地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

シンガポールのチャイナタウンは人気の観光スポット!見どころやグルメも紹介!

シンガポールの「チャイナタウン」は中国系の華僑の人の暮らしを肌で感じられる庶民的な街です。そして、料理店や雑貨店など活気にあふれ治安も良好です。そんなシンガポールの「チャイナタウン」の人気観光スポットや人気のグルメや人気のショッピングのお店などご紹介します。

シンガポール・チャイナタウンは魅力あふれる観光地!見出し

Singapore Chinatown
Photo by ilhamwicaksono

シンガポールは人口の8割を中国系の人が占めます。「チャイナタウン」は中国系の華僑の人の暮らしぶりが身近に感じられヒンドゥー教の寺院や仏教寺院がありさまざまな民族や宗教が共存共栄する、とても賑やかな街です。そんなシンガポールの「チャイナタウン」の人気観光スポットや人気のグルメや人気のショッピングのお店などご紹介します。

シンガポールの治安は?現地情報・トラブル防止・対策もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールの治安は?現地情報・トラブル防止・対策もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本人にも人気の旅行先であるシンガポール。アジアの中でも平和で犯罪が少なく、比較的治安が良い方のシンガポールですが、日本と比べると、スリやひったくりなどの軽犯罪が起きている割合が高いです。そんなシンガポールの治安情報を詳しくご紹介いたします。

1:シンガポール・チャイナタウンの人気スポット【新加坡佛牙寺龍華院】見出し

Singapore Buddha Tooth Relic Temple
Photo by nickkloo

「新加坡佛牙寺龍華院」(しんがぽーるぶつがじりゅうかいん)、英語表記で「Buddha Tooth Relic Temple and Museum」(ブッダ・トゥース・レリック寺院)はチャイナタウンでの人気スポットで2007年の5月のウェーサーカ祭に新しく開かれました。

Photo by melvintcs

寺院の名の由縁となった聖遺物のブッダの歯は1980年にミャンマーにある崩潰したストゥーパで見い出され、ここシンガポールの「チャイナタウン」に移され大切に祀られています。地上4階、地下3階建ての威風堂々としています。また、堂内はきらびやかな装飾に彩られています。

Photo by teodorpk

1階に入ると「如意輪観音」様や黄金の仏様たちが出迎えてくれます。2階3階は仏教博物館、4階は仏陀の歯が納められ屋上には庭園もあり人気撮影スポットとなっています。また、寺院の地下には多目的ホール(NAGAPUSPA THEATRE)があり、食堂(FIVE INSIGHTS HALL)では日本の精進料理にあたる仏陀の5つの教えの野菜料理が供されています。

おすすめポイント

Photo by lvnatikk

おすすめは、まず、仏陀の歯が祀られた舎利殿がある4階でしょう。その次はインスタ映えする人気撮影スポットの屋上の庭園、2階3階には仏教博物館がありますので仏教を勉強できます。入場無料なので気軽に立ち寄る事ができます。それから本堂の仏様に旅の安全と世の平和を祈願するのも良いかも知れません。チャイナタウン屈指のパワースポットです。

お役立ち基本情報

サウス、ブリッジ、ロードにあります。アクセスはチャイナタウン駅から徒歩4分、テロックアイヤー駅から徒歩6分です。営業時間は7時から18時まで(4階は9時から18時まで)です。年中無休、入場無料で場所によっては予約が必要です。

住所 288 South Bridge Road, Singapore
電話番号 (+65)-6220-0220

2:シンガポール・チャイナタウンの人気スポット【パゴダ・ストリート】見出し

Photo by aj_photo

ランタン(赤や黄色の提灯)が連なる下は、いつも買い物客で賑わっています。両脇のカラフルな建物は「ショップハウス」と呼ばれ3階建てで土産物や雑貨がメインですがバーやゲストハウスもあります。プラナカン建築様式と呼ばれるパステルカラーの建物はアーチ型の窓やつる草模様のレリーフが施されていてとてもお洒落です。

おすすめポイント

Photo by bnaignacio

衣料品やマーライオンのグッズやシノワズリー雑貨、インドのアクセサリーやポーチや京劇の仮面飾りなど中華系の雑貨まで色々とあります。安いお買い得品がワゴンで売られていたりするのでお土産を買うなら「パゴダ・ストリート」です。
 

お役立ち基本情報

「パゴダ・ストリート」はチャイナタウンの中心部にあります。MRT「チャイナタウン駅」(Chinatown)のA出口から外に出ると直ぐ徒歩3分です。朝は9時過ぎから夜遅くまで開いているお店もあります。年中無休で駐車場はありません。フリーのWi-Fiが使え日本のものでも携帯番号を登録するとSMSでパスワードが送られてきて使えます。

住所 Pagoda St., Singapore

3:シンガポール・チャイナタウンの人気スポット【ティアン・ホッケン寺院】見出し

Photo by elefevre7

1841年に建てられた「ティアン・ホッケン寺院」(Thian Hock Keng Temple)はシンガポール最古の中国の道教寺院です。航海の女神「媽祖」(まそ)をお祀りしています。中華寺院らしく道教の神々や観音菩薩、孔子も祀られています。寺院のある「テロック・アヤ・ストリート」は昔は海岸通りだったところで、ここからチャイナタウンが広がって行きました。

おすすめポイント

Photo by Eduardo Loureiro

航海の女神「媽祖」(まそ)は日本の横浜などでも祀られています。「ティアン・ホッケン寺院」でお参りを済ませたならば、おすすめなのが寺院裏にある壁画アートです。人気のYip Yew Chong氏の作品で街の様子や人々や動物を人間味あふれる温かいタッチで描き上げています。

お役立ち基本情報

Photo by Eduardo Loureiro

アクセスはMRTの「テロック・アヤ駅」(Telok Ayer)の近くにあり徒歩3分程です。華僑の人達のこころの拠り所であり多くの観光客が訪れるスポットです。営業時間は7時30分から17時30分までです。お寺ですから無料で年中無休です。
 

住所 168 Terock Ayer St,Singapore
電話番号 (+65)-6423-4616

4:シンガポール・チャイナタウンの人気スポット【スリ・マリアマン寺院】見出し

Photo by Andrea Schaffer

「スリ・マリアマン寺院」(Sri Mariamman Temple)はシンガポール最古のヒンドゥー教寺院で病気を治す女神「マリアマン」が祀られています。色鮮やかな彫刻が施されたゴープラム(高門)と言われる門は近くで見るとリアルな人や動物や神様が装飾されていてヒンドゥー教の世界観を表しています。

Photo by john.gillespie

ドラヴィダ様式のこの寺院の内部には極彩色のヒンドゥー教の神様が描かれていて地元シンガポールのヒンドゥー教徒にとってこころの拠り所になっています。チャイナタウンで異彩を放つ人気スポットです。

おすすめポイント

Photo by tjabeljan

おすすめポイントは美しい装飾の門で記念写真を撮れば良い旅の思い出になります。インスタ映え間違いなしです。ただし、撮影は有料です。また、病気を治す女神様「マリアマン」にお参りして健康と旅の安全をお祈りするのも良いです。

お役立ち基本情報

Photo by Allie_Caulfield

アクセスはMRTの「チャイナタウン駅」(Chinatown)の近くにあり徒歩5分程です。ヒンドゥー教徒の人達のこころの拠り所であり多くの観光客が訪れるスポットです。営業時間は8時30分から21時までです(ヒンドゥー教の重要な式典がある場合は変更があります)。年中無休です。カメラ撮影料は3シンガポールドル、ビデオ撮影料は6シンガポールドルです。

住所 244 South Bridge Roa
電話番号 (+65)-6223-4064

5:シンガポール・チャイナタウンの人気スポット【シンガポール・シティ・ギャラリー】見出し

Photo by LimeBye

政府のURA(都市再開発庁)センタービルにあるギャラリーです。シンガポールの歴史や発展の様子や未来の都市計画などが模型やビデオを使い分かりやすく解説しています。2階にあるシンガポール中心部ののミニチュア模型はビルや観光スポットが精密に再現されていて素晴らしいです。3階のフロアには50を超える視聴覚展示や体験型展示があります。

おすすめポイント

Photo by LimeBye

どれも日本語での解説がないのでおすすめポイントは「ライト アンド サウンド ショー」(Light and Sound Show)です。シンガポール中心部の大きなミニチュアモデルを使い光と音で演出される3分間のパフォーマンスです。10時から16時の間で随時、英語で開催されています。

お役立ち基本情報

Photo by Jnzl's Photos

シンガポールを観光する前に訪れるとよりシンガポールを身近に感じる事ができ土地勘も生まれてきます。アクセスはMRTの「タンジョン パガー駅」(Tanjong Pagar)のより徒歩5分程です。営業時間は9時から17時までです。休館日は日曜日、祝日です。入場無料です。

住所 45 Maxwell Road, The URA Centre, Singapore 069118
電話番号 (+65)-6321-8321

6:シンガポール・チャイナタウンの人気スポット【チャイナタウン・ビジターセンター】見出し

Photo by allochka22ru

チャイナタウンを初めてならば訪れて下さい。シンガポールの観光案内や観光ツアーの申し込み、お土産などもあります。フリーのWi-Fiが使えたり日本のものでも携帯番号を登録するとSMSでパスワードが送られてきて使えたりします。ゆっくりできるベンチもあるので、休憩を兼ねてシンガポール観光の情報を集め今日一日の旅の計画を立てたいものです。

おすすめポイント

Photo by Khalzuri

「チャイナタウン・ビジターセンター」のおすすめポイントは観光スポットのパンフや地図を入手できますのでチャイナタウン観光の手助けになります。また、シンガポール観光と散策ツアーなどの申し込みもできますので便利です。

お役立ち基本情報

Photo by coleenr

チャイナタウンの真ん中にありアクセスは「チャイナタウン駅」「サゴストリート」から直ぐ「Chinatown Complex」の近くにあります。日本の観光案内所とは違い少しスタッフの対応に不満を覚える人が多いようです。営業時間は9時から21時までです。

住所 2 Banda St,Singapore
電話番号 (+65)-6534-8942

7:シンガポール・チャイナタウンの人気スポット【チャイナタウン・コンプレックス】見出し

Photo by conray

「チャイナタウン・コンプレックス」は地下1階、地上2階の24時間開いている大きなショッピングセンターです。地下1階は肉や魚や野菜など食品を扱っている地元の人達の市場です。地上1階は衣料品、雑貨を扱っています。地上2階は260以上の屋台が並ぶホーカーセンターでシンガポール最大級です。夕方はほとんどの店が閉まっているので要注意です。

おすすめポイント

Photo by Dimitry B

「チャイナタウン・コンプレックス」のおすすめポイントは2階のホーカーセンターで屋台で初めてミシュランの星を獲得した人気グルメの「香港油鶏飯麺」やその他のチャイナタウンの屋台の味を楽しめることです。どれも一皿3シンガポールドルまでの美味しいB級グルメの宝庫です。

お役立ち基本情報

Photo by Leshaines123

「チャイナタウン・ビジターセンター」の近くにありアクセスは「チャイナタウン駅」から徒歩2分「アウトラムパーク駅」から徒歩6分です。年中無休で24時間営業ですがほとんどの屋台が12時から23時までの営業です。ランチタイムは、周辺のビジネスマンや地元の人で賑わいます。お料理は中華系がメインで飲茶やヌードルやローカルフードなどです。

住所 335 Smith St, Singapore 050335
電話番号 (+65)-9677-6336

8:シンガポール・チャイナタウンの人気スポット【チャイナタウン・ヘリテージ・センター】見出し

Photo by Yutaka Tsutano

あのスカイスクレイパーはチャイナタウンから始まったなんて、シンガポールのサクセスストーリーは決して美しいものではなく、人々の血のにじむ努力の末に築かれたものだということを教えてくれます。「チャイナタウン・ヘリテージ・センター」の1950年代のレトロな木の温もりの館内は、当時の人々の暮らしぶりを忠実に再現している博物館です。
 

おすすめポイント

Photo by jofo2005

「チャイナタウン・ヘリテージ・センター」のおすすめポイントは2階の展示コーナーです。まるで映画のセットのようにあからさまにチャイナタウンへ移り住んだChinese(華僑)の暮らしぶりを再現しています。それとMuseum Shopではアクセサリーや工芸品やミニチュア品や水彩画などオリジナルグッズがあり土産物に最適です。

お役立ち基本情報

Photo by tjabeljan

「チャイナタウン駅」のA出口から真っすぐ行くと左手にあります。営業時間は9時から20時までです。定休日は旧正月の2日間です。旧正月は今の日本の暦(カレンダー)ならば2月の節分の頃です。

住所 48 Pagoda St, Singapore 059207
電話番号 (+65)-6224-3928

シンガポール・チャイナタウンの人気スパ見出し

Photo by karak

シンガポールのチャイナタウンには多くのスパ、エステサロン、マッサージがあります。旅の疲れは、できるだけ早めに取りましょう。24時間営業、深夜営業のお店もありますのでスケジュールの空いた時間に利用できます。

「足浴閣」「バスカルチャーフットセラピー」(Bath Cultur Foot Therapy)

Photo byandreas160578

街歩きで疲れた足が楽になる「足ツボコース」が人気です。セラピストの技術レベルに定評があります。コースは「Foot Bath Therapy」(フットバスセラピー)「Foot Reflexology」(フットリフレクソロジー)「Neck & Shoulder Therapy」(ネック&ショルダーセラピー)などがあります。

住所 59 Temple Street, Chinatown, Singapore

「ヘルスランド トラディショナル タイマッサージ」(Healthland Traditional Thai Massage)

Photo by thomaswanhoff

東南アジアでのマッサージと言えばタイ式マッサージです。非常にリラックス効果の高いマッサージで心と身体をリフレッシュできます。コースは「足のマッサージ」「バックレリーフ」(バックマッサージ)「オイルマッサージ」などがあります。本格的なマッサージです。夜24時まで営業しています。

住所 252A South Bridge Road Singapore

シンガポール・チャイナタウンの人気グルメ見出し

Photo by charlpost

「シンガポール・チャイナタウン」の楽しみは食べ歩きと言われるほど美味しいレストランや飲茶のお店が沢山あります。チャイナタウンの人気グルメは日本人にもなじみがある中華料理の流れです。「シンガポール・チャイナタウン」の旅の思い出にご当地グルメを堪能しましょう。

Yum Cha Chinatown

Photo by tjabeljan

チャイナタウンの人気グルメ「Yum Cha Chinatown」は300人は入れる広い店内に大きな円卓や4人席や2人席もありますので、ひとりでもゆっくりと飲茶がいただけます。点心は「エビ餃子」や「小籠包」はもちろんの美味しさですが湯葉の春巻き「鮮蝦付皮巻」(Shrimp Beancurd Roll)は海老のプリプリ感と湯葉のサクサクとした食感が絶妙です。

住所 20 Trengganu Street (Off Temple Street) #02-01Singapore 058479
電話番号 (+65)-6372-1717

味香園甜品

Photo by VasenkaPhotography

チャイナタウンの人気グルメ、台湾風かき氷の「味香園甜品」(Mei Heong Yuen Dessert)はふわふわのかき氷のお店です。日本のかき氷より味が濃厚でかき氷と言うよりふわふわのシャーベットのようです。メニューも豊富でどれにしようか迷うくらいです。おすすめはマンゴーとイチゴのミックスで、果肉も沢山入っていて美味しい涼しさが口一杯に広がります。

住所 67 Temple Street Singapore 058611
電話番号 (+65)-6221-1156

Maxwell Road Hawker Centre

Photo by decade_null

「Maxwell Road Hawker Centre」(マックスウェル・フードセンター)は最近、テレビやインターネットでも取り上げられる事しばしばです。12時を過ぎれば席の確保に苦労するくらい混雑します。人気の「天天海南鶏飯」はチキンライス「真真粥品」はお粥「興興」はタピオカケーキと名店ぞろいです。1人500円程度でお腹いっぱいになれます。

住所 Maxwell Road and South Bridge Road

Ya Kun Kaya Toast People's Park Centre

Photo by jhecking

「Ya Kun Kaya Toast People's Park Centre」はチャイナタウンの駅を上がったビルのこぎれいなショッピングモールにあります。シンガポールの名物ヤクン、カヤトーストはカヤジャムとバターを塗ったトーストをゆで卵を潰した醤油ダレにつけて食べます。カヤジャムはココナッツミルクの風味とパンダンリーフのバニラ風の香りがする甘いジャムです。

住所 People's Park Centre 101 Upper Cross Street Level 1 Atrium Singapore 058357
電話番号 (+65)-6535-8266

シンガポールをひとり旅!観光もグルメも定番から穴場まで巡ろう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールをひとり旅!観光もグルメも定番から穴場まで巡ろう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールは東南アジアにあります。日本の東京や大阪、福岡から直行便で約7時間、比較的治安も良く、男性はもちろん女性でも、安心してひとり旅出来る、条件が良い国です。シンガポールひとり旅にベストな観光穴場スポットやグルメをご紹介します。

シンガポール・チャイナタウンの観光はグルメも大満足する人気のスポット!見出し

Photo by Gabriel GM

「シンガポール・チャイナタウン」は治安も良く、活気にあふれ異国情緒満点の観光スポットや土産物屋さんや安いホーカーのお店などショッピングやグルメもこころ行くまで堪能できます。また、シンガポール航空の乗り継ぎ便やシンガポールチャンギ国際空港の利用客なら無料の観光ツアーに参加できます。この記事が旅のしおりになれば幸いです。

投稿日: 2019年6月13日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

記事はありません。


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote