岩手の方言でかわいいものや面白いもの特集!東北弁とはどう違う?

岩手の方言でかわいいものや面白いもの特集!東北弁とはどう違う?

みなさん岩手県の方言をご存知ですか。東北の方言というとどれも同じと思いがちですが、岩手県を始め、各東北県ごとに異なります。今回は東北地方の中でも岩手県の方言について、かわいいものや面白いものを中心にわかりやすくご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.岩手の方言は魅力がいっぱい
  2. 2.岩手県を知ろう
  3. 3.岩手県の方言と言えば
  4. 4.岩手の方言一覧1:とろっぺつ
  5. 5.岩手の方言一覧2:じぇ
  6. 6.岩手の方言一覧3:いずい
  7. 7.岩手の方言一覧4:もっす
  8. 8.岩手の方言一覧5:わらはんど
  9. 9.岩手の方言一覧6:ら
  10. 10.岩手の方言一覧7:しばれる
  11. 11.岩手の方言一覧8:おもさげねぇ
  12. 12.岩手の方言一覧9:しょすい
  13. 13.岩手の方言一覧10:おみょうぬず
  14. 14.岩手県がもっと好きになる

岩手の方言は魅力がいっぱい

一般的に東北地方と言うと東北弁のイメージが強いのですが、東北弁とひとえに言っても東北各県(青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県)ごとにそれぞれ違います。今回ご紹介する岩手県の方言もその一つです。岩手県の方言ならではの言い方やイントネーションがあり、東北各県との違いは大変面白いものです。かわいい方言や面白い方言を岩手県の魅力も合わせて一覧形式でご紹介していきます。

「可愛い方言」人気ランキング!告白の成功率も上がる最強の方言は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
「可愛い方言」人気ランキング!告白の成功率も上がる最強の方言は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
皆さんは可愛い方言と聞いてどこの県の、そんな言い方をする方言をぱっと思い浮かべますか?各県には魅力的で個性豊かな方言がたくさんあります。今回は可愛い方言をランキング形式で使用方法などとともにお伝えしていきたいと思います。

岩手県を知ろう

岩手県の方言を紹介する前に肝心の岩手県について少しだけご紹介します。ご存知東北地方に位置している岩手県は日本海に面しています。NHKの朝ドラで「面白い」と大ヒットした『あまちゃん』もこの岩手県三陸沖が舞台となっています。そこで使われていた岩手県の方言が「かわいい」と大変話題となったことも記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

そんな岩手県ですが県庁所在地は「わんこそば」でも有名な盛岡市です。面積は15378km²と北海道に次いで2番目に広く農業が盛んです。近年は観光にも力を入れ多くの観光客が訪れるようになりました。また多数の有名人を輩出しており、作家の宮沢賢治さんや政治家の小沢一郎さん、宇多田ヒカルさんのお母さんの藤圭子、大御所歌手の千昌夫さんも岩手県出身です。

岩手県の方言と言えば

NHKの朝ドラ『あまちゃん』で一躍有名になった岩手県の方言ですが、後で詳しくご紹介しますが「じぇじぇじぇ」はその代表的なフレーズでした。女優ののんさん(当時は能年玲奈さん)の「じぇじぇじぇ」はかわいいと評判になり、2013年には「倍返しだ」などと共に流行語大賞を受賞しました。岩手を舞台にした面白いドラマでしたので今でも根強い人気があります。

岩手の方言一覧1:とろっぺつ

それでは早速岩手県の方言について一覧形式でご紹介していきます。他の東北弁との違いもわかる範囲で掲載していきます。まず初めにご紹介したいのが「とろっぺつ」です。どこか北海道の地名みたいで面白いですが、この「とろっぺつ」は「いつも」という意味で使います。各県で微妙に違いがある言葉ですが、宮城県などでは「とろっぺず」として使われています。

岩手の方言一覧2:じぇ

次にご紹介するのは大人気ドラマの『あまちゃん』で一躍有名になった岩手県の方言「じぇ」です。女優ののんさん(当時能年玲奈さん)が発する「じぇじぇじぇ」はまさにかわいいの一言でした。「じぇ」は岩手の方言で驚きを意味する言葉です。「えっ!」といった意味合いがあります。この「じぇ」が増えると驚きのレベルが高まっていることを表しているのだそうです。

「じぇ」が増えるたびに驚きのレベルが高まってくるので、「じぇじぇじぇ」はかなり驚いたときに使われます。ところがこの「じぇじぇじぇ」、岩手県の方言には間違いないのですが、岩手県の中でもごく一部の地方でしか使われていません。ですので、せっかくあのかわいい「じぇじぇじぇ」を聞きに岩手県に旅行に訪れてもほとんど「じぇじぇじぇ」は聞くことはできません。

岩手の方言「じぇじぇじぇ」の秘密

なぜ岩手県の各地で「じぇじぇじぇ」を聞くことができないのか、それは岩手県の中でも方言に違いがあるからです。岩手県には岩手弁や盛岡弁など複数の方言が存在しそれぞれ違います。「じぇじぇじぇ」もその一つでその秘密を知らずに岩手に訪れると、まさに「じぇじぇじぇ」な心境に陥ってしまうので注意が必要となります。地域でも言葉の違いを楽しむのが方言の面白い理由でもあります。

岩手の方言一覧3:いずい

次にご紹介する岩手県の方言は「いずい」です。発音的には「えずい」と聞こえる方もいるかもしれません。これはどちらでもとくに間違いではありません。「いずい」とは「しっくりこない」「心地が悪い」という意味で使われています。東北を旅していて、小さな子どもが「いずいわぁ」なんて言葉を耳にすると思わず「かわいい」と思ってしまうはずです。

岩手の方言一覧4:もっす

岩手県の方言一覧を見ていますと面白い表現を見つけました。それが「もっす」です。一度聞いただけでその意味がわかる人は限りなく少ないと思います。方言一覧の中でも特に特徴的なこの「もっす」はなんと標準語で「ごめんください」という意味です。岩手県の方言の中でも丁寧で優しい方言なのです。旅先の旅館などで使ってみたい方言ですね。

岩手の方言一覧5:わらはんど

次の岩手県の方言をご紹介する前に皆様は「わらし」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。日本の昔話などにはよくでてくる言葉ですが、「わらし」とは「童」と書きます。そう「わらし」とはその文字からもわかるように子どものことを指して使う言葉です。実はこの「わらし」は東北の方言一覧ではよく見られる言葉で、秋田などでも使われています。

この「わらし」ですが東北の民話で有名な「座敷童」を思い出される方も多いかと思います。実は「座敷童」は岩手県が舞台と言われています。「座敷童」に会えると評判の温泉宿も岩手県にあります。そしてこの「わらし」の複数形が「わらはんど」もしくは「わらしゃっど」すなわち「子どもたち」という意味なのです。今でもお年寄りの方から聞くことができます。

岩手の方言一覧6:ら

この「ら」自体は単体で存在する方言ではなく、語尾につけたりして用いられます。とくに「~のだ」や「~のよ」の代わりに用いられ「そうするら」「この方がいいら」といった具合に話し言葉の最後に付けます。方言女子が好きな人にはぜひ一度聞いていただきたい言葉です。かわいい方言一覧としてもネット上でもよく話題になる方言です。

岩手の方言一覧7:しばれる

「しばれる」はわりと有名な言葉です。テレドラマなどは一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。「しばれる」とは「寒い」という意味です。「今日はしばれるなぁ」とか「明日はしばれるってよ」などといった具合に使われています。この「しばれる」ですが岩手県の方言としてはもちろん、東北地方では幅広く使われています。

「しばれる」は東北地方全般で使われていますが、津軽海峡を越えて北海道の方言としても使われています。「しばれる」は北日本のほぼ全域で使われているもっとも有名な方言の一つといっても過言ではないでしょう。厳しい冬が待ち受ける東北地方では肌が凍てつく日にはまさに「しばれる」という表現がぴったりな感じがしてきませんか。

岩手の方言一覧8:おもさげねぇ

「おもさげねぇ」も非常に丁寧な言い方の岩手県の方言です。こちらはかわいい方言というよりは美しい方言といった雰囲気があります。「おもさげねぇ」とは「申し訳ない」という意味です。「本当にこのたびはおもさげねぇことです」などといった感じで使われています。岩手県の人たちの優しい気持ちや地域性が伝わる美しい方言です。

ご紹介した「おもさげねぇ」ですが、語尾に「がんす」を付けることでさらに丁寧で美しい方言となります。「おもさげながんす」とつけると「本当に申し訳ないことです」となります。最近ではお年寄りからしか使われなくなりましたがなんとなく気持ちが暖かくなるような、ぜひとも若者たちにも伝えていきたい岩手県を代表する方言の一つです。

岩手の方言一覧9:しょすい

先ほどご紹介した「おもさげねぇ」に続きこちらの「しょすい」も一度聞いただけでは意味がわからない方言の一つです。「しょすい」は「恥ずかしい」という意味の方言です。「ほんにしょしいこって」(本当に恥ずかしいことで)や「おしょすいことです」(お恥ずかしいことです)といったような使い方をします。旅先でも「しょすい」ことはしないように気をつけましょう。

岩手の方言一覧10:おみょうぬず

Photo by Zeitfixierer

岩手県の方言で最後にご紹介したいのが「おみょうぬず」です。今までかわいい方言や美しい方言をご紹介してきましたが、こちらも丁寧で美しい方言です。「おみょうぬず」とは「また明日」といった意味で使われます。おそらく「明日(みょうにち)」が岩手県の発音と組み合わさって「おみょうぬず」へと変化したのだと考えられます。

岩手県がもっと好きになる

Photo by Kossy@FINEDAYS

いかがでしたでしょうか。こうして一覧として見てみますと岩手県の方言がかわいい表現や美しい言葉がたくさんあることに気付かれたと思います。日本全国の方言がその地域性を表しているかのように岩手県もその例外ではありません。旅に訪れる前に方言を調べてみてください。方言を知れば今まで以上にもっと岩手県が好きになること間違いありません。

トラジロー
ライター

トラジロー

1982年滋賀県生まれ読書と音楽、コーヒーをこよなく愛する男です。スポーツは球が転がっていればなんでも追いかけるネコタイプ。趣味を活かしたライター活動をしています。

関連記事

人気記事ランキング