アンモボックスはコストコの人気商品!キャンプでの使い道も解説!

2020年1月16日 (2020年1月17日最終更新)

アンモボックスとは米軍の弾薬箱をモチーフに作られた便利な人気のボックでキャンプシーンやお店やお部屋のインテリアとして使い道も豊富な便利なアイテムです。炭入れなどアンモボックスのキャンプでの使い道などアンモボックスについて詳しくご紹介します。

目次

  1. キャンプにはアンモボックスが便利!
  2. アンモボックスとは?
  3. アンモボックスはコストコで買える
  4. アンモボックス特徴
  5. アンモボックスのおすすめポイント1「無骨なデザイン」
  6. アンモボックスのおすすめポイント2「防滴仕様」
  7. アンモボックスの使い道1「キャンプ用の炭を入れる」
  8. アンモボックスの使い道2「キャンプシーンをおしゃれに」
  9. アンモボックスの使い道3「キャンプ用小物入れ」
  10. アンモボックスの使い道4「薪ストーブにリメイク」
  11. アンモボックスの使い道5「カメラのレンズ入れ」
  12. アンモボックスに関する噂・口コミ・注意点
  13. その他のアンモボックスも要チェック!
  14. アンモボックスでおしゃれなアウトドアを楽しもう

キャンプにはアンモボックスが便利!

皆さんはアンモボックスという便利な容器をご存じでしょうか。アウトドアシーンで大活躍するアンモボックス。これからアウトドアを楽しもうという方にはぴったりのグッズです。使い道は色々。特に炭入れなどアウトドアシーンにぜひおすすめの人気のアンモボックスとは何かについて詳しくご紹介します。

アンモボックスとは?

アンモボックスとはとんなグッズなのでしょう。キャンパーの間では常識となっているアンモボックスとはそもそもは米軍で使われている自動小銃や弾丸などを保管しておく箱です。

アンモボックスとは英語ではAmmoBoxと表記し、アンモは爆弾の意味があります。実際はアーモボックスと発音するのが正解ですがカタカナ読みをした「アンモボックス」が一般的になっています。

実際のAmmoBoxは弾薬の輸送などにも使われ、鉄製で完全防水の箱ですが、キャンプシーンなどで使われているアンモボックスとはAmmoBoxをモデルにしたレプリカで、多くがスチール製です。

Originalキャンプの調理器具おすすめ31選!初心者でも使いこなせるおしゃれアイテムも | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンプではいろいろな道具を揃える必要があります。そして1度購入すると長く使えるものも多いア...
Originalアウトドアの便利グッズ27選!キャンプで活用できるおしゃれな小物もご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
アウトドアには、キャンプやハイキングから海水浴、釣り、野鳥観察や天体観測まで様々な分野があり...

アンモボックスはコストコで買える

キャンプシーンでも大活躍し、使い道も色々の人気のアンモボックスはコストコで購入することができます。コストコの会員になっている人、もしくはお友達で会員になっている人がいる場合はコストコでアンモボックスを購入することができます。

万が一、コストコの会員でない場合でもアマゾンでも販売しているので安心です。コストコよりは割高になりますが、それでも十分お買い得!コストコが近くになかったり会員でなくてもちゃんとアンモボックスを手に入れることができます。

コストコとは

コストコとは世界中に店舗を展開している高品質な優良ブランドの商品をできる限り低下価格で提供する人気の会員制倉庫型店です、

会員制なので年会費がかかりますが、家族カードなどもあり、まとめ買いや気に入ったものを大量買いをするライフスタイルの人にはぴったりのお店です。

本社はワシントン州イサクアにありますが、コストコジャパンの本社は神奈川県川崎市にあり、日本には26倉庫、783の店舗を展開しています。

アンモボックス特徴

コストコで販売されている人気のアンモボックスの特徴をご紹介しましょう。炭入れなどにもぴったりのコストコのアンモボックスはとにかく使い勝手抜群です。

外観、スペック、価格の3つのポイントに分けてそれぞれ詳しく説明していきます。これから購入を考えている方はぜひ参考にして下さい。

外観

アンモボックスの外観の特徴は武骨なアーミー色です。いかにも軍隊が使っていそうな雰囲気たっぷりで、長方形の片側部分から開閉するタイプの箱です。

持ち手もついていて、蓋をするロック部分も頑丈でパーツ部分のかみ合わせもばっちり。見た目だけで言えば米軍で使っていても全く遜色ないだけの雰囲気を持ち合わせています。

使い道の色々あるコストコで購入可能なアンモボックスは大サイズと小サイズの2つがセットになって販売されています。入れ子式になっていて、見た目は大きなアンモボックス一つですが、大型のものを開けると中に小型のアンモボックスが入っている状態で販売されています。

ラッチのある反対側の側面には製造年月日のプリントも施されていて、マニアにはたまらないはずです。

スペック

使い道も色々でコストコで購入可能な人気のアンモボックスはオリーブドラブというカラーで、スペックは大サイズがH19.0cm×W15.5cm×D30.1cm。小型サイズはH17.8cm×W9.5cm×D27.6cmとなっています。

大サイズと小サイズではラッチ部分のデザインが違っていて、蓋は通常はラッチと反対側にあるちょうつがいを視点にして開閉します。横へスライドさせると蓋は簡単に外せるようになっています。スチール製で大サイズ重さは2.6kg、小サイズの重さは1.7kgです。

アマゾンでは大サイズよりももう一回り大きなサイズや細長で超ビッグサイズも販売していて、そちらはH18.8cm×W22.8cm×D32.5cmで重さが3.3kg、H21.2cm×W36.7cm×D47.5cm、9.2kgです。

価格

コストコで販売されている人気のアンモボックスは各店舗によって値段は多少違いがあります。セールなどで安くなっている場合もあり、そんなタイミングで見つけることができれば1600円ほどで購入できることもあるようです。ただし、一般的な定価は2178円です。

アマゾンでは大サイズ2380円、小サイズ2180円で別々に販売されているので割高です。また、ビッグサイズの3.3kgのアンモボックスは2680円、超ビッグサイズは6000円ほどで販売されています。

また、アマゾンでは大サイズがオリーブドラブ以外にブラックも販売されていて、そちらもオリーブドラブと同じ値段で販売されています。

コストコは2個セットで販売されていて、価格も驚くほど割安になります。お近くにコストコがある方は普段の利用頻度を考えて会員になって購入するのも一つの方法です。

アンモボックスのおすすめポイント1「無骨なデザイン」

使い道色々、コストコでは低価格で購入できる人気のアンモボックスのおすすめポイントは見た目の無骨さです。全体的にどこから見ても無骨なデザインはアウトドアシーンではもちろん、お部屋のインテリアとしてもおすすめです。

サイズも大きいので存在感もあり、炭や薪といったキャンプシーンのアイテムとの相性は抜群でアンモボックスひとつあるだけでキャンプシーンがとても映えます。また、無骨なデザインは女性らしい部屋のアクセントにもなりおすすめです。

アンモボックスのおすすめポイント2「防滴仕様」

色々な使い道があり、コストコでも低価格で購入可能な人気のアンモボックスですが、もうひとつのおすすめポイントは内部が防滴仕様になっていることです。

中に水分の含むものを入れておくと気密性が高いので湿気てしまいますが、外側からの湿気が内部に及ぶことはなく、炭入れや調味料入れとしては最適です。

アンモボックスを自宅で使用するのであれば、内部に水分が入ると固まってしまうような調味料を入れて長期保存するのにもおすすめです。

アンモボックスの使い道1「キャンプ用の炭を入れる」

アンモボックスの使い道として最も人気でおすすめなのがキャンプ用の炭入れとして使う方法です。コストコ以外ではさらに小さなサイズのアンモボックスも販売されていて、一泊のキャンプに定量の炭入れとして使うことが可能です。

また、スモークなどをして楽しむ場合は炭入れとしてだけでなく、スモークチップを持ち運びしてもチップが湿気ることなく保管できるので安心です。

アンモボックスはプラスチック製ではないのでコンロの近くに置いておいても融ける心配もなく、また多少の汚れなどもすぐに拭き取れますし、さらに汚れ自体がアイテムの味になるので炭入れとしての使い道は最適と言えるでしょう。

防滴を活かした使い道としては、炭入れの他にも蚊取り線香や森林香などを保管しておくのにも向いています。

アンモボックスの使い道2「キャンプシーンをおしゃれに」

コストコで販売されているアンモボックスは2個セットが嬉しいポイントです。キャンプシーンでは大サイズと小サイズのアンモボックスを2つ並べるだけで素敵なインテリアになります。キャンプ場でのテントやタープの下、またコンロのすぐ近くなど、あるだけでシーンがおしゃれになるのが魅力です。

オリーブドラブの色もキャンプシーンにマッチしていますが、それ以外のビビットなカラーでもポップなキャンプシーンを演出してくれます。

何も考えずに地面に置いたり、そのまま放置してしまったり、倒れてしまっても頑丈なので安心で、気を遣わずに気軽に使えるのも嬉しいポイントです。

ステンシルを使ってアレンジ

アンモボックスはステンシルなどを使って色々とアレンジすることもできます。また、スプレー塗料を使えば全体の色を変えることもでき、思い描いたキャンプシーンの演出にも一役買ってくれます。

もともとは軍隊の弾丸入れという強いイメージのあるアンモボックス。そのイメージを一掃するかのような赤や黄色、水色などポップな色でカラーリングし直すことによって明るいイメージを持たせることも可能です。

ステンシルシートは100均でも販売しています。ステンシルシートとスプレーを使えばあっという間にリメイク完成で使い道もさらに広がります。

ステンシルシートとは

ステンシルシートと転写したいアイテムにあて上から塗料を塗ることでそのデザインを転写することができる便利なシートです。ステンシルとは転写する行為そのものを指す言葉で、スプレーやシートはお手軽に100均などでも購入することができます。

自分でステンシルシートを作る場合はクリアファイルなどを使ってパソコンでデザインをだし、文字部分に糊を塗り、クリアファイルのシートに付着させます。糊がついたところでカッターで丁寧にカットすれば簡単にステンシルシートが作れます。

アンモボックスの使い道3「キャンプ用小物入れ」

アンモボックスの使い道として、キャンプ用の小物入れとして利用することもできます。炭入れだけで使うにはもったいない機能性抜群のアンモボックスはキャンプで飲みたいコーヒーの道具や豆などを一式入れて運ぶにもおすすめの箱です。

コーヒー豆とは湿気を極度に嫌うものなので防滴性能の高いアンモボックスは最適です。さらにバーベキューなどで使う様々な調味料もアンモボックスの中に入れてしまえば安心です。

アンモボックスの使い道4「薪ストーブにリメイク」

ちょっと斬新なアンモボックスの使い道としておすすめなのが薪ストーブのベースとして利用する方法です。キャンプなどでもあると便利な人気の薪ストーブを簡単に格安にアンモボックスで作ってしまいましょう。

沢山の人がアンモボックスで色々な薪ストーブを製作しています。インスタやユーチューブなどにも画像や動画がアップされているので参考にして自分だけのオリジナル薪ストーブを作ってみてはいかがでしょうか。

方法としてざっくりとした説明をすると、上部に煙突を作る、横に薪などを入れ扉をつける、足を取り付けるといった作業を施すことになります。

切断や溶接なども必要になるので道具が揃っていないと簡単にはできませんが、機会がある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。ホームセンターなどでは道具の貸し出しを行っているところもあるのでぜひおすすめです。

アンモボックスの使い道5「カメラのレンズ入れ」

炭入れに最適なアンモボックスの使い道としてカメラのレンズ入れがあります。防滴性の高いアンモボックスは湿気を嫌うカメラ用品を収納しておくのにもぴったりです。

カメラの収納袋がすっぽりそのまま収容可能という口コミもあり、本体自体が丈夫で、さらに収納袋に入れておけば、外からの衝撃などにも十分に耐えることができます。レンズに傷がつくこともないので、カメラ好きにもぜひおすすめです。

アンモボックスに関する噂・口コミ・注意点

炭入れなど使い道も色々な人気のアンモボックスに関しては色々な噂も飛び交っています。アンモボックスに関する噂や実際使用した人の口コミ、また、注意点などをまとめてみました。気になる人気のアンモボックスについてさらに理解を深めるためにぜひチェックしておきましょう。

アンモボックスに関する噂

アンモボックスに関しては米軍の払い下げ品という噂もあちこちで飛び交っているようですが、実際は全く別物で、中国製の完全なレプリカです。

しかしレプリカでありながら、実際は米軍が発注したという噂もあるのも確か。ただし、そちらも真意は定かではありません。

アンモボックスに関する口コミ

アンモボックスの口コミを見ると、実は今回ご紹介した以外の使い方をしている人たちも沢山いることが分かります。

男性にとっては使い道が決まっていなくてもとりあえずカッコよさと値段の安さにひかれて思わず購入している人も沢山いる様子です。

実際に購入してから使い道を決めたという人の中にはCDラックや雑誌の収納として使ったり、本格的なサバイバルゲームのアイテムをしまう人もいるようです。バイクと一緒に使っている人も多く、ツーリングの際などしっかりと中身が保護されるのでとても便利なようです。

実際に使用した際の不具合をコメントしているものがほとんどなく、イメージ通りの商品であることがよくわかります。中には弾薬さながらに花火を保管しているという人もいましたが、1年間湿気らずに翌年使えるかどうかは定かではありません。

アンモボックスに関する注意点

アンモボックスを使うときの注意点として3つほどご紹介しておきましょう。まずひとつめはアンモボックスはそこそこの重さがあるものばかりです。コストコの小サイズでも1.7kgほどの重さがあります。スチール製なので高いところから落ちてしまうと大きなけがにつながることもあります。

また、子供たちが自由に開け閉めして遊ぶのも危険です。スチール製で気密性もしっかりしているため、子供が指を挟んだりする危険があります。転んで角に頭をぶつけてしまうという可能性も皆無ではありません。

小さなお子さんのいるご家庭では使わない時でもしっかりと管理しておくことが必要です。実際に大人で指を挟んだことがあるという人の口コミからは相当な痛さであることが分かり、子供の手や指なら大けがになる可能性もあるということが推測できます。

3つめの注意点としては風雨にさらさないことです。コストコのアンモボックスは防水性があるので雨がかかっても中に水滴が入ることはありません。しかし、長時間風雨にさらされるとどうしても錆びてしまいます。バイクの荷台やアウトドアで使用する際には長時間風雨にさらされないように注意しましょう。

その他のアンモボックスも要チェック!

アマゾンでも販売されているコストコで人気のアンモボックスですが、アンモボックスはそれ以外にも色々なタイプのものがあります。キャンプシーンで炭入れなどに使うならもちろんコストコのアンモボックスのようなスチール製が便利ですが、他の用途も考えた時には素材の違うアンモボックスもおすすめです。

素材の違うアンモボックスやコストコ以外で販売されているスチール製のアンモボックスについてもご紹介しておきます。

木製のアンモボックス

コストコで販売されているアンモボックスはスチール製ですが、ドイツ軍やポーランド軍の使っていたというアンモボックスが通販やオークションサイトなどで販売されていることがあり、人気です。スチール製と違いアンティークの要素たっぷりの木製のアンモボックス。お店やお部屋のインテリアとして購入する人も多いようです。

また、自分でアンモボックスを真似て製作することも可能です。100均で販売されているウッドボックスを使えばミニチュアのアンモボックスも作ることができ、お部屋のインテリアには最高。センス良くマスキングテープやステンシルを施すのがポイントです。

プラスチック素材のアンモボックス

大手通販サイトの楽天ではプラスチック素材のアンモボックスも販売されています。マルチ収納ボックスとして販売されているボックスで分厚いプラスチック製でカーキ色、弾薬のスペック表記はダメージプリントで雰囲気抜群のボックスです。

中にはCDケースがギリギリ入る高さで工具やステンシルセット入れなどにおすすめ。グリップ間のある分厚いハンドルも持ち運びに便利です。

ガレージや車庫、アウトドアシーンでも活躍します。もちろん炭入れとして使うのもOKです。サイズは外寸がH17cm X W37cm X D20cm、内寸がH12cm X W31.5cm X D16cmです。

カインズのアンモボックス

カインズでもアンモボックスは販売されています。防滴、防塵スチールケースとして販売されている炭入れにもおすすめのカインズのアンモボックスは蓋の裏にパッキンがついていて、前面におしゃれなデザインが施されています。

大小2サイズで展開されているカインズのアンモボックスはブルー、カーキ、レッドの3色で展開されていてキャンプサイトの差し色としてもぜひおすすめです。

大サイズはH22.8cm×W18.4cm×D32.7cm、重量約6.4kg、耐荷重は約10kg。小サイズはH19cm×W15.5cm×D30cm、重量約5.6kg、耐荷重は約7kgです。

アンモボックスでおしゃれなアウトドアを楽しもう

いかがでしたでしょうか。炭入れに便利なアンモボックスとは機能性も抜群なおしゃれなボックスです。コストコで格安で販売されているものを購入すればアレンジして色々な使い道があります。アウトドアやキャンプを楽しむ人にはもちろん、そうでない方でも気密性や剛健性、防滴仕様などを利用し、活用してみてはいかがでしょう。

関連記事

1848.thumb
この記事のライター
nyaokaka
札幌在住のnyaokakaです。旅行やアウトドアなど、経験を活かしたわかりやすい記事をお届けできるよう心掛けています。どうぞよろしくお願いします!

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ