地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

山形のおすすめキャンプ場ランキング!オートキャンプやコテージも!

鳥海山を始めとして月山、蔵王山などの名山を抱える山形県はアウトドアフィールドの多い県です。バーベキュー場やオートキャンプ場、コテージまで魅力いっぱいの山形県。今回はキャンプ場のランキングを中心に山形県の魅力を紹介して参ります。

キャンプ王国、山形県へ行こう見出し

前述した有名な山の他にも山形県にはキャンプ場に適した自然環境があります。それが「川」です。最上川やそこに流れ込んでいる「鮭川(良い名前ですよね)」、その鮭川の上流の真室川など、一本の河川を見てみても山形県の河川には実力があることが分かります。山と川の恩恵を受けた山形はキャンパーにとってどこもおすすめの県です。

山形県のキャンプ場ランキング第10位見出し

羽黒山キャンプ場(庄内地区)

平成22年にリニューアルされた羽黒山キャンプ場は、「常設テント」「オートキャンプ」「フリーテント」の3サイトでお手軽に楽しめるキャンプ場です。本館施設も整っており、ご家族連れでも安心してキャンプやバーベキューのできるおすすめのキャンプ場です。コインランドリーや温水シャワーが使えるのもありがたいです。

元気よく歩きましょう!

フリーテントサイトは芝生区画があえて作って無く、自由にテントを張る事ができます。広々とサイトを使いたい派にはこちらがおすすめです。そしてお楽しみは「ウォーキング」です。近くにミシュラン・グリーンガイド・ジャポンにて三ツ星を獲った出羽三山神社に続く表参道の石段があります。2446段の道のりをお楽しみ下さい。 場所:山形県鶴岡市羽黒町手向羽黒山8 問合せ先:0235-62-4270

山形県のキャンプ場ランキング第9位見出し

庄内夕日の丘オートキャンプ場(庄内地区)

こちらのキャンプ場のおすすめは、とにかく管理人さんの評判が良い事。設備もそこそこ、ロケーションもそこそこ、でもまた来たくなる。そんなキャンプ場です。フリーサイトはバイクでの乗り入れもOKですし、ソロツーならば400円とお値段もお手頃です。近くに温泉やショッピングモールなどもあり、便利この上ないキャンプ場です。

見どころ満載!

敷地内に群生させている「コキア」は春夏は緑、秋冬は赤の衣装を身にまといます。ポコポコ可愛いコキアを見に行くだけでも価値はあるのですが、このコキアを使った「ほうき」作り体験などもやっています。近接する庄内空港からの離発着便とともに、見学場所には事欠きません。目の保養が終わったら近くの湯野浜温泉もおすすめです。 場所:山形県酒田市浜中粮畑33 問合せ先:0234-92-4570

山形県のキャンプ場ランキング第8位見出し

西浜コテージ村(庄内地区)

ゴールデンウィークや夏休みなど、大きな休暇はよほど早く予約を入れないととれないほど人気を博しているのが「西浜コテージ村」です。しっかりしたコテージの作りはバーベキューや親睦会など、家族の宿泊以外にも利用されています。食材だけ持ってお手軽に宿泊できるのがいいですね。

松林の中のキャンプサイト

もちろんキャンプサイトも整備されています。オートキャンプ場はありませんが、松林の中のキャンプサイトは日影が多く快適です。海水浴場まで車で3分、温泉(あぽん西浜)まで車で5分という便利さ。しかもすぐ近くに鳥海山があり、キャンプ地を中心にアウトドア、インドア、両方楽しめるキャンプ場です。 場所:山形県飽海郡遊佐町吹浦字西浜2-62 問合せ先: 0234-77-3600

山形県のキャンプ場ランキング第7位見出し

あゆっこ村(最上地区)

駐車場で巨大なあゆがお出迎え。ここは「村」と銘打っているだけあって色々なお楽しみの複合施設となっています。温泉、コテージ、キャンプサイト、遊具、テニス・野球・サッカー場などの運動場と、とても一日では回りきれない程施設は充実しています。家族はもちろんのこと団体様にもおすすめの施設です。

13棟のコテージがおすすめ

あゆっこ村でキャンプをするならコテージがおすすめです。13棟すべてのコテージのテラスにバーベキュー台が設置されています。料金は曜日等で多少上下しますが、4名ならば8000円から12000円で借りられます。2017年5月現在の情報で「今年はテントサイトが修理の為閉鎖中」とありますので、コテージの予約はお早めに。 場所:山形県最上郡舟形町長沢8067 問合せ先:0233-32-3655

山形県のキャンプ場ランキング第6位見出し

わくわくファーム前森高原(最上地区)

色々な「泊まる」を体験したい、という方にピッタリなキャンプ場がこちらです。コテージ、キャビン、バンガロー、トレーラーハウス、オートキャンプ場と、まずは泊まる場所が選び放題なんです。もちろん野外バーベキュー場も完備しています。栗駒国定公園神室連峰の山々に囲まれ、ご自身の遊びスタイルに合った寝場所を見つけて下さい。

選ぶのは寝場所だけじゃない

釣りはもちろんのことアイスやソーセージ作り体験や陶芸教室、冒険学校など体験型アクティビティが満載の「わくわくファーム」なのですが、一番のおすすめは「乗馬」です。カロリー消費量はウォーキングやサイクリング以上と言われている乗馬で、ストレス解消とダイエットの両方を目指してみてはいかがでしょう。 場所:山形県最上郡最上町大字向町2135 問合せ先:0120-443-522

山形県のキャンプ場ランキング第5位見出し

鮭川村エコパーク(最上地区)

人口約5000人の鮭川村はアグリツーリズムを標榜しています。「鮭川村エコパーク」もその事業の一環で、テーマは「自然との共生」です。総合滞在型自然公園として様々な遊具や体験メニューがそろっていますが、おすすめはオートキャンプ場です。直火OKの区画もあり、遊具でたっぷり遊んだあとは直火焼きバーベキューを楽しんで下さい。

おいしい体験もいっぱい

バームクーヘンや窯焼きピザ体験など、目玉の体験メニューが約10種類ありますが、中でも窯焼きピザは体験料650円ととてもリーズナブルです。施設使用料が別途150円かかりますが、800円でこのボリュームなら納得ですね。鮭の子館と木の子館という二つの施設棟がありますが、「鮭の子」なら「イクラ館」では、と突っ込まないで下さい。 場所:山形県最上郡鮭川村川口 問合せ先:0233-55-4455

山形県のキャンプ場ランキング第4位見出し

古竜湖キャンプ場(村山地区)

キャビン1棟、バンガロー12棟、炊事場1棟、調理場1棟、キャンプサイト30張り分。どの設備も1級品ではありません。湖は淀んでいますし、トイレも汲み取り式です。しかし、個人的には1位に押したいキャンプ場です。山形市営なのですが、オール無料なんです。無料だから押したいのではなく、キャンプの本質に迫れる場所だから押します。 場所:山形市蔵王山田字羽竜813-1外 古竜湖畔:熊出没中のため現在閉鎖中 問合せ先:山形市商工観光部観光物産課 電話:023-641-1212(内426)

山形県のキャンプ場ランキング第3位見出し

西蔵王公園キャンプ場(村山地区)

サッカーJリーグのモンテディオ山形が管理する「西蔵王公園」内にある西蔵王公園キャンプ場です。こちらは事前に電話予約さえしておけば無料で利用できる施設となっています。公園内に水洗トイレがありますが、逆に水洗トイレ以外何もありません。駐車場からサイトまで距離があるので、大荷物のキャンプには不向きです。

展望台からの眺望に感動して下さい

このキャンプ場の素晴らしいところは「夜景」の美しさです。近くにある蔵王温泉や上山温泉で汗をかいて、公園内にある展望台から山形市を一望すれば、ロマンチックが止まりません。日本夜景遺産にも選ばれている西蔵王公園からの夜景をぜひ眺めて頂きたいと思います。 場所:山形県山形市大字岩波上桜田地内 問合せ先:023-655-5900

山形県のキャンプ場ランキング第2位見出し

月山・弓張平オートキャンプ場(村山地区)

名称が「オートキャンプ場」となっていますが、こちらにはフリーサイトもコテージもあります。ただしキャンプサイトが両方合わせて117区画もあるのに対してコテージは5棟しかありません。ですからこちらのキャンプ場はテントで過ごすキャンプ場だと位置付けていいと思います。とにかく広く、手入れの行き届いたキャンプ場です。

町全体が大きな施設

周りを山に囲まれているとはいえ、南に少し下れば「月山湖」があり、ここではカヌー体験などもできます。近くの道の駅には300円で入れる温泉がありますし、お子さんを遊ばせる公園もあります。大きな運動場や屋内スポーツ用体育館まで完備されており、天候に左右されずに楽しめるキャンプ場です。 場所:山形県西村山郡西川町志津172−3 問合せ先:0237-75-2040

山形県のキャンプ場ランキング第1位見出し

白い森オートキャンプ場(置賜地区)

山形県はよく4つの地域に区割りされていますが、その中で置賜地区には目立った施設がありません。その中で一軒気を吐くキャンプ場があります。それが「白い森オートキャンプ場」です。こちらはオートキャンプサイトが100区画あり、隣接する「りふれ」では割引価格で温泉にも入れます。朝日連峰の緑に囲まれた雄大なキャンプ場です。

キャンプの醍醐味、川遊び

キャンプサイトの横を流れる「荒川」は川遊びにはもってこいの川です。もちろん釣りもできますし、カヌーや水泳もできます。バーベキューでお腹いっぱいにした後、川で暴れ、隣の温泉で体を温める。外遊びのループは止むことを知りません。温水シャワーやコインランドリーも完備していますから、安心して遊べます。 場所:山形県西置賜郡小国町五味沢511−8 問合せ先:0238-67-2778

これからの季節は山形で決まり!見出し

バーベキューだけでも!

バーベキューをしに行くだけでもキャンプ場に行く価値はあります。特に山形県はうまい空気とうまい酒に恵まれたキャンプ王国です。米沢牛という最強の相棒もいます。長い休みでも短い休みでもとれましたらこの記事を思い出して頂き、「山形キャンプ」の計画を立てて頂けたら幸いです。ありがとうございました。

山形のお土産おすすめランキング!必ず喜ばれる人気の名産品は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
山形のお土産おすすめランキング!必ず喜ばれる人気の名産品は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山形のお土産といえば何を思い出しますか?山形といえば「さくらんぼ」が有名ですが、それ以外にもお土産に喜ばれるお菓子や名産品が多く存在しています。今回は、山形へ観光へ行ったら是非買っていただきたいお土産をランキングでご紹介します!
米沢牛を食べる!米沢市内のおすすめ焼肉・ステーキレストラン! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
米沢牛を食べる!米沢市内のおすすめ焼肉・ステーキレストラン! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
山形県米沢市の名産、米沢牛。ステーキにしても焼肉にしてもすき焼きにしてもおいしい牛肉です。そんな米沢牛が堪能できる、本場米沢市にあるおすすめのおいしいレストランを一挙大公開します! 本物の味はやっぱり地元に行くのが一番です!

関連キーワード

投稿日: 2017年4月26日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote