地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

「なかむら」で名物釜玉うどんを食べよう!アクセスや人気メニューを紹介!

「なかむら」は讃岐うどんの本場、丸亀の超有名店です。こちらではそんな「なかむら」の看板メニューである釜玉うどんやその他の人気メニュー、「なかむら」のうどんの食べ方や行列について、またアクセス方法についてもご紹介していきます。

丸亀の名店「なかむら」のうどん大調査見出し

Photo by tadtad

丸亀にあるうどん専門店「なかむら」は地元ではだれもが知る有名店です。こちらではそんな「なかむら」の名物メニューである釜玉うどんや、うどんの本場ならではのうどんの注文システム、メニューや行列についてなど、「なかむら」のうどんに関する様々な情報をご紹介してきます。

丸亀はうどんの聖地見出し

Photo by naitokz

讃岐うどんの歴史は大変古く、その原型は中国から伝わったといわれています。讃岐うどんの「讃岐」は昔の香川県あたりの名称です。そしてこの讃岐の丸亀では昔から上質の小麦が取れたことから江戸時代の書物などにも記されるほど丸亀のうどんは有名でした。またここ讃岐の地はおいしいうどん作りに適した条件がいくつもありました。

讃岐では上質な小麦が採れたことに加え、お出汁の味を決める上質ないりこが取れたこと、小豆島では古くから有数の醤油だったこと、おいしいうどん作りに必要な塩も盛んに作られていました。讃岐はうどん作りに適した気候と、おいしいうどんに欠かせないお出汁の材料が揃っていました。

Photo by kayakaya

さらに讃岐の地は降雨量が少なく、水が少ない地だったので、米を作る稲作ができませんでした。その代わりに小麦を加工して作ったうどんは庶民の非常に大切な栄養源であり、古くから美味しいうどんを作る技術が伝えられてきました。ご当地グルメだった讃岐うどんは現在では日本全国どこに行っても人気のうどんです。

讃岐うどんの特徴見出し

日本人にとってうどんは国民食と言っても良いほど一般的であり、赤ちゃんの頃から、母親に食べさせられているほど子供から大人まで様々な人々に愛されています。しかし一言にうどんといっても香川の讃岐うどん、秋田の稲庭うどん、群馬の水沢うどんなどと、実に様々な種類のうどんがあります。

同じ材料からできているのに、それらのうどんはまったく違う個性を持っています。讃岐うどんと言えばその特徴はコシの強さです。太目のしっかりとした讃岐うどんの麺はもちもちとした食感が特徴です。この讃岐うどんのコシの秘密は生地の水分量の多さと、生地を足で踏むことで生まれるグルテンの粘りから生まれます。

「なかむら」のうどんは行列がすごい見出し

Photo by t.shinobu

丸亀にある「なかむら」は讃岐うどんの名店として、地元の人はもちろん、県外の人にも名前をとどろかすほどの人気店です。なかむらは本当に片田舎の川沿いにある小さなうどん店ですが、いつも行列ができています。行列はお店の開店時間の1時間前からでき始め、開店後30分で店の周りは行列の人だかりができます。

土曜日や日曜日でも開店の1時間前であれば駐車場には行列せずに入れますが、うどんを食べるための行列は避けられません。有名店のなかむらは行列してでも食べる価値のあるお店なのです。開店の1時間前に行列に並べば、開店後数十分で絶品うどんを食べることができますが、お昼時に行って行列をすると数時間待つこともあります。

「なかむら」のお店の様子見出し

「なかむら」は丸亀の田舎町の民家の間に突然現れます。木造の建物は知らなければ通り過ぎてしまうほど質素な造りですが、店の前にはいつも行列ができています。お店の暖簾も質素で白い生地に筆字で「なかむら」と書かれたシンプルな暖簾です。このシンプルな暖簾がうどんへの自信を感じさせます。

店の中では大きな釜でうどんが大量に茹でられています。トッピングなどをセルフで行うシステムのなかむらうどんでは店内は常に人でいっぱいですが、座席は60席とたっぷりあります。実はうどんが茹でられている建物の横に屋根付きのテラス席のようなところがあります。

「なかむら」のうどんはセルフサービス見出し

丸亀のうどんの名店「なかむら」はセルフサービスです。うどんの注文方法も少し変わっています。「なかむら」ではまずうどんの種類を選びます。うどんの種類は、熱い、冷たい、釜玉の中から選びます。うどんのサイズは、小、大、特大を選びます。小が1玉、大が2玉、特大が3玉で、かなりボリュームがあります。

丸亀の「なかむら」の名物メニューは「釜玉うどん」です。釜玉うどんを選んだ場合、ここから少し流れが変わります。釜玉うどんを選んだ場合は、うどんのサイズを決めた後、卵を取っておきます。溶いた卵が入った丼を持って待っていると呼ばれるので、丼ぶりを渡すと釜から茹でたての熱々うどんをどんぶりに直接入れてくれます。

釜玉うどん以外のメニューを選んだ場合は注文したうどんが来たら、トッピングが並べられているテーブルに行き、好みのトッピングを選びます。ここでネギや生姜などの薬味をトッピングすることもできます。トッピングが終わったら、うどんを持って会計に行き料金を払ったら、うどんに出汁をかけます。

うどんの出汁は冷たい物と温かいものがあります。こちらもセルフサービスですのでお好みでかけます。後は、温かいうどんは温かいうちに、冷たいうどんは冷たいうちにいただきましょう。行列ができる人気店ですので、あまり長い居はしない方が良いでしょう。また、食べ終わったら、丼ぶりは店内の返却口に戻しましょう。

「なかむら」のうどんトッピング見出し

「なかむら」のうどんはそのトッピングのバリエーションの多さが魅力の一つでもあります。また、天ぷらは基本的には1つ100円ととてもリーズナブルなこともおすすめのポイントです。天ぷらはえび、げぞ、サヨリ、ちくわ、こんぶ、春菊、野菜のかき揚げ、かぼちゃ、なす、サツマイモ、キツネ(おあげ)などと様々です。

天ぷらトッピングの内容は季節により変化しますが、ちょっと贅沢なトッピングとしては、肉コロッケやかにかま120円などもあります。またサイドメニューもあり、おにぎりやおいなりさんなどのご飯ものもあります。なかむらのうどんはボリュームたっぷりですが、ちょっとたりないという場合はこのようなサイドメニューの注文も良いでしょう。

「なかむら」の人気メニュー1『釜玉うどん』見出し

「なかむら」の人気メニューはなんといっても釜玉うどんです。生卵に熱々の茹でたて讃岐うどんを入れてよく混ぜることで、釜玉うどんの卵が少し固まり、和風のカルボナーラのようになります。もちもちのうどんに良く卵が絡み、卵のコクがうどんの小麦粉の甘さを引き立ててくれます。

釜玉うどんは「釜揚げ卵かけうどん」の略です。釜玉うどんには薄口の醤油を少しだけかけていただきます。関西の醤油は色が薄めなので、関東の人間はつい多めにかけたくなりますが、薄口しょうゆでも塩分はしっかりとあります。薄口しょうゆはうどん1杯つき、5から10ccほどが適量となりますので、かけすぎに注意しましょう。

「なかむら」の人気メニュー2『熱いうどん』見出し

「なかむら」うどんは釜玉うどんが人気があります。熱々うどんに卵を混ぜて、醤油でちょっと香りと味を付けた釜玉うどんも絶品ですが、ゆでたてのうどんに熱いお出汁をかけていただく「熱いうどん」も絶品です。鰹出汁でいただく熱いうどんはお腹にも優しく、寒い冬には体を芯から温めてくれます。

また、温かい鰹出汁と天ぷらのトッピングは良く合います。揚げたてのカリカリの天ぷらの衣も美味しいですが、鰹出汁が染みて、少しふやけた天ぷらの衣も温かいうどんの醍醐味です。「なかむら」のうどんはシンプルですが極上の材料で作られた一杯のうどんは心にも癒しを与えてくれます。

「なかむら」の人気メニュー3『冷たいうどん』見出し

うどんマニアの中には讃岐うどんのコシの強さを楽しみたいとい方も多いでしょう。「なかむら」のうどんは茹でたての熱々のうどんも絶品ですが、茹でたうどんを冷水できゅっとしめた冷たいうどんもとても人気があります。特に夏場などの厚い時期には冷たいうどんののど越しも楽しめます。

冷たいうどんは3種類の方法で楽しむことができます。1つ目は「冷やしうどん」です。冷やしうどんはつけ汁に冷たいうどんをつけていただくスタイルです。2つ目はうどんに冷たいお出汁をかけていただくスタイル、3つ目はうどんにお醤油をかけていただく、「醤油うどん」です。なかむらのセルフサービスシステムはアレンジが多様で楽しいです。

「なかむら」のうどんのお値段見出し

「なかむら」が人気の訳はそのリーズナブルなお値段にもあります。うどんはもともと高級料理ではありませんが、せいきんではうどんに様々なアレンジをしたり高級食材を合わせることで付加価値を付けて、少し高い料金でうどんを販売しているうどんの専門店もありますが、「なかむら」は行列ができる店でありながら、まだお値段はリーズナブルです。

Photo by ayumew

人気の釜玉うどんは、小が270円、大が370円、特大が470円です。かけうどんや醤油うどんは小が220円、大が320円、特大が420円です。うどんをつけ汁につけていただく、冷やしうどんや湯だめうどんは、小が270円、大が370円、特大が470円と、とにかくお値段が安いのです。これに2品ほど天ぷらのトッピングをしても500円以内でお腹いっぱいです。

「なかむら」へのアクセス方法見出し

Photo by inunami

美味しくて、安くて人気の「なかむら」は田舎のうどん屋ですがアクセス方法はあまり容易ではありません。「なかむら」へのアクセス方法は3種類あります。1つはバス、2つ目は自家用車、3つ目はタクシーです。バスの場合は、丸亀駅から丸亀コミュニティーバスのレオマ宇多津線で「高柳」というバスを目指します。バスを降りて約5分ほどのところに「なかむら」はあります。

自家用車でアクセスする場合のアクセス方法は坂出ICから車で約5分のところ「なかむら」はあります。「なかむら」には25台ほどの車を駐車することができる駐車場がありますので、早めの時間に行くと間違いなく駐車場所が確保できますので、車でアクセスする場合は早めにお店に着くと良いでしょう。

Photo by naitwo2

そして一番簡単なアクセス方法はタクシーを使ってアクセスする方法です。JRの丸亀駅からタクシーに乗ってアクセスすれば、「なかむら」までは約15分ほどで到着します。大人数で向かう場合やお子様がいる場合などはタクシーをうまく利用するとアクセス時間の短縮にもなりますのでおすすめです。

「なかむら」の営業時間見出し

丸亀の人気店「なかむら」の営業時間は、午前9時から午後の2時までです。日曜日も営業しているので、少し遠方の方でも休日に訪れることができます。しかしながら「なかむら」は現在では誰もが知るほどの人気店ですので、麺がなくなり次第営業時間が終了してしまいます。定休日は火曜日です。火曜日が祝日の場合はその翌日がお休みになります。

丸亀駅周辺のうどんやグルメのお店をまとめて紹介!居酒屋や焼肉もおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
丸亀駅周辺のうどんやグルメのお店をまとめて紹介!居酒屋や焼肉もおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
香川県はうどんがおいしいです。高松市に次ぐ都市として丸亀市があり、丸亀城が有名です。丸亀市には丸亀駅を中心にうどん、焼肉、居酒屋、カフェなどのグルメがたくさんあります。今回はそんな丸亀駅周辺のグルメをご紹介してます。丸亀駅から少し離れた場所も紹介いたします。

丸亀のうどんがテーマの映画見出し

現在讃岐うどんは日本国内の至る所で食べることができますし、丸亀市の名前をそのままお店の名前にしている人気のうどんチェーン店もサラリーマンから、家族連れまで様々な人々に大人気です。もともとうどんは人々に人気の食べ物でしたが、讃岐うどんに空前のブームが訪れているときにヒットした映画作品があります。

それが「UDON」です。「UDON」は2006年の夏に公開されました。主演はユースケ・サンタマリアさんと、小西真奈美さんです。丸亀で製麺所を営む家に生まれた主人公が、夢を追いアメリカに行きますが、挫折して帰国ます。その時に道に迷っていた地方紙の編集者と出会い、うどんブームを巻き起こす映画です。主人公2人の柔らかな雰囲気と丸亀ののどかな雰囲気が素敵です。

「なかむら」と「中村うどん」見出し

「なかむら」は丸亀にある、1972年(昭和47年)創業の老舗うどん店です。そしておなじく丸亀に「中村うどん」というお店があります。「中村うどん」も丸亀では人気のうどん店です。そして、この「中村うどん」は実は「なかむら」の親族が1995年(平成7年)にオープンさせたお店です。名店の流れを引く「中村うどん」のうどんも絶品です。

「なかむら」のうどんお取り寄せ見出し

Photo by tyger_lyllie

香川県の丸亀にある「なかむら」は名店ですが、遠方に住んでいる人間にとっては、やはりなかなか行きづらい場所ではあります。そんな方のために「なかむら」のお取り寄せの情報をご紹介しましょう。「なかむら」では、ホームページからうどんを取り寄せることができます。

無添加の生うどんは500gで620円です。送料は別ですが、例えば東京から香川まで行くことを考えるとだいぶリーズナブルに「なかむら」のうどんを食べることができます。また、「なかむら」のお取り寄せはうどんだけでなく、お出汁もお取り寄せが可能になっていますので、合わせてお取り寄せをすることをおすすめします。

「なかむら」で美味しいうどんを食べよう見出し

Photo by CanadaPenguin

いかがでしたでしょうか。丸亀の「なかむら」は元々丸亀の人の中でも知る人ぞ知るお店でしたが、この人気店は人手不足で、お客さんに畑からネギを自分で採ってきてもらって自分で切らせるという、変わった口コミからメディアなどで有名になりました。ぜひこの「なかむら」で本場の讃岐うどんを楽しんでみてください。

関連キーワード

投稿日: 2018年7月14日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote