新幹線「台中駅」と台鉄「台中駅」間のアクセスは?旧駅舎など観光情報も紹介

2019年6月10日 (2019年6月11日最終更新)

台湾を走る新幹線の台中駅から、在来線である台鉄の台中駅までのアクセス方法や旧駅舎の魅力、そして台湾市内を観光する際に知っておくと便利な、コインロッカーの場所や便利なグルメスポット、台中駅周辺にあるコンビニの場所といった豆知識などをあわせてご紹介致します。

目次

  1. 観光に便利な新幹線「台中駅」と台鉄「台中駅」間のアクセスを把握しよう
  2. 台中駅とは?
  3. 新幹線「台中駅」と台鉄「台中駅」間のアクセス
  4. 台中駅の旧駅舎
  5. 台中駅のお役立ち情報
  6. 台中駅で荷物を預ける方法
  7. 台湾の台中駅は観光要素もたっぷり!

観光に便利な新幹線「台中駅」と台鉄「台中駅」間のアクセスを把握しよう

はじめて台湾旅行に訪れる人にとって、最初のつまづきにもなりやすい「台中駅」。台中駅の近くに宿を抑えたはずなのに、いざいってみるとそれらしきものがないということが起こりえます。これには訳があって、実は台中駅と名の付くものは2つあるのです。今回は台中駅間をスムーズに移動するためのアクセス方法などを中心にご紹介していきます。

台中駅とは?

台中駅は、台湾の中部地方にある駅の1つで、台湾旅行の際の拠点ともなり頻繁に訪れる場所でもあります。台湾は縦に細長いお米のような形をしていて、北部を台北、真ん中辺りは台中、そして南部エリアでは高雄というような感じで3つに分けて地理を把握しやすくしています。その中でも台中はどちらにも行きやすく人気の高い町として知られています。

台湾鉄道(台鉄)に所属する駅

地元の人も、観光客も頻繁に使う駅が台湾鉄道、略して台鉄の台中駅。周囲には台湾観光で人気のある宮原眼科や、一中街といった観光スポットがあり、台湾で人気のホテルなども台中駅周辺に数多く点在しています。台湾を走るほとんどの電車は台中駅に止まるということもあり、常に多くの人でにぎわう大きな駅です。

台中の表玄関の駅として機能

台中駅は、台湾の交通を担う主要ターミナルです。台中駅の駅前には大きなバスターミナルやタクシープールもあり、台湾旅行に訪れた外国人旅行者以外にも、地元台湾の方などが通勤や通学、お出かけなどで日常的にも使用していて生活に密着した駅でもあります。以前の旧駅舎はとても廃れた様子をしていたのですが新駅舎の工事が完了しきれいになりました。

2016年台中駅付近が高架化されて新駅舎が誕生

台中駅に行くと見える赤レンガ作りの駅舎。この駅舎は旧駅舎で今はもう使われていない建物です。2016年に入り、台湾の主要ターミナルとも言えるこの台中駅が高架化され、現在のきれいな新駅舎が誕生しました。それまでに使われていた旧駅舎は、古くから残る歴史的建築物でもあるため、そのまま残し別の施設へ再利用する予定が立てられています。

台中駅の旧駅舎は、新しく建築された新駅舎から歩くと3分程度歩く距離にあり、やや離れています。それにも関わらず、現在でも旧駅舎の前には路線バスやタクシーがとまり、まだまだ主要ターミナルとして使われていた当時の面影を色濃く残し続けています。

この旧駅舎自体も台湾観光の立ち寄りスポットとして人気を集めています。時間がある際には、ぜひ外側からこの歴史的建造物である旧駅舎の外観の美しさを堪能してみて下さい。

Original台中の交通機関やアクセス方法をチェック!バスの乗り方や電車での移動法は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾の中でも台北、高雄に次ぐ第三の商業都市といわれる台中。旧市街地と近代的な新都市の両方の魅...

新幹線「台中駅」と台鉄「台中駅」間のアクセス

台湾旅行にはじめて訪れた人が迷ってしまうことの1つに、台中駅の周辺にある観光スポットや宿を目指したはずなのに、実際に台中駅に降り立ってみたら何もなかったという事態があります。同じ台中駅という名前の駅があるのが間違えてしまう原因なのですが、初めての台湾旅行で迷ってしまわないためにも、2つの台中駅のことについてご説明していきます。

距離が離れているので注意!

台中駅に来たのに間違えてしまう原因は、新幹線である高鉄の台中駅と、台湾鉄路の台中駅という2つの駅が存在し、さらにその2つの駅は7.5kmも離れた場所にあるということ。台北空港から台中エリアに移動する際によく使われる新幹線が止まる駅名も台中駅であるため、そこが目的の台中駅であると勘違いをしてしまいやすいようです。

人気の観光スポットや宿泊先の多い台鉄の台中駅へ行くには、新幹線の台中駅からさらに移動が必要になります。電車に乗れば数分の短い距離ですが、歩くとなるとかなりの時間がかかってしまうため、徒歩移動はおすすめできません。

アクセスする方法としては、在来線である台鉄を利用するか、駅前から出ているタクシーを使って移動する方法の2通りが最もポピュラーなアクセス方法となっています。

在来線を利用する方法

新幹線の台中駅から、台鉄の台中駅にアクセスする方法で一番利用されているのが、在来線を利用する方法です。新幹線の台中駅の改札を出るとちょうど進行方向あたりにあるのが、台鉄の新烏日駅で、ここから電車にのり3駅、約10分で台中駅に到着となります。台鉄の新烏日駅までは駅の案内板通りに3番出口方向を目指してアクセスします。

新幹線の台中駅改札から新烏日駅まで向かう途中、見慣れない土地ということもあり迷ってしまう人もいますが、方向的には右斜めに進む形で歩き、途中にセブンイレブンやスターバックスなどの店舗があれば正解です。

新幹線の台中駅から台鉄の新烏日駅までは、距離にして数百メートルほどなので、さほど離れてはおらず、多少荷物が多くても運べる範囲といえるでしょう。

タクシーを利用する方法

新幹線の台中駅から在来線などを利用したアクセス方法もおすすめですが、もう1つおすすめの方法がタクシーで移動する方法です。台北の空港から来たばかりで荷物が多い時や、子供連れの場合、または急いでいる場合などには、タクシーで台中駅に向かう方法が圧倒的にスムーズ。新幹線の台中駅駅前にはタクシー乗り場もあり常時タクシーが待機しています。

新幹線の台中駅からタクシー乗り場に向かうには、7番出口方面に向かいます。7番出口は台中駅の1階にあり、改札のある2階からはエレベーターでアクセスします。その他にも5番、6番出口もありますがそちらにはタクシーはいませんのでご注意下さい。

新幹線の台中駅から台鉄の台中駅までタクシーを利用した場合は、1台約260元で、所要時間約20分程度となっています。

台中駅の旧駅舎

台湾鉄路、略して台鉄の台中駅には、今もなお歴史の面影を色濃く残す、レンガ作りの旧駅舎が残されています。2016年に新駅舎ができてからは駅としての役目を終えましたが、旧駅舎の前にはいまもなおたくさんのタクシーが集まり、バスが止まり、市民や観光客にとっても、欠かせないスポットとなっています。

赤レンガの歴史的建造物として保存

台鉄台中駅の旧駅舎として残る赤レンガの建物は、東京駅などの設計を手掛けた辰野金吾の流れを汲む、「辰野式」という建築スタイルと取り入れた建物で、歴史的建造物として台湾政府より国定古蹟として指定されています。駅舎として使われなくなりましたが、新しい施設へ再利用する計画が進み、今後も台湾市民の憩いの場として活躍を期待されています。

2009 1台中の観光はココがおすすめ!人気スポットやグルメ・ホテルも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台中市は2010年(平成22年)に台中県と合併して人口約271万人の台湾第三の都市となりまし...

台中駅のお役立ち情報

海外旅行に来た際に、よくある不安としてあげられるのが、様々なものの利用の仕方がわからないということ。説明書きを読んでみても見慣れない文字に、何を書いてあるのかわからず戸惑ってしまうことも。台湾旅行に行く前に知っておくと役に立つ、台湾ならではの事情や使い方、豆知識などをご紹介致します。

駅周辺のコンビニエンスストア

台鉄の台中駅に無事ついたあと、ちょっとした買い物に知っておくと便利なのが駅周辺のコンビニエンスストア。台湾には日本でもおなじみのセブンイレブンがあり、台中駅の周辺にもいくつかセブンイレブンがオープンしています。わからないことの多い海外で、日本で見慣れたコンビニエンスストアがあることを知っているだけでも心強いもの。

台鉄の台中駅周辺にオープンしたセブンイレブンは、台中駅の西口、建国街側にあります。台中駅を背にして立つとちょうど左手側にすぐ見えるので、お店探しに迷うことはありません。売っているのは台湾市民に人気の台湾グルメやドリンク類が中心です。

セブンイレブンの他にも、日本でおなじみのファミリーマートやOKマートといったコンビニエンスストアもあります。営業時間は日本と同じように24時間営業なのも心強い!

ubike

台湾には、気軽に誰でも使えるレンタサイクルのubikeがあります。台湾でubikeが始まったのが2012年。そこから市民や観光客の足として徐々に利用を拡大し、今では、台湾の主要交通手段の1つとしてなくてはならない存在にまでなりました。駅や人の多く集まるスポットの近くなどに設置されており、台湾旅行に行く度に利用しているという人も。

ubikeのレンタルステーションから、台湾の交通系ICカードである悠遊カードもしくはクレジットカードなどをかざし自転車を借りて利用した後は、最寄りのレンタルステーションへ返却すればOKというとても便利な交通手段です。

台中にはubikeというレンタサイクルがありますが、その他にもcbikeといったレンタサイクルなどいろんな種類が存在しています。利用方法は同じなのでぜひ活用してみて下さい。

グルメスポット:長距離バスステーションの中

新幹線の台中駅から、台鉄の台中駅へアクセスする途中で、気になるのが食事のこと。移動続きで気が付いたらしばらく何も食べていなかった!なんてことの無いように、グルメスポットについてもご紹介しておきます。移動の途中で一番便利なグルメスポットは、台鉄の台中駅の目の前にある長距離バスステーションの中。

この長距離バスステーションには、遠くまで行くバスがたくさん集まるターミナルなあるのですが、バス待ちの間に食事や買い物を済ませることのできるショップやグルメスポットがたくさんあります。

その他にも台中駅周辺には様々なグルメスポットがあり、食事をする場所には困らない便利な立地となっています。日本でおなじみのマクドナルドやケンタッキー・フライド・チキンといったグルメもあり、異国の地でもホッとするいつもの味を味わうことができます。またせっかく海外に来たのだからそのでしか味わえないグルメを堪能するのもおすすめ。

台湾旅行で人気のグルメといえば、小籠包やマンゴーかき氷、タピオカ入りのフルーツティや、エビ入り水餃子などがあげられます。その他には、ジャージャー麺やガチョウのお肉、台湾ならではのおにぎりなど数え上げたらきりがないほど美味しいグルメがたくさん。

台湾へ観光にいったら、日本でおなじみのお店もいいですが、バスターミナル内にあるお店をはじめ美味しい台湾グルメをぜひ堪能しに歩いてみて下さい。

台中市内バスの乗り方

台湾旅行において、各観光スポットにアクセスする際に便利なのが、台中市内を走るバス。台中市内を走るバスは日本のバスとは少し違った、2台のバスがつながった形をしています。はじめて見た人はその長さに驚くはず。台中市内を走るバスに乗るのはとても簡単で、台湾でのIC系交通カードである悠遊カードを入り口でかざすだけ。

コインロッカー

日本からも近い台湾とはいえ、海外旅行ともなると何かと荷物も多くなりがち。宿泊先のホテルに着く前に、台中市内を観光に周りたい時などは、たくさんの手荷物をもったままだとても不便です。その際におすすめなのが、コインロッカー。台中駅の周辺にもいくつか便利なコインロッカーがあるので、ぜひ利用してみましょう。

1512台中の夜景特集!人気スポットやおすすめレストランで食事を! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾第3の人口の都市である台中は、高層ビルが増えました。北の台北市と南の高尾市の中間にあり、...

台中駅で荷物を預ける方法

先にも少し触れましたが、台鉄の台中駅周辺にはいくつかのコインロッカーがあります。荷物の多い海外旅行において、コインロッカーのある場所や、荷物を預けれる先を知っておくととても便利。台中駅周辺にあるコインロッカーの場所や台湾ならではの手荷物預け先の利用方法などについてもご紹介しておきます。

周辺のコインロッカーを使う

台鉄の台中駅周辺にあるコインロッカーの場所は、台中駅旧駅舎の中、そして台中駅の新駅舎の中、それから台中駅の目の前にある台中バスターミナルの中にあります。その他町中にもコインロッカーは点在していますが、一番わかりやすく預けやすいコインロッカーとして上記の3ヶ所があげられます。旧駅舎のコインロッカーは日本語表示も対応しています。

台湾のコインロッカーは日本とは少し違い1つ1つに小さな鍵はついていません。すべてコインロッカーについている操作パネルで操作し、施錠します。また最近は旧駅舎にあるようなタッチパネル式の新しいコインロッカーも導入されるようになりました。

行李房を使う

台鉄の主要ターミナルには、手荷物を一時的に預かってくれる有人の手荷物預かりサービスがあります。これがとても便利なので、台湾市内を観光する際はぜひ利用してみて下さい。預け方もとても簡単で、スタッフに荷物を預けたい旨を伝え書類に必要事項を記入し、荷物にタグをつけてもらったあと、半券を受け取れば完了です。半券は必要なので無くさずに。

行李房へ行くには、主要ターミナルの壁面にある「行李房」の案内に従って進むとたどり着くことができます。行李房がある場所はビルとビルの隙間など一瞬入るのにためらってしまうようなものが多いですが、案内通りに進めば大丈夫です。

台湾の台中駅は観光要素もたっぷり!

台湾を走る新幹線の台中駅から、台湾鉄路の台中駅までのアクセス方法や、歴史的建造物である旧駅舎のこと、そして台湾市内を観光する際に知っておくと便利な情報まで、一気にまとめてご紹介致しました。日本からも近くはじめての海外旅行先としても人気のある台湾。日本とはまた違った新しい体験ができる魅力的な国です。ぜひ足を運んでみて下さい。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
とも

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する