地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

マカオの治安はどんな感じ?注意点や対策を確認して安全に旅行を楽しもう!

世界中の観光客が集まる人気の観光スポットマカオの治安状態についてご紹介します。日本でも多くの旅行者がマカオに訪れます。初めてのマカオ旅行を計画される方は治安状況をチェックしておきましょう。またマカオ旅行の際の注意点や対策方法も合わせて参考にしてみましょう。

マカオ観光前に治安や安全対策について知りたい見出し

Photo bykonkarampelas

世界中の観光客が集まる大人気のマカオは日本の旅行者もたくさん訪れるスポットです。マカオと言えばカジノが有名ですが、それ以外でも観光スポットも多いのが魅力です。

マカオは少し前まではギャンブル好きの方や男性に人気でしたが、近年インスタ映えスポットも多く女性にも人気の場所です。

マカオ旅行の場合は日本からの直行便もあり、フライト時間は約5時間30分程でアクセスができます。気軽にマカオ旅行が楽しめるのも魅力の1つとなっています。

そんなマカオに初めての旅行で訪れる際に気になる、治安についてご紹介します。マカオの治安状況や旅行の際の注意点や安全対策に注目してみましょう。

マカオ観光におすすめ!有名スポットや人気のグルメをご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
マカオ観光におすすめ!有名スポットや人気のグルメをご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
海外旅行をするのに日本からも近くて大人気の観光地マカオ。カジノだけでなく観光、グルメ、ショッピングにいろいろと楽しめるところです。今回は、マカオの観光におすすめの有名なスポットや人気のグルメを厳選してご紹介いたします。ご旅行前に是非事前チェックしてくださいね!

マカオの治安情報をチェック!見出し

マカオは、1999年にポルトガルから返還され、現在では中国本土の一部となっているスポットです。ユニークな街並みが魅力で、近年インスタ映えスポットとしても注目されています。

そんなマカオは、日本でも多くの旅行会社やメディアでも紹介される程、人気の観光スポットです。男女共に人気のマカオに訪れる際には治安は問題ないのか、安全に旅行を楽しめるのかをしっかりチェックしておきましょう。

また2019年6月以降に世界的にもニュースになっている香港で起こっている「香港デモ」も気になる問題点となります。

それぞれ注意すべき治安問題の他にも、マカオ滞在中の注意点をチェックしてマカオ旅行を計画しましょう。

注意点や安全対策もご紹介!

マカオは現在中国本土の一部となっています。それでいて西洋と東洋の異国情緒あふれる街並みがとても魅力的です。

年間を通してたくさんの観光客が訪れるマカオでは、治安以外にも注意しなければいけない事や安全対策も必要となってきます。

マカオの治安状況と合わせて注意しておきたいポイントや、旅行の際の安全対策についても考えておきましょう。

マカオの治安状況見出し

次にマカオの治安状況についてご紹介します。マカオだけでに限りませんが、海外へ旅行に訪れる際にはその場所の治安状況を確認する必要があります。

近年では日本でも海外旅行者が急上昇しています。何度か海外旅行を経験されている方でも、訪れる場所の治安状況は事前にチェックしましょう。

特に初めての海外旅行を計画されている方は、治安状況を念入りに把握する必要があります。それは日本が世界的に見てもとても治安が良い場所だからです。

世界的に治安が良い場所であっても、日本から見た場合はそうでない場合もあります。また数年前は治安が良く安全でも、現在の状況は必ず確認しましょう。

外務省の海外安全ホームページ情報

Photo byPexels

マカオ旅行前にチェックしておきたい外務省の海外安全ホームページ情報を参考にしてみましょう。海外のどの場所でも確認する事ができるのでとても便利です。

現在外務省安全ホームページでは危険情報はありません。マカオは1999年頃から治安がとても安定してきています。

中国本土に変換される頃から行政区政府によって治安改善への強化が始まり、徐々に治安が安定しつつあるようです。

ただし、治安状況は安定していると言っても、外務省の基準は世界的に見た基準となります。日本に比べれば全く安全かと言えばそうでもないので安全対策は必要となります。

マカオの年間犯罪件数

Photo byPexels

続いてマカオの年間犯罪件数についてご紹介します。マカオの年間犯罪件数はそれぞれの犯罪内容によってチェックしてみましょう。

まず2018年の年間犯罪件数は合計で1万4365件で、その中でも圧倒的に多いのが詐欺犯罪となります。年々増加傾向にある詐欺件数は1195件で、続く暴力犯罪件数が647件となります。

殺人や凶悪犯罪はマカオではほぼ発生していないので、テロ等の旅行中の危険は比較的に低くなっています。

マカオの旅行中では特に窃盗やスリ等の犯罪に巻き込まれてしまう可能性が高いので、場所によって注意する必要があります。

マカオにはホームレスがいない

続いてマカオでは駅や街でほとんどホームレスを見かける事はありません。この点については日本では場所によってホームレスもいるので、違った環境です。

マカオにはホームレスがいない理由については、税制面にあります。マカオでは消費税がなく、所得税も最高12%となっていて市民が負担しなければいけない税金が圧倒的に低いです。

更に教育費や医療費は無料で、住民への現金給付金は年間約14万が支給される事で社会保障がとても充実しています。

日本も社会保障が充実している方ですが、近年消費税率も上がったので市民への負担はとても大きいです。

街中に防犯カメラが設置

Photo byPexels

続いてマカオの街中には防犯カメラがたくさん設置されています。犯罪件数が少なくなったのは防犯カメラの強化も大きく関係しています。

マカオと言えばカジノが有名ですが、夜のカジノ街の絶景が見える人気スポットもあります。夜道は日中に比べても、危険度が高くなります。

そんな中でマカオでは年々防犯カメラの設置が増えていっています。観光客集まるセナド広場やマカオ中心街には至る所に設置されています。

観光客にとっては防犯カメラの設置は安全材料になります。防犯カメラがあるからと言って女性の夜の一人歩きは極力控えておきましょう。

マカオのエリア別にみる治安見出し

続いてマカオエリアの場所によっての治安についてご紹介します。マカオは全体的に見ても治安は世界的に見ても良い場所です。

マカオ内でもたくさんの観光スポットがあり、旅行で訪れる際には注意したい場所を事前にチェックして安全対策を行う様にしましょう。

セナド広場周辺の治安

まず初めにマカオの大人気観光スポットのセナド広場周辺の治安についてご紹介します。日本の観光客もたくさん訪れるセナド広場はとても人気の場所です。

セナド広場周辺の治安は観光客が集結する場所だからこそ、スリの犯罪が多くなっています。セナド広場はとにかく混雑をしていて、人とぶつかってしまう事も多いです。

そんな中でスリ犯も狙いやすい場所でもあります。大切な財布等はポケットに入れずにしっかりとカバンに入れて持ち歩く様にしましょう。

ラザロ地区の治安

続いてマカオの人気観光スポットのラザロ地区の治安についてご紹介します。ラザロ地区はセナド広場からも徒歩圏内の場所にあります。

街並みがとても綺麗で、インスタ映えスポットとしても注目されています。ラザロ地区はセナド広場よりも比較的に観光客も少ないです。

その為ラザロ地区はセナド広場よりも治安に関しては、特に危ないと感じる場所ではありません。レストラン等が多いので、食事の際には置き引きに合わないように注意が必要です。

福隆新街の治安

続いてマカオの人気観光スポット福隆新街の治安についてご紹介します。福隆新街はマカオの昔ながらの町並みが楽しめる場所です。

福隆新街はSNSでも旅行のガイドブックでも多く取り上げられています。そんな中で非常に観光客も年々多くなっているので、治安は安全な場所です。

福隆新街はレトロな街並みが素敵ですが、1本裏道に入るとマカオの人が生活していている場所になっています。裏道の1人歩きは避けておくのが安全です。

コタイ地区の治安

次にマカオの人気観光スポットのコタイ地区の治安をチェックしてみましょう。コタイ地区は特に夜の夜景がとても綺麗なスポットです。

ホテルのライトアップがとても綺麗で、日本では見る事が出来ない夜景が楽しめます。特にコタイ地区は夜景が絶景な場所なので、女性の一人歩きは危険です。

比較的に治安が悪い場所ではありませんが、人通りがとても少ない場所なので誰も助けてくれないので注意しておきましょう。

マカオで注意が必要な危険な場所は?

最後にマカオで注意が必要な危険な場所についてご紹介します。マカオの中でも観光で極力避けておいた方がいい場所があります。

マカオ半島の中心部に位置する宋玉生廣場はマカオの市民が集うスポットでもあります。ビジネス街や市民の憩いの場所ですが、観光スポットも特にない場所です。

また宋玉生廣場には広い公園がありますが、夜になると照明が少なく人もとても少ない場所です。また観光客を狙った犯罪も多発しているので注意しておきましょう。

香港デモのマカオへの影響は?見出し

続いて近年世界中で注目されている香港デモはマカオでは影響があるのかについて解説します。香港はマカオはとても近く、香港とマカオを合わせて旅行される方も多いです。

2019年6月以降、香港デモは日に日に激しくなっている一方でマカオの旅行に心配を抱いている方もとても多いです。マカオ旅行を計画されている方は気になる香港デモの影響についてチェックしておきましょう。

香港デモはマカオの治安に影響なし!

結論からお伝えするとマカオは香港デモの影響はないので治安に関しても問題はありません。香港デモは親中派の商店等が破壊される反政府デモが発展しています。

香港とマカオを結ぶ人口島の「宋玉生廣場」がありますが、宋玉生廣場では大規模なテロ対策訓練を行っています。

マカオはどちらかと言えば親中派の議員が多い事で、現在のところはマカオではデモ等の影響や不安はありません。

香港空港ではなくマカオ空港への直行便の利用がおすすめ!

現在は日本からマカオにアクセスする際には直行便がありますが、以前までは香港空港にアクセスをしてマカオに訪れるのが一般的でした。

マカオ空港が開港したのが1995年に初めて誕生しました。人気の香港旅行もマカオ旅行と合わせて訪れる観光客も多く、合わせて旅行をする方が非常に多いです。

しかし香港デモが2019年以降注目されてからは、香港旅行を極力避ける方も多くなっています。現在は日本からマカオ空港までの直行便が出ているので、マカオ旅行の際には直行便でアクセスするのがおすすめです。

香港空港からマカオへの移動方法①:バス

Photo byFree-Photos

香港空港を利用される際にはマカオへの移動方法は便利なバス移動がおすすめです。2018年10月に「港珠澳」が誕生し、香港とマカオが世界一の海上橋で繋がりました。

港珠澳が開通してからは、香港からマカオ間をバスで約30分~40分の移動距離で往来できます。とても便利になったので観光客からも注目されている移動手段です。

香港空港からマカオへの移動方法②:フェリー

Photo bypixelRaw

続いて香港空港からマカオへの移動手段のフェリーについてご紹介します。港珠澳が開通するまでは一般的な香港からマカオへの移動手段はフェリーでした。

港珠澳が開通してからはバスでの移動者が多くなって、現在ではフェリーの便数が更に減っています。フェリーでの所要時間は約65分でアクセスできます。

マカオで旅行者が被害に遭っている犯罪と安全対策見出し

続いてマカオで旅行者が被害に遭っている犯罪と安全対策についてご紹介します。楽しい観光中に犯罪に巻き込まれる旅行者も多く、治安の良いマカオでも注意が必要です。

そんな中で旅行者に被害が及ぶ5つの犯罪をピックアップしてみます。犯罪は未然に対策を取る事で防げる可能性も多くあるので、事前にチェックしておきましょう。

マカオ旅行者の犯罪被害①:スリ・置き引き・ひったくり

Photo bycongerdesign

まず初めにマカオ旅行者の犯罪被害1つ目は圧倒的に多いスリや置き引きやひったくりの犯罪についてご紹介します。

スリや置き引きやひったくり犯罪はマカオに限らずに、世界では旅行者を襲う犯罪です。人気の観光スポットでは人も多く、人混みに紛れて犯罪が起きやすくなります。

最近では大切なパスポートや財布だけでなく、スマートフォン等の機器も盗まれる事が多いので注意しておきましょう。

スリ・置き引き・ひったくりの安全対策

Photo bycongerdesign

旅行中スリや置き引きやひったくりの安全対策をチェックしておきましょう。まず旅行中にとても大切なパスポートや財布はポケットに入れずに、しっかりとカバンに入れて保管しましょう。

またレストランでの食事中も、バッグ等の荷物はトイレに行く際にも肌身離さず持って管理をします。バッグを置いて席を離れる事自体が、犯罪を招く行為になりかねません。

また最悪の場合財布を盗まれた際にも被害を最小限に抑える為に、大金を持ったりするのを控えましょう。お金はバラバラに保管するのがおすすめの安全対策になります。

マカオ旅行者の犯罪被害②:両替詐欺(偽札)

続いてマカオ旅行が被害にある犯罪2つ目は両替詐欺と偽札詐欺になります。日本からマカオに訪れた際には必ず換金します。

日本で現地の通貨に両替する事も可能ですが、現地で両替する方がレートもお得となります。しかしレートが不正に取り扱われたり、偽札と交換される事も多いので注意しておきましょう。

両替詐欺の安全対策

マカオ旅行中の両替詐欺の安全対策をご紹介します。日本からマカオに訪れる前には事前にマカオのパタカのレートをチェックしておくのがおすすめです。

中にはとんでもないレート率で両替されてしまう、悪質な両替所があるのできちんとレート率を確認しておきましょう。

また偽札に関してはマカオパタカの弊誌等をネットで確認しておきましょう。巧妙な偽札もありますので、被害を抑えるためにも大金の両替は控えておきましょう。

マカオ旅行者の犯罪被害③:タクシーのぼったくり

Photo byFree-Photos

続いてマカオ旅行者の犯罪被害3つ目はタクシーのぼったくりです。こちらもマカオだけに限らず、タクシーのぼったくり被害は世界中でも多いです。

マカオ警察でも近年タクシーのぼったくり犯罪の違反検挙数が1年で3800件以上もの被害が及んでいます。現地で中国語や英語を話せない場合は、ぼったくりに合う確率もとても高くなってしまいます。

タクシーのぼったくりの安全対策

マカオでタクシーのぼったくりの安全対策をチェックしておきましょう。マカオの旅行中に便利なタクシーを利用する際には、宿泊のホテルでタクシーをお願いしてもらうのがおすすめです。

ホテルを通じている事で行先をしっかりと伝えてくれる事、その他にぼったくり被害に遭った際にはホテル側も協力してくれます。

また街でタクシーを利用する際にはしっかりとメーターが動いているのかを確認しましょう。また位置情報マップを活用をしたり、運転手の名前や会社名を確認するようにしましょう。

マカオ旅行者の犯罪被害④:いかさま賭博

Photo byfielperson

続いてマカオ旅行者の犯罪4つ目はいかさま賭博です。楽しい旅行者中に親しげに近寄ってくる犯罪者がいます。

日本語や英語で話しかける犯罪者が旅行者にゲーム等に誘ってきます。誘いに乗ってお金を持って行かれてしまう等の被害が多発しています。

いかさま賭博の安全対策

Photo byjlaso

いかさま賭博の安全対策はたった1つで現地で知り合った人に安易に付いていかない事です。どれだけ話していて、いい人と感じても付いていかないのが第一です。

またマカオの現地で友達を作りたいとお考えの際には、最低限でも賭け事などをしないと決めておきましょう。

マカオ旅行者の犯罪被害⑤:路上強盗

Photo byLeoFra

最後にマカオ旅行者の犯罪被害5つ目は路上強盗です。犯罪の中でも1番怖くて危険な犯罪被害となります。

スリや置き引きやひったくり等の金銭を盗む犯罪も多いですが路上強盗の場合は凶器を持っている場合がありますので安全対策をしておきましょう。

路上強盗の安全対策

Photo byHenry_Wang

路上強盗の安全対策は人目の付かない場所や夜道などで起こる場合があるので、そのような場所に訪れないようにしましょう。

夜道の移動はタクシーを利用したり、明るくて人が多い場所に訪れるのがおすすめです。またもし最悪の場合、路上強盗に遭った際には金品を差し出すようにしましょう。

マカオ旅行で注意すること見出し

最後にマカオ旅行で注意しておきたいポイントをご紹介します。旅行者中気になるマカオの治安や犯罪の他にも注意点がいくつかあります。

初めてマカオ旅行に訪れる際には、マカオの旅行中で気を付けたいポイントをチェックしてアクセスする様にしましょう。

マカオ旅行の注意点①:貴重品

Photo byjackmac34

まず初めにマカオ旅行中の注意点として貴重品の管理が大切です。マカオでは上記でもご紹介した様に、スリやひったくり事件が多いです。

そんな中でパスポートやお金やスマートフォンまでの大切な貴重品は、しっかりと守る対策をしておく必要があります。

またマカオでは日本人はお金持ちというイメージがあるので、スリやひったくりも狙われやすくなるので貴重品の入ったバッグは肌身離さず持っておきましょう。

マカオ旅行の注意点②:食べ物・水

Photo bycongerdesign

続いてマカオ旅行の注意点2つ目は現地での食べ物や水です。マカオがまだまだ衛生状態が良いとは言えません。生野菜を始めマカオで食事をする際には加熱処理をしている料理を選ぶようにしましょう。

またマカオでは水道水は飲用してはいけません。水を飲む際にはお店で購入したミネラルウォーター等を飲むようにしましょう。

マカオ旅行の注意点③:感染症

Photo byelluisx

次にマカオ旅行の注意点3つ目は感性症です。マカオでは鳥インフルエンザに感染してしまう可能性があります。

鳥インフルエンザの感性症を防ぐには、徹底的な手洗いうがいや鳥の死骸は触ったり近づかない様にしましょう。

マカオ旅行の注意点④:交通事故

Photo byliuhonghezhengshi

続いてマカオ旅行の4つ目の注意点は交通事故です。日本とは違った環境のマカオでは交通状況は一般的な歩行者優先意識がとても低いです。

なので日本と同じ感覚で歩行者優先と考えずマカオ旅行は、車に注意しながら信号や横断歩道を渡る様にしましょう。

マカオ旅行の注意点⑤:公共交通機関でのマナー

Photo byanalogicus

続いてマカオ旅行の際には公共交通機関でのマナーに注意しておきましょう。マカオでは交通機関内での飲食は禁止になっていて、更に罰金もあるので注意が必要です。

またバスの中では優先席がありますが、年上のお年寄り専用の席となります。日本では優先席に座る方も多いですが、マカオは日本よりも認識が厳しいので注意しておきましょう。

マカオ旅行の注意点⑥:喫煙ルール

Photo bymarkusspiske

続いてマカオ旅行の注意点6つ目は禁煙ルールをご紹介します。マカオでは公共の場所では喫煙ルールが厳しく定められています。

マカオでは公共施設や飲食店等すべての場所では禁煙となっています。マカオ内では喫煙許可がある喫煙所のみでしかタバコは吸えません。違反すると罰金があるので注意しておきましょう。

マカオ旅行の注意点⑦:インターネット環境

Photo byterimakasih0

続いてマカオの旅行中の注意点7つ目はインターネット環境です。マカオ空港やホテルやショッピングモール等はフリーWi-Fiを利用する事ができます。

しかしそれ以外の場所ではフリーWi-Fiは飛んでいないので、移動中にスマホを利用したい場合等は現地で利用できるSIMカードやポケットWi-Fiをレンタルしておく様にしましょう。

マカオ旅行の注意点⑧:夜間の一人歩き

Photo byBeaTzJooDy

続いてマカオ旅行中の夜間での一人歩きには充分に注意しておきましょう。マカオは治安が良いといっても、ひったくりや強盗は多いです。

特にカジノで負けてしまった人が犯罪を起こす事件もあります。1人では夜間町を歩くのはとても危険なので出歩かないようにしましょう。

マカオ旅行の注意点⑨:台風

Photo byWikiImages

最後にマカオ旅行の際には台風に注意しておきましょう。マカオでは6月~10月の長い期間に台風が何度も上陸する事が多いです。

マカオに台風が接近すれば、移動手段となる飛行機やフェリーが利用できなくなります。更に香港とマカオを繋ぐ橋も通行がストップするので長く足止めになる危険もあります。

治安状況や対策をチェックしてマカオ旅行を安全に楽しもう!見出し

Photo bykoky742

マカオ旅行の際には治安状況の把握や安全対策をしっかりチェックして楽しい旅行を満喫しましょう。世界的に見てもマカオの治安はとても良いですが、日本と比べれば治安問題は注意しなければいけません。

マカオは年間を通して海外からの旅行者も多く、観光客を狙った犯罪が多いので注意が必要となります。特に日本の旅行者を狙った犯罪も過去にはあります。

場所によっては夜道の危険が多い場合もあります。そんな中でマカオ旅行中は必要最低限の対策が必要となってきます。

またマカオの治安以外にも旅行中の食べ物やマカオのルールやマナー等も、事前に下調べをして旅行に訪れる様にしましょう。

投稿日: 2020年1月24日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote