「生茶の菓」は京都の絶品お菓子!抹茶の濃厚な味と食感がたまらない!

「生茶の菓」は京都の絶品お菓子!抹茶の濃厚な味と食感がたまらない!

京都で売られている「生茶の菓」は濃厚な風味がたまらないとても美味しい抹茶スイーツです。「生茶の菓」はお土産にも人気の京都銘菓で、なかには「生茶の菓」アイスバーなどの店舗限定メニューを発売している場所もあって観光客におすすめのスポットとなっています。

記事の目次

  1. 1.「生茶の菓」はいま京都で大人気の抹茶スイーツ
  2. 2.京都銘菓「生茶の菓」って何?
  3. 3.京都銘菓「生茶の菓」は口どけが楽しい抹茶スイーツ
  4. 4.京都銘菓「生茶の菓」が美味しい理由1:上質な茶葉
  5. 5.京都銘菓「生茶の菓」が美味しい理由2:石臼挽き
  6. 6.京都銘菓「生茶の菓」が美味しい理由3:火加減
  7. 7.京都銘菓「生茶の菓」の値段は?
  8. 8.京都銘菓「生茶の菓」にはアイスバータイプもある
  9. 9.京都銘菓「生茶の菓」アイスバーの値段は?
  10. 10.京都銘菓「生茶の菓」アイスバーは濃厚ソースが絶品
  11. 11.京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報1:京都北山本店
  12. 12.京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報2:京都タワーサンド店
  13. 13.京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報3:アスティ京都店
  14. 14.京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報4:工房直売店
  15. 15.京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報5:清水坂店
  16. 16.京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報6:嵐山店
  17. 17.京都銘菓「生茶の菓」はオンラインショップでも買える
  18. 18.「生茶の菓」は京都へ行ったら味わいたい銘菓

「生茶の菓」はいま京都で大人気の抹茶スイーツ

Photo by wkc.1 (Alex)

みなさんは「京都銘菓」と聞いてどんなスイーツを思い浮かべるでしょうか。おそらく圧倒的大多数を占めるのが八つ橋でしょう。ただしこれ以外にも京都には美味しいお菓子がたくさんあります。そんななかから今回はお土産としても大人気の抹茶スイーツ「生茶の菓」をご紹介します。

京都で買える抹茶のお土産31選!人気のクッキーやチョコレートなどおすすめは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
京都で買える抹茶のお土産31選!人気のクッキーやチョコレートなどおすすめは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
京都土産といば、八ツ橋や京あめなどの和スイーツから京雑貨に至るまで様々なものが挙げられます。その中でも今回おすすめしたいのが、抹茶のお土産。京都ならではの抹茶を使ったお土産は、自分用にも贈り物にも喜ばれます。この記事を参考にぜひお気に入りを見つけましょう。

京都銘菓「生茶の菓」って何?

Photo by alberth2

京都銘菓の「生茶の菓」は知る人ぞ知る人気の美味しいスイーツですが、なかには「どんなお菓子?」とすぐにビジュアルが思い浮かばない人も多いでしょう。

簡単に京都銘菓の「生茶の菓」を説明すると抹茶風味のフォンダンショコラとなっています。そのまま食べても京都の「木生茶の菓」はもちろん美味しいのですが冷やして食べるとさらに美味しいです。

ショコラなのですが京都銘菓の「生茶の菓」はイメージとしては抹茶風味の生チョコレートのケーキのような感じです。

京都銘菓「生茶の菓」は口どけが楽しい抹茶スイーツ

Photo by Kanesue

京都銘菓として大人気の「生茶の菓」はいろんなタイプの口どけを楽しめる抹茶スイーツです。まず口のなかに「生茶の菓」を入れると滑らかな抹茶の食感がやって来ます。

そして「生茶の菓」が溶けていくなかで濃厚な抹茶の風味が口のなか全体に広がっていきます。そして抹茶の風味が広がっていくとその奥に隠れているミルク感や苦味が顔を出します。

このミルク感や苦味が良いアクセントとなっており、ついつい食べ終わった後にもう1個食べたくなるクセになる抹茶スイーツです。

京都銘菓「生茶の菓」が美味しい理由1:上質な茶葉

Photo by alberth2

京都銘菓の「生茶の菓」が美味しいのにはいくつかの理由がありますが最も大きいのは上質な抹茶を使用している点です。

この「生茶の菓」に使用されている抹茶は契約農家さんから特別に送ってもらっているもので、一般的な抹茶スイーツに使われているものとは少しレベルが違います。

またスタッフが定期的に契約農家さんの茶畑に足を運び、そこで「どんな抹茶が生茶の菓にあうのか?」といろいろとディスカッションしている点も大きいでしょう。

京都銘菓「生茶の菓」が美味しい理由2:石臼挽き

Photo bydimitrisvetsikas1969

確かに厳選した上質な茶葉を使えばそれなりに美味しい抹茶スイーツを作ることはできます。しかし本当の意味で美味しい抹茶スイーツを作るためには茶葉から抹茶へ加工するやり方も大事になります。

そんななか京都銘菓の「生茶の菓」では石臼で茶葉を挽いて抹茶を作ります。丁寧に丁寧に石臼を挽いてフォンダンショコラに最も最適な香りの抹茶へと仕上げていきます。

こうすることで抹茶の持つ風味等を殺すことなく最大限に生かせて美味しい「生茶の菓」になるのです。

京都銘菓「生茶の菓」が美味しい理由3:火加減

Photo by shizhao

京都銘菓の「生茶の菓」は最期に火を入れて焼き上げるためチルドタイプのいわゆる「生菓子」と呼ばれる抹茶スイーツとは少し違う難しさがあります。

抹茶は上手に火を入れることができれば抹茶の風味が倍増して美味しさがアップするのですが、逆に火入れを失敗するとせっかくの上質な抹茶の風味が飛んでしまいます。

この「生茶の菓」ではゆっくりじっくり時間をかけながら優しく火を入れていきます。そのため抹茶の風味が特徴的なスイーツに仕上がっています。

京都銘菓「生茶の菓」の値段は?

Photo byteechen

京都銘菓の「生茶の菓」は基本的にばら売りはしておらず複数個のセット販売となっています。例えば「生茶の菓」の3個入りセットは値段が税込み745円ですし、5個入りセットは値段が税込み1242円です。

さらに店舗によってはお土産にもおすすめの「生茶の菓」9個入りが売られており、こちらは値段が税込み2246円です。

つまり1個当たりの値段が250円です。普通の抹茶スイーツと比べると値段は少し高めではありますが、この値段でも納得できるくらいに「生茶の菓」は美味しいのでおすすめです。

京都銘菓「生茶の菓」にはアイスバータイプもある

Photo by hirotomo

京都銘菓の「生茶の菓」にはアイスバータイプもあります。ちなみにフィナンシェタイプの一般的な「生茶の菓」は京都市内を中心に多くの店舗で買うことができます。

これに対してアイスバータイプの「生茶の菓」は限定店舗でしか買うことができないかなりレアなスイーツです。故にもし京都へ足を運ぶ機会があればぜひ味わっておきたいところです。

例えば京都タワーのすぐそばにある京都タワーサンド店ではこのアイスバータイプの「生茶の菓」を味わえます。

京都銘菓「生茶の菓」アイスバーの値段は?

Photo by Koji Horaguchi

京都銘菓「生茶の菓」のアイスバーは店内にある券売機でチケットを購入してそれを店員さんに渡すとゲットできます。値段は1個あたり250円です。

おそらく250円という値段を聞くと「普通の抹茶アイスと比べると少し高いのでは?」と思う方もいるでしょう。ですが「生茶の菓」のアイスバーはかなり美味しいので間違いなく250円以上の価値があります。

京都銘菓「生茶の菓」アイスバーは濃厚ソースが絶品

Photo by [puamelia]

この「生茶の菓」のアイスバーは抹茶風味のアイスクリームにさらに濃厚な抹茶ソースが付いています。

「生茶の菓」アイスバーの本体である抹茶アイスは苦味自体はほとんどなくて、いわゆるシンプルな生チョコ抹茶アイスと言った感じです。

もちろんこれだけでも美味しいのですがここに濃厚な抹茶ソースを付けることで味わいが激変します。

Photo by isaac'licious

濃厚ソースには抹茶特有の苦味がきちんと入っており、これをアイスバーに付けながら食べることで甘味と苦みが口のなかで混ざり合って最高の味わいへと変貌を遂げます。

この抹茶ソースが本当にレベルが高いです。正直「250円以上の値段をとってもいいのでは?」と思える味です。

味と値段のバランスを考えると「生茶の菓」は非常にコストパフォーマンスのいいアイスバーと言えるでしょう。

京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報1:京都北山本店

Photo by taku412

京都銘菓の「生茶の菓」を買う上で最も人気でおすすめなのが『京都北山本店』です。本店だけあって「生茶の菓」がたくさん陳列されていますし、ほかにも美味しいお菓子が数多くラインナップされています。

この『京都北山本店』は京都市営地下鉄烏丸線の北山駅から徒歩数分とアクセスも抜群です。営業時間が午前9時から午後20時まででイートインもあるので観光のついでに寄るのもおすすめです。

住所 京都府京都市北区北山通植物園北山門前
電話番号 075-722-3399

京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報2:京都タワーサンド店

Photo by cinz

京都駅から歩いてすぐの場所にあるのが『京都タワーサンド店』です。前述したように『京都タワーサンド店』では「生茶の菓」のアイスバーを味わうことができます。

そのため特に大人気の店舗です。また営業時間も午前9時から午後21時までと比較的営業時間が長いのでふらっと寄れるのもおすすめの理由です。「生茶の菓」アイスバーはここでしか食べられないので強くおすすめしたい店舗です。

Photo by eitarov

住所 京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721番地1京都タワーサンド1F
電話番号 075-353-4567

京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報3:アスティ京都店

Photo by TAKA@P.P.R.S

なかにはお土産として人気の京都銘菓「生茶の菓」を買って帰りたい人もいるでしょう。そんな人におすすめの店舗が『アスティ京都店』です。

この『アスティ京都店』は京都駅の構内にある店舗なので観光客に特に人気のスポットです。それこそ新幹線などの待ち時間を使ってふらっと「生茶の菓」を買いに行くのもおすすめです。さらに営業時間が午前7時から午後20時と幅広いのも人気の理由でしょう。

住所 京都市下京区東塩小路高倉町8-3(JR京都駅新幹線構内)
電話番号 075-672-3399

京都駅構内のお土産!お菓子や雑貨などのおすすめランキングを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
京都駅構内のお土産!お菓子や雑貨などのおすすめランキングを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
京都観光の楽しみの一つのお土産選び。京都駅には駅構内やその周辺にもたくさんのお土産屋さんがあり、京都駅だけで京都のあちらこちらのお土産を買うことができます。大切な方へのお土産から自分へのご褒美まで、おすすめのお土産をランキング形式でご紹介します。

京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報4:工房直売店

Photo byIgorSaveliev

京都へ自動車で遊びに行った際に「生茶の菓」を買うのにおすすめの店舗が『工房直売店』です。この『工房直売店』は京都東ICから車を走らせると5分ほどで到着できるのでアクセスも悪くありません。

また本店や京都駅の店舗まで車で行くと別途駐車場を探さなければいけませんが、この『工房直売店』はお客様専用の駐車場が店舗横にあるのも車利用者におすすめする理由のひとつです。

住所 京都府京都市山科区大塚北溝町30番地
電話番号 075-581-8787

京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報5:清水坂店

Photo by othree

京都にはいろいろな人気観光スポットがありますが、そのなかでも特に大人気なのが清水寺です。

それこそ修学旅行のコースには必ず入る人気スポットなのでほぼすべての人が行ったことがあると言っても過言ではありません。

そんな清水寺のそばにあるのが『清水坂店』です。ちなみに『清水坂店』にはここ限定のメニューがいろいろあるので観光した際にはぜひ寄ってみることをおすすめします。

Photo by Kentaro Ohno

住所 京都市東山区清水2丁目256番地
電話番号 075-551-5885

清水寺のお土産人気ランキングTOP21!買ってあげたいお菓子や雑貨など紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
清水寺のお土産人気ランキングTOP21!買ってあげたいお菓子や雑貨など紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
京都市内の寺院の中でも世界遺産としても名高い清水寺には国内外から毎年多くの観光客が訪れています。清水寺までの道のりにはお土産を購入できるお店が軒を連ね、八ッ橋や清水焼等の古くから伝えられる清水寺ならではのお土産が数多くあります。

京都銘菓「生茶の菓」が買える店舗情報6:嵐山店

Photo by shi.k

最近外国人観光客の方に特に人気の観光スポットが嵐山です。渡月橋から四季折々の景色が楽しめる嵐山にも「生茶の菓」が買える店舗があります。

それが『嵐山店』です。ちなみに嵐山というと竹林で有名ですが、この『嵐山店』にはこの竹をイメージしたパッケージの「生茶の菓」も売られていてお土産におすすめです。

また『嵐山店』の店先にベンチがあるのでそこで買った「生茶の菓」を味わうのもおすすめですし実際人気です。

住所 京都市右京区嵯峨天龍寺門前嵐山昇龍苑1F
電話番号 075-862-5656

京都銘菓「生茶の菓」はオンラインショップでも買える

Photo byJESHOOTScom

京都銘菓の「生茶の菓」は基本的には京都まで足を運ばないと買うことができません。しかしながらなかには遠方にお住いの方で「生茶の菓」を味わってみたいという人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのがオンラインショップです。このオンラインショップを利用すれば好きな場所から簡単に「生茶の菓」を購入することが可能です。それこそスマートフォンさえあれば好きな場所や好きな時間から自由に「生茶の菓」をオーダーできるわけです。

ちなみに「生茶の菓」の値段自体は店舗で買う場合と変わりません。ただしオンラインショップですから購入した値段にプラスして送料がかかります。そして「生茶の菓」は賞味期限は約2週間です。

「生茶の菓」は京都へ行ったら味わいたい銘菓

Photo by BONGURI

京都には美味しいグルメがたくさんあるいわば「抹茶スイーツの超激戦区」ですが、そんななかでも頭ひとつ抜けているのが「生茶の菓」です。「生茶の菓」は値段も安くてとてもコスパのいい抹茶スイーツでお土産にもおすすめです。ぜひ京都へ行った際には「生茶の菓」を味わってみてください。

おもち
ライター

おもち

自然豊かな田舎町の出身です。美味しいものを食べるのが大好きで、ご当地グルメや流行りのスイーツは基本全部食べたい派です。さまざまなテーマの記事を通していろいろなみなさんと繋がれたらと思っています。よろしくお願いします。

関連記事

人気記事ランキング