリンクを買うときレシートの下にチケット番号が書いてあるのでレジの前の掲示板に番号が表示されたら商品を受け取るというシステムです。本当にわかりやすいです!

KOICafeの定番商品タピオカミルクティーが大人気見出し

KOICafeのおすすめなメニューはタピオカミルクティーです。50種類以上のメニューがあるので初めてご来店される方は、きっとまず何を選べがよいのかわからなくなります。そんな方におすすめなのがKOICafeの定番商品のタピオカミルクティーです。幅広い人から愛されるタピオカミルクティーです。

KOICafeのタピオカミルクティーは砂糖の割合も調節して選べるメニューがそろっており、がっつり甘いタピオカミルクティーが飲みたい甘党な方は砂糖濃いめがおすすめです。また甘いのが苦手な方やタピオカの素材の味を楽しみたい方やダイエット中の方はシュガーフリーのタピオカミルクティーがおすすめです。

KOICafeのミルクティーのメニューも豊富で、砂糖の量を調節できるだけではなくメニューだけではなくタピオカミルクティーのカフェラテもまたおすすめです。タピオカのカフェラテのミルクティーは非常におしゃれなグラデーションでとても美味しいです。

KOICafeで大人気商品バブルティー見出し

シンガポールや台湾などの海外ではタピオカのことをバブルといいます。タピオカがまさにバブルのような球体のように丸いのでバブルティーといわれる理由もよくわかります。もしシンガポールや台湾に海外旅行に行くのであればバブルティーというとわかりやすいです。

KOICafeはウーロン茶やグリーンティーにタピオカが入っているメニューは、日本ではあまり味わえないような新感覚の触感や味を体験できます。シンガポールや台湾などの気温が高い国では、後味がすっきりなウーロン茶やグリーンティーなどのバブルティーがおすすめです。

KOICafeの抹茶ラテが人気急上昇中見出し

KOICafeの50種類以上ある豊富なメニューを味わえる中で、抹茶ラテが非常におすすめです。KOICafeのタピオカは抹茶の味と非常によく合っており、もちもちの触感と抹茶とミルクの味が組み合わさるとこれまでにないおいしさを体験できるのでおすすめです。KOICafeの抹茶ラテ是非購入してください。

KOICafeの抹茶ラテは味だけではなく、見た目のグラデーションも非常におしゃれでキレイです。KOICafeのタピオカの特殊な色合いとミルクの純白の色合いの上に、抹茶の緑がよく映えるののでおすすめのメニューになっております。KOICafeの抹茶ラテを買ってみたら是非写真を撮ってください。

KOICafeの抹茶ラテは若者に大人気です。KOICafeと検索すると多くの若者がSNSにKOICafeの抹茶ラテを取り上げております。それだけKOICafeの抹茶ラテがSNSに取り上げられるのはタピオカの茶色のきれいな色合いに対して抹茶ラテの白と緑のグラデーションと合っているからです。

シンガポールで21店舗以上経営しているKOICafe見出し

1年中熱帯の地域に位置するシンガポールには、KOICafeの豊富なメニューから選べるドリンクが大人気です。なぜなら若者に好かれるようなおしゃれなドリンクと、その全てのドリンクが熱帯の地域とよく合ったように作られた飲みやすいドリンクしか置いてありません。

シンガポールに旅行に来た際には、KOICafeのドリンクを買って写真にとれば、旅の良い思い出になるので、非常におすすめです。皆さんもシンガポールに旅行に来たらたくさんの地域を歩くと思うので、そのさいには旅のお供にKOICafeのドリンクを買うとよいです。

住所:304オーチャードロード,シンガポール 電話番号:6235-3294

日本でKOICafeを飲みたいのなら沖縄国際通りへ見出し

KOICafeは台湾・シンガポールだけではなく、沖縄国際通りにもオープンしました。沖縄国際通りのKOICafeは観光客はもちろんのこと、多くの地元の学生などの若者に大人気なお店になっています。沖縄に旅行に来た方、または沖縄在住の若者に非常におすすめのお店です。

沖縄国際通りのKOICafeは台湾発のゴールデンタピオカミルクティーとお店の看板に書かれており、おしゃれで入りやすい外観から、明るい店内の内装はお店に入っただけでも楽しい気持ちになるようになります。沖縄国際通りのKOICafeに来られた際にはドリンクだけではなく、お店の中も撮ることをおすすめします。

沖縄国際通りのKOICafeはマツコ会議という番組で取り上げられるほど有名な人気店になっています。今後日本で沖縄だけではなく、たくさんの地域でお店が開かれる可能性も十分にあるぐらいおしゃれで美味しいメニューがそろっているので必見です。きっと最高の瞬間を味わえます!

住所:沖縄県那覇市松尾2-8-16レガロパロマビル 電話番号:098-943-0880

KOICafeが人気な理由見出し

なぜここまでKOICafeがアジアを中心に世界的に展開できるぐらい人気なお店になったのでしょうか?その理由は50種類以上の豊富なメニューがあり、さらにそのメニューのすべてがおっしゃれで美味しいというのが、人気の理由の一つでもあるので注目です。是非豊富のメニューの中からお気に入りの一品を見つけてみてください。

KOICafeの豊富なメニューの中から特に人気なのが、定番商品で迷ったらまずこれを飲むべきというドリンクはタピオカミルクティーです。そしてもう一つおすすめなのが鮮やかなグラデーションとKOICafe特性のタピオカが見事にマッチした抹茶ラテもおすすめの一品となっております。

KOICafeは気温が高い地域と相性が良い見出し

KOICafeは台湾が発祥の地なので、やはり熱帯の地域で飲みやすいように作られているので、気温が高い地域とよく合います。台湾やシンガポール、沖縄に観光に行ったとき見に行きたい観光スポットがたくさんあると思います。その中で長い時間歩くならあっさりと飲みやすいタピオカ烏龍茶などがおすすめです。

熱帯の地域に多いKOICafeのドリンクは台湾やシンガポールや沖縄国際通りなどの町並みとよく合うので、熱帯の地域のおしゃれな街並みをバックにKOICafeのドリンクの写真を撮ると非常におしゃれです。沖縄国際通りのKOICafeは女子高生にも人気な理由はおしゃれな写真が撮れるということもあります。

KOICafeのドリンクは一度は飲むべき見出し

台湾発祥の50種類の豊富なドリンクがそろっているKOICafeは台湾とシンガポールと沖縄にお店があるので、もし旅行でいずれかの国に行くことになったら、旅のお供に是非買うべきです。おしゃれな店構えやドリンクのパッケージと美味しいドリンクを飲みたいのなら是非一度KOICafeに行ってみてください!

関連キーワード

投稿日: 2017年10月29日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote