名和昆虫博物館は日本最古の虫の博物館!壁一面のチョウの展示が圧巻!

2019年12月21日 (2019年12月22日最終更新)

岐阜城のふもとにある『名和昆虫博物館』は標本を通して昆虫の生態を楽しく学ぶことができる施設です。身近な昆虫から世界の珍しい昆虫までさまざまな標本が『名和昆虫博物館』には展示してあり、クイズ形式なので飽きることなく勉強できると人気スポットです。

目次

  1. 名和昆虫博物館は昆虫について楽しく学べるスポット
  2. 名和昆虫博物館とは?
  3. 名和昆虫博物館の歴史
  4. 名和昆虫博物館の見どころ・おすすめ
  5. 名和昆虫博物館の基本情報
  6. 名和昆虫博物館そばのおすすめグルメスポット
  7. 壁一面のチョウの展示が圧巻な名和昆虫博物館へ行こう!

名和昆虫博物館は昆虫について楽しく学べるスポット

岐阜県を代表する名所といえば織田信長が建てたと言われている岐阜城でしょう。この岐阜城は金華山の頂上に建っているのですが、実はそんな岐阜城の麓に同じく大人気の施設があります。それが『名和昆虫博物館』です。ここ『名和昆虫博物館』は楽しみながら昆虫について学べる施設で、今回は『名和昆虫博物館』の魅力やアクセス方法等をご紹介します。

Original岐阜県おすすめ観光スポット21選!自然を満喫し楽しい時間を過ごそう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岐阜県には世界遺産をはじめ、緑豊かな大自然が見せる美しい観光スポット、そして楽しい思い出が作...

名和昆虫博物館とは?

『名和昆虫博物館』はギフチョウを発見したことで知られている名和靖(なわやすし)氏によって設立されました。

岐阜『名和昆虫博物館』の歴史は大正8年にまで遡り、昆虫全般の啓蒙活動だけでなく農作物の駆除等にも尽力してきた施設です。

岐阜にある日本に現存する最古の人気昆虫専門博物館

ちなみに日本全国には昆虫関連の博物館がいくつかありますが、そのなかでも岐阜『名和昆虫博物館』は最古の歴史を誇っています。

ただし歴史ある施設である一方で昆虫の生態に気軽に触れられる人気のスポットとなっており、家族連れのお客さんも多いです。

名和昆虫博物館の歴史

1919年(大正8年)に財団法人の名和昆虫研究所の附属施設として『名和昆虫博物館』は開館し、それ以来いろいろな役割を果たしてきました。

ギリシャ神殿のようなおしゃれな外観が特徴で、登録有形文化財(岐阜県)や都市景観重要建築物(岐阜市)にも登録されています。

名和昆虫博物館の見どころ・おすすめ

岐阜『名和昆虫博物館』は本当に多くの昆虫の標本が展示されており、これが小さい男の子を中心に大人気となっています。

また蝶々の標本の展示物は芸術作品と言っても過言ではないほど綺麗で、それ故に大人でも十分楽しめる人気スポットです。

名和昆虫博物館の1階展示

岐阜『名和昆虫博物館』の1階の展示は身近な昆虫の標本や世界の珍しい昆虫の標本です。これらが5つのコーナーに分けられて展示されています。

例えば男の子に大人気のカブトムシの標本の展示はここにあります。また創設者の名和氏が発見したギフチョウの標本も1階に展示されています。

名和昆虫博物館の2階展示

岐阜『名和昆虫博物館』の2階の展示はクイズ等の参加型となっており、楽しみながら昆虫の生態について学べる人気エリアです。

同じ種類の昆虫の標本のなかに混じっている似た昆虫の標本を当てるクイズなどが全部で13問あり、全部正解すると賞品ももらえます。

豊富な昆虫の標本の展示が魅力的な名和昆虫博物館

岐阜にある『名和昆虫博物館』は単に昆虫の標本が無作為に展示されているのではなく、知的好奇心を刺激するような楽しさを大事にしています。

そのため例えばお子さんの付き添いできた親御さんが最後には子供よりも真剣にクイズに答えている、といったケースが少なくないそうです。

名和昆虫博物館の基本情報

知りそうで知らない昆虫の世界を学ぶことができる『名和昆虫博物館』は岐阜県岐阜市の岐阜公園の敷地内にあります。

岐阜城がそびえ立つ金華山の麓にあり、周辺には動物園があったりと『名和昆虫博物館』以外の施設で遊べるのも人気の理由です。

名和昆虫博物館へのアクセス

岐阜『名和昆虫博物館』へアクセスする場合にはバスを利用するのがおすすめです。岐阜駅から徒歩で行けない距離ではありませんがバスの方が断然楽です。

バスの場合は岐阜駅から出ている市内ループ線の右回りに乗るといいでしょう。バスは大人が料金200円で、子供が料金100円です。

名和昆虫博物館の開館時間・定休日

岐阜『名和昆虫博物館』の営業時間は午前10時から午後5時までとなっています。休館日は毎週水曜日と木曜日です。

ただし夏休みなどの長期休暇中は無休で営業しているので遠方から『名和昆虫博物館』へ遊びに行きたい時にはこのタイミングが狙い目でしょう。

名和昆虫博物館の入館料金

岐阜『名和昆虫博物館』の有料で一般の料金が600円で、子供の料金が400円です。ちなみに一般料金は高校生以上で、子供料金は4歳以上です。

ちなみに団体の場合は料金が少しお得になります。一般団体の料金は480円で、子供団体の料金は320円です。団体料金が可能となるのは20名以上からです。

住所 岐阜県岐阜市大宮町2-18
電話番号 058-263-0038

名和昆虫博物館そばのおすすめグルメスポット

『名和昆虫博物館』は体験型の展示物が多いので見学を終えた頃には意外とエネルギーを消費しています。そんな時はぜひ岐阜のおいしいグルメスポットで食事をしましょう。

ここでは『名和昆虫博物館』へ遊びに行った際にぜひ併せて足を運んでもらいたいおすすめのグルメスポット情報をご紹介します。

おすすめグルメスポット1:Mini Lover’s Cafe 長良

おすすめのグルメスポット1つ目が『Mini Lover’s Cafe 長良』です。この『Mini Lover’s Cafe 長良』は子供にも大人にも優しいカフェです。

キッズスペースが充実しているので小さいお子さんがいるご家庭でも安心で、食事系のメニューからスイーツ系のメニューまで幅広い用途で使えます。

『Mini Lover’s Cafe 長良』の営業時間はランチが午前11時から午後3時半までで、ディナーが午後5時半から午後10時半までです。

住所 岐阜県岐阜市若竹町1-5-1
電話番号 058-232-5435

おすすめグルメスポット2:ダ・アチュ

おすすめのグルメスポット2つ目が『ダ・アチュ』です。ここ『ダ・アチュ』は本場ナポリのピッツァを味わえる超人気店です。

ナポリピッツァ協会に認定されているオーナーが石窯で作るピッツァは絶品で、イタリアンに対する考え方がガラッと変わります。

岐阜『ダ・アチュ』の営業時間はランチが午前11時半から午後2時までで、ディナーが午後5時半から午後11時までです。

住所 岐阜県岐阜市神田町7-17(神田ビル1F)
電話番号 058-266-1116

おすすめグルメスポット3:りきどう

おすすめのグルメスポット3つ目が『りきどう』です。この『りきどう』は独特のビジュアルの麺でいま話題沸騰中のお店です。

『りきどう』では「凄平麺」と呼ばれる幅が5cmほどもある麺をつけ麺でいただきます。もちもちシコシコの食感はクセになること間違いなしです。

住所 岐阜県岐阜市島栄町2-53
電話番号 058-214-4385

壁一面のチョウの展示が圧巻な名和昆虫博物館へ行こう!

昆虫は私たちの生活に身近な存在でありながら、いざその生態について考えてみると知らないことがたくさんあります。そんな素朴な疑問に答えてくれるのが岐阜にある『名和昆虫博物館』です。岐阜『名和昆虫博物館』は綺麗な標本を通して楽しく学べるようになっていることから子供から大人まで年齢や性別を問わずにおすすめできるスポットです。

関連記事

関連するキーワード

1537.thumb
この記事のライター
おもち
自然豊かな田舎町の出身です。美味しいものを食べるのが大好きで、ご当地グルメや流行りのスイーツは基本全部食べたい派です。さまざまなテーマの記事を通していろいろなみなさんと繋がれたらと思っています。よろしくお願いします。

岐阜の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

岐阜の新着のまとめ