地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

シンガポールのショッピングスポット29選!人気のモールや穴場もご紹介!

人気の観光国、シンガポール。大都会であり、東南アジアで最も発展している国として知られています。そんなシンガポール旅行のお目当ての一つがショッピングという方も多いのではないでしょうか。今回はシンガポールのショッピングスポット29選をたっぷりご紹介いたします。

安いシンガポール・ショッピングスポットを見つけよう!見出し

Photo bycegoh

日本人にも人気で、世界的にも観光地として有名なシンガポール。そんなシンガポール旅行はショッピングを楽しみに訪れる方も多いのではないでしょうか。しかしながら、シンガポールの物価が高い国。この記事ではシンガポールでも気軽に行ける安い場所や穴場などのショッピングスポットをご紹介します。

シンガポールのおすすめ買い物スポット29選!人気のブランド品・お土産は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
シンガポールのおすすめ買い物スポット29選!人気のブランド品・お土産は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
シンガポールには、買い物におすすめのショッピングモールやブランドショップ、お土産店などが多数あります。シンガポールは各エリアで買い物できる商品なども個性があり、ショッピングモールを巡るだけでも楽しいでしょう。そこでシンガポールのおすすめ買い物スポットをご紹介。

シンガポールではどんなものを買えばいいの?見出し

Photo byGraham-H

ショッピングの天国として有名なシンガポール。しかし、初心者にとってはどんなものを買えばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。シンガポールでのおすすめは、お土産ならば食品、自分へのご褒美ならばファッションアイテムや雑貨がおすすめです。シンガポールは美食の国として有名な他、アジアの最先端ファッションがあるのです。

シンガポールのおすすめショッピングスポット「食品・雑貨」7選見出し

Photo by Ryosuke Yagi

シンガポールのおすすめショッピングスポット、まずご紹介するのは食品、雑貨のお店です。食品や雑貨に関しては自分のもののみならず、人へのお土産として買い求める方も多くいます。お財布の負担にならないような安い、そしておすすめできるショッピングスポットを7選ご紹介いたします。

1:キャンデリシャス(リゾート ワールド セントーサ)

Photo byDaria-Yakovleva

キャンデリシャスはその名のとおりキャンディのそろう甘いお菓子のお店です。日本ではまず見かけることのないカラフルなグミやキャンディ、ジェリービーンズ、チョコレートなどのお菓子が店内に所せましと並び、最近ではインスタ映えスポットとしても人気を集めています。

店舗の特徴

Photo byeismannhans

キャンデリシャスの店舗の特徴はなんといってもそのカラフルでキュートな内装と商品だといえます。特に女性やお子様に人気で、かわいい店内にはファミリー層や女性グループのお客さんが多くいます。お菓子は量り売りもあり、店内ではオリジナルのTシャツなども販売されています。

基本情報

Photo bycongerdesign

キャンデリシャス(リゾート ワールド セントーサ)の基本情報をご紹介いたします。セントーサ島にあるキャンデリシャスは、セントーサ・エクスプレスのウォーターフロント駅からアクセスできます。営業時間は午前10時から午後10時となっており、定休日はありません。

住所 26 Sentosa Gateway 01-225-230
電話番号 6686-2100

2:TWG ティー・オン・ザ・ベイ

Photo by Photos By 夏天

TWGという紅茶ブランドをご存知でしょうか。シンガポール発祥の紅茶ブランドで、歴史はまだ浅いものの、瞬く間に世界に知れ渡る高級ブランドとなりました。そんなTWGのお店がTWG ティー・オン・ザ・ベイです。インフィニティプールで有名なマリーナ・ベイ・サンズにあることでも知られています。

店舗の特徴

Photo by gypsetjenn

TWG ティー・オン・ザ・ベイの特徴として挙げられるのは、カフェとしての利用ができることでしょう。ティータイムは常に混雑していて、人気ぶりがうかがえます。どの紅茶にしようか悩んでいる場合には店員さんが相談に乗ってくれ、ご自身のお好みの紅茶を見つけることができます。

基本情報

Photo by reikow101277

TWG ティー・オン・ザ・ベイの基本情報がこちらです。場所はご紹介したとおりマリーナ・ベイ・サンズにあり、アクセスはMRTが便利です。営業時間は午前10時から午後11時、休日は12時までとなっており、定休日はありません。14時から18時半までは予約ができませんのでご注意ください。

住所 The Shoppes at Marina Bay Sands, 2 Bayfort Avenue, B1-122/125
電話番号 6535-1837

3:ブンガワン ソロ(高島屋店)

Photo byFree-Photos

パイナップルタルトなどのお菓子が人気のブンガワン ソロ。クッキー缶がかわいいと評判で、シンガポール独特の焼き菓子が人気です。シンガポールならではの食感や味付けですので、好き嫌いの分かれるお菓子もありますが、シンガポールらしさを求める方にはおすすめのお店です。

店舗の特徴

Photo by yto

クッキーの種類は多く、高島屋店では試食ができるのも特徴です。可愛らしい缶ですので、お土産に買っていく方の多いお店となっています。また、シンガポールの焼き菓子の他に、生菓子やシンガポールの伝統的なお菓子も売っています。昔ながらのお菓子には挑戦したいけれど露店では買う勇気のない方にもおすすめです。

基本情報

Photo by INABA Tomoaki

ブンガワン ソロ高島屋店の基本情報をご紹介いたします。MRTノースサウス線のオーチャード駅からアクセスが便利な、高島屋内にあります。営業時間は朝10時から夜9時半となっており、基本的にお休みはありませんが、旧正月は休業となっていますので、ご旅行の際はお気を付けください。

住所 391A Orchard Road, #B207-2-2 Takashimaya Department Store Level B2
電話番号 6735-5391

4:メリッサ ザッカ インターナショナル

Photo by chinnian

シンガポールらしい雑貨を探すならここ、メリッサ ザッカ インターナショナルがおすすめです。シンガポールは発展している国のため、ショッピングというとどちらかといえばブランドものや高級食材などのイメージが強いなかで、ここはシンガポールらしい雑貨を扱う数少ないお店です。

店舗の特徴

Photo by INABA Tomoaki

特徴はなんといっても、シンガポールらしい雑貨があることです。例えば、シンガポール名物のマーライオンなどの定番のものをモチーフとした雑貨が数多くあります。また、シンガポール伝統のプラナカン雑貨も多く扱っており、日本語で対応できるスタッフがいる点も日本人に人気の理由となっています。

基本情報

Photo byquinntheislander

メリッサ ザッカ インターナショナルの基本情報をご紹介いたします。お店の場所はオーチャードエリア、MRTのサマセット駅からは徒歩4分の好立地です。営業時間は午前10時から午後10時までとなっており、定休日はなしですが、旧正月のみお休みですのでご注意ください。

住所 333A Orchard Road #04-30 Mandarin Gallery(4F), Singapore 238897
電話番号 6333-8355

5:ナイス(セントラル)

Photo byGiovanni_cg

ナイスはシンガポールの雑貨のお店です。日本人に人気のお店で、インテリアを主に取り扱っているお店です。食器や家具なども扱っているため、お家の中のものを一度にそろえられる便利さが人気となっています。また、旅行者だけでなく現地に在住の日本人も多く訪れています。

店舗の特徴

Photo byStockSnap

ナイスの特徴は、現代風のおしゃれさを持ちつつもシンガポールらしさを取り入れていることです。人気のアクセサリーの中にはシンガポールのスイーツをモチーフにしたものもあり、旅行者からはお土産としても人気を集めています。また、ラッピングができるラッピングステーションを兼ね備えているのも特徴です。

基本情報

Photo byPublicDomainPictures

ナイス(セントラル)の基本情報をご紹介いたします。MRTクラーク・キー駅直結のショッピングモールザ セントラル内に位置し、営業時間は午前11時から午後11時までと、遅くまで営業しているお店です。ザ セントラルには他にも様々なお店がありますので、ショッピングを楽しむのにもってこいの場所です。

住所 6 Eu Tong Sen Street Central, #02-23, Singapore 059817

6:ブギス・ストリート

Photo by nekotank

ブギス・ストリートとは、お店の名前ではなくその名のとおりストリートの名前です。ここはお土産物屋や屋台の立ち並ぶシンガポールで人気のショッピングストリートです。東南アジアらしいたたずまいのアーケードには様々な分野のお店がひしめき合っており、地元の方から観光客までいつも混雑しています。

店舗の特徴

Photo by nekotank

洋服から食料品、お土産の雑貨など、売っているものは多岐にわたり、シンガポールにしてはお安い値段でショッピングを楽しむことができます。天井から吊り下げられている商品の数々は目を引き、写真映えすると人気を集めています。また、メインストリートを外れると混雑状況も少しマシになっていますので、人込みが苦手な方におすすめです。

基本情報

Photo by nekotank

ブギス・ストリートの基本情報をご紹介いたします。ブギス・ストリートの場所はMRTブギス駅のBugis+というショッピングセンターの北側にあり、アクセスはMRTでももちろん可能ですが、バスで行くこともできます。ブギス駅からは徒歩約2分で、営業時間や定休日などは店舗によりますのでご注意ください。

7:ブンガワン ソロ(アイオン オーチャード店)

Photo by surtr

先ほど高島屋店をご紹介したブンガワン ソロですが、オーチャード店もおすすめです。シンガポール土産の定番として人気のブンガワン ソロ。シンガポール国内に何店舗あるかご存知でしょうか。実は、この小さな都市国家の中に約50店舗ほども展開しているお店なのです。

店舗の特徴

Photo bysilviarita

高島屋店と同じく、アイオン オーチャード店でも試食をさせていただけるのが特徴です。アーモンドナッツや、ヘーゼルナッツなど、ナッツ類を使用したフレーバーが多くあり、一口サイズのクッキーのため数種類買って日本に持って帰られる方も多いというほどの人気ぶりです。

基本情報

Photo bypixel2013

ブンガワン ソロ(アイオン オーチャード店)の基本情報をご紹介いたします。アイオン オーチャード内にあるブンガワン ソロは、オーチャード駅から徒歩1分でアクセスできます。MRTのサマセット駅からも少し時間はかかりますが、歩いていける便利な立地となっています。

住所 #B4 ION Orchard, 2 Orchard Turn,Singapore
電話番号 6238-2090

シンガポールのおすすめショッピングスポット「ショッピングモール」10選見出し

Photo byMichaelGaida

シンガポールのおすすめショッピングスポット、続いてご紹介するのはショッピングモールです。お安いお土産から人気のブランドもの、ファッションなど様々な分野のお店が集まるショッピングモール。日本人観光客の定番の場所からあまり知られていない穴場まで、10選をご紹介いたします。

8:パラゴン

Photo by dR junix

シンガポールでよく知られている高級ショッピングモールといえばパラゴンです。高級ブランドからカジュアル系のブランドまで、様々なお店が入っており、観光客も地元の方も楽しんでショッピングできるモールとなっています。スーパーやレストランも入っているので、ショッピング以外にも楽しめます。

店舗の特徴

Photo by ell brown

パラゴンの中にはマークス アンド スペンサーというイギリスのデパートが入っています。東南アジアでは百貨店やデパートは単体ではなくショッピングモールの中に入っている形が多いです。カジュアルなものの揃うショッピングモールでも、百貨店でも楽しめて一石二鳥となっています。

基本情報

Photo by u07ch

パラゴンの基本情報のご紹介です。MRTのオーチャード駅から徒歩約5分でアクセスできます。営業時間は午前10時から午後9時半までで、定休日はありません。また、駐車場も完備してありますので、車でのアクセスも可能です。レストラン街は地下にありますので、ショッピング以外の利用もできます。

住所 290 Orchard Rd
電話番号 6738-5535

9:ヴィヴォ シティ

Photo by MyLifeStory

ヴィヴォ シティは巨大なシンガポールのショッピングモールとして知られています。トイザらスのようなおもちゃ屋さんから、マークス アンド スペンサーのような百貨店、高級ブランド店まで入っているテナントの種類は多岐にわたり、一日いても飽きない巨大なショッピングスポットとなっています。

店舗の特徴

Photo by rooymans2000

ヴィヴォ シティの特徴は、子供と一緒に行っても楽しめるところです。前述したとおり、おもちゃ屋さんのトイザらスがあるほか、プレイグラウンドもあるため、お買い物の休憩がてらお子様を遊ばせることもできるため、一緒に楽しむことのできるショッピングスポットとなっています。

基本情報

Photo by williamcho

ヴィヴォ シティの基本情報をご紹介いたします。ヴィヴォ シティは、セントーサ島の向かいに位置し、MRTハーバーフロント駅からは直結で便利で、駐車場も完備しています。セントーサ島へも徒歩で行くことができる便利な立地です。営業時間は午前10時から午後10時までです。

住所 1 HarbourFront Walk
電話番号 6377-6860

10:プラザ・シンガプーラ

Photo by Arbron

パラゴンやヴィヴォシティのような高級ショッピングモールとは異なり、お安い商品などでシンガポールの一般市民に親しまれているショッピングモールがプラザ・シンガプーラです。ダイソーなど日本のお店も多く入っており、雑貨屋ファッションなどをお安い価格で手に入れたい方におすすめです。

店舗の特徴

Photo by rok1966

プラザ・シンガプーラの特徴は、その入っているテナントの種類に日本のお店が多いことと言えます。日本からの旅行者の方は勿論、日本が恋しくなる長期滞在の方にもおすすめで、家族亭や塚田農場、星野珈琲といった飲食店も日本から進出していったものが多くあります。

基本情報

Photo by sirexkat

プラザ・シンガプーラの基本情報をお伝えいたします。MRTドービー・ゴート駅直結です。この駅はノースサウス線、ノースイースト線、サークル線の3つの線が通っていますので大変便利な立地となっています。営業時間は午前11時から午後9時半ですが、店舗によっては異なる場合もあります。

住所 68 Orchard Rd.
電話番号 6332-9298

11:ムスタファ センター

Photo by craigemorsels

ムスタファ センターは、シンガポール随一のインド人街リトルインディアにあるショッピングモールです。ショッピングモールというよりは巨大なスーパーといったイメージですが、雑貨や洋服から食品までなんでもそろいます。ごちゃっとした内装などはドン・キホーテを彷彿とさせるものがあります。

店舗の特徴

Photo bybabawawa

ムスタファ センターの特徴はなんといってもインド人街ならではのインド系食材の豊富さにあります。スパイスやお米など、インドカレーに欠かせない食材から、手軽にインドカレーを楽しみたい人向けのレトルトカレーまでお安い価格でそろっています。また、インド系の食品のみではありませんので、現地に長期滞在中の方にもおすすめです。

基本情報

Photo by nekotank

ムスタファ センターの基本情報をお伝えいたします。なんと24時間営業で、さらに年中無休です。場所はMRTファラー・パーク駅から約5分の位置にあります。クレジットカードの利用も可能で、現金の残りが少ないなかでのお買い物も可能です。駐車場も完備しています。

住所 145 Syed Alwi Road
電話番号 6295-5855

12:アイオン・オーチャード

Photo by dR junix

先ほどご紹介したブンガワン ソロも入っているショッピングモール、アイオン・オーチャードについてご紹介いたします。シンガポールのショッピングスポットとして有名なオーチャードロードに位置し、ひときわ目立つショッピングモールのアイオンオーチャードはどのようなものなのでしょうか。

店舗の特徴

Photo by soeperbaby

アイオン・オーチャードの特徴はその造りにあります。地上階は勿論ですが、なんと地下4階まで存在しており、その店舗の豊富さは圧巻です。主に高級ブランドの取り扱いの多いショッピングモールではありますが、地下4階のフードコートはシンガポールのローカルフードの味わえる場所となっています。

基本情報

Photo by trioptikmal

アイオン・オーチャードの基本情報をご紹介いたします。場所はMRTオーチャード駅直結という便利な立地です。営業時間は午前10時から午後10時までで、定休日はありません。オーチャードロードに位置していますので、一日ショッピングをしたいという方には通り全体を歩いてみるのがおすすめです。

住所 2 Orchard Turn
電話番号 6238-8228

13:ラッフルズシティ

Photo by kewl

外観からはそんなに広く見えないのに、中に入ってみたらその巨大さに圧倒されるショッピングモール。それがラッフルズシティです。高級ブランドからスーパーまで様々なテナントが入っており、地元の方々も多く訪れる庶民的なモールながらも、洗練された雰囲気のあるショッピングモールです。

店舗の特徴

Photo by MiNe (sfmine79)

ラッフルズシティの特徴はそのテナントの多さにあるといえます。レストランフロアには日本から進出した銀だこや、ロイズなども入っており、現地在住の日本人の間でも重宝されているショッピングモールです。また、スーパーも入っているため、お安い食材を調達できるのも特徴です。

基本情報

Photo by gunman47

ラッフルズシティの基本情報をご紹介いたします。MRTシティホール駅から徒歩約1分の場所にいちしています。シティホール駅はノースサウス線、イーストウエスト線の2つが通っていますので、大変便利な立地です。営業時間は午前10時から午後9時半ですが、店舗により異なりますのでご注意ください。

住所 252 North Bridge Road
電話番号 6318-0238

14:313@サマセット

Photo by ryantmcknight

こちらのショッピングモールもオーチャードロードに位置しています、313@サマセット。ブティックが多く入っているショッピングモールですが、高級ブランドではなく若者向けのファッションが中心となっています。シンガポール発のチャールズ アンド キースは勿論、様々なブランドが入っています。

店舗の特徴

Photo by Dick Thomas Johnson

若者向けのショッピングモールということもあり、中心になっているのはファストファッションブランドです。しかしながら、レストランフロアやフードコートが充実していることも特徴として挙げられます。シンガポールのローカルフード店が出店しているフードコートは、ぜひ行ってみて欲しいものです。

基本情報

Photo bygeralt

313@サマセットの基本情報をご紹介いたします。場所はオーチャードロードに位置し、アクセスはMRTのサマセット駅直結ですので便利です。営業時間は午前10時から午後11時までと比較的遅くまで開いているのも特徴で、定休日はありませんのでお土産を買い忘れたときなどに訪れるのに便利です。

住所 313 Orchard Road
電話番号 6496-9313

15:ヒルトン・ショッピング・ギャラリー

Photo by Glen Bowman

続いてご紹介するシンガポールのおすすめショッピングモールはヒルトン・ショッピング・ギャラリーです。日本でも海外でも、高級ホテルにはショッピングアーケードがあるところが多いのをご存知でしょうか。このヒルトン・ショッピング・ギャラリーもそういった、ホテル付属のショッピングアーケードとなっています。

店舗の特徴

Photo byMillenaryWatches

ヒルトン・ショッピング・ギャラリーの特徴は、やはり高級ホテルに付属のアーケードとあって高級ブランド店が軒を連ねていることでしょう。ロレックスなどの高級時計店や、バレンシアガなどの高級ファッションブランドなどの高級店ですが、セールになることもありますので見逃せません。

基本情報

Photo by Jnzl's Photos

ヒルトン・ショッピング・ギャラリーの基本情報をご紹介いたします。ヒルトンホテル内に位置し、アクセスはMRTオーチャード駅から徒歩5分の便利な立地で、サマセット駅からも少し遠いですが歩くことが可能です。営業時間は午前10時から午後7時半と、少し早めの営業終了となっています。

住所 581 ORCHARD ROAD
電話番号 6737-2233

16:ジャマル・カズラ・アロマティクス

Photo bydomeckopol

マレー系、中華系、インド系、アラブ系他、様々な人種の集まる多民族国家のシンガポール。それぞれの民族がコミュニティを作って暮らしており、勿論アラブ人街も存在します。そんざアラブ人街にあるのがジャマル・カズラ・アロマティクスです。どんなお店なのか、ご紹介いたしましょう。

店舗の特徴

Photo bysilviarita

ジャマル・カズラ・アロマティクスは香水を取り扱うお店で、いわば香水のデパートのようなものです。ショッピングモールとして紹介されていますが、実は小さなお店で、非常に見落としやすいのでご注意ください。日本にも支店が進出しており、ハンドメイドの香水の瓶がとても美しく人気です。

基本情報

Photo by SgTransport

ジャマル・カズラ・アロマティクスの基本情報をご紹介いたします。場所はMRTブギス駅から徒歩約10分と、少し歩きます。年中無休で、平日は午前10時から午後7時、土日は午前10時から午後6時半まで営業しています。看板には日本語でも書かれていますので、探すときのポイントにしてみてください。

住所 728 North Bridge Road
電話番号 6293-2350

17:サンテック・シティ・モール

Photo by OhlieVher A. Arango

サンテック・シティ・モールは、サンテック・シティというオフィスビル、国際会議場、映画館などがある巨大施設の中に入っているモールで、モール自体も巨大なつくりとなっており、なんと380以上のテナントが入っています。そんなサンテック・シティ・モールについてご紹介いたしましょう。

店舗の特徴

Photo by ngotoh

入っているテナントの種類は多岐にわたり、高級ブランドからお安いファッション、人気の飲食店まで様々です。巨大複合施設のため、モールでのショッピングのみでなく、様々な楽しみ方ができるのが特徴です。お子様連れの場合も、プレイグラウンドを完備していますので退屈しません。

基本情報

Photo by gunman47

サンテック・シティ・モールの基本情報をご紹介いたします。場所はMRTプロムナード駅もしくはエスプラネード駅からのアクセスが便利で、どちらも直結しています。営業時間は午前10時から午後10時まで。広い施設ですので、短時間でまわろうとせず、時間に余裕を持って行くのがおすすめです。

住所 3 TEMASEK BOULEVARD
電話番号 6822-1537

シンガポールのおすすめショッピングスポット「穴場」4選見出し

Photo by chinnian

続いてご紹介するのはシンガポールのおすすめショッピングスポット穴場4選です。シンガポールを何回も訪れていて、定番のショッピングスポットにそろそろ飽きてきたという方や、シンガポールで安いお土産、あまり知られていないお土産を買いたい、日本人のいない穴場でショッピングしたいという方、必見です。

18:ファー イースト ファイン アーツ(ラッキープラザ4階)

Photo by Ray Larabie

ファー イースト ファイン アーツは、シンガポールの雑貨を取り扱っている穴場のお店です。店内は決して広くないですが、その中にはシンガポールの現地でしか買えないかわいい雑貨が沢山並んでいます。マーライオンをモチーフとしたものなどは定番ですが、中にはこのお店でしか見られない珍しい商品もあります。

店舗の特徴

Photo by MajiksBox - resting

この店舗の特徴はなんといってもその穴場感です。ファー イースト ファイン アーツの入っているショッピングセンター、ラッキープラザも現地の方御用達。また、このお店は観光客にはあまり知られておらず、駐在員の方々が多く訪れるため、お安い価格で販売されているのも嬉しい点です。

基本情報

Photo byB_Me

ファー イースト ファイン アーツの基本情報をご紹介いたします。場所はラッキープラザの4階、アクセスはMRTのオーチャード駅から徒歩2分と便利です。少し歩きますが、サマセット駅からは徒歩10分です。営業時間は午前11時から午後6時、日曜は正午から午後4時と短め、定休日はありません。

住所 #04-58 Lucky Plaza, 304 Orchard Road
電話番号 6235-1536

19:チャイナスクエア セントラル 蚤の市

Photo by yoppy

蚤の市とは、フリーマーケットのこと。ヨーロッパで開催される蚤の市や、日本での骨董市などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。チャイナスクエア セントラル 蚤の市はローカル向けのフリーマーケットです。お土産ものなどは少ないですが、いいものが安い値段で手に入る穴場として知られています。

店舗の特徴

Photo by goodiesfirst

チャイナスクエア セントラル 蚤の市の特徴は、そのローカル感です。売っているものは日用品から骨董品まで様々。また、お値段は交渉によって決まるため、東南アジアならではのローカルなショッピングが楽しめます。観光客はあまりおらず、お土産には不向きなものが多いですが、旅の思い出になるような掘り出し物があるかもしれません。

基本情報

Photo by goodiesfirst

チャイナスクエア セントラル 蚤の市の基本情報をご紹介いたします。開催日は毎週日曜日、午前11時から午後6時まで。場所はチャイナスクエアで、1-2階部分が会場となって開催されています。アクセスはMRTのチャイナタウン駅とロックアイヤー駅の間のあたりにあります。

住所 China Square Central Level 1&2, 18 Cross Street
電話番号 6327-4473

20:スーパーママ

Photo by TAKA@P.P.R.S

シンガポールのおすすめショッピングスポット、続いてご紹介する穴場のお店はスーパーママです。お土産というよりは現地の方々が買いに来るちょっと高級なお店というイメージであるスーパーママ。いったいどのようなお店なのでしょうか。詳しくご紹介いたしましょう。

店舗の特徴

Photo byTerriC

スーパーママは、雑貨や食器を扱っているお店です。扱っている食器は有田焼と融合したものであり、他では手に入らないデザインとして、現地の駐在の日本人などに人気となっています。決してお安いお値段ではありませんが、食卓に彩を添える素敵なデザインの食器は評判です。

基本情報

Photo by SgTransport

スーパーママの基本情報をご紹介いたします。場所はMRTブギス駅の出口Fから徒歩5分ほどの位置にあります。ブギス駅はイーストウエスト線とダウンタウン線の二つが通っていますので便利です。営業時間は午前11時から午後8時、定休日はありませんので、気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

住所 265 Beach Road

21:キャットソクラテス(ブラス・バサー店)

Photo by kouyuzu

シンガポールのおすすめショッピングスポット、穴場として最後にご紹介するのはキャットソクラテス(ブラス・バサー店)です。こちらのお店はイーストカトンにもお店がありますが、今回はブラス・バザー店をご紹介いたします。どのような特徴があるお店なのか、チェックいたしましょう。

店舗の特徴

Photo byElla_87

キャットソクラテス(ブラス・バサー店)は、お店の名前にキャットと入っている通り、猫をモチーフとした雑貨などを扱うお店です。猫の雑貨の他にもシンガポールらしいお土産の雑貨などもあります。このお店には実際に猫がいますが、目が悪いということですので撫でるのは禁止されています。

基本情報

Photo by SgTransport

キャットソクラテス(ブラス・バサー店)の基本情報をご紹介いたします。場所は穴場のショッピングモール、ブギス・バサーコンプレックス内ですが、最寄り駅はブギス駅、ブギス・バサー駅、シティホール駅それぞれ徒歩5分ほどの位置にあり便利な立地です。ブギス・バサーコンプレックスの2階に位置しています。

住所 231 Bain Street,2-25 Bras Basah complex
電話番号 6333-0870

シンガポールのおすすめショッピングスポット「ファッション」3選見出し

Photo byangelsover

シンガポールといえば、東南アジアの最先端のファッションの流行が作られている場所です。お値段もお安いものが多いので、最新のファッションアイテムを手に入れたいという方も多いのではないでしょうか。シンガポールのファッションのショッピングスポットを3つご紹介いたします。

22:ダストバニー ヴィンテージ

Photo byTama66

まず最初にご紹介するシンガポールのおすすめショッピングスポット、ファッションのお店はダストバニー ヴィンテージです。こちらはその名のとおり、ヴィンテージのファッションを扱うお店です。団地の中にあるお店で、あまり有名ではないので穴場として知る人ぞ知るお店となっています。

店舗の特徴

Photo byJillWellington

このお店の特徴はなんといってもその品ぞろえの良さでしょう。シンガポールの民族衣装調のドレスから、冬物のアイテムまで、ありとあらゆるものがそろっています。ヴィンテージというと、ただの古着をイメージされる方が多いですが、商品は状態もよく、素敵なアイテムが手に入ります。

基本情報

Photo byPexels

ダストバニー ヴィンテージの基本情報をご紹介いたします。こちらのお店は、穴場ということですので、実はあまり交通の便がよくありません。タクシーに住所を伝えて行ってもらいましょう。お店の営業時間は日によって異なりますが、日曜以外は午後1時から午後7時はいつも開いています。日曜の営業についてのみ完全予約制ですのでご注意ください。

住所 Blk 112 #01-203 Bukit Purmei Road
電話番号 6274-4200

23:イン グッド カンパニー アイオン

Photo by kamosawa

続いてご紹介するシンガポールおすすめファッションのショッピングスポットはイン グッド カンパニー アイオンです。今回は第1号店としてオープンしたアイオンの店舗をご紹介いたします。シンガポールの若者から大人まで、多くの方に人気を集めているシンプルなファッションを扱っています。

店舗の特徴

Photo bysathyatripodi

こちらのお店の特徴はそのシンプルさです。店内のファッションアイテムは全て無地のものばかり。そのシンプルながら、洗練されたデザインが人気を集めています。また、お子様向けのアイテムもそろっており、家族でお揃いのファッションアイテムを手に入れることができるのも特徴です。

基本情報

Photo by u07ch

イン グッド カンパニー アイオンの基本情報をご紹介いたします。こちらのお店はアイオン オーチャード内にあります。場所は地下1階で、アイオン オーチャード自体は先にご紹介したとおりMRTオーチャード駅に直結です。営業時間は午前10時から午後9時半となっています。

住所 #B1-06, ION Orchard, 2 Orchard Turn
電話番号 6509-4786

24:パシュマ(ラッフルズ シンガポール)

Photo bynastya_gepp

シンガポールおすすめファッションのショッピングスポットとして最後にご紹介するのはパシュマ(ラッフルズ シンガポール)です。ショールを扱うこちらのブランドはイタリアで誕生し、現在は世界中で愛されています。お値段はお安いわけではありませんが、素敵なアイテムがそろうと評判です。

店舗の特徴

Photo byFotoshopTofs

こちらのお店の特徴は、商品は全て天然素材で作られていることです。シルクなどの肌触りのよい上質な天然素材で作られており、着心地がいいと評判です。また、見た目にも美しく、洗練されたデザインのアイテムはイタリアのブランドならではで、アジアや日本のブランドとは一味違ったものとなっています。

基本情報

Photo by nekotank

パシュマ(ラッフルズ シンガポール)の基本情報をご紹介いたします。場所は、ビーチロード沿いにあるラッフルズホテル内で、アクセスはMRTノースサウス線、イーストウエスト線のシティホール駅から約5分です。営業時間は午前9時から午後9時で、定休日はありません。

住所 01-04 The Arcade, The Raffles Hotel, 1 Beach Road
電話番号 6337-1844

シンガポールのおすすめショッピングスポット「人気店」3選見出し

Photo bystevepb

続いてご紹介するシンガポールのおすすめショッピングスポットは、人気店3選です。お土産として買ってきて欲しい場所として指定されることもあるこれらの人気店、それぞれに特徴があり、観光客からも現地の方からも支持を得ています。何が魅力的なのか、調査いたしました。

25:ラッフルズ ホテル ショップ

Photo by nimame

まずご紹介するシンガポールのおすすめショッピングスポット、人気店1つ目はラッフルズ ホテル ショップです。シンガポールの高級かつ名門ホテルであるラッフルズホテルのギフトショップです。ホテルのロゴの入ったグッズなど、ここでしか手に入らない商品が目白押しです。

店舗の特徴

Photo by nyanchew

ラッフルズ ホテル ショップの特徴として挙げられるのはその高級感でしょう。ラッフルズホテルといえば、シンガポール随一の高級ホテルで、全室スイートタイプであることでも知られています。そんなホテルのギフトショップは、宿泊せずともそのグッズを手に入れられるショップとして人気があります。

基本情報

Photo by nekotank

ラッフルズ ホテル ショップの基本情報をご紹介いたします。場所はラッフルズホテルないですが、ラッフルズホテルは2019年8月1日のリニューアルオープンまでは改装工事中です。改装中もギフトショップは運営しており、ホテルの裏側から入ることができます。営業時間は午前9時から午後9時です。

住所 328 NORTH BRIDGE ROAD 
電話番号 6412-1143

26:高島屋 シンガポール

Photo by nekotank

日本でお馴染みのデパート、高島屋はシンガポールにもあります。先ほどご紹介したブンガワン ソロなども入っており、シンガポールのショッピングスポットとして日本人の観光客をはじめ、現地の方々にも親しまれています。そんな高島屋シンガポールについてご紹介いたします。

店舗の特徴

Photo by shibainu

高島屋 シンガポールの特徴は、日本らしさを残しつつシンガポールらしさを取り入れていることでしょう。建物の造りや高島屋のロゴはどこか日本人をほっとさせるものですが、入っているショップなどはシンガポールらしく、お土産などを買うにももってこいの場所となっています。

基本情報

Photo by tataquax

高島屋 シンガポールの基本情報をご紹介いたします。場所はシンガポール随一のショッピングロード、オーチャードロードにあり、MRTのオーチャード駅直結です。営業時間は午前10時から午後9時半。毎月の定休日などはありませんが、旧正月の二日間のみ休みになっています。

住所 Orchard Rd., Ngee Ann City
電話番号 6738-1111

27:ザ クッキー ミュージアム(シンガポール高島屋SC店)

Photo byStarFlames

ザ クッキー ミュージアム(シンガポール高島屋SC店)。いかにもクッキーばかり売っていそうな名前のお店ですが、一体どんなお店なのでしょうか。ただいまご紹介したばかりの高島屋シンガポール内にあるショッピングスポットです。ザ クッキー ミュージアム(シンガポール高島屋SC店)について詳しくご紹介いたしましょう。

店舗の特徴

Photo byBambo

ザ クッキー ミュージアム(シンガポール高島屋SC店)の特徴はその名のとおり様々な種類のクッキーを取り揃えていることです。缶のデザインにも凝っており、可愛らしいと評判です。中身のクッキーは、フレーバーの種類が豊富で、定番のクッキーから変わり種のお味まで様々に取り揃えています。

基本情報

Photo bystevepb

ザ クッキー ミュージアム(シンガポール高島屋SC店)の基本情報をご紹介いたします。場所は、オーチャードロードにあるシンガポール高島屋SC内。営業時間は午前10時から午後9時までで、クッキーのお値段は定番の丸い缶のものが47シンガポールドルで販売されています。

住所 391, Orchard Road, #B209-3
電話番号 6749-7496

シンガポールのおすすめショッピングスポット「定番」2選見出し

Photo by edwin.11

シンガポールのおすすめショッピングスポット、最後にご紹介する2選は定番のショッピングスポットです。シンガポールのショッピングスポットについて、人気のお店から安いお店、穴場まで様々ご紹介してまいりましたが、やはり外せない定番のショッピングスポットもご紹介いたします。

28:シンガポール国立博物館(ショップ)

Photo by edwin.11

シンガポールの定番ショッピングスポットのおすすめ、まずご紹介するのはシンガポール国立博物館(ショップ)です。シンガポールの国立博物館といえば、シンガポールの定番観光スポットでもあります。そんなシンガポール国立博物館にあるショップとは、どのようなものなのでしょうか。

店舗の特徴

Photo by digitalpimp.

シンガポールの最古の博物館であるこのシンガポール国立博物館。観光で訪れたついでにもお買い物できるのが魅力です。博物館に入場せずともショップだけに入れるのも嬉しいところ。マグネットやトートバッグなど、定番のお土産がなんともお安い価格で販売されています。

基本情報

Photo by Sue Elias

シンガポール国立博物館(ショップ)の基本情報をご紹介いたします。場所はシンガポール国立博物館内、MRTブラスバサ駅から徒歩3分ほどの場所にあります。営業時間は午前9時から午後8時まで。定休日はありません。国立博物館自体に入場される場合は、入館料10シンガポールドルが必要です。

住所 93, Stamford Road
電話番号 6332-3659

29:ペダー オン スコッツ

Photo byGreyerbaby

シンガポールのおすすめショッピングスポット、最後にご紹介するのはペダー オン スコッツです。こちらは靴のセレクトショップ。日本未上陸ということもあり、日本人にとって珍しい商品を取り扱っているお店として定番化しています。どんなお店なのか、ご紹介いたしましょう。

店舗の特徴

Photo byPexels

ペダー オン スコッツの特徴は、その品ぞろえの多さにあります。キッズを含め、老若男女に合わせたデザインやサイズが取り揃えられており、ブランドもプチプラなものからハイブランドまで様々。日本では見かけない個性的なデザインの靴を手に入れられると、人気になっています。

基本情報

Photo by Imahinasyon Photography

ペダー オン スコッツの基本情報をご紹介いたします。場所はMRTのオーチャード駅から徒歩5分ほど。営業時間は午前10時から午後9時までで、クレジットカードでの支払いも可能です。こちらの店舗以外にもニー庵シティにも支店がありますが、レディースシューズ限定です。

シンガポールでショッピングを楽しもう!見出し

Photo bycegoh

いかがでしたでしょうか。この記事では、シンガポールのショッピングスポット29選をご紹介いたしました。穴場や人気店、定番など、シンガポールにはショッピングスポットが沢山です。お土産に、自分へのご褒美に、旅の思い出に、シンガポールでのお買い物をぜひ楽しんでください。

投稿日: 2019年6月19日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote