地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

雪景色が美しい日本の絶景スポット!白銀の街や温泉で冬を堪能しよう!

冬の間だけ見ることが出来る絶景の雪景色は、日本各地に数多くあります。自然が作る奇跡の絶景や、日本古来の建物と雪のコラボレーション、温泉から見る雪化粧などその楽しみ方も様々です。息を飲むような美しい雪景色を見に出掛けましょう。

美しい日本の雪景色が見たい見出し

日本の四季は美しいものです。とりわけ冬の雪景色は日本ならではの美しさが際立ち、全国各地に絶景の撮影スポットが点在します。温泉から見る雪景色や、自然に溶け込むような雪景色、その地に行かなければ出会えない唯一無二の冬の絶景をご紹介していきましょう。

北海道美瑛町「青い池」の雪景色見出し

iPhoneの壁紙にも採用された絶景

北海道美瑛町にある「青い池」は、アップル社がiPhoneやMacの壁紙に採用したことでも有名になりました。元々は人口の水たまりでしかなかった池ですが、ブルーリバーと呼ばれる美瑛川からの水の精分と、太陽の光の反射など、いくつもの自然の奇跡が重なって、美しく青き池が誕生しました。

冬のライトアップ

青い池は冬季限定でライトアップされ、夜も幻想的な絶景が楽しめるようになっています。期間は、2017年は11月1日から2018年3月31日までです。漆黒の闇の中でライトの色や角度が次々と変わるように演出されていて、目に焼き付けるにも撮影するにも飽きることがありません。

青い池へのアクセス

青い池へは、美瑛町の白金温泉から車で5分程で行くことができます。旅行者はレンタカーで行くか、もしくは札幌などからもバスツアーが組まれているので、ツアーに参加するのもおすすめです。駐車場から池までは5分程歩くので、歩きやすい靴で出かけましょう。

世界遺産の合掌造り集落「白川郷」の雪景色見出し

日本の冬の原風景

岐阜にある合掌造りの集落である白川郷は、冬が一番美しい時期だと言われています。積雪は多い時で2~3メートルにもなる豪雪地帯なので、たどり着くまではとても大変ですが、三角の屋根に雪が積もっている様子はまるで昔話の中に紛れ込んだような、日本人ならば誰もが懐かしい気持ちになれる風景です。

白川郷のライトアップ

冬の限られた日程のみで、ライトアップが行われています。紅葉や新緑の季節にはない幻想的な雪景色の絶景で、撮影に訪れるカメラマンも多く居ます。宿泊が付いていて、撮影スポットも教えてくれるライトアップ見学ツアーなどもあるので、初めての方はこちらもおすすめです。

白川郷観光のおすすめコースは?絶対に外せないスポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
白川郷観光のおすすめコースは?絶対に外せないスポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岐阜県にある世界遺産(文化遺産)の白川郷。合掌造りの建物が有名で多合掌集落の規模としては全国最大規模だそうです。観光スポットとしても人気が高いです。合掌造りの建物の魅力だけではなく、白川郷の観光についても調べてみました。ご参考になれば嬉しく思います。

山形「銀山温泉」見出し

雪景色もノスタルジックな大正ロマンの温泉街

山形県にある「銀山温泉」は、知る人ぞ知る大正ロマンの絶景温泉街です。特に冬は幻想的で美しく、雪景色を照らすガス灯の明かりがロマンティックな雰囲気を増長させています。川をはさんでこじんまりとした宿が軒を連ねる小さな温泉街ですが、撮影スポットとしても人気のエリアです。

日帰り入浴と街歩き

銀山温泉には貸衣装屋さんがあるので、袴をレンタルして街歩きをするのがおすすめなんです。袴姿で川沿いを歩けば、大正ロマンの雰囲気も最高。ハイカラなカレーパンや立ち食いの絶品豆腐を食べ歩きした後は、日帰り入浴で温泉も楽しめます。無料で利用できる足湯スポットもあります。

銀山温泉のおすすめ宿「藤屋」

温泉街の中心部にある「藤屋」は、外のノスタルジーとは打って変わってモダンな館内がおしゃれな温泉宿です。趣の違う5つの貸し切り風呂は、雪深い街中を歩いた後には最高のあたたかいおもてなし。尾花沢牛など地元の素材を活かしたお料理も好評で、ゆったりとした時間が過ごせます。

住所:山形県尾花沢市銀山新畑443 電話番号:0237-28-2141

蔵王の「樹氷」見出し

自然が作り出すスノーモンスター

宮城県と山形県の県境にまたがる蔵王連邦では、針葉樹が雪と氷に覆われて出来る樹氷が発生します。樹氷の最盛期は2月で、そのもこもこした姿は「スノーモンスター」と言われることもあります。ロープウェイから見下ろす樹氷と白銀の世界は、ここでしか見ることができない圧巻の雪景色です。

ライトアップツアーで見る雪景色

昼間の樹氷も見ごたえ十分ですが、夜はライトアップされてさらに幻想的な世界が広がります。ナイトクルーザー号という特殊な雪上車によるライトアップツアーに参加すれば、樹氷を間近で見ることができます。自然が作り出す雪景色は美しさも格別ですが寒さも一級なので、厳重に防寒して出かけましょう。

京都「貴船神社」の雪景色見出し

厳かな雰囲気になる冬の貴船

夏は川床が人気の貴船神社ですが、冬はその寒さと道の険しさから訪れる人も少なくなります。だからこそ、静かで荘厳な絶景を楽しむこともできるのです。今年は1月1日から2月末までの雪の日限定でライトアップも開催され、より一層幻想的になった神社は撮影スポットとしても人気でした。

鞍馬温泉で雪見風呂

叡山電車で貴船口から1駅で、鞍馬温泉に行くことができます。雪化粧をした鞍馬の山々の眺めながらの露天風呂はまさに冬だけの絶景。露天風呂の入浴料は1000円、タオルなどもレンタルの用意があるので手ぶらでも立ち寄ることができます。寒い貴船神社を詣でた後には、雪景色の温泉が最高です。

住所:京都府京都市左京区鞍馬本町520 電話番号:075-741-2131

金沢「兼六園」の雪吊り見出し

冬だけの兼六園の絶景

日本三名園のひとつ、金沢「兼六園」では、冬の間雪の重みから樹木を守るために雪吊りが行われ、その冬だけの美しさが人気となります。日本画のような美しい庭園はどこをとっても絶景の撮影スポットになります。雪吊りの作業は11月1日から始まっていますが、ぜひ雪の積もっている日に訪れたいものです。

住所:石川県金沢市兼六町1 電話番号:076-234-3800

雪吊り限定のお菓子も

石川県出身の有名パティシエ辻口博啓さんが手掛ける、兼六園の雪吊りの綱をイメージした銘菓は、その名も「YUKIZURI」です。前田家の家紋から、梅を素材にしたり、金沢伝統の金箔を使ったりと、金沢ならではのお菓子はお土産にもぴったりです。綱に積もった雪を表現しているのは能登梅風味のシュガーです。

北海道「小樽運河」の雪景色見出し

小樽雪あかりの路

北海道の名所小樽運河では冬の間、美しい雪景色のイベント「小樽雪あかりの路」が開催されます。運河にガラス玉に入れたろうそくを浮かべると、極寒の地に居てもあたたかさが伝わってくるかのような絶景に変身します。開催期間は2月の中旬の10日間。夕暮れから夜にかけてのロマンティックなイベントです。

雪あかりの路の会場

「小樽雪あかりの路」のメイン会場は小樽運河沿いや手宮線跡地の会場なのですが、夜景を見渡せる絶景の天狗山会場もおすすめです。メイン会場付近からシャトルバスも出ていてアクセスも良く、街中とはまた違った雪景色が楽しめます。オープニングイベントでは花火も打ち上げられます。

横手の雪まつり「かまくら」見出し

かまくらは日本ならではの雪景色

毎年2月15日と16日の2日間にわたって、秋田県横手市で開催されるかまくら祭りは、約450年もの歴史があります。小さなかまくらにろうそくが灯され、あたたかい雰囲気の雪景色を見ることができます。東北らしいぬくもりを感じられるこのお祭りは、毎年たくさんの観光客で賑わいます。

かまくらでのおもてなし

大きなかまくらでは、子供たちが「はいってたんせ」という秋田弁で甘酒やお餅を振舞ってくれます。これは「どうぞかまくらに入ってください」という意味で、甘酒などをいただきながら地元の子供たちと交流することができます。なんとも心温まる冬の風物詩です。

日本の雪景色の代表「富士山」見出し

日本の雪景色の絶景スポットと言って外せないのはなんといっても富士山です。初冠雪のニュースはも毎年報じられ、冬の訪れを知らせています。山中湖や河口湖越しの雪の富士山は撮影スポットとしても人気で、多くの写真家が訪れています。「日本の心」とも言える絶景です。

富士山と初日の出を写真に!ダイヤモンド富士のおすすめスポットや穴場も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
富士山と初日の出を写真に!ダイヤモンド富士のおすすめスポットや穴場も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
1年の始まりに富士山と初日の出を写真におさめたら、縁起のいい1年になりそうですね。世界文化遺産にも登録されている富士山に昇る初日の出のおすすめ写真撮影スポットをご紹介します。ダイヤモンド富士が見られる穴場もあるので、お出掛けの参考になさってみてください。

長野県「地獄谷温泉」の冬の風物詩見出し

長野県にある地獄谷温泉では、世界で唯一温泉に入る猿を見ることができます。とある冬の寒い日に、1匹の子猿が温泉に入ったことから仲間に広まったという猿の入浴は、寒い冬の間だけ見ることが出来るものです。近年は、衛生面から猿と人間の浸かる温泉は分かれています。

冬だけの美しい「金閣寺」見出し

どの季節も観光地として人気の金閣寺ですが、雪の金閣寺もまた特別な美しさです。雪の積もった日には、寒さもいとわずその美しい姿を見るために早朝から人が駆けつけるほどです。正面も裏面も、どの角度からの撮影しても完璧な絶景。こちらも日本ならではの雪景色と言えます。

住所:京都府京都市北区金閣寺町1 電話番号:075-461-0013

美しい雪景色は日本の心見出し

お気に入りの雪景色は見つかりましたでしょうか。もうすぐ冬本番、今年の冬は美しい雪景色を目的に旅先を決める、というのも粋です。四季がある日本だからこそ見ることのできる絶景で、ぜひ冬だけの美しい景色を楽しんでみてください。くれぐれも防寒対策はお忘れなくお出掛けください。

投稿日: 2017年11月14日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote