姫神山で登山を楽しもう!コースやアクセス・周辺情報などを紹介!

姫神山で登山を楽しもう!コースやアクセス・周辺情報などを紹介!

盛岡の姫神山はトレッキングやトレイルランニングのスポットとして人気があり、眺めても良し、登っても良しの山として親しまれています。そんな姫神山の登山コースやアクセス方法に加えて、おすすめの服装や周辺の日帰り温泉施設の情報をまとめました。

記事の目次

  1. 1.盛岡の麗しの山「姫神山」登山ガイド!
  2. 2.姫神山ってどんな山?
  3. 3.岩手に伝わる姫神山の伝説
  4. 4.姫神山登山におすすめの服装
  5. 5.姫神山登山ルート1:一本杉コース
  6. 6.姫神山一本杉登山口までのアクセス
  7. 7.姫神山登山ルート2:コワ坂コース
  8. 8.姫神山コワ坂登山口までのアクセス
  9. 9.姫神山登山ルート3:城内コース
  10. 10.姫神山城内登山口までのアクセス
  11. 11.姫神山登山ルート4:田代コース
  12. 12.姫神山田代登山口までのアクセス
  13. 13.姫神山周辺おすすめスポット1:いこいの村岩手
  14. 14.姫神山周辺おすすめスポット2:ユートランド姫神
  15. 15.盛岡の姫神山で登山を楽しもう!

盛岡の麗しの山「姫神山」登山ガイド!

盛岡にそびえる美しいピラミッド型の山、姫神山。古来から盛岡の里山風景を彩ってきた姫神山は、初心者でも気軽に楽しめる登山スポットとして親しまれています。今回は盛岡の麗しの山、姫神山の登山コースやアクセス方法から、登山におすすめの服装や姫神山登山の後に立ち寄りたい日帰り温泉施設の情報までたっぷりご紹介します。

姫神山ってどんな山?

姫神山は岩手県盛岡市の郊外にある標高1123mの山です。姫神山のふもとの渋民村(現在の盛岡市渋民)出身の歌人石川啄木は姫神山を「母なる山」と愛し、「ふるさとの山に向かひて言ふことなしふるさとの山はありがたきかな」という歌も詠んでいます。端正なピラミッド型の姫神山は遠くからも見つけやすく、まるで渋民の里を見守っているかのようです。

姫神山は火山ではなく花崗岩のかたまりでできた山です。登山道の始まりは樹林帯ですが、山頂に向かうにしたがって大きな岩が積み重なる景色へと変化していきます。一等三角点のある山頂には遮るものがなく、360度のパノラマ風景が広がる絶景ポイント。岩手山や早池峰山、七時雨山などの周囲の山々を始め、盛岡の田園風景が見渡せます。

姫神山の標高は1100m余りで低山といえますが、4つある登山道はどれも山を巻かずにほぼ一直線に山頂を目指すコースとなっていて、場所によっては急勾配のポイントもあります。とはいえ、どのコースも難所と呼ぶほどの危険な箇所なはいので、初心者でも登りやすい山です。子連れやトレイルランナーの姿も多く見かけます。上級トレイルランナーの中には、1日で4つの登山コースを走覇する強者もいるのだとか。

岩手に伝わる姫神山の伝説

姫神山は、南部富士とも呼ばれる岩手山、早池峰山と並ぶ岩手三山の一峰。その岩手三山には伝説が残されています。その昔、姫神山と岩手山は夫婦でしたが、ある日岩手山は早池峰山を側室に迎えました。姫神山を疎ましく思った岩手山は、姫神山を自分から見えない遠くへ追放することに。家来の送仙山に連れられて岩手山の元を離れる道中、姫神山は送仙山に未練を訴えます。

送仙山は姫神山の涙の訴えに負けて、姫神山をさほど遠くない北上川の向こうに置いて岩手山の元へ戻りました。岩手山は姫神山が遠くへ行かなかったことに激怒し、送仙山の首をはねてしまいます。そのため送仙山の山頂は平たく、はねられた首は岩手山のふもとに転がり鞍掛山となったそうです。また、こうした伝説が元となって、同じ年に姫神山と岩手山の両方に登山すると災いが起こるという言い伝えもあります。

岩手山登山コースや所要時間!初心者向け情報や宿泊についても紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岩手山登山コースや所要時間!初心者向け情報や宿泊についても紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岩手県内最高峰の岩手山は標高2038mの活火山です。永い間火山活動が活発化しており入山規制がされていましたが、2004年7月に解除されました。何本かの登山ルートがあり、そのどれもが変化に富んだ楽しい山です。今回はその岩手山登山ルートの紹介になります。

姫神山登山におすすめの服装

姫神山の登山にはどんな服装が良いでしょうか。姫神山は年間を通して気温が低いので、服装は寒さ対策が必要。8月でも最高気温は20度前後と夏場でも涼しいので、特に早朝からの登山の際にはフリースなどの羽織れる長袖があると安心です。虫刺され対策には、タイツや長ズボンといった足元が隠れる服装がおすすめです。また、山頂付近は木がなく日差しが直接当たるため、日焼け対策の帽子も用意しましょう。

11月から3月にかけては雪が積もり、気温がマイナスになる時間帯も珍しくありません。暖かい服装なら冬でも登山が楽しめます。服装は冬山スタイルで臨みましょう。また、寒さ対策をしながら動きを妨げない服装選びも大切です。ダウンジャケットやアンダータイツなどの体幹部が温かくなる服装に加え、ニット帽やネックウォーマー、手袋といった小物も活躍します。靴はスノーシューがあれば安心です。

雪の季節の姫神山登山により万全を期した服装はハードシェルです。防水機能や透湿性の高いゴアテックスを使ったハードシェルのジャケットなら、雪の水分や冷たい風から体を守ってくれます。ハードシェルとソフトシェルの重ね着は動きやすく暖かさも抜群で、姫神山よりもハードな雪山登山にも対応できる服装です。

岩手のスキー場おすすめランキング・トップ7!子供や初心者もOK! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岩手のスキー場おすすめランキング・トップ7!子供や初心者もOK! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岩手県は日本で2番目の広さを誇っていて自然豊かで多くの山々に囲まれたいます。そのため多くのスキー場があります。大自然の中をスキーやスノーボードで滑る感覚は、今までにない体験になること間違いなしです!今回はそんな岩手県のスキー場を紹介します。

姫神山登山ルート1:一本杉コース

姫神山の登山コースは4つあります。最もポピュラーなコースは一本杉コースですが、難易度が低いからというよりは盛岡市街からのアクセスが良く、登山口には大きな駐車場や「姫神山一本杉園地キャンプ場」があるのが大きな理由です。登山口から頂上までの距離は1700m。一本杉コースの序盤は杉林になっていますが、その中には「一本杉」の名が示す通りの立派な杉が立っています。

杉林を過ぎ、山頂まで1500mの地点からは「ざんげ坂」と呼ばれる長い丸太の階段を上ります。勾配もきつく序盤からハードな一本杉コースですが、地元の小学校の遠足でも登山するコースなのだとか。ざんげ坂は姫神山5合目まで続き、階段を上りきるとベンチのある休憩ポイントとなります。5合目地点は山頂まで1360mです。

5合目を過ぎても上りは続きます。登山コースは道が分かりやすく整備されているので迷い道の心配がなく、階段が設置された場所も増えて登山しやすくなっています。ただ、クマが生息しているという情報もあるため鈴や笛などでクマ対策をしながら歩きましょう。ソロ登山を予定している人も、休憩はなるべく他の人がいる場所で取ると安心です。

山頂まで720m地点の8合目徐々に岩場が増えてきます。地べたの道と岩の道。これまではひたすら歩いてきたコースですが、変化に富んだ岩場は登山の醍醐味が味わえます。岩と岩の間に足を挟まないように気をつけながら慎重に進みましょう。標高1100m地点でコースは岩の道と土の道に分岐し、それぞれ山頂を目指します。

姫神山一本杉登山口までのアクセス

一本杉登山口へのアクセスは車が便利です。盛岡市街から国道4号を玉山村方面へ向かい、啄木記念館を過ぎた所にある芋田交差点を右折します。そのまま進むと、一本杉登山口と城内登山口への分岐があるので、左の一本杉登山口方面へ進みます。標識が所々に出ているので、それに従って進んでいけば迷わずアクセスできます。駐車場は第二駐車場の方が登山口に近くアクセスに便利です。

姫神山登山ルート2:コワ坂コース

コワ坂コースは姫神山の北側から頂上を目指すコースです。一本杉コースからの下山ルートとしてよく利用されていますが、もちろんここから登る事もできます。登山口から頂上までの距離は1830mですが、登山口の標高が660mほどとなっているため高低差は少な目です。序盤は視界が開けた皆伐地で、ふもとの町の風景がきれいに見渡せます。

中盤はなだらかで道幅の広い樹林帯で、落ち葉が多いので滑りやすくなっています。山頂まで300mの地点付近からは岩場が多くなり、勾配もきつくなってきます。ただ、急な坂にはロープが張られたり階段が設置されたりと整備が進み、以前よりは登りやすくなったそうです。岩場にマーキングがある場合はそこから登るようにすると安全です。

姫神山コワ坂登山口までのアクセス

コワ坂登山口へのアクセスも車が便利です。コワ坂登山口前の駐車場は広くないので、一本杉登山口にある駐車場に車を停めて徒歩で林道を歩いてコワ坂登山口までアクセスする人も多いです。コワ坂登山口前には大きな標識がないので見落とさないように注意しましょう。「姫神小入口」という分岐の標識を越えたすぐ右側に登山口があります。

姫神山登山ルート3:城内コース

姫神山の南側から登るルートは城内コースです。城内コースは登山口から頂上までの距離が2540mと、姫神山の4つの登山コースの中では最も長くなっています。その分、城内コースには見どころがたくさん。山の南側という事もあってか、登山道には野草もたくさん咲いています。チゴユリやヒトリシズカ、イカリソウなどの小さく可憐な花を楽しむなら城内コースがおすすめです。

登山道の大部分は、コワ坂コースと同じく道幅の広い樹林帯です。白樺やダケカンバの林の中を歩いていきます。秋には紅葉も楽しめ、落ち葉のじゅうたんが心地良い登山道です。案内板が所々に出ているので道迷いの心配もありません。清水社という水場を過ぎるとやや急な上り坂にさしかかり、上りきると小姫神という平地に出ます。

城内コースの見どころは岩のアートです。頂上まで1800m地点の場所にある「たたら岩」を始め、山頂まで430m地点にあるテーブルのような「水石」、山頂まで300m地点にあるUFOのような形の「笠石」など、大自然の力で成された造形美は登山者たちの目を楽しませてくれます。笠石を過ぎると、岩場をストレートに登るコースと迂回コースとの分岐があります。

山頂手前の岩場を登るコースでは、両手両足がすべて岩をとらえた状態から次の手がかりを探す「三点支持」を心がけましょう。岩と岩の間に足を挟まないようにも注意が必要です。長い距離を歩いてきて体力が消耗している頃なので、この手前で休憩してから岩登りに臨むのも良いプランです。

姫神山城内登山口までのアクセス

盛岡市街から城内登山口までのアクセスは、国道455号線から玉山牧場を経由し「サクラパーク姫神」方面へ向かいます。サクラパーク姫神を過ぎたら分岐を右方面へ進み、玉山トンネルへ入ります。トンネルを出るとほどなくして「姫神山城内登山口1Km」の表示が見えてきます。登山口前の駐車場は10台程度停められるそうです。

姫神山登山ルート4:田代コース

姫神山の東側、岩洞湖側から登るルートは田代コースです。登山口から頂上までの距離は1830mですが、岩場が少なく標高差も他のコースに比べて少ないため、最短時間で登頂できるコースとして知られています。足の速い人の中には1時間かからずに登頂する人もいるそうです。道がなだらかなので子供と一緒の登山にもおすすめ。登山道には野草も多く見られるので春から夏にかけては楽しめるコースです。

田代コースの多くは樹林帯の中を進みます。土の道なので足に負担はかかりにくいものの、雨が降った後は滑りやすくなるので底のしっかりした靴を選びましょう。途中には視界が開けるエリアがあり、休憩におすすめ。岩はあるものの点在する程度なので危険は少ないです。

姫神山田代登山口までのアクセス

田代登山口までのアクセスは、盛岡市街から姫神山の反対側へ回り込んで頂上を目指す形となります。登山届を提出するために、一度一本杉登山口へ立ち寄ってから向かうのがおすすめです。また、トイレも一本杉で済ませておきましょう。一本杉登山口からは、1本道の林道をまっすぐ進み、コワ坂登山口を越えて越ケ岳と姫神山の間の林道を通ります。駐車スペースは数台程度です。

姫神山周辺おすすめスポット1:いこいの村岩手

姫神山へ登山した後に楽しみたい日帰り温泉は、姫神山と岩手山のほぼ中間、東北自動車道を越えた所にある「いこいの村岩手」がおすすめです。周辺は「岩手山焼走り温泉」という温泉地帯で、透明な無味無臭のアルカリ単純泉は美肌の湯として知られています。ゆっくり浸かれるぬるめのお湯は肌を柔らかくし、デトックス効果も期待できます。

日帰り温泉の入浴料金は大人550円ですが、毎週木曜日は100円引きになるそうです。また、温泉入浴とランチのセットプランも1080円とお得です。温泉で登山の汗を流した後は、整体でさらに疲れを取るのもおすすめです。30分コースは2000円、60分でも3150円で施術が受けられます。体の痛い部位にはテーピングの処置もしてくれるそうです。

住所:岩手県八幡平市平笠24-1-4 電話番号:0195-76-2161

岩手の温泉人気ランキングTOP11!日帰りや旅館のおすすめを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岩手の温泉人気ランキングTOP11!日帰りや旅館のおすすめを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岩手県は、日本の東北地方に北部に位置し、リアス式海岸、椀子そば、小説の「銀河鉄道の夜」で知られる宮沢賢治さんの故郷としても有名です。岩手といえば温泉も有名です。なので今回は、おすすめな岩手の日帰りや人気旅館の温泉、人気ランキングTOP11を紹介いたします!

姫神山周辺おすすめスポット2:ユートランド姫神

「ユートランド姫神」も、姫神山と岩手山のほぼ中間にある日帰り温泉施設です。2つの露天風呂からは姫神山と岩手山がそれぞれ見渡せ、美しい眺望を楽しみながらの開放的な温泉タイム。2つの温泉は日替わりで男女が交代するので、どちらの山が見られるかはお楽しみ。入浴料金は大人600円です。温泉は低張性弱アルカリ温泉で、筋肉痛や神経痛に効果があるそうです。

ユートランド姫神では、温泉の他にも手作り体験が楽しめます。アイスクリーム、豆腐、漬物の加工体験を楽しんで、良いお土産にも。また、地元の農産物や手作り味噌、パンなどの販売もしています。なお、ユートランド姫神は改装工事中で、リニューアルオープンは2018年4月1日の予定だそうです。新しくなるユートランド姫神に期待!

住所:岩手県盛岡市玉山区下田字生出893-11 電話番号:019-683-3215‪‪

岩手県観光スポット・名所おすすめランキングTOP31!子供と一緒に! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岩手県観光スポット・名所おすすめランキングTOP31!子供と一緒に! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岩手県には世界遺産に認定された平泉を中心にたくさんの観光名所や観光スポットがあります。北海道に次ぐ日本第2位の広さを持つ岩手。広すぎて何処へ行ったら良いのか悩んでしまいますね。今回は岩手観光の中でもお子さんと一緒に楽しめる名所やスポットを紹介します。

盛岡の姫神山で登山を楽しもう!

岩手県盛岡市にある姫神山の登山ルート、アクセス方法などをご紹介しました。目立った難所がなく、初心者でも気軽にチャレンジしやすい姫神山の登山は体力づくりやシーズン明けの足慣らしにもおすすめです。姫神山の山頂から岩手山を眺めて、岩手三山の伝説や石川啄木の句に思いを馳せてみましょう。また、上級者は4つの登山道制覇に挑戦してみてはいかがでしょうか。

LiberoSE
ライター

LiberoSE

東京出身・東京在住です。日本の歴史スポットや寺社巡りが大好き。休日には登山やキャンプも楽しんでいます。さまざまなスポットの情報をリサーチしてお届けしていきますので、楽しみにしていてくださいね!

関連記事

人気記事ランキング