地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

犬鳴村は現在どこに?伝説は真実なのか最恐の心霊スポットを徹底リサーチ!

皆さんは、犬鳴村をご存知でしょうか。犬鳴村は、現在の福岡県の犬鳴峠にほど近い場所に位置する謎の集落で、様々な心霊情報があります。犬鳴村の伝説は真実なのか、最恐の心霊スポットを徹底リサーチいたしましたので、怖いもの見たさでご覧ください。

犬鳴村とは?見出し

Photo by hiyang.on.flickr

犬鳴村とは、イヌナキムラと読み、福岡県にある犬鳴峠にある村のことを指します。心霊好きの間では、かなり知られたミステリースポットです。噂が噂を呼び、犬鳴村の真実か伝説か分からない、色々な心霊情報があり、肝試しに行く若者も多くいるそうです。そんな情報をまとめました。2020年に犬鳴村について映画化されるので、予習をしておきましょう。

福岡県の謎の集落

Photo by けんたま/KENTAMA

犬鳴村の場所は、福岡県の宮若市と糟屋群久山町の間、現在の犬鳴峠という場所にあった集落だと言われています。聞いたことがない方が多いのではないでしょうか。

しかしながら、日本の行政記録と地図には犬鳴村についての記載がないので、正しい場所については分からないというのが事実です。現在でも真実がよく分かっていません。

心霊スポットとして人気

Photo by zunsanzunsan

犬鳴村へは、犬鳴トンネルを通ってアクセスをします。このトンネル、実は福岡県の最恐の心霊スポットとして有名です。犬鳴村とトンネルはダブルの心霊スポットです。

そのトンネルの名は旧犬鳴トンネルと呼ばれており、トンネルを通ると犬鳴村へ続く道が出てくるそうです。犬鳴村には数多くの心霊情報、都市伝説があります。

犬鳴村の場所は現在どこに?見出し

Photo by khf_fjs

犬鳴村は、現在のどの辺りの場所に位置していたのでしょうか。犬鳴村を地図上探してみても、Google Mapで検索をしても、犬鳴村は表示されません。なぜならもともとあったとされる犬鳴村は、村と村が合併し、別の名前になったからです。真実は分かりませんが、大体どの辺りになったのか調べてみました。

犬鳴村の場所

Photo by けんたま/KENTAMA

犬鳴村がある場所は、福岡県の宮若市と糟屋群久山町を跨ぐ峠です。犬鳴村は、地図に表示されていないのですが、現在の鞍手郡に犬鳴村が一時は存在していた記録があります。

その犬鳴村が存在していた時期は1691年から1889年に掛けてです。1889年、町村制度が施工される際、犬鳴村は他の村と合併して吉川村という新たな集落の一部となりました。2006年には更に町の合併が行われ、現在の宮若市犬鳴となりました。

旧犬鳴トンネルは、現在封鎖されておりますが、少しだけ隙間が空いているので、徒歩であれば入ることが可能という話も。車で入ることはできません。現在、若者たちが肝試しとしてトンネルの中に入って犬鳴村を探しに行く人が増えているようですが、様々な都市伝説の中で真実はあるのでしょうか。次にどんな都市伝説があるのかご紹介させていただきます。

犬鳴村伝説その1:日本国憲法が通じない見出し

Photo byKELLEPICS

次は、犬鳴村の伝説について詳しくご紹介をさせていただきます。犬鳴村の伝説とインターネットで調べてみると、真実か嘘か分からない数多くの都市伝説が記載されています。また実際に足を運んだ方の体験談も合わせてご紹介をさせていただきます。とても恐ろしい犬鳴村の都市伝説は、真実なのでしょうか。単なる噂話なのでしょうか。

地図に無い村

Photo by cod_gabriel

犬鳴村は、現在の犬鳴峠近辺に存在した場所で、江戸時代より農林業が盛んな村でしたが、犬鳴村は地図に掲載されていない事に加え不思議と行政記録にも残っていません。

調べたところによると、1994年まで犬鳴村は残っていたという話ですが、犬鳴ダムが建設されたので、犬鳴村のほとんどの部分がダムのそこに沈んでしまったそうです。

Photo by k14

地図や行政記録から抹消されてしまうなんてことがあるのでしょうか。犬鳴村の大半がダム完成の際になくなってしまったので、村人は仕方なく転居したという話です。

村人達がいなくなってからというものの、現在は宮若市犬鳴という住所が残っています。その住所にかつて犬鳴村に住んでいた村人が存在するのかは不明です。

日本国憲法が通用しない?

Photo by Richard, enjoy my life!

犬鳴村では、日本国憲法が通用しないという都市伝説があります。何故そんな理由があったかというと、犬鳴村に続く細い脇道を進んだ場所に看板があるからです。

その看板には「この先、日本国憲法は通用せず」という文字が掲載されているのだそうです。この話は果たして真実なのか、単なる都市伝説なのかは不明です。こちらの看板は、犬鳴村の入り口だと言われています。村人らが書いたのか、いたずらなのかも分かりません。

そもそも日本は、自治区が統治されている中、そんな謎に満ちた集落があったというのは気になります。日本国憲法が通じないということが真実であれば、集落の村人同士で争いごとなどがあっても警察が関与できないということになります。実際に住んでいた村人達の話が聞ければ良いのですが、真実は分からずじまいです。

村人に殺される!

Photo by Snake3yes

犬鳴村では日本国憲法が通じないので、村の中で何かあっても命の保証がありません。犬鳴村の入り口近辺には、よそ者の侵入を防ぐかのように複数の罠が敷かれています。

犬鳴村の村人に侵入を察知されると、カマを持った村人達が、問答無用で襲撃してくるという都市伝説があります。実際に攻撃されても、最悪殺されてしまっても、警察に通報することはできません。何故なら何度も言いますが日本国憲法が通用しないからです。

都市伝説の中では、村人は日本語を話していない、若いカップルが村に入ってしまい、殺されてしまったという話があります。閉鎖的で真実が分からない謎の集落なので、むやみに近づかない方が良い場所と言えるでしょう。村人に殺されてしまうという話は都市伝説なのかもしれませんが、危険を及ぼす可能性がある村です。

頭蓋骨が積まれている

Photo by tomasz.lusiak

犬鳴村では、頭蓋骨が積まれているという都市伝説があります。話によると、村の入り口には、縄と缶で作られた罠が多く仕掛けられているそうです。

その罠に引っかかってしまうと村人達が侵入者を異様な足の速さで追いかけてきて、カマや斧などを振りかざしながら襲ってくるそうです。心霊情報より恐ろしい都市伝説です。

犬鳴村伝説その2:村人は差別を受けていた見出し

Photo by laureltopias

犬鳴村の都市伝説を続けてお伝えいたします。上記で地図に無い村、日本国憲法が通用しない、村人に殺される、頭蓋骨が積まれているといった想像しただけでも恐ろしい噂がありますが、それだけではありません。それ以外にもインターネットで噂されている話をご紹介させていただきます。

犬鳴村の村人は差別を受けていた?

Photo by Kentaro Ohno

犬鳴村は、かつて江戸時代より他の村より強い差別を受けていたという話があり、それは真実味がありそうです。差別が原因で一般社会から隔離されていたそうです。

生前、感染症にかかった患者達が集められた場所とも言われています。村人達は差別により他の世界との交流を絶ち、次第に孤立していってしまいました。

村人は日本語を話さない

Photo by nSeika

犬鳴村は、日本国内にある村にも関わらず、日本語を話していないと言われています。孤立している場所なので、独自の言語で話されているという事ですが、真実なのでしょうか。

言葉が通じないということは、より一層外部との距離が空いてしまいますし、派閥の原因になるでしょう。それにしてもどんな言葉を話しているのか気になります。

村人は異常に足が速い

Photo by onigiri-kun

犬鳴村の村人は、足が異常に早いという都市伝説があります。そのため襲撃されてしまったら、逃げ切ることは不可能に近いという噂があるので注意です。

村人達が何故そんなに足が速いのかは分かりません。恐らくこの場所では原始的な生活をしているので、足を使うことが多く、鍛えられているのではないでしょうか。

犬鳴村伝説その3:携帯は圏外見出し

Photo by tsuda

犬鳴村の現在噂されている都市伝説を沢山ご紹介いたしましたが、実はまだまだあります。誰かが実際に体験した真実のことなのか、誰かがでっち上げたことなのかは分かりません。しかし全てが嘘の場合、こんなにも広く噂話が浸透しないのではないでしょうか。次は犬鳴村では携帯が圏外になること、近親結婚が行われているということをお話します。

携帯は圏外

Photo by sekido

犬鳴村では、こんなに発展している現在の日本でありながらも、携帯電話が圏外とされています。日本の統治外にある村なので、携帯電話のアンテナが立っていないのが理由です。

日本でもそれが暗黙の了解となっているそうです。携帯電話が繋がらなくても、村の中だけで生活をしているので、全く支障がないのでしょう。

近親結婚

Photo by hiroooooki

犬鳴村は孤立した集落で、村以外の場所から人が入ってくることがありません。しかし子孫を残さないといけないので、近親婚を繰り返しているという噂があります。

近親婚を繰り返しているため、攻撃的な性格な村人が増え、子供達も精神状態が不安定な人が多いそうです。その繰り返しでは、恐ろしい集落が出来上がる構図です。

Photo by yto

しかし外部の者を一切寄せ付けない集落なので、近親結婚以外、子孫を残す方法がありません。

そして障害もなく生まれた場合でも、近親結婚した者ばかりの集まりなので、皆似たり寄った外見をした人達が多くいそうです。想像しただけで恐ろしいです。

犬鳴峠・犬鳴トンネルも心霊スポット!見出し

Photo byStockSnap

次は、犬鳴村で噂されている心霊情報や不可解なことをご紹介いたします。村人が異常な上に心霊スポットでもある犬鳴村は、その噂が全て真実であれば相当恐ろしい場所だと思いませんか。関わるだけでヤバそうな情報を集めましたので、皆さんはそれを知ったら足を運ぶことは止めることでしょう。

犬鳴トンネル付近の電話ボックスが「出る」

Photo by fujitariuji

犬鳴村へ行く途中にあった電話ボックスでは、幽霊が出るという心霊情報があります。現在では心霊情報が広まりすぎて、撤去されてしまったそうです。

またその電話ボックスから電話をかけると、不気味な何者かの声が聞こえるという噂もあります。現在はないので確認はできませんが、有名な心霊情報です。

警察に通じない

Photo by Dick Thomas Johnson

既に撤去された電話ボックスですが、その電話ボックスからは、何故か警察に繋がらなかったそうです。村人が何か細工をしたのか、あえてそうしているのかは分かりません。

唯一犬鳴村近辺にある電話ボックスでしたが、警察に繋がらないだなんて、故意的にしか思えません。携帯電話も繋がらないし、何があるか分からない場所です。

殺人事件も発生!

Photo by VanDammeMaarten

犬鳴村では、なんと殺人事件があったそうです。昭和63年にリンチ殺人が発生し、主犯格の男性は無期懲役となり、事件に関わった人は全員服役中と言われています。

このような残虐な事件は、福岡県内で昭和の時代から発生しているため、本当に犬鳴村の村人が起こした事件なのかは実は明確にわかっておりません。

交通事故が多い!

Photo by HIRAOKA,Yasunobu

犬鳴村付近では、何故か交通事故が多いそうです。車のブレーキが効かなかったり、人影が動いているように見えたなど、心霊スポットならではの噂があります。

ただ実際に運転が難しい難所のため、単純に交通事故が多いという理由もあります。しかしあまりに事故が多いので、場所が場所なだけに心霊現象説が飛び交っているのは事実です。

心霊番組が中止に!

Photo by WeekendPlayer

例年夏になると放送される心霊番組ですが、過去に犬鳴村の特集が組まれることになった際、あまりに悪霊が多すぎて中止になったという話があります。

1人の霊能者では手に負えず、放送はされずに中止になったそうです。そんなにもヤバい場所になってしまった理由は、犬鳴村の村人が原因なのでしょうか。

犬鳴の祟とされる事故見出し

Photo by HIRAOKA,Yasunobu

犬鳴村の祟りと言われている交通事故をご紹介いたします。前述した通り、犬鳴村周辺では、村人の祟りなのではないかと疑ってしまうほどの交通事故が大変多く、地元の人々は、近寄ることはないそうです。お遊びのつもりで近寄ると、思わぬ危険な事故に遭ってしまう可能性があるので、十分注意が必要でしょう。

トラックと正面衝突

Photo by ketou-daisuki

犬鳴村の祟りではないかと言われている交通事故で有名なのは、トラックとの正面衝突事故です。少年5名が肝試しのために軽乗用車で犬鳴峠に向かっていた日のことです。

辺りは明るいはずなのに、トラックと正面衝突し、少年4名が残念ながら亡くなり、1名が重体となったそうです。ただカーブも鋭い峠の道だったからなのか、原因は不明です。

崖から転落

Photo by sor

こちらも有名な話で、犬鳴峠に肝試しのために訪れた大学生が、峠に設置されているガードレールを突き破って崖の真下に転落し、全員が亡くなったそうです。

何故それが祟りなのかというと、トンネルを過ぎてからというものの、ガードレールまでの間に車のブレーキ痕が一切なかったそうです。自殺とは思えない恐ろしい事故です。

犬鳴村伝説は本当?見出し

Photo by tsuda

様々な犬鳴村の都市伝説をお伝え致しましたが、それらは本当の話なのでしょうか。実際に自分で足を運んでみない限り、どれが本当でどれが嘘なのだか全く真相は分かりません。犬鳴村の全てが都市伝説の可能性もあり得ます。一部で言われている事実と思える話をご紹介させていただきますので、ご参照ください。

犬鳴旧トンネルは封鎖済み

Photo by 柏翰 / ポーハン / POHAN

犬鳴村へ続く旧トンネルは、現在封鎖されていて徒歩でも入れないよう高いブロックが置かれています。しかしブロックを力づくでどかせば入れてしまう簡易的なブロックです。

車で侵入することは、確実に不可能です。あの封鎖されているトンネルの中に入っていける勇気を持つ人は珍しいのではないでしょうか。その時点で邪気を感じるそうです。

「日本国憲法が通用しない」は無理がある!

Photo by Joe Jones

犬鳴村では日本国憲法が通用しないというお話をしましたが、そもそも現在の日本で憲法が通用しないだなんて、そんなことはあり得るのでしょうか。

そんな怪しい自治区があった場合には、恐らくもっと有名で公になっているかと思いますし、そんな場所があったら危険なのは間違いありません。存在自体怪しいです。

犬鳴村まで車で行けない

Photo by jmettraux

有名な都市伝説で、村には殺されたカップルが乗っていたボロボロのセダンが置いてあるという話があります。しかし現在では車で入ることは不可能なのです。

もしその噂が本当であれば、かなり昔に置かれた車かもしれません。消えたカップルがいたという都市伝説も有名ですが、ニュースにもなっていないので不明です。

犬鳴村の真実は?見出し

Photo by othree

犬鳴村の情報は、インターネット上で有る事無い事様々な噂が飛び交っているので、真実がわかりません。その中でも、現在調べた中でも信憑性の高い話をさせていただきます。それは前述した通り、犬鳴村はかつてダム建設によってなくなった村、そして現在はヤンキーの溜まり場ということです。詳しくお伝えいたします。

犬鳴村はダムに沈んだ?

Photo by go7o

犬鳴という村は、本来存在していたものの、ダムを建設するにあたり、集落は沈むことになったという話が有名です。農林業を営み、人も定住していたそうです。

村に住んでいた村人達は、それぞれ都市部や他の集落に転居したと言われています。現在の都市伝説は、それ以降もこっそりと住み続けている人達の話です。

ヤンキーのたまり場

Photo by ketou-daisuki

犬鳴村周辺は、ヤンキーのたまり場とされています。それは旧犬鳴トンネルの入り口をみればわかる通り、あちらこちらに落書きなどがされております。

また肝試しをするため、仲間達とお遊びで訪れるヤンキー達が過去にも現在にも大勢います。ヤンキー同士の喧嘩などもあるかもしれませんし、やはり近寄らない方が良いです。

犬鳴村へ行った人の体験談見出し

Photo by Japanexperterna.se

続いては、犬鳴村へ行ったことがあるという方の体験談についてお伝えいたします。犬鳴峠のトンネルの横に、しっかり探さないと見落としてしまうような畦道があります。

その畦道を登っていくと、「この先、日本国憲法が通じません」という看板があり、その先が犬鳴村になるそうです。とある日、その道順で犬鳴村へ行ってみたところ、村の入り口と思える場所に、プレハブ小屋があったので、そこで車を停め周りを見ていたそうです。

そうすると、数人の男達が車の周りを囲み、いかれた目つきでこちらを睨んでいたそうです。そして異様な足の速さで走ってきたので、急いで来た道を引き返し逃げたそうなのですが、車はすでに刃物でボロボロにされてしまったのだそうです。それが本当であればとても恐ろしい村人達が暮らしているということになります。

Photo by gabuken

なお日中に犬鳴村へ行ったという方のお話では、村には誰もおらず、木で扉を打ち付けられた原始的な家が何軒か建っていたそうです。住んでいたかは不明です。

そして開けた広場のような場所に、白いセダンと思われる島根ナンバーの車がボロボロな状態で放置されていたそうです。人から人に伝わっている体験談の為、真実か不明です。

Photo by hide10

また一部の人の話では、犬鳴村に最も近いコンビニにある公衆電話からも何故か警察へ電話が通じないと言われています。国家権力が関与することができない地域なのだそうです。

その為、こんなにも有名な心霊スポット及び不気味な地域なのにも関わらず、テレビの取材も峠までとなっていて、全国的にあまり知られていないと言われています。

Photo by koziro

それ以外にも、村の入り口に白のセダンは迂回してくださいと看板に書かれていたという人や、奇数では行ってはいけないという理由も分からない謎の噂もあります。

以上がインターネット上に掲載されていた体験談となりますが、いずれも信憑性はありません。実際に行ってみないことには、犬鳴村がどうなっているのか分からない事だらけです。

犬鳴村が映画化される?見出し

Photo by Dick Thomas Johnson

今回様々な都市伝説をご紹介いたしましたが、犬鳴村が映画化されるということは、紛れもない事実になります。あの有名なホラー映画の呪怨の監督が指揮するそうです。

清水崇氏が監督のもと、2020年に犬鳴村の映画が東映で公開されることになりました。実はこの映画公開にあたり、世界中の映画制作会社からオファーが殺到し、反響がすごかったそうです。通常のホラーとは異なり、人間ホラーだからではないでしょうか。

普通の幽霊系のホラーは飽きてしまったという日本人が多い中、現代社会から隔離された村人達の恐ろしさをリアルに表現し、人気沸騰になることが予想されます。ますます現地へ足を運んでみようという挑戦者が増えるのではないでしょうか。どんな映画になるのか、とても楽しみです。これをきっかけに犬鳴村の真実が少しでも判明されることを願います。

心霊スポットランキング!関東や関西など日本全国の本当に怖い場所を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
心霊スポットランキング!関東や関西など日本全国の本当に怖い場所を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本各地に有名な心霊スポットがありますが、その中でも「怖すぎる」と噂の心霊スポット10箇所をランキング形式でご紹介致します。日本全国の最恐心霊スポットにまつわる歴史などもご紹介致します。そこで何があったのかを知るとより怖く感じるかもしれませんね。

犬鳴村周辺は怪奇現象の頻発する心霊スポット!見出し

Photo by keromako

いかがでしたか。今回は、犬鳴村の都市伝説を中心に詳しくお伝えいたしました。犬鳴村は、通常の日本とは異なる怪奇現象が頻発したり、近づくと異世界にいるような不思議な感覚になる為、長居することが難しいとも言われています。こちらの記事をご覧になった方は、きっと怖くて近づくことはできないと思うのではないでしょうか。

投稿日: 2019年3月18日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote