地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

十津川村は観光スポットや温泉も!レトロな食事処もある充実の旅を紹介!

十津川村は奈良県南部、紀伊半島中部にある村で日本で一番面積の大きい村でも知られています。そんな十津川村には世界遺産熊野古道が通っており、十津川村の名物谷瀬の吊り橋や温泉などがある観光スポットが多くあります。十津川村のグルメ・宿泊地も含めて紹介します。

十津川村ってどんなところ?見出し

十津川村は奈良県最南にあり、紀伊半島の中央部の山間部にある村です。十津川村は日本で一番大きい面積を持つ村で知られています。また十津川村は山間部で他の地域との接触が少なかったため、独自の文化を形成している村です。十津川村は関西地方にありながら標準語を使用しています。そんな独自の文化を持つ十津川村の宿泊地や十津川村の名物である吊り橋や温泉やグルメなどのおすすめの観光スポットを紹介します。

十津川村へのアクセス見出し

十津川村には電車は走っていません。電車は北は五条まで、南は新宮になります。なので自家用車やバスになります。十津川村は紀伊山地の山間部にあるので、気象条件により国道が通行できないケースがあります。注意が必要です。

十津川村は日本一長い距離を走る路線バスが走っているところでもあります。奈良県近鉄八木駅から和歌山県JR新宮駅までを紀伊半島の山間部の村十津川村を経由し、途中十津川村の名物である谷瀬の吊り橋で休憩し、約6時間の時間をかけて走っています。

十津川村のおすすめの観光スポット1:谷瀬の吊り橋見出し

谷瀬の吊り橋は十津川村の最大の名所であり、観光スポットです。谷瀬の吊り橋は日本最長の生活用鉄線の吊り橋で、長さは297.7m、高さ54mあります。谷瀬の吊り橋は20人以上渡れないようになっており、一方通行になっています。谷瀬の吊り橋を渡ると少しの揺れでも感じられ、眼下に見える河原に落ちるような気がし、とても恐ろしいです。でも地元の人々は自転車やバイクで渡っています。

谷瀬の吊り橋は地元の人々が度々流される丸太橋に変わる橋として1954年に架設された吊り橋で、地元の人々が資金を出し合って作られた生活の橋です。谷瀬の吊り橋は観光に訪れた人には観光スポットであるが、地元の人々にとっては生活に欠かせない重要な橋であり、生活の一部になっています。谷瀬の吊り橋は奈良県十津川村を代表するおすすめの観光スポットであり、十津川村を訪れた際はぜひ渡っていただきたいです。

十津川村のおすすめの観光スポット2:玉置神社見出し

玉置神社は紀伊半島の中央部に人が寄り付かない山である標高1077mの玉置山の山頂にあります。人が寄り付かない玉置神社が神秘的で玉置神社の境内には樹齢3000年とも言われている神代杉などがあり、スピリチュアルの世界が広がっています。創元は紀元前37年に崇神天皇によってとされています。

玉置神社は十津川村の守り神として崇められてきました。古くは熊野古道の行場とされており、2004年には登録されたユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産・大峯奥駈道の一部に認定されました。玉置神社を訪れると不思議なパワーが得られるパワースポットとしても知られている奈良県十津川村のおすすめの観光スポットです。

十津川村のおすすめの観光スポット3:滝見出し

笹の滝

日本の滝百選に選ばれている十津川村にある笹の滝は標高500mにあります。笹の滝の落差は32mもあり、滝の迫力は抜群で水しぶきをあげながら落ちる姿は美しく、岩肌を落ちる白糸のような水は神秘的で、見る価値が十分あります。

春から夏にかけては新緑で、秋にかけては紅葉と自然の醍醐味とマイナスイオンが広がっている笹の滝は奈良県十津川村を代表するおすすめの観光スポットにひとつで、十津川村を訪れた際はぜひ訪れていただきたい観光スポットです。

清納の滝

豊富な水量と大きな滝壺がある清納の滝は落差はそんなにないが、滝壺の近くまで行くことができ、滝から落ちる水しぶきを浴びながら、マイナスイオンを感じることのできる奈良県十津川村のおすすめの観光スポットです。また別名「マイナスイオンの滝」と言われその名の通りマイナスイオンのシャワーを浴びながら、大自然を満喫できます。特に夏は避暑地としてもってこいのスポットでもあります。

十二滝

奈良県十津川村南部にある落差80mから100mもある十二滝は他の十津川村の滝と違って水量が少なく、静かな滝です。奈良県と和歌山県境にありマイカーで十津川村を訪れた際に気軽にいける奈良県十津川村のおすすめの観光スポットです。駐車場の駐車スペースが少ないので、注意が必要です。

十津川村のおすすめの観光スポット4:熊野参詣道小辺路見出し

熊野参詣道小辺路は和歌山県高野山から奈良県十津川村を通り抜けて熊野に向かう参詣道です。熊野参詣道小辺路は紀伊山地の険しい山々の伯母子峠、三浦峠、果無峠といった1000m級もの峠を超えなければならないアップダウンの激しい山道です。高野山から熊野までの道のりは72kmにもなります。

熊野参詣道小辺路は2004年「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産に登録された道で、道が世界で初めて世界遺産に登録されました。熊野参詣道小辺路には石畳や苔などが蒸しており、歴史を感じるスポットが多くあります。熊野参詣道小辺路は十津川村では果無集落を通っており、昔ながらの集落が残っている奈良県十津川村のおすすめの観光スポットです。

十津川村のおすすめの観光スポット5:大峯奥駈道見出し

大峯奥駈道は修験道の道で今から約1300年前に開かれた聖なる道です。大峯奥駈道は吉野と熊野を結ぶ総距離170kmにも及び、標高1200mから1700mもの高さのある山々の尾根を沿うように続く極めて精神的に肉体的に厳しい修行の道です。

大峯奥駈道には75もの修行場があり、その修行場を進むことを奥駆と言われていました。修行場には番号がつけられており、玉置神社は10番目の修行場に当たります。1番目の修行場が熊野本宮大社の本宮証誠殿になります。十津川村には大峯奥駈道の修行場が多くあり、奈良県十津川村の観光スポットになっており、「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産に登録されています。

十津川村のおすすめの観光スポット6:瀞峡見出し

吉野国定公園内にある奈良県三重県和歌山県の3県に跨っている峡谷が瀞峡です。瀞峡は上流から奥瀞、上瀞、下瀞と呼ばれており奇岩や巨岩や断崖が続く峡谷で、特に下流の瀞八丁が有名で、国の名勝に指定されています。

荒々しい巨岩や祈願や断崖が圧倒的な迫力があり、瀞峡の水は神秘的にコバルトブルーに輝いており、訪れる観光客を魅了します。大自然を満喫できる奈良県十津川村のおすすめの観光スポットであり、瀞峡には観光用のジェットプロペラ船が就航しており、瀞峡の自然の美しさを満喫できます。

十津川村のおすすめの観光スポット7:野猿見出し

野猿は人力のロープウェイで十津川村独特のロープウェイです。野猿は両岸に貼られたワイヤロープで吊り上げられた「やかた」に乗り自力でやかたに張られたロープを手繰り寄せる乗り物です。その様子が猿がつる伝っていく姿に似ていることからこの名が付けられました。

野猿は従来橋ができるまで川を渡る交通手段でしたが、現在は観光用に利用されています。野猿は川の上を自力で綱を手繰り寄せて進むため高低差でスリルは抜群です。野猿は十津川村のおすすめの観光スポットで、大人でも童心に戻れる大自然の遊び場です。

十津川村のおすすめの観光スポット8:温泉見出し

湯泉地温泉

湯泉地温泉は十津川村の中央部に位置しており、温泉が発見されてから約560年余りの歴史がある十津川村で一番古い温泉です。湯泉地温泉は1450年の織田信長に追われていた佐久間信盛が湯治したという話が残っています。

湯泉地温泉の泉質は単純硫黄泉で温泉の温度は60度です。湯泉地温泉街は十津川の沿って宿泊施設であるホテルや旅館が数軒あるだけの静かな温泉街です。また日帰り入浴が楽しめる共同の温泉施設があり、十津川村で気軽に温泉に宿泊できるスポットです。

十津川温泉

江戸時代中期に炭焼きをしていた人が発見したと言われる十津川温泉は十津川村で一番宿泊施設が多くあり、十津川村に中で一番賑やかなところです。十津川村は日本で初めて「源泉かけ流し宣言」を行なった画期的な温泉のひとつで、二津野ダム湖畔にある温泉です。

十津川温泉の泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で源泉の温度は70℃です。十津川温泉はきりきず・火傷などに効果があるとされており、湯冷めしにくお湯とされております。十津川村で宿泊施設が充実している十津川温泉は十津川村のおすすめの温泉地であり、日帰り入浴から宿泊まで楽しめる温泉地です。

上湯温泉

十津川温泉より西にある上湯川の上流にある上湯温泉は古くから湯治場として栄えてきました。上湯温泉にある宿泊施設は旅館「神湯荘」のみで「日本秘湯を守る会」の会員でもある宿泊施設で、露天風呂もあり大自然の中で、温泉を楽しめるところです。上湯温泉の泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で源泉温度は85℃です。

上湯温泉の効能は肌によく、アトピーや皮膚病などにあると言われています。また上湯温泉は重曹泉であることから肌をしっとりさせる「美人の湯」でもあります。上湯温泉にはつい最近2011年の台風の被害で被災し閉館していた日帰り入浴施設が開館しました。上湯温泉は十津川村のおすすめの温泉のひとつでもあります。

十津川村のおすすめの観光スポット9:道の駅十津川郷見出し

道の駅十津川郷は十津川村のほぼ中央にラウ十津川村役場の隣にあります。道の駅十津川郷では十津川村の人々は知恵を絞って作られた山道具や筏の模型が展示されている「むかし館」などがあります。また道の駅十津川郷では十津川村の名物であるアマゴに関する商品も販売しています。

大自然で生産された十津川村の特産品などが販売されており、十津川村の観光案内コーナーやカフェを楽しめる施設などがあります。道の駅十津川郷は十津川村の旅のオアシスであり、十津川村を訪れた際はぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。

十津川村のおすすめの観光スポット12:釈迦ヶ岳見出し

奈良県十津川村と下北山村の境にある日本二百名山に登録されている標高1799mの大峰山系の山が釈迦ヶ岳です。釈迦ヶ岳の山頂からの眺望は360度広がっており、大峰山系でも随一の眺望を楽しめます。釈迦ヶ岳は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部である大峯奥駈道のルートであるが、十津川村では比較的登り易い山と言われています。

釈迦ヶ岳の山頂には釈迦ヶ岳のシンボルである釈迦如来像があります。1924年に強力と呼ばれた岡田雅行氏が120kgもある銅像釈迦如来像を道を作りながら一人で山頂まで持ち上げたとされています。釈迦ヶ岳の山頂は世界遺産である「紀伊山地の霊場と参詣道」の大峯奥駈道のルートの一部になっています。釈迦ヶ岳は十津川村で世界遺産を感じられるおすすめの観光スポットです。 

十津川村のおすすめの観光スポット10:ダム見出し

風屋ダム

風屋ダムは奈良県十津川村にある高さ101mの電源開発のダムです。風屋ダムは最大75000kwの電力を発電するダムです。風屋ダムは1960年に操業を開始したダムです。一方風屋ダムのダム湖は太公望にはたまらないブラックバス釣りの楽しめるスポットとして知られています。風屋ダムは十津川村を代表する観光スポットのひとつです。

二津野ダム

二津野ダムは風屋ダムより南にあり、十津川村の南部にあるダムです。操業は1962年と古く、このダムを作るため十津川村の生活道路である国道168号線が作られた希望のダムでもあります。二津野ダムは電源開発の滝で近畿地方では始めてダムと言われています。えん堤の高さは76mで、最大発電出力は58000kwである十津川村を代表する観光スポットです。

十津川村のグルメ:アマゴ見出し

十津川村のグルメであり名物であるアマゴは十津川村ではアメノウオと呼ばれ、渓流釣りを楽しむ人は渓流の女王と呼ばれ憧れに魚です。十津川村のグルメであるアマゴは十津川村では塩焼き、造り、天ぷら、甘露煮、一夜干し、燻製などで味わうことができます。

そんな十津川村のグルメであるアマゴはあっさりとして柔く美味しくいただくことできる十津川村のグルメです。十津川村のグルメであるアマゴは十津川村内のレストランや宿泊施設で食することができます。十津川村のグルメのアマゴは十津川村の綺麗な清流で育った十津川村のグルメであるアマゴを味わいにきてみてはどうでしょうか?

十津川村のグルメ:こんにゃく見出し

十津川村のグルメであるこんにゃくは十津川村に綺麗な清流と100%芋から作られた串こんにゃくが知られています。十津川村のグルメであるこんにゃくはいくつかの味があり、それぞれの味がありどれも美味しくいただくことができます。十津川村のグルメであるこんにゃくは道の駅十津川郷などで食することができます。こんにゃく(串こんにゃく)は十津川村のグルメであり、十津川村の名物です。

十津川村の宿泊地見出し

十津川村の宿泊地は十津川村の温泉地に多くありますが、特に十津川温泉には多くの宿泊施設があります。また上湯温泉には一軒の旅館だけです。こんな十津川村は日本で初めて温泉掛け流し宣言をしていることからどの宿泊施設でも満足できる温泉を満喫できるはずです。また宿泊施設だけでなく、日帰り入浴でも同様に満足できる温泉を感じることでしょう。

秘境である十津川村に行ってみよう見出し

いかがだったでしょうか?奈良県十津川村のおすすめの観光スポットからグルメ、宿泊施設まで紹介させていただきました。十津川村は紀伊半島の中央部の山間部に位置し他の地域との関わりが少なかったことから、独自の文化を持っています。また十津川村は関西圏でありながら、標準語を使用したりしています。魅力ある十津川村へ行ってみてはどうでしょうか?

奈良県日帰り温泉21選!秘湯から貸切風呂のある施設までをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
奈良県日帰り温泉21選!秘湯から貸切風呂のある施設までをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
国内有数の観光地で世界遺産や重要文化財も多数ある奈良県。観光の後の疲れを癒すのにちょっと寄りたい日帰り温泉。今回は奈良県内の日帰り温泉施設を秘湯と呼ばれる穴場から、ご家族・カップルで楽しめる貸切風呂のある施設まで選りすぐりの21温泉をご紹介させていただきます。
投稿日: 2017年11月20日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote