地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

カナダの物価はどれくらい?観光の費用やお土産の相場など日本と比較!

ダイナミックな自然と、美しい街並みが人気の観光地カナダ。かなり物価が高いイメージですが、最近は、留学やワーキングホリデーでも人気の国となっています。今回は、日本より安いブランド服やお土産情報の他、交通費やチップ等も含めて、カナダの物価にスポットを当ててみます!

カナダの物価は安いの?見出し

観光地や留学先として、日本人に人気のカナダには、州によって異なる州税と国税の二つの税制があり、渡航する地域や季節によって、日本より物価が安い場合もあります。今回は、カナダの物価に注目して、気になるブランド服やお土産情報の他、ワーキングホリデーや留学等に役立つ生活費、交通等の情報も合わせてお伝えします。

日本と比較したカナダの物価見出し

カナダは、ロシアに次いで世界で二番目に広い国土を抱える国で、首都オタワのあるオンタリオ州から、赤毛のアンで有名なプリンス・エドワード島のあるプリンス・エドワード・アイランド州など、10の州と3の準州を持つ連邦立憲君主制国家です。2017年のカナダドルは、1月から11月現在まで、1ドルが0円台から90円程で推移しています。

この通貨の推移からもわかる通り、カナダの物価は、日本とほぼ同じくらいか、少し安いぐらいと考えて良いでしょう。日本に比べると、都市部と地方でそれほど物価に差がないように思われますが、「州税」という税金があるので、州による物価の違いはかなりあります。同じ物を買っても州によっては安い所もあります。

ブランド服やお土産なども、買う場所によって値段が変わります。一方、生活に必要な食材などの値段は、日本と同じぐらいの値段と言われますが、野菜やフルーツ等は日本よりも安いものが多いんです!また、タバコなどの嗜好品は、日本よりも高いので、注意が必要です。続いては、カナダの通貨の種類についてご紹介いたします。

カナダの物価:通貨の種類見出し

カナダの通貨には、1ドルと2ドルのコインがあり、この他の小銭は、1セント、5セント、10セント、25セントの4種類です。紙幣は、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、そして100ドル紙幣の5種類。面白いのは、これまで3種類発行されている20ドル紙幣に描かれたエリザベス女王の絵が、次第に年を重ねていることろです!

カナダの物価:気になる税制見出し

カナダの物価は、日本とほぼ同じくらいか、少し高いぐらいですが、カナダには、消費税には2種類あり、州によって税制が異なります。GST(国税)とPST(州税)の2つの税金の両方を支払わなければならない州もあれば、GSTとPSTを合わせたHST(Harmonized Sales Tax)と呼ばれる1つの税金だけを支払う州もあります。

まずは、国税GST(Goods and Services Tax)ですが、こちらは、カナダ全土で共通に課せられる税金で、主に、物品やサービスにかかります。税率は、日本の消費税より少し安い5%です。お土産やブランド服にも、もちろん国税がかかります!家賃や食料品、医療機器、医療サービスは非課税となっています。

続いて、カナダの州税PST(Provincial Sales Tax)です。PSTは先にご紹介したHSTが導入されている州とアルバータ州以外の各州でかかる州ごとの税金のことで、GSTとは別に徴収されます!特に、アルコールやタバコなどの嗜好品には、かなりの額が課税されます。ヘビースモーカーやお酒が好きな方は日本で買う方が断然安いです!

カナダの物価:生活費見出し

カナダの物価は日本と同じくらいですが、食料品は基本的に非課税なので、贅沢をしなければ、比較的生活費を抑えられます。特に、カナダのチーズは日本よりも種類が豊富で安いので、おすすめです。また、ベリーやフルーツも日本より安いので、朝食やおやつを果物に代えれば、お財布にも体にも優しい健康的な生活が送れます!

日本より高い日用品としては、乾電池やデジカメに使うメモリーカード、カメラのフィルムなどです。観光地では、なかなか見つけられない場合もありますので、旅行の際には、事前に日本で購入しておくほうが安心です。住宅費は、都心部ではかなり高額になります。バンクーバーならワンルームでも日本の東京並みお値段!

ただ、カナダの住宅は、日本よりも間取りが広く天井も高いので、解放感があります。ガス代や水道代等の光熱費は、家賃込みになっている場合が多く、電気代だけを別途請求するスタイルがカナダ流のようです。住む地域や物件によって多少の差があるものの、光熱費に関しては、日本と比較すると安い傾向にあります。

カナダの物価:交通費見出し

続いては、カナダの物価「交通費」についてです。カナダでは、ほとんどの都市でバスや路面電車などの公共交通機関があり、非常に便利です。公共交通機関の運賃は、大人1名の料金が、片道で2カナダドルから2.75カナダドルほどとなっています。ワンディチケットなどお得な乗車券もあるので、旅行者におすすめです。

カナダのタクシーは、初乗りで約3カナダドルほどの料金設定になっています。日本のタクシーの半額程度になりますので、タクシーも気軽に利用できます。バスや電車には便利な乗り換えシステムもありますので、基本的には、公共交通機関を利用し、夜のお出かけ等、スポット的にタクシーを利用すると安く済ませられます。

カナダの物価:外食にかかる費用とチップ見出し

年々物価の上がっているカナダでは、外食にかかる費用は、日本よりもかなり高くなります。平均的なランチにかかる値段は、日本よりも高いです。5カナダドル以下のランチを探すなら、大きなピザをオーダーしてシェアしたり、チャイニーズフードがおすすめ。チャイニーズフードも、何人かでシェアすれば安い上に品数も多くできます。

カナダと言えば、ロブスター料理が人気ですが、大体30から40カナダドルほどかかります!ロブスターは、時価で出すレストランも多いですが、夏場なら比較的価格が安定しています。チップは、代金の約10%から15%ほど上乗せするのがマナーです。これに、先ほどご紹介した州税や国税がかかってきますので、かなり高額になります!

カナダの物価:観光名所の相場見出し

カナダの物価、続いては観光名所の相場です。ビクトリアからのローカルツアーで人気のホエールウォッチングは、大人1名あたり100から120カナダドルほどです。ロッキー山脈で人気のラフティングは、バンフやジャスパーで最も簡単なコースが60ドルから。難易度が高くなると、150カナダドルほどが相場となります。

また、カナダの人気の観光地といえば、ナイアガラの滝!こちらで人気のナイアガラクルーズは、大人が7.50カナダドル、子供(6歳から12歳)で4.50カナダドルとなります。冬から春にかけては、便数が減ったり、週末のみ運行されたりします。カナダでは、全体的に観光地の物価も年々上がってきている傾向です。

カナダ観光特集!おすすめスポットや人気の名所ランキング15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
カナダ観光特集!おすすめスポットや人気の名所ランキング15選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
雄大な自然がたっぷりのカナダ。北米大陸で比較的治安の良いカナダへは、日本からも留学や観光で訪れる人も多いです。今回はカナダを訪れるなら行くべきおすすめの観光スポットや名所を厳選してご紹介します。カナダ観光のご参考になさって下さい!

カナダの物価:ブランド品はアウトレットで!見出し

カナダの物価は、日本と同じくらいですが、ブランド服やお土産を買うなら、アウトレットがおすすめです!一流ブランド服が買えるだけでなく、インテリアや化粧品の他、お土産品など様々なアイテムが売られています。たとえば、グレードAのメープルシロップが、2.99ドル(通常4ドル)など、かなり安いお値段で買えます!

Theoryの服や、kate spadeのバッグなど、ブランド品も古いモデルなら半額で購入できたりします。ただ、ディスプレイは、かなり雑なので、掘り出し物を探す根気が必要です!子供服やスポーツシューズのアディダス等もお土産に人気です。大人向けには、人気ブランドGucciの靴やCoachのブーツも並んでいたりします!

アウトレットショップWinnersは、バンクーバー市内だけでも5店舗を構えている大型チェーン店。アウトレットモールと言うよりは、なんでも売ってる町のスーパーのような感じで気軽にお買い物ができるお店です。街中からアクセスも良く、あまり物価を気にせず、カナダでのショッピングを楽しめるお店だと思います。

住所:798 Granville St. at Robson, Vancouver, BC V6Z 3C3

カナダお土産おすすめはコレ!雑貨やコスメに人気のお菓子も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
カナダお土産おすすめはコレ!雑貨やコスメに人気のお菓子も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アメリカ北部にあるカナダには、人気観光スポットがたくさん集まっており、日本だけでなく世界的にも人気。そんなカナダに旅行に行く際、お土産は何にしようか考えていますか。まだ考えていない人の為に雑貨やコスメなどのお土産特集をお届けします。

カナダ旅行へ行ってみよう!見出し

カナダの物価情報は、いかがでしたか?カナダでは、同じ観光ツアーでも夏と冬では料金が違ったりして、時期によってはかなり高くつくこともあります。また、税金も州によって異なりますので、カナダ旅行の前には、事前にリサーチしておきましょう。美しい自然と素敵なカナダの街並みがあなたを待っています!

投稿日: 2017年11月14日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote