山名八幡宮は高崎の有名パワースポット!境内のパン屋やカフェも人気!

山名八幡宮は高崎の有名パワースポット!境内のパン屋やカフェも人気!

群馬県高崎市にある山名八幡宮は、安産と子育ての神様として地域で親しまれている神社です。大規模なリノベーションを行い、境内にパン屋さんやカフェを併設してより身近な存在になった山名八幡宮について紹介しています。お守りや御朱印、駐車場の情報もまとめました。

記事の目次

  1. 1.高崎のパワースポット「山名八幡宮」ガイド!
  2. 2.高崎に根差す山名八幡宮の歴史
  3. 3.山名八幡宮は安産と子育ての神社
  4. 4.山名八幡宮の見どころ1:県随一の極彩色が美しい【神獣彫刻】
  5. 5.山名八幡宮の見どころ2:伝説の剣豪による【太刀割りの石】
  6. 6.山名八幡宮の見どころ3:子宝の御利益【陰陽神木】
  7. 7.スタイリッシュにリニューアルした山名八幡宮
  8. 8.大切な人に贈りたい山名八幡宮のおしゃれなお守り
  9. 9.山名八幡宮で御朱印を受けるには
  10. 10.山名八幡宮の境内にあるパン屋さん【ピッコリーノ】
  11. 11.山名八幡宮のこだわり雑貨と絶品かき氷【Osoto】
  12. 12.山名八幡宮の【ミコカフェ】で子連れランチを楽しもう
  13. 13.山名八幡宮のイベント【なんぱち縁起市】
  14. 14.山名八幡宮へのアクセス方法と駐車場
  15. 15.気軽にお参りに訪れたい山名八幡宮

高崎のパワースポット「山名八幡宮」ガイド!

高崎のパワースポット「山名八幡宮」ガイド!
Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

榛名山がそびえる高崎にはパワースポットと呼ばれる神社が数多くあります。安産と子育ての神様である山名八幡宮もその一つ。今回は、大規模なリノベーションを行って新しく生まれ変わったという山名八幡宮についてご紹介します。モダンでおしゃれな建物や新しい取り組みなど、山名八幡宮へお参りしたくなる情報が満載です。

高崎に根差す山名八幡宮の歴史

山名八幡宮が創建されたのは平安時代後期の1175年から1177年と言われています。源義家の孫に当たる新田義範が、豊前国の宇佐八幡宮を勧請して高崎の地に社殿を造営したという言い伝えがあります。宇佐八幡宮は全国に44000社あまりもあると言われる八幡宮の総本社で、武運の神様として有名です。新田義範もまた、山名八幡宮に武運を祈願したそうです。

新田義範はその後、山名郷の地名にちなんで姓を山名に改め、山名氏の家祖となりました。そして新田義範は山名城を築城し、鎌倉時代には源頼朝の御家人として活躍しています。山名氏は山名郷の他にも、但馬国などいくつかの土地に存在していましたが、高崎の山名氏が宗家とされているそうです。

山名八幡宮の祭神は、玉依比売命(たまよりひめのみこと)、品陀和気命(ほんだわけのみこと)、息長足比売命(おきながたらしひめのみこと)の三柱です。山名八幡宮では春と秋の例大祭の他、節分や夏越祓に大祓といった祭祀が執り行われています。

山名八幡宮は安産と子育ての神社

創建当時は武神として崇敬されていた山名八幡宮ですが、現在では安産と子育ての神社として知られています。そのきっかけは室町時代に遡り、後醍醐天皇の孫に当たる君長親王が妻の安産を祈願したことと言われています。君長親王の妻とは当時の山名城主であった世良田政義の娘で、生まれた男の子は良王君と名付けらて健やかに成長したそうです。

高崎では安産と子育ての神社として広く知られている山名八幡宮。妊婦さんが妊娠5ヶ月目の戌の日に安産を祈願する「戌の日参り」から、生後1ヶ月に行う赤ちゃんの初宮参り、そして七五三や厄除けと、山名八幡宮には高崎周辺に住む多くの家族が子どもに関わるお参りに訪れています。

山名八幡宮では、この他に「虫封じ」という祈願も行っています。虫封じとは、子どもの夜泣きや疳の虫を封じて、穏やかで素直な子に育つようにと祈願するもの。生後6ヶ月から5歳頃までに祈願を受ける習わしとなっているそうです。虫封じの祈願は、山名八幡宮に古くから伝わる「虫きりの詞」によって執り行われます。虫封じの裏神様は獅子頭の姿です。

山名八幡宮の見どころ1:県随一の極彩色が美しい【神獣彫刻】

山名八幡宮の本殿を見上げると、県最大級と言われる極彩色の彫刻が見られます。平成3年に塗り替えられて生まれ変わった神獣の彫刻は1769年に制作されたもので、彫刻師の関口文治郎の作品です。神獣は口から水を吐く神獣「蜃」、「象鼻」、「龍」、「唐獅子」、「獏」、「鳳凰」の6体。6体の神獣の彫刻が揃っているのは、関東ではここ山名八幡宮だけだそうです。

山名八幡宮の見どころ2:伝説の剣豪による【太刀割りの石】

山名八幡宮の参道にある岩は「太刀割りの石」と呼ばれています。これは、戦国時代の伝説の剣豪である樋口又七郎が木刀で叩き割ったという言い伝えのある岩です。樋口又七郎は馬庭念流の8世継承者で、村上権右衛門との試合の前に山名八幡宮で三日三晩武運を祈願。その祈りが通じ、岩は真っ二つに割れて太刀割りの石となり、試合にも勝利したのだそうです。

山名八幡宮の見どころ3:子宝の御利益【陰陽神木】

山名八幡宮の鳥居と随神門をくぐり、拝殿へと続く階段の手前を右に進むとムクの大木が立っています。この木は「陰陽神木」と呼ばれ、樹齢300年以上にもなるのだとか。神木の周りを回ったり触れたりすると子宝に恵まれるという言い伝えがあります。山名八幡宮の子宝のお守りには、この陰陽神木の葉がモチーフに使われています。

スタイリッシュにリニューアルした山名八幡宮

長い歴史を刻んできた山名八幡宮は、創建850年の節目に向けて2015年からリノベーションを行っています。その一つが、社殿や神楽殿といった建物の改装です。単に新しい建物に建て替えるのではなく、風格のある古い柱や屋根はそのままに、装飾や照明をリノベーションすることによってモダンでスタイリッシュな社殿に生まれ変わっています。

お守りを授かる授与所は、大きなガラス張りの扉と中央のスタイリッシュなテーブルがまるで高級ブランドのブティックのようです。建物のデザインを手がけたのは建築家の永山祐子氏。ルイ・ヴィトン京都大丸店や渋谷西武の1フロアを始め、店舗やギャラリーの建築デザインなど数多くの実績を持つ有名建築家です。

今回の山名八幡宮のリニューアルは、神主である高井俊一郎氏の「神社を特別な場所ではなく、日常的に人々が集う公共の場として捉えてほしい」という思いが元となってスタートしているそうです。その取り組みは、2017年グッドデザイン賞にも選ばれました。

高井氏の前職はなんと高崎市議会議員。高崎の町づくりに携わる中で様々なクリエイターと意見交換をし、地域の中心としての神社の在り方を見つめ直し、現代風のエッセンスを取り入れたデザインの建物や社紋へとリノベーションしました。また、山名八幡宮の公式フェイスブックでも情報を発信しています。

大切な人に贈りたい山名八幡宮のおしゃれなお守り

山名八幡宮のスタイリッシュな授与所には、こちらも新たにデザインを一新した様々なお守りが並んでいます。お守りのディレクションを手掛けたのは、日本を代表するバイヤーの山田遊氏。赤ちゃんのおくるみをメインのモチーフとして、山名八幡宮にちなんだデザインの紋がそれぞれのお守りに刻まれています。

安産のお守りには、子孫繁栄の象徴と言われる二股大根がデザインされています。安産のお守りの色は赤と青があります。また、必勝のお守りには太刀割りの石がデザインされています。必勝のお守りは縁起の良い赤と白の2色展開です。また、小さな子どものための虫封じのお守りには獅子頭の絵がデザインされ、中には虫切り鎌が入っています。

お守りは、赤い縁取りの白いガーゼに包まれて頒布されます。赤ちゃんのハンカチとしても使えるので、ママへのプレゼントにおすすめ。これからママになりたい人には子宝お守りのプレゼントも人気です。そのほか、交通安全のお守りや厄除け全般の山名お守りも。お守りの値段はそれぞれ700円となっています。

山名八幡宮で御朱印を受けるには

山名八幡宮の御朱印は、お守りと同じ授与所で受けることができます。山名八幡宮の御朱印は2種類あり、「山名八幡宮」と記される御朱印と、山名八幡宮の境内に祀られている弁財天の「弁財尊天」と記される御朱印があります。御朱印を受ける時は社殿に参拝を済ませてから授与所へ向かい、初穂料を納めましょう。

山名八幡宮の御朱印には、時々「八」の字がヒゲのような形になっているものがあります。これは「鳩文字」と呼ばれているもので、2羽の鳩が向かいあう様子を八の字で表現しているのだそうです。残念ながら鳩文字の指定はできないそうですが、御朱印を受けたら八の字をよく見てみましょう。

弁財尊天の御朱印には「鏑川七福神」という印が押されています。また、御朱印の中心には琵琶を弾く弁天様の姿が描かれた印も。鏑川七福神の御朱印巡りをしたい人は、毘沙門尊天の御朱印は本城寺、恵比寿尊天の御朱印は栄命寺、福禄寿尊天の御朱印は清泉寺、布袋尊天の御朱印は霊山寺、寿老尊天の御朱印は常光寺、大黒尊天の御朱印は中之嶽神社へ。

山名八幡宮の境内にあるパン屋さん【ピッコリーノ】

山名八幡宮の新たな取り組みの一つが、境内にお店を設けて日常的に神社を訪れるきっかけを作ったことです。例えばパン屋さんの「ピッコリーノ」。パン職人の伊藤幹雄さんは、弟子が300人を超えるというこの道60年のベテランです。

店内はスタイリッシュでシンプルなインテリアながら外装は古民家風という、古さと新しさが融合したおしゃれなパン屋さんです。営業時間は10時から15時までで、火曜と水曜が定休日です。

ピッコリーノのパンは、群馬県産小麦、ホシノ天然酵母、天然塩と水だけで出来ている安心安全のパンです。店頭に並ぶパンのメニューは、バゲットやカンパーニュといったテーブルパンを中心に、子どものおやつにもおすすめのチーズパンやレーズンパンなどがあります。なかでも食パンは、トーストすると外はカリカリ、中はもっちりの食感が人気です。

電話番号 027-346-1767

高崎のパン屋はおいしい店ばかり!おすすめの人気店やメニューを厳選して紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
高崎のパン屋はおいしい店ばかり!おすすめの人気店やメニューを厳選して紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高崎でおいしいパンを買おうとすると意外に多くのパン屋さんがあることがわかります。そんな中でも特に人気の高い実力派ばかりを選んでみました。イチオシのパンのメニューや値段とアクセスをご紹介します。高崎のパン屋さん巡りの参考にしてみてください。

山名八幡宮のこだわり雑貨と絶品かき氷【Osoto】

山名八幡宮の参集殿にはショップもあります。1階は、子どもやママのための雑貨店「Osoto」です。おすすめは、オリジナルのスキンケアブランド「kodomo nesno」。赤ちゃんから安心して使えるスキンケアグッズは乾燥する冬やあせものできやすい暑い時期に重宝します。営業時間は10時から18時までで、水曜は定休日です。

Osotoは体に優しいフードも展開。なかでも夏季限定のかき氷が人気です。かき氷に使われる氷は奥秩父の天然水を使用。そしてかき氷の上には地元産の野菜やフルーツをピューレにした自家製シロップがたっぷりとかかっています。赤しそのシロップのかき氷「シソンヌ」や、「畑のシューレ」シリーズのかき氷などヘルシーなかき氷が楽しめます。

かき氷がいただける時間は11時から17時まで。かき氷販売の期間はゴールデンウィーク頃から10月中旬までの予定となっていますが、天候などの状況によりかき氷の販売をお休みする日もあるそうです。なお、インスタグラムに「高崎」と「かき氷」のハッシュタグをつけて投稿すると、かき氷にアイスクリームがサービスでトッピングされるそうです。

電話番号 027-345-1717

山名八幡宮の【ミコカフェ】で子連れランチを楽しもう

Osotoの2階はカフェスペース「ミコカフェ」です。子どもを遊ばせながらママはのんびりお茶やスイーツを楽しんだり、親子でランチを楽しんだりとゆったり過ごせる居心地の良い空間。親子で参加できるワークショップが開催されるなど、子どもを中心とした交流が楽しいカフェです。アレルギー対応食や赤ちゃんの離乳食、マグの飲み物は持ち込みできます。

ミコカフェのランチメニューは、バターチキンカレーやピッコリーノのパンを使ったサンドイッチが人気。ドリンクやサラダがセットになって値段は1200円です。また、小さな子ども向けのメニューはおにぎりやパンの軽食セットが300円、小学生向けのジュニアメニューは500円とお得です。営業時間は11時から15時、土日祝日はお休みです。

電話番号 027-395-0399

山名八幡宮のイベント【なんぱち縁起市】

山名八幡宮の境内および隣の山名サイクリングテラスでは、毎月「なんぱち縁起市」が開かれています。地元の店舗がランチやおやつを出品したり、ワークショップや体験のブースもあったりと、子どもから大人まで楽しめると人気です。なんぱち縁起市の情報は公式フェイスブックにアップされています。

山名八幡宮へのアクセス方法と駐車場

山名八幡宮へのアクセス方法は、電車の場合は上信電鉄線山名駅が最寄り駅です。駅出口から左に道なりに進むと立体交差があり、それをくぐると随神門が見えます。駐車場は無料の専用駐車場が3ヶ所あります。1つ目は鳥居をくぐって上信電鉄線の線路手前の駐車場です。この駐車場へと続く鳥居は県道30号線沿いから見ることができます。

2つ目の駐車場は山名八幡宮前の踏切の隣にあります。線路沿いにあり見つけやすく停めやすい駐車場です。そして3つ目の駐車場は、踏切の奥にあり山名八幡宮に最も近い駐車場です。大きな陣太鼓のマークの建物が目印です。初詣や七五三シーズンには駐車場周辺が混雑するので、交通整理の警備員がいる時は指示に従って駐車場へ入りましょう。

住所 群馬県高崎市山名町1581
電話番号 027-346-1736

高崎の神社に行こう!祈願受付時間・御朱印・パワースポット情報まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
高崎の神社に行こう!祈願受付時間・御朱印・パワースポット情報まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
古くから山岳信仰を集める榛名山など、パワースポットが点在する高崎周辺の神社仏閣をご紹介します。榛名神社・高崎白衣大観音・達磨寺などの他、伊香保神社・赤城神社・妙義神社など周辺の神社もご案内します。気になる御朱印情報もありますよ。

気軽にお参りに訪れたい山名八幡宮

山名八幡宮はお参りを身近に感じる神社
Photo by moriakimitsuru

群馬県高崎市にある神社「山名八幡宮」をご紹介しました。古き良き神社の在り方を見直し、人々が自然に集まれるような取り組みが注目されている山名八幡宮。おしゃれなお守りや社殿の佇まいなど、見どころたっぷりの山名八幡宮でゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

LiberoSE
ライター

LiberoSE

東京出身・東京在住です。日本の歴史スポットや寺社巡りが大好き。休日には登山やキャンプも楽しんでいます。さまざまなスポットの情報をリサーチしてお届けしていきますので、楽しみにしていてくださいね!

関連記事

人気記事ランキング