地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

支笏湖「モラップキャンプ場」はカヌーの聖地!手ぶらでも宿泊できる!

支笏湖「モラップキャンプ場」はカヌーの聖地!手ぶらでも宿泊できる!

大自然に囲まれた中に静かにたたずむ支笏湖。その魅力を満喫できるのがモラップキャンプ場です。手ぶらでもキャンプが楽しめるプランもおり、初心者から上級者まで、誰でも支笏湖と大自然の魅力に触れることができます。あなたもモラップキャンプ場に出かけてみませんか?

支笏湖の自然を満喫しよう見出し

大自然との触れ合いがモラップキャンプ場の魅力

支笏湖の湖畔に位置するモラップキャンプ場は、車利用なら札幌から約1時間、千歳からなら約30分。都心部からほど近いところで、支笏湖とそれを囲む山々の絶景を楽しみ、いまもなお手が付けられていない自然と触れ合える最高の場所にある。大自然の中で過ごすアウトドアライフの魅力と楽しみ方を余すところなく紹介する。

神秘の湖「支笏湖」見出し

日本最北の不凍湖

恵庭岳(えにわだけ)や樽前山(たるまえさん)などに囲まれている支笏湖は、いまから約4万4千年前に形成された周囲約40キロのカルデラ湖。平均水深は265メートルで最大360メートルにもおよぶ。恵庭岳や風不死岳(ふっぷしだけ)の火山活動によって現在のようなくびれた形になった。日本最北の不凍湖としても知られている。

透き通る湖面

支笏湖の最大の特長は水の透明度。環境省が実施している全国の河川・湖沼・海域の水質調査では9年連続で水質日本一に認定。2002年の調査時には透明度30.7メートルを記録している。湖岸はもちろんのこと、水深20メートル程度のところであれば湖底に沈む倒木の姿もくっきりと見える。その美しさは神秘的とさえ言える。

支笏湖ブルーの輝き

透明度の高い淡いブルーを帯びた湖水は「支笏湖ブルー」の名で呼ばれ、訪れた人たちを魅了する。その湖面は鏡のように周囲の景色を映しこみ、特に支笏湖を囲む山々や森が緑に覆われる夏の季節になると、その境目が分からなくなるほどで、湖はエメラルド色に輝く。支笏湖が最も美しいこの時期は、観光客に最も人気がある季節でもある。

支笏湖ならではの味わい

支笏湖の代表的グルメとして人気なのがサケ科の淡水魚である「ヒメマス」。北海道では「チップ」の名前で親しまれている。水質がきれいで、水温が低く保たれた湖に生息しており、淡白でありながら油の乗った身が美味。刺身でも焼いてもおいしい。おすすめは支笏湖温泉街に店を構える老舗「食事処 寿」。「姫ます焼きセット」が人気だ。

住所:北海道千歳市支笏湖温泉 電話番号:0123-25-2642

支笏湖周辺の観光スポットまとめ!カヌー体験ができる!癒しにおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
支笏湖周辺の観光スポットまとめ!カヌー体験ができる!癒しにおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道千歳市にある支笏湖は、滋賀県の琵琶湖に次いで日本で2番目の貯水量を持つ、透明度抜群のカルデラ湖。不凍湖でもあるので、1年を通してアウトドアレジャーや観光が楽します。今回は支笏湖を愛する地元の人のおすすめ観光情報を、たっぷりとご紹介します!

支笏湖のことなら支笏湖ビジターセンター見出し

支笏湖のあらゆる情報が揃う

モラップキャンプ場へ行く前に立ち寄っておきたいのは支笏湖ビジターセンター。「森へ、山へ、湖へ もう一つの支笏湖の旅へ」をテーマに様々な展示がされており、入館は無料。支笏湖の大自然の中でのアウトドアライフを、より深く楽しむためのあらゆる情報が揃っている。

入り口で出迎えてくれるのは3頭のヒグマの剥製。館内は様々な展示物が飾られており、レクチャールームでは大型スクリーンを利用して支笏湖の自然を映像で映し出している。映像は英語、中国語、韓国語、タイ語にも対応している。営業時間は9時から17時30分まで。12月から3月は閉館時間が16時半に変更され毎週火曜日が休館日になる。

住所:北海道千歳市支笏湖温泉番外地 電話番号: 0123-25-2404

モラップキャンプ場の魅力1:都心部近郊の大自然見出し

バス利用は「千歳」「南千歳」経由で

公共交通機関利用なら、新千歳空港、JR千歳駅、JR南千歳駅から北海道中央バス「支笏湖行き」に乗車して終点「支笏湖」で下車。そこからタクシー利用で5分程でモラップキャンプ場に着く。所要時間は約1時間ほど。路線バスにつき予約の必要はない。なお、札幌方面からは直通バスはなくJR利用で千歳、南千歳まで出る必要がある。

おすすめはドライブを兼ねた車利用

利便性を考えれば自家用車・レンタカー利用がおすすめ。千歳市中心部から道道16号経由で約30分。新千歳空港からなら国道36号から道道16号へ入って約40分で着く。札幌からは国道453号を利用するコースもあるが、快適なドライブを楽しむのなら、国道36号線経由で千歳へ入り道道16号線利用がおすすめ。所要時間は約1時間程度。

グランピングなら北海道で!予約方法やおすすめの人気スポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
グランピングなら北海道で!予約方法やおすすめの人気スポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道でおすすめのグランピングスポットの情報を詳しくご紹介していきます。北海道には家族で楽しくグランピングが出来るスポットから、カップルや友達同士でグランピングが出来る場所までいろんな人気スポットがあります。安いスポットや予約方法についてもまとめています。

モラップキャンプ場の魅力2:充実のキャンプ施設見出し

湖畔に広がるフリーサイト

モラップキャンプ場は「休暇村支笏湖」が管理運営するキャンプ場。コテージ等の施設はなく、150張の区画を持つ砂地のサイトはすべてフリーサイト。150台収容の駐車場があり、キャンプ場までの荷物運搬用のリヤカーも用意されている。原則は事前予約制。予約がなくても空きがあれば当日利用も可能だが、予約をしておく方が無難。

サイト使用料無料も嬉しい

キャンプを楽しめるのは4月下旬から10月中旬まで。利用には大人800円、小学生500円、幼児3000円の管理費が必要だが、サイト使用料は無料だ。チェックインは13時から17時。チェックアウトは翌11時。日帰りキャンプの利用時間は9時から16時までで、それぞれ500円、300円、150円の管理費がかかる。こちらもサイト使用料は無料。

バーベキューコンロの他、イス・テーブルセット、ランタン(電池付き)、毛布・マット・シートなどもレンタルできるほか、燃料の販売もある。飲料水等は売店や自動販売機で入手可能。最寄りの食料品店にはスーパーラッキーや、セブンイレブン桂木店があるが、それぞれ車で40分程度かかるため、必要なものはあらかじめ揃えておきたい。

コテージにはないキャンプならではの楽しみ

モラップキャンプにはコテージ等が併設されていないため、キャンプ未経験者の方は少しばかり二の足を踏むかもしれない。入浴やトイレの設備等を考えた時にコテージの方が快適だと考える人方もいれば、周りの騒音が気にならないコテージの方がいいという方もいるだろう。だが、モラップキャンプ場に限っては、そんな心配はいらない。

国道から離れているサイトに騒音は無関係。併設されている3つのトイレ棟と4つの炊事棟も清潔に保たれており快適に利用できる。入浴なら、キャンプ場から車で20分程の「支笏湖休暇村」内にある天然温泉の大浴場が利用可能。そして、キャンプ仲間との交流はアウトドアライフの魅力のひとつ。コテージ利用では味わえない魅力がある。

原生林に囲まれた天然温泉施設も人気

「休暇村支笏湖」にある天然温泉の大浴場は人気のスポット。タオル類はフロントで購入可能で、シャンプー、石鹸、ドライヤーなどが無料で完備されており、誰でも気軽に立ち寄ることができる。利用料金は大人720円、小学生410円、4歳以上の幼児が210円で、4歳未満は無料。利用時間は11時から16時まで。火・水は午後のみ利用可。

モラップキャンプ場の魅力3:手ぶらでキャンプ見出し

手ぶらキャンプパックは設営済みのキャンプを利用するプラン。調理器具から毛布、夕食の食材まで、キャンプに必要な道具はすべて用意されている。夕食はアウトドアライフの定番バーベキュー。朝食は休暇村支笏湖本館のホテルでバイキング。先に紹介した天然温泉の大浴場も無料で利用できる。キャンプ初心者でも安心なプランだ。

利用期間は5月初旬から8月末まで。料金は大人が7000円、小学生が5300円、幼児が2800円。ただし、4歳未満で寝具、食事が不要の場合は無料。1泊から3泊までの利用が可能で事前予約が必要。予約・問い合わせは休暇村支笏湖へ。予約は電話、あるいはWEBで手続きができる。

モラップキャンプ場の魅力4:目前に広がる絶景見出し

雄大な支笏湖の湖面

支笏湖湖畔にサイトが広がるモラップキャンプ場では、雄大な支笏湖の湖面を間近で感じることができる。支笏湖ブルーの湖面が周辺の森を鏡のように映し出し、日の光を浴びて変化していく様は、美しいだけではなく神秘的ですらあり、それこそが支笏湖の魅力でもある。

支笏湖を囲む山々

湖面から目を離して遠くを見れば、対岸に恵庭岳を望む。右に目をやればモラップ山、左には風不死岳と樽前山がそびえる。そして、支笏湖の周りの手つかずの大自然の森がモラップキャンプ場を包み込むように囲む。その眺望は支笏湖でなければ味わえない。

支笏湖を染める夕日

空と湖面を赤く染めながら沈む夕日を正面から見られるのはモラップキャンプ場だけの特権。その神秘的な美しさは言葉で言い表すことはできない。やがて夜の訪れとともに満天の星空が広がる。夜の闇と星の明りに包まれる時間は最高の癒しの時間。それはコテージやバンガローではなく、開放的なキャンプだからこそ味わえる幸せだ。

北海道で人気のキャンプ場7選!無料の場所や子供におすすめのスポットも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
北海道で人気のキャンプ場7選!無料の場所や子供におすすめのスポットも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道もいよいよこれから本格的なキャンプシーズンがやってまいります!今回はそんな北海道ならではの大自然での人気キャンプ場をご紹介いたします。ファミリーで楽しめるようお子様にも人気のキャンプ場をご紹介いたしますのでキャンプ計画をする際に是非ご参考ください!

モラップキャンプ場の魅力5:自然とのふれあい見出し

支笏湖湖畔の景観だけではなく、支笏湖を囲む森を楽しむのもおすすめ。少し足を延ばせば、支笏湖を訪れる人に人気の湖畔園地や休暇村園地がある。特におすすめするのは休暇村園地。樹齢100年を超す木々が立ち並ぶ森は神秘の世界。野鳥はもちろん、シマリスやエゾリスと出会うこともできる。

モラップキャンプ場の魅力6:アウトドアスポーツを楽しもう見出し

人気のスタンドアップボード体験

支笏湖で人気のアウトドアスポーツはスタンドアップパドルボード。サーフボードよりも幅の広いボードの上に立ちパドルを使って漕ぐ。透明度の高い支笏湖では空中に浮いているような感覚になる。Hokkaido Great Adventureによる初心者向けの体験ツアーや、初心者を対象にしたパドルクラブの体験試乗会が人気。いずれも予約が必要。

モラップキャンプ場はカヌーの聖地

カヌーの聖地とも呼ばれるだけあって、カヌーやカヤックも人気のアウトドアスポーツのひとつ。カヌーの上から湖底を望み、水面を滑るようにして進む快感はカヌーファンから絶大な人気を誇る。要予約で初心者向けのツアーを行っている団体もある。未経験者の方も挑戦してみてはいかが?

北海道・千歳の観光スポットおすすめ15選!子供に人気の名所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
北海道・千歳の観光スポットおすすめ15選!子供に人気の名所も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道の玄関口・千歳市は、北海道でも特に人気の観光地でもあります。北海道の魅力があふれた観光名所がたくさんあるんですよ。そこで今回は、ご家族で楽しむことができる人気観光名所を15個集めてみました。千歳市に観光に行く際は参考にしてくださいね。

モラップキャンプ場で大自然を感じよう見出し

静かな、そして神秘的な大自然に囲まれたキャンプ場で、開放的なテントの中で過ごす24時間は、コテージやバンガローで味わう豊かさとは別物の感覚に包まれる。それは、体も心も自然に溶け込む至福の時間。あなたもモラップキャンプ場でアウトドアライフを満喫してみませんか?

投稿日: 2017年11月10日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote