地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

マレーシアのコンセントの電圧や形状をチェック!変換プラグは必要?

たくさんの方がマレーシアに観光に訪れます。海外旅行をしなれている方にとっては常識のコンセント事情。マレーシアのコンセントは形から電圧から日本とは違います。そのままではにほんの家電製品は使えません。マレーシアのコンセント事情をしっかりと予習しておきましょう。

マレーシアのコンセント事情をご紹介!見出し

Photo byLuiz-Jorge-Artista

海外旅行に行く際に忘れがちにコンセント事情。日本ではおなじみの2つの縦の穴が開いているコンセントは、世界では非常に珍しいコンセント口になります。

そして電圧も日本は100Vで正常に家電製品が動くようにできています。この100Vも世界から見えると珍しく、110Vから240Vがよく使われます。

マレーシアに旅行に行かれる方はこのコンセントの形状と電圧をしっかりと把握してから、現地でコンセントを使用するようにしましょう。ではマレーシアのコンセント事情のご紹介です。

電圧や形状のタイプ・変換プラグについてもチェック!

Photo by odysseygate

そしてマレーシアのコンセントの形が合っていても、電圧が違っていては使用したいものが正常に動きません。マレーシアで電圧を変換させて使用するには変換プラグも必要です。

日本とマレーシアの電気事情の違いをしっかりと理解して、準備していけば何不自由なく現地で電気製品を使用することができます。

マレーシアのコンセントの形状見出し

世界中に7、8種類もあるコンセントの形。日本の2つの縦のコンセント口は珍しく、他の国では使えないのが当たり前です。

マレーシアで充電をしたり、家電製品を使ったりしたい時は、まずマレーシアの差し込み口にあったプラグを持っている必要があります。

マレーシアのコンセントはBFタイプ

マレーシアのコンセントはBFタイプと言われる3つの穴のコンセントの形状です。マレーシアの他に、イギリスや中国でもこの形状のコンセントです。

日本であまり馴染みのない形ですので、マレーシアに行ってみて、いざドライヤーやスマホの充電をしようと思って壁を見てコンセントのびっくりしたのではもう手遅れです。

日本のコンセントはAタイプ

Photo by haru__q

日本のコンセントはAタイプと言われます。このAタイプのコンセントはタイやアメリカ、南アメリカやタヒチなどでも使われます。

行く国によっては日本のAタイプをそのまま使用できる国もあるようです。しかし今回のマレーシアのコンセントはBFタイプになります。

変換プラグは100均でも購入できる!

そんなマレーシアの形状の変換プラグは、身近な100均でも購入が可能です。いろんな国の形状のものが販売されています。100均の中でもダイソーで見かけたと口コミが多数です。お近くの100均から探してみましょう。

マレーシアのコンセントの形はBFタイプですのでしっかりと、形と名前を確認してから100均で購入しましょう。そしてこの変換プラグを、お手持ちの家電製品のコンセントの先にかぶせればマレーシアで使用することができる第一歩ということです。100均でいくつか購入しておいて、携帯用、パソコン用といくつかコンセントを用意しておくのもおすすめです。

マレーシアのコンセントの電圧見出し

Photo by spinster cardigan

コンセントがマレーシアのコンセント口に刺さるようになったからと言って、このまま家電製品の電源を入れてもうまく作動しません。最悪の結果、お手持ちの電化製品の故障をもなりかねません。

海外で電化製品を使う際の注意事項は、プラグの形状と、電圧です。電圧とは日本では100Vと世界中から見て比較的低い電圧の電気を使用しています。

海外では110V~240Vと日本より高い電圧を使用しているところがほとんどです。この電圧の違いを理解していないで、変換プラグだけつけて使用すると、電圧が強すぎて、最悪の場合壊れてしまうことになります。

マレーシアのコンセントの電圧は220V

マレーシアのコンセントは電圧220Vです。日本に比べると非常に高い電圧で、日本の家電製品ではこの電圧に耐えることができません。

耐えられなくなった家電製品はショートして、壊れたり最悪の場合は爆発してしまうことも考えられます。コンセント口は差し込めないのででは断念しますが、電圧は使わないと不具合が分からないので、注意が必要です。

マレーシアの電気の周波数

Photo by GWP Photography

そしてもう一つ気になるマレーシアの電気の周波数があります。これは世界中でだいたい同じ50-60HZを使用しています。

マレーシアでも日本と同じ50-60HZが使用されていますので周波数の心配は必要ありません。

日本の電化製品を使う場合は変圧器が必要

そこで、マレーシアの高い電圧を変換させるための変圧器を使用してみましょう。日本の家電製品のプラグとコンセント口の間に差し込んで電圧を変換させます。

マレーシアの電圧を日本の家電製品が使用できる100Vに変換してくれます。これを持っていけば家電製品をマレーシアで使用できるため安心です。

変圧器は2000円から3000円ほどで販売されています。日本から準備して持っていくのも、マレーシアで現地調達するのもおすすめです。

マレーシアで変圧器が不要な電化製品①:スマートフォン

Photo by monokuro palet

しかし最近の日本で販売されている家電製品には変圧器なしでも充電ができ、動くものがあります。その中にはスマートフォンも含まれます。

スマートフォンはマレーシアのコンセントの電圧220Vに対応できるよう、100~240Vの電圧が使用できるようになっています。しかし出国する前にしっかりと調べてから充電をするようにしましょう。

マレーシアで変圧器が不要な電化製品②:パソコン

Photo by takanori00

さらにパソコンも世界中で使いやすいように電圧が100~240Vのものが多くあります。よってマレーシアでスマホやパソコンの充電には変圧器なしで充電することができます。

しかしコンセントの形状は間違いなく違いますので、日本からマレーシアのコンセントプラグを持っていくようにしましょう。

マレーシアと日本の時差は1時間!飛行時間も観光前にチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
マレーシアと日本の時差は1時間!飛行時間も観光前にチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
マレーシアと日本の時差は1時間です。そのため、日本からマレーシアに旅行に行く際には、時差はあまり気にすることなく過ごすことができます。観光地としても人気が高いマレーシア。そこで、マレーシアに行かれる前に飛行時間もしっかりとチェックしておきましょう。

マレーシアの電化製品事情見出し

Photo by shankar s.

マレーシアで一定期間滞在して生活をしようと考えている方は、調理器具や美容器具と、様々な家電製品が必要になります。

それをすべて日本から持っていくのは少々危険な場合があります。スマホやパソコン、デジカメは変圧器なしでマレーシアのコンセントプラグさえあれば使用可能です。

しかしコンセント交換のみでうまく作動しない家電製品があります。そういった場合はマレーシアで現地調達して使う方が快適な場合があります。

変圧器を利用できない電化製品は現地調達がおすすめ

Photo by Gavin St. Ours

一般的にマレーシアに限らず、どこの国においても現地調達がおすすめな家電製品がいくつかあります。

その中には一定期間滞在するのに必要なものが多いので、観光に行く際にはさほど気にならないものばかりです。

変圧器を利用できない電化製品①:熱を出す電化製品

Photo by neco

その中には熱を出す、ドライヤーやアイロンが挙げられます。観光で行くのみでドライヤーを持参する方は少ないでしょうか、仕事で来られた方は好みのドライヤーを使いたいもの、しかし熱を発する家電製品は変圧器を使ってもうまく作動しない場合があります。

変圧器を利用できない電化製品②:消費電力が高い電化製品

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

また消費電力の高い、掃除機やミキサーも使用できない場合があります。そのような家電は現地でお手頃価格なものを購入するのもいいでしょう。

またマレーシアにも日本製品が多く入っていますので日本と同じものがコンセントの形状と電圧をマレーシアに揃えたもので、販売している場合があります。

充電ケーブルやアダプターは現地でも購入できる!

Photo by Takashi(aes256)

日本にいる間に100均でマレーシアのアダプターや変圧器を用意してこなかった場合でも、心配いりません。

マレーシアについてから現地調達も可能です。マレーシアにも日本のような大きな家電量販店がありますので、そこでこれにつなぐゲーブルが欲しいと伝えてみましょう。

マレーシアの電化製品専門店

例えばマレーシアでスマホのケーブルが欲しい場合は、アップルの販売代理店や日系ではベスト電器やAEONもあります。そのほかにもデジカメではSONY、OLYMPUSなどもあります。

日本でついうっかりコンセントのことまで考えていなくても、マレーシアの空港でも、もしかしたらマレーシアのホテルでプラグや変圧器の貸し出しがあるかもしれません。

焦らず充電がしばらく持つ間は家電販売店を探しながら観光を楽しんでみましょう。買い物事情も進んでいるマレーシアですので何を買うにも困ることはないでしょう。

マレーシアの言語や公用語・英語は通じる?あいさつのフレーズもチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
マレーシアの言語や公用語・英語は通じる?あいさつのフレーズもチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
マレーシアの公用語やマレー語ですが、英語は準公用語となっていて観光旅行なら英語ができれば困ることはありません。ここではマレーシアで話されている言語や言語事情、あいさつのフレーズなどを紹介します。マレーシアを訪れる際の参考にしてください。

マレーシアのコンセント事情をチェックして旅行の準備をしよう!見出し

Photo by cinz

いかがでしたでしょうか。マレーシアのコンセント事情は知っていれば何の心配もないこと。しかし1日思いっきり観光を楽しんだ後にスマホの充電ぎりぎりでホテルの部屋に戻ってきて、充電しよう!と考えた時。

コンセントが違っていると考えるとぞっとします。スマホには旅に必要な情報がすべて入れてあるかもしれません。地図に翻訳アプリに。そんな時は頑張ってホテルのフロントまで行って、コンセントのアダプターを貸し出ししていますか?と聞いてみましょう。

しっかりとマレーシアのコンセント事情もチェックして、100均で旅で必要なものを全部揃えておくのもおすすめです。

投稿日: 2020年2月4日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote