クラフトジンとは?特徴や飲み方・おすすめの商品15選もご紹介!

2019年9月5日 (2019年9月6日最終更新)

カクテルでよく使われるジンに、クラフトジンというものがあります。ジンとは違ったこだわりの製法や香りづけをしたアルコール度数の高いお酒になります。そんなクラフトジンにはいろいろな飲み方他と共に、色んな種類の香りを楽しめるラインナップが勢ぞろいしています。

目次

  1. 流行する事間違いなしのクラフトジン!
  2. クラフトジンとは?
  3. クラフトジンの飲み方
  4. クラフトジンの特徴や味
  5. クラフトジン「イングランドのジン」5選
  6. クラフトジン「日本のクラフトジン」3選
  7. クラフトジン「海外製のクラフトジン」7選
  8. クラフトジンの基礎知識とおすすめ商品をご紹介!

流行する事間違いなしのクラフトジン!

皆さんはクラフトジンを飲んだことがあるでしょうか?ジンはよく飲む人でもクラフトジンは知らないと言う人もまだまだ多いのではないでしょうか。

こちらではこれから人気に火が付くであろうクラフトジンについてご紹介いたします。こちらでジンとクラフトジンとの違いや美味しい飲み方から、おすすめのクラフトジンをいくつかご紹介いたします。その各クラフトジンによって違う特徴ある香りや味わいが魅力的なジンになっています。

クラフトジンとは?

さてまずクラフトジンとはどのようなものか見てみましょう。クラフトジンのクラフトは、クラフトビールと使われることもある、聞き覚えのあることばではないでしょうか。まずクラフトビールは小さな醸造所で作られたこだわりのあるビールのことを指します。そしてこのクラフトビールは生産数が少なく貴重なものがたくさんあります。

クラフトジンも同じものです。限られた醸造所でこだわりの原料を使って作られる、オリジナリティあふれるジンの事をいいます。生産数が少ないため貴重な人気のあるクラフトジンとなっているものもたくさんあります。その為通常のジンに比べて少々高価になる場合がほとんどです。

クラフトジンの飲み方

そんなクラフトジンの飲み方は、通常のジンとは違った特徴ある深みのある味わいを生かすよう飲むのがおすすめです。その為ジンがカクテルで使われるような飲み方をするのに対して、クラフトジンはシンプルに飲んだ方が美味しい飲み方の物もあります。しかしロックやソーダ割に加えて、各特徴ある味にマッチした飲み方を探してみるのもおすすめです。

またキンキンに冷やしてとろっとした状態で楽しめるクラフトジンもあります。しかし多くのジンでは冷えすぎた状態では香りを閉じ込めて、クラフトジンの芳醇な香りを堪能できなくなる場合があります。おすすめは常温で保存です。

後ほどおすすめのクラフトジン15種をご紹介いたします。各おすすめのクラフトジンに合った飲み方も一緒にご紹介いたします。

Originalおすすめカクテルまとめ!お酒が弱い・初心者・女性向けなどおしゃれな一杯も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
おすすめのカクテルメニューをご紹介します。カクテルと一言にいっても、世界中には何万と超えるカ...

クラフトジンの特徴や味

ではジンとクラフトジンの違いを見てみましょう。ジンはよく飲むがクラフトジンはよく分からないといったかたにもおすすめのクラフトジンです。

まずジンとはスピリッツと呼ばれています。スピリッツとは蒸留酒の事でアルコール度の高いお酒、ジンやウォッカ等のことを指します。他にもテキーラ、ラム酒などがあり、強いアルコール度で有名なお酒ばかりです。

ジンの原料は大麦、ライ麦、ジャガイモになります。これらを原料とした蒸留酒に香草や薬草類を加えて再び蒸留したものがジンになります。この加えるものによって風味の違うジンになります。

そしてクラフトジンとは、この香草などにこだわりを持って様々な種類のもので作られたものをクラフトジンと呼びます。その為好みがはっきりと分かれる色んな種類のクラフトジンがあるのが特徴です。

クラフトジンと普通のジンはどこが違う?

ジンとクラフトジンの違いはその味を確かめればわかります。クラフトジンの方は味わいの深いものが多く、単体で飲む飲み方をおすすめするものも沢山です。しかしクラフトジンには明確な定義はないものの、少量生産で特徴的な強いこだわりの味がするジンの事をいいます。

またボトルもインテリアとして人気で、そのデザイン性のあるパッケージも人気のジンになります。おしゃれにボトルをインテリアとして飾ることもできます。

小規模な生産者が手掛けるために大量生産ができずに、少々ジンよりお値段が張るのも事実です。しかしその付加価値がクラフトジンの個性を最大限に発揮するとも言われます。

クラフトジン「イングランドのジン」5選

ではいくつかのおすすめのジンをご紹介してみましょう。ジンの生産国と言ってもいいほど歴史のあるイギリスでは昔からジンが飲まれていました。そんなイギリスのおすすめのジンを5つ見てみましょう。

ジンの正統派と言われるものから、切れ味の鋭いもの、世界中で人気のジンまで勢ぞろいです。先ず迷ったらこの5つの中から購入してみるのもおすすめです。

そしてジンに加える香草や薬草類は植物由来のものですので、ボタニカルと言われます。このボタニカルが何であるかによってクラフトジンの味わいが変わってきます。

1:クラフトジンおすすめ人気商品【キリン タンカレー ロンドン ドライジン】

クラフトジンを楽しみたい方が1度は飲んでほしいと言われるほど人気のタンカレー。こちらはなんと4回も蒸留を重ね、繊細な味わいが人気の切れのあるクラフトジンになっています。1830年創業のロンドン・ブルームズバリーに蒸留所を作ったのが始まりです。

洗練された味わいが特徴で、区切れのある味わいが人気。ボタニカルの味わいも豊かで多彩と言われます。それでいながらさっぱりと飲めるクラフトジンになっています。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

こちらのクラフトジンは豊かなボタニカルの味わいがおすすめです。しかし好みがしっかりと分かれる味でもあります。

飲み方としては、冷凍庫で保管してとろっとした状態でのロックで飲むのがおすすめです。ジン好きにはまず嫌いな人がいないであろう大道の人気クラフトジンになります。

2:クラフトジンおすすめ人気商品【キリン ゴードン ロンドン ドライジン】

こちらも世界でもっとも人気のあるおすすめのゴードンになります。世界中で販売されているよく見かけるクラフトジンではないでしょうか。

クラフトジンの中では一番オーソドックスなものですので、クラフトジンを飲んでみようと思う方はまずこちらをおすすめします。

2019年で250年の歴史のある歴史のあるブランド、ゴードン ロンドン ドライジンとは、高品質でボタニカルのジャニパーが香る、ジンらしいジンと言われています。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

ゴードンはジンの香りづけで使うジュニパーベリーを多く使い、他のボタニカルも秘伝の物を配合した芳醇な香りと爽快感を感じるクラフトジンになっています。

世界的にも人気のジンで、先ほど紹介したタンカレーがこのゴードンのプレミアム感のあるクラフトジンと言われます。

昔からジンの香りはこれと言われるぐらい日本人にも浸透したお馴染みのクラフトジンになっています。初めての方はお好みのカクテルにして飲む飲む方がおすすめです。

3:クラフトジンおすすめ人気商品【キリン ギルビージン】

キルビージンは1857年にギルビー兄弟が設立したW&Aギルビー社によって作られるドライジンになっています。12種類ものボタニカルを配合したクラフトジンになります。他のクラフトジンに比べるとマイナーな部類になるかもしれませんが、150年もの歴史のあるクラフトジンになります。

こちらのジンには、100年以上歴史のあるキルビー家の秘伝レシピからできているクラフトビールと言われます。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

こちらのキルビーは優しい味わいの為つい飲みすぎてしまうと言われます。また価格も手ごろですので初めての方にもおすすめのクラフトジンになります。

カクテルのベースとしてもおすすめのクラフトジンで、このジンから色んなクラフトジンを試していくのにもいいでしょう。おすすめの飲み方とは、ジン1に対してトニックウォーター4で割るのがおすすめになっています。

4:クラフトジンおすすめ人気商品【サントリー ビーフィーター ジン】

こちらは1820年来秘伝のレシピで作られているクラフトジンになります。今でもロンドンの蒸留所で作られるクラフトジンで、さわやかな柑橘系の香りが人気のジンになります。

長年このビーフィーターを飲むと言う方は何本もまとめて買ってストックして置く方も多い人気のクラフトジンになります。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

ビーフィーターの香りは豊潤で強い風味と言われます。香りつけにはジュニパーベリーを基本として、オレンジの皮やレモンの皮やコリアンダーなど9種類ほどが使われます。

そしてこのボタニカルを蒸留前に1日漬けておくことで芳醇な多彩な香りが感じられるクラフトビールになります。

そしてその独特の香りの為そのままストレートで飲むのが少しきつい場合があります。その場合はジントニックで頂くと美味しく飲むことができます。カクテルベースに最適なジンとも言われています。

5:クラフトジンおすすめ人気商品【ボンベイ・サファイア】

鮮やかなボトルがきれいなインテリアにもなりそうなクラフトジンになります。こちらも世界中で人気のジンは10種類のボタニカルから作られています。

そしてこのボタニカルの香りが豊潤で世界一さわやかなクラフトジンと言われています。それは世界一飲みやすいジンともいわれています。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

爽やかな柑橘系の香りがさわやかなクラフトジンですので、おすすめの飲み方としてライムやレモンと合わせて飲むのがおすすめです。

こちらのクラフトジンはヴェイパー・インフュージョン製法を採用してつくられていますので、深くさわやかな香りと言われます。

クラフトジン「日本のクラフトジン」3選

海外製のクラフトジンは長い歴史と共にその愛好家もたくさんいるお酒になります。近年日本でも日本製のクラフトジンが製造されています。

日本人の好みに合った、和テイストいっぱいのクラフトジンを3つご紹介いたします。日本製のクラフトジンとは、どのようなものがあるのでしょうか。

6:クラフトジンおすすめ人気商品【クラフトジン岡山】

こちらのクラフトジン岡山は、お酒造りをしている宮下酒造株式会社によって作り出されるクラフトジンになります。お酒作りに始まり、クラフトビールやウォッカ作りと様々なお酒に精通した酒造所になります。そんな宮下酒造株式会社が作り出した、クラフトジン岡山とはどのような物でしょうか。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

クラフトジン岡山とは、米焼酎をベースに十数種類のボタニカルを銅製ポット・スチルで蒸留し、その後焼酎を貯蔵した樫樽にブレンドする樫樽貯蔵の珍しいジンになっています。

それゆえさわやかな香りと奥行きのある味わいが人気のクラフトジンになっています。この特徴あるクラフトジンは、日本のクラフトジンの先駆者とも言われる商品で、ボタニカルの香りの中にコメ本来の甘みも感じるまろやかなクラフトジンになっています。この穏やかな味わいが日本らしいクラフトジン岡山の特徴です。

7:クラフトジンおすすめ人気商品【サントリー「ROKU(ロク)」】

こちらは日本の代表的なお酒メーカーサントリーが作り出さした、日本らしいボタニカルを使用したクラフトジンになります。

外国から来ているジンですが、日本らしいジンにしようと、日本らしい6種のボタニカルをその植物の最適な時期に採取するというこだわりのボタニカルを使用したクラフトジンになります。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

サントリーのロクは、日本の6つのボタニカルの香りが配合されています。桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子と日本を代表するものばかりです。この特徴あるボタニカルによって作られるクラフトジンは、桜や柚の花の華やかな香りと、山椒等の辛味を感じる味を後から味わえるおすすめのクラフトジンになっています。

8:クラフトジンおすすめ人気商品【季の美 京都ドライジン】

次は京都の蒸留所が手掛ける季の美になります。こちらの季の美の蒸留所はクラフトジンに特化した蒸留所として珍しいと話題になりました。

そんな季の美とは、どのようなクラフトジンでしょうか。そして京都らしいボタニカルを使用した和のクラフトジンになっています。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

季の美は、京都らしいお茶をボタニカルで使用したジンになります。日本らしい玉露や柚を使用し、伏見の名水を使用したクラフトジンになっています。

その味わいは玉露による上品な甘い味わいと、柚の香りがさわやかな日本のみならず、世界からも注目を浴びているクラフトジンになります。

飲み方として、ストレートや水割りでその本来の香りと甘みを感じるのがおすすめです。またソーダやトニックウォーターと割る飲み方も美味しいと評判です。

クラフトジン「海外製のクラフトジン」7選

では最後にまだまだある海外製のクラフトジンをご紹介いたしましょう。近くのお店で販売されていなくても、ネットで購入が可能な商品もたくさんです。

イングランドの代表的な歴史あるクラフトジンや日本の特徴あるジンを生はしたら、色んな国の美味しいと評判のクラフトジンも飲んでみましょう。

9:クラフトジンおすすめ人気商品【Aria Portland Dry Gin(アリアポートランドドライジン)】

こちらはアメリカのオレゴン州で作られているクラフトジンになります。ベースのスピリッツには遺伝子組み換えでないコーン、麦、ライ麦を使い、ボタニカルはほとんどがオーガニックのものでできています。

そしてそれぞれのボタニカルの特徴を最大限圧期するために0.01gまでの微量な調整をして造り上げられるこだわりのクラフトジンになります。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

さまざまなボタニカルが次から次へと香ってくるクラフトジンになります。その飲み方は、ストレートで、シトラスやフローラスの華やかな香りやウッディな苦みなども感じてみましょう。

いく層もの香りが順に香ってくるこだわりのクラフトジンになっています。またこちらのジンは2014年サンフランシスコワールドコンペティション最優秀賞受賞を受賞しています。

10:クラフトジンおすすめ人気商品【キングスバリー ビクトリアンバット ジン シングルカスク 57.4度 瓶】

こちらはスコットランドのアバディーン市で製造されたクラフトジンになります。こちらの商品は「シングルカスク」という、1つの樽で製造されたクラフトジンになっています。

「シングルカスク」のクラフトジンはアルコール度が高いことでも有名です。また毎回違った樽で熟成されますのでアルコール度数や香りも微妙に違ってくるジンができあがります。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

こちらのクラフトジンは一般的に使われる2倍以上のジュニパーが使用されている為、強烈なジュニパーとスパイシーな香りが特徴になっています。

ジンの製造過程で通常考えられないとする「シングルカスク」製法が特徴ある味わいを引き出すジンとなっています。

11:クラフトジンおすすめ人気商品【コーヴァル ドライ・ジン 47% 500ml】

コーヴァル ドライ・ジンはアメリカシカゴの酒造メーカーによって作られているクラフトジンになります。

2015年 サンフランシスコ ワールドスピリッツコンペティション パッキング スピリッツ部門で金賞受賞のクラフトジンになります。このおしゃれな和をも感じさせるデザインのボトルが特徴です。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

こちらのクラフトジンはジュニパーの鼻に抜ける香りとワイルドフラワーの香りがくせになるクラフトジンです。

始めに来る香りと共にシトラスの酸味が広がり、ドライな味わいと共に優しいアロマ感を感じるジンになっています。

12:クラフトジンおすすめ人気商品【ザ・ボタニスト】

こちらのクラフトジンはジンの発祥の地とされるスコットランド アイラ島で22種類ものボタニカルを手摘みして作るクラフトジンになっています。こちらのクラフトジンは品質を最重視したジン作りがされ、材料の減算力その農薬使用までもこだわったジン作りが特徴です。

こちらのジンは丁寧に職人が作った細やかな味わいが人気でジンファンのみならずスコッチ愛好家も絶賛するクラフトジンになっています。最新の技術と共にその地で昔らか伝承されてきた伝統や文化が受け継がれて生まれたジンになっています。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

その香りは、オレンジやレモン、アニス、コリアンダーに加えて、かすかに香るリンゴの香りも感じる多彩なボタニカルが特徴です。

その上ハーブが加わり、複雑ながら口当たり滑らかな優美なのど越しを実現するクラフトジンになっています。ぜひストレートで飲んで香りを楽しんでみましょう。

13:クラフトジンおすすめ人気商品【ジェネラス ジン】

フランスの蒸留所で作られたこちらのクラフトジンは「エデンの園にある生命の樹を象徴するような蒸留酒をつくりたい」と天然由来の原料を使い職人の熟練の技術により製造されたジンになります。

日本ではまだ数少ないフランス産のジンですが、フレッシュな香りから、香り高いフレーバーと共にシトラスのスパイシーさをも感じるジンになっています。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

フランスで作られるこちらのクラフトジンは、上質な香水を思わせるようなフレーバーが特徴のクラフトジンになっています。

それぞれの香りを感じながらも主張しすぎず、組み合わさって芳醇な味わいを感じるクラフトジンになっています。おすすめの飲み方は、ストレートやロックでまず楽しんでほしいジンになります。

14:クラフトジンおすすめ人気商品【ヘンドリックス ジン 44度 700ml】

こちらのヘンドリックス ジンとは、スコットランドのクラフトジンになります。伝統的なレシピで手作りでるくられた貴重なジンになります。

ボタニカルにジュニパーベリーやコリアンダー、シトラス系フルーツピールのほかに、キュウリとバラの花びらと言った特徴ある材料を使用したジンになります。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

キュウリを使用しているのに青臭いかというとそうではなく、華やかなフローラル系の香りと、柑橘系の香りがさわやかなクラフトジンになっています。

ジュニパーの香りとレモンピールの香りが飲み終わった後も長く続く香り高いクラフトジンになっています。ちょっと特別な時に飲みたい贅沢な味わいを感じさせてくれるジンです。

またおすすめの飲み方はこの香り高い味を堪能するためにロックがおすすめです。またトニックウォーターでジントニックとして楽しむ方も沢山います。

15:クラフトジンおすすめ人気商品【モンキー47 ドライジン MONKEY47 DRY GIN】

こちらのモンキー47 ドライジンとは、ドイツのブラック フォレスト産の貴重なクラフトジンになります。ブラックフォレスト原産の珍しいボタニカルをなんと、47種も使って作ったジンになります。

その47種のボタニカルはすべて手摘みで採取され、蒸留してブラックフォレストの天然湧き水でブレンドされたこだわりのジンになります。

特徴や味わい:このクラフトジンの魅力は?

そしてその特徴ある香りは、香水にもしてほしいと絶賛される香りとハーブやフルーツと相まって、複雑ながらバランスのとれたクラフトジンとなっています。

爽やかですっきりとし中に甘くフローラルな香りや胡椒のような辛さやビターなクランベリーの香りもします。

このモンキー47 ドライジンのおすすめの飲み方はトニックやマティーニ、ギムレットなど様々なカクテルとして楽しんでみましょう。

クラフトジンの基礎知識とおすすめ商品をご紹介!

いかがだったでしょうか。2016年前後から日本でも製造されるようになったクラフトジンは今人気に火が付こうとしているお酒です。

海外の長い歴史で愛され続けたクラフトジンに加えて、まだ認知度の浅い日本のクラフトジンも世界から注目されています。そんなオリジナリティあふれるクラフトジンをお好みのテイストの物をお好みの飲み方で楽しんでみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Thumb
この記事のライター
zasxp
関西在住!旅行する事、食べること、遊ぶことが大好きな主婦。次はどこに行こうか日々計画中!

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ