たこ焼き十八番は大阪名物!天かすたっぷりのおすすめメニューや店舗情報も!

2019年7月29日 (2019年7月30日最終更新)

大阪の名物といえば、たこ焼きやお好み焼きを頭に思い浮かべる方も多いでしょう。今回はそんな大阪のたこ焼き屋さんの中でも人気の「たこ焼き十八番」をご紹介いたします。魅力が沢山詰まった「たこ焼き十八番」の個性的なメニューの数々を、ぜひご覧ください!

目次

  1. たこ焼き十八番 西中島本店とは?
  2. たこ焼き十八番 西中島本店の特徴や魅力
  3. たこ焼き十八番 西中島本店おすすめ人気メニュー
  4. たこ焼き十八番 西中島本店の食レポ
  5. たこ焼き十八番西中島本店はお酒も飲める!
  6. たこ焼き十八番の店舗情報
  7. たこ焼き十八番 西中島本店の基本情報
  8. たこ焼き十八番 西中島本店でおいしいたこ焼きを食べよう!

たこ焼き十八番 西中島本店とは?

大阪名物であるたこ焼きの中でも、人気のお店「たこ焼き十八番」は、天かすを存分に使用したたこ焼きメニューが人気です。女の子でも立ち寄りやすいたこ焼き屋さんを作りたくて作ったというだけあって、親しみやすく、店頭には多くの女性客が立ち並びます。今回はそんな大阪名物「たこ焼き十八番」のおすすめメニューや店舗情報などご紹介いたします!
 

大阪府大阪市淀川区西中島にあるたこ焼き専門店・たこ焼き十八番

今回ご紹介する「たこ焼き十八番」は、大阪府大阪市淀川区西中島にある人気のたこ焼き専門店です。

大阪といえば名物はたこ焼きやお好み焼きが有名です。そのため、大阪の街を歩けば様々な場所でたこ焼き屋の店舗やお好み焼き屋の店舗を見つける事ができます。

大阪の街に溢れる名物メニュー「たこ焼き」の中でも、個性的で、天かすをふんだんに使用した「たこ焼き十八番」のメニューの数々は一度は食べてみるのがおすすめです。

たこ焼き十八番 西中島本店の周辺ってどんな街なの?

今回ご紹介する「たこ焼き十八番」がある大阪の西中島という土地は、実は飲食店がしのぎを削る激戦区なのだそうです。

様々なジャンルの飲食店舗が立ち並ぶ大阪の西中島地区は、「たこ焼き十八番」を含めて、わざわざ足を運んでまで食べたい美味しいお店ばかりが揃っています。

大阪の西中島には多くの著名人もよく訪れる事でも知られています。そして安くて美味しいハズレなしの店舗ばかりなので、単身赴任者などが住むのにも適しているようです。もしも大阪へ訪れた際には、「たこ焼き十八番」はもちろん、様々な飲食店舗へ訪れて食べ歩きするのもおすすめです。

Yjimage?1492094988大阪のたこ焼きおすすめランキング!人気のうまい有名店紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大阪のソウルフードであるたこ焼きはみんなに愛される食べ物です。今回は、特に大阪でおすすめのた...

たこ焼き十八番 西中島本店の特徴や魅力

では続いて、大阪名物たこ焼きを楽しむ事ができる「たこ焼き十八番」の、西中島の店舗についてご紹介していきましょう。

たこ焼きは大阪の名物ですから、大阪に住む人たちは様々なたこ焼きを食べて舌が肥えているはずです。そんな方が認める「たこ焼き十八番」には、一体どんな魅力が詰まっているのでしょうか。

複数店舗をもつ「たこ焼き十八番」ですが、今回は本店である西中島の店舗についてご紹介いたします。

たこ焼き十八番 西中島本店はカウンター席とテーブル席があって落ち着く

通常たこ焼き専門店は、テイクアウトのみの店舗が多いですが、こちらの「たこ焼き十八番」の西中島本店は、テーブル席とカウンターが用意されており、非常に心地よい空間になっています。

大阪名物の美味しいたこ焼き「たこ焼き十八番」で購入してすぐにその場で食べる事ができますので、熱々の美味しいたこ焼きを味わえておすすめです。

たこ焼き十八番は駅から近いので仕事帰りや学校帰り・買い物帰りに立ち寄りやすい

大阪の人気たこ焼き店舗「たこ焼き十八番」は、駅から非常に近い事も魅力の一つと言えるでしょう。

駅近の便利な立地にあるので、買い物帰りの方でも、通勤や通学の際にもふらっと立ち寄る事ができます。気が向いたときにすぐに立ち寄る事ができるので、非常に便利でおすすめです。

また、自分がその駅で下車する場所に住んでいないとしても、無性に「たこ焼き十八番」のたこ焼きメニューを味わいたくなる時もあるでしょう。

そんな時は、「たこ焼き十八番」の最寄駅で下車して、美味しいたこ焼きを頬張ってからまた帰路に着くというのもおすすめです。駅から非常に近いので、アクセスするのにも時間がかからずサクッと食べてサクッと変える事ができます。

たこ焼き十八番でテイクアウトして家で食べるのもあり!

大阪名物の美味しいたこ焼きは、テイクアウトしてお家でゆっくりと楽しむのもおすすめの食べ方です。

「たこ焼き十八番」のテイクアウトは、電子レンジ対応の容器に入れて持ち帰る事もできるので、美味しいたこ焼きを、温め直して食べたいという方におすすめです。

テイクアウトなら、美味しいたこ焼きを自宅でゆっくりと座って食べたり、ビールを一緒に飲んだりしながらテレビを見たりと、くつろぎながらでも美味しく食べる事ができます。

本店以外にも店舗展開中のたこ焼き十八番!お台場デックス東京ビーチにもお店がある

大阪で人気のたこ焼き店「たこ焼き十八番」は、西中島本店以外にも複数の店舗が展開されています。

その店舗は、大阪を抜け出し東京のお台場にまで進出しているのです。もしも都内で美味しい大阪名物のたこ焼きを食べたいという場合にでも、すぐに食べる事ができておすすめです。

もちろん東京にも美味しいたこ焼きを食べる事ができる店舗は沢山ありますが、本場の大阪仕込みの美味しいたこ焼きを食べられる店舗はなかなかないでしょう。

もしもお台場に訪れた際には、ぜひ「たこ焼き十八番」へ足を運んでみてください。東京のたこ焼きとはちょっと違う、大阪ならではの美味しい名物たこ焼きを食べる事ができるでしょう。

たこ焼き十八番は1990年創業の老舗の名物たこ焼き屋さん

大阪には沢山のたこ焼き専門店舗がありますが、その中でも1990年創業の「たこ焼き十八番」は、界隈のたこ焼き屋さんの中では老舗と言われているようです。

老舗という言葉に惹かれてしまう方も少なくないでしょう。1990年創業というと、2019年7月現在から見るともうすぐ30年という事になります。

30年もの間、顧客を大切にして日々の営業を行ってきたからこそ、顧客から愛され、厚い信頼を得ているのでしょう。企業は30年経てば本物、と言われる事もあるくらいですから、もう間も無く30年を迎えようとしている「たこ焼き十八番」は、大阪名物の人気たこ焼き老舗店と言えるでしょう。

たこ焼き十八番は天かすとミルクにこだわりがある

一般的なたこ焼きの作り方といえば、出し汁と小麦粉で作った生地を使用するものですが、こちらの大阪名物「たこ焼き十八番」で食べる事ができるたこ焼きは、少し作り方も変わっています。

大阪名物「たこ焼き十八番」で使用されている生地には、通常の出し汁と小麦粉の他に、ミルクも入れているのだそうです。

そして一般的なたこ焼きよりも多めの天かすがトッピングされて、たこ焼きの表面を天かすが彩ります。

天かすがたこ焼きの表面をコーティングしているような「たこ焼き十八番」のたこ焼きは、天かすがサクサクとした食感を生んで、初めて食べる人を感動させてくれます。天かすのおかげでクリスピーな食感が生まれ、さらにミルクがたこ焼きの中をクリーミーに仕上げてくれます。もしもまだ未体験の方は、ぜひ一度自分の舌で味わうのがおすすめです。

たこ焼き十八番 西中島本店おすすめ人気メニュー

大阪名物「たこ焼き十八番」のメニューは、西中島本店が一番豊富なのだそうです。そのため、様々なメニューを試してみたいという方は、「たこ焼き十八番」の他の店舗ではなく、本店に訪れるのがおすすめです。

その「たこ焼き十八番」西中島本店で味わう事ができる様々なメニューを下記でご紹介していきますので、ご覧ください。

たこ焼き十八番 西中島本店の人気メニュー No.1:ソース

大阪名物のたこ焼きで、もっともオーソドックスなメニューといえば、やはりソースでしょう。たこ焼きと、濃厚なたこ焼きソースの相性は、もはや説明不要の美味しさです。

そのソース味のたこ焼きを注文した場合、焼きあがった熱々のなんのタレも付いていないたこ焼きを渡されます。

そしてその天かすを纏ってサクサク食感のたこ焼きに、卓上にあるソースやマヨネーズで自分好みの味付けにするといったスタイルになっています。

大阪名物の「たこ焼き十八番」で、まずはシンプルにたこ焼きを楽しみたい方は、ぜひこちらのソースを注文してみてください。サクサクの天かすに、濃厚なたこ焼きソースが染みていくと、また違った味わいを感じられておすすめです。

たこ焼き十八番 西中島本店の人気メニュー No.2:塩

続いて「たこ焼き十八番」でおすすめのメニューは、シンプルな味わいを楽しめる「塩」です。こちらは素材の味をしっかりと味わう事ができるので、「たこ焼き十八番」のたこ焼きの美味しさを心底味わう事ができるでしょう。

たこ焼きの味付けで「塩」というと、塩だれを連想してしまいますが、こちらの塩味は、塩だれではなく、シンプルに塩をかけて食べるのです。

天ぷらなどもよく塩で食べたりしますが、そういった感覚と同じでしょう。周りに付いた天かすのサクサク加減と塩のコンビネーションはおすすめです。

天かすでサクサクのたこ焼きに、塩と刻み海苔を好みの量でかけてください。今までに食べたことのないたこ焼きの美味しさを感じられるはずです。

たこ焼き十八番 西中島本店の人気メニュー No.3:天だし

続いては、関東圏内ではあまり見かけることのないユニークなメニュー「天だし」です。こちらは、関西では名物である「明石焼き」のような食べ方でいただきます。

たこ焼きを天だしに付けて食べるのですが、たこ焼きの周りに付いた天かすが天だしを吸い込むと、美味しさを倍増させてくれます。

大阪で美味しくて珍しいたこ焼きを食べたいという方は、ぜひ「たこ焼き十八番」で天だしを注文してみてください。きっと、新しいたこ焼きの美味しさに出会えるはずです。

たこ焼き十八番 西中島本店の人気メニュー No.4:ポン酢

続いて「たこ焼き十八番」でおすすめのメニューは、「ポン酢」です。こちらは大根おろしとポン酢を付けて食べるメニューとなっています。

天かすでカリカリに焼きあがったたこ焼きに、おろしポン酢を付けて食べるたこ焼きは、さっぱりとしていてたまりません。

天かすは天ぷらの衣ですから、油っこいかな、と感じるかもしれませんが、このおろしポン酢との相性は抜群です。脂っこさは感じず、天かすのおかげで、まるで揚げたての美味しい天ぷらを食べているような味わいを感じられます。

たこ焼き十八番 西中島本店の人気メニュー No.5:限定メニュー「おはこ」

天かすのたこ焼きを、色々な味で楽しんでみたい!という方には、ランチタイム限定の「おはこ」がおすすめです。

おはこのメニューには、3種類12個のメニューと、4種類16個のメニューから選ぶ事ができます。3種のおはこは塩、ソース、天だしまたはポン酢の3種類です。

そしておはこ4種類の方は、塩、ソース、天だし、ポン酢の4種類を楽しむ事ができます。色々と食べてみたくてメニューがなかなか決められない!という方は、ランチタイムに訪れて「おはこ」を注文するのがおすすめです。

たこ焼き十八番 西中島本店の食レポ

では続いて、実際に「たこ焼き十八番」西中島本店へ足を運んで美味しいたこ焼きに舌鼓を打った方達の、食レポをご紹介いたしましょう。

これから大阪で食べ歩きを企画している方や、大阪に訪れる予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。きっと自分の目と舌で確かめてみたくなるはずです。

たこ焼き十八番 西中島本店の外観の特徴

ではまず、「たこ焼き十八番」西中島本店の外観についてご紹介いたします。大阪で人気の「たこ焼き十八番」は、赤い看板が印象的な外観をしています。

テイクアウトで購入したい方は店頭でたこ焼きを購入して、店内で熱々を楽しみたい方は、右側のドアから店内へ入って好きな席を選んでください。

たこ焼き十八番 西中島本店の店内の様子

続いては、店内の様子をご紹介いたします。右側のドアを潜り、店内へ足を踏み入れると、まず目に入ってくるのが著名人のサインです。

沢山のサインが飾られている事から、人気のほどが伺えるでしょう。そして清潔で落ち着く空間が広がり、テーブルに並べられた調味料でこれから食べるたこ焼きの妄想が膨らみます。

遠くから足を運んでいる方は特に、普段と違う気分に旅行している、という感覚が高まる方が多いようです。ぜひ大阪のローカル感を味わいたい方は、足を運んでみてください。

たこ焼き十八番 西中島本店で実際にオーダーしたメニューの感想など

一般的なたこ焼き屋さんに足を運ぶと、大抵が6個入りか8個入りで販売されている事が多いですが、こちらの「たこ焼き十八番」は、10個入りがスタンダードのメニューとなっています。

10個入りが550円、15個入りが800円と、いう値段設定になっており、お友達とシェアして食べるのもおすすめです。

天かすがたっぷりと含まれているたこ焼きは、満腹感もありますので、食べた後の充実感を感じる事ができます。美味しいたこ焼きでお腹を満たしたいという方は、ぜひ一度「たこ焼き十八番」へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

たこ焼き十八番西中島本店はお酒も飲める!

お酒が好きな方で大阪の食べ物を満喫したいという方は、ぜひ本店に訪れてみてください。美味しいたこ焼きをおつまみに、ビールや焼酎などを楽しむことができるのです。

熱々のたこ焼きを頬張りながら、キンキンに冷えたビールを流し込めば、一気に至福の時を迎えられます。ぜひ試してみてください。

たこ焼き十八番の店舗情報

では続いて、大阪で人気の「たこ焼き十八番」がどこにあるのかそれぞれの店舗情報をご紹介いたします。

本店である「たこ焼き十八番」西中島本店は、最後にご紹介いたしますので、それ以外の店舗をご覧ください。

たこ焼き十八番道頓堀店

まずは大阪の「たこ焼き十八番」道頓堀店をご紹介いたします。道頓堀といえば、大阪に行ったことがある方なら、大抵の方が知っている地名でしょう。

道頓堀店は、くいだおれビルというビルに入っていますので、食べ歩きツアーを計画している方にはぴったりの場所かもしれません。営業時間は11:00~21:00となっています。定休日はありません。
 

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-21 中座くいだおれビル 1F
電話番号 06-6211-3118

SONS-DOHTONBORI

続いての「たこ焼き十八番」の店舗は、「SONS-DOHTONBORI」です。こちらも道頓堀で、先ほどご紹介した「道頓堀店」と近い場所にあります。

こちらの「SONS-DOHTONBORI」は、市営地下鉄各線を利用した場合は、なんば駅から徒歩で約5分でアクセスすることができます。営業時間は11:00〜22:00で、定休日はやはりありません。

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1-8-26
電話番号 06-4256-2818

たこ焼き十八番UCW店

続いての「たこ焼き十八番」の店舗は、「たこ焼十八番UCW店」(ユニバーサルシティウォーク店)です。

こちらの営業時間は基本的に11:00~22:00となっていますが、季節によって多少の変動があるようなので、アクセスする前に電話などで確認してみるのがいいかもしれません。定休日はありません。

住所 大阪府大阪市此花区島屋6-2-61ユニバーサルシティウォーク内
電話番号 06-6467-5918

たこ焼き十八番お台場店

最後にご紹介する店舗は、唯一都内で「たこ焼き十八番」のたこ焼きを味わうことができる「たこ焼き十八番お台場店」です。

大阪になかなか行くことができない方は、こちらのお台場店で美味しいたこ焼きを味わってみてはいかがでしょうか?こちらの店舗も定休日はなく、営業時間は11:00~21:00となっています。

住所  東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチ シーサイドモール4F
電話番号 11:00~21:00

たこ焼き十八番 西中島本店の基本情報

では、今回メインでご紹介している「たこ焼き十八番」の西中島本店について基本情報をご紹介していきましょう。

各店舗の中でも、一番メニューが豊富なのが西中島本店となっていますので、「たこ焼き十八番」のたこ焼きを存分に味わいたい方は、西中島本店に訪れるのがおすすめです。

たこ焼き十八番 西中島本店へのアクセス

大阪の「たこ焼き十八番」西中島本店へのアクセス方法をまずご紹介いたします。電車を利用する場合は、地下鉄御堂筋線を利用すると、西中島南方駅で下車して2番出口から徒歩2分でアクセスすることができます。

阪急京都線を利用した場合は、南方駅で下車してきた東改札口から徒歩で約1分でアクセス可能です。

また、バスを利用してアクセスする場合は、大阪市バス93に乗車して、地下鉄西中島南方で下車すると、徒歩2分でアクセスできます。

また、大阪市バス41に乗車した場合は、西中島五丁目で下車して徒歩4分、大阪市バス104利用の場合は、西中島下車で徒歩4分でアクセスできます。ご自分のプランにあったアクセス方法を利用するといいでしょう。

たこ焼き十八番 西中島本店の電話番号・営業時間&定休日

では続いて、「たこ焼き十八番」西中島本店の電話番号や営業時間、定休日をご紹介いたします。まずは電話番号ですが、電話番号は「06-6211-3118」です。よく確認して利用してください。

続いては営業時間をご紹介いたします。営業時間は、月曜日から土曜日までが12:00~23:00、そして日曜日と祝日は12:00~22:00と多少変則になっていますのでご注意ください。

住所 大阪府大阪市淀川区西中島3-17-17

たこ焼き十八番 西中島本店でおいしいたこ焼きを食べよう!

大阪には目移りしてしまうほど美味しそうなたこ焼き屋さんが立ち並んでいますが、天かすでカリカリのたこ焼きを味わいたい方は、ぜひ「たこ焼き十八番」西中島店へ足を運んでみてください。今までに食べたことのないタイプの美味しさを味わうことができるでしょう。一度に様々な味をチャレンジしたい方は、ランチタイムに足を運んでみてください!

関連記事

Original
この記事のライター
小鉄

大阪市の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

大阪市の新着のまとめ