築地本願寺は御朱印の代わりに記念スタンプがいただける!もらえる時間帯は?

2020年2月16日 (2020年2月18日最終更新)

築地駅から歩いて数分の築地本願寺では、御朱印の代わりに記念スタンプが手に入ります。御朱印がないのにはちゃんとした理由があり、築地本願寺の歴史とも深い繋がりがあるようです。今回は築地本願寺の記念スタンプについて、もらえる時間や場所と合わせて紹介します。

目次

  1. 築地本願寺の御朱印情報をご紹介!
  2. 築地本願寺とは
  3. 築地本願寺には御朱印がない!
  4. 築地本願寺の見どころ
  5. 築地本願寺では宿泊も可能!
  6. 築地本願寺は御朱印の代わりに記念スタンプをいただこう!

築地本願寺の御朱印情報をご紹介!

寺院と言えば閑静な空気が溢れる場所というイメージが強そうですが、築地本願寺は「開かれたお寺」を目指しており、従来のイメージを崩すようなユニークな雰囲気が特徴です。

築地駅から歩いて数分の場所にあり、無料で見学できるのも嬉しい点です。築地にお越しの際は是非築地本願寺にも足を運んでみましょう。御朱印代わりの記念スタンプが手に入ります。

御朱印がない理由や代わりにいただける記念スタンプもチェック!

お寺や神社の参拝で欠かせないのが御朱印ですが、築地本願寺では御朱印を取り扱っていません。これにはちゃんとした理由があり、御朱印が手に入らない理由を築地本願寺の基本情報や見どころと合わせて説明していきます。

築地本願寺では御朱印の代わりに記念スタンプを販売しており、デザインなど独特の要素で人気を集めています。築地本願寺では御朱印の代わりに手に入る記念スタンプをチェックしていきましょう。

築地本願寺とは

まずは築地本願寺とは何か、由緒や歴史などの基本情報について説明しましょう。今や国外からも観光客が足を運ぶ築地本願寺ですが、どのような経緯や理由で建てられたのでしょうか?

御朱印代わりの記念スタンプや、実際にどのようなご利益が得られるかも参拝する上で気になる部分です。築地本願寺にお越しの際はこれらを参考にしてみて下さい。

築地本願寺の由緒・歴史

築地本願寺が創建されたのは1617年の事ですが、1657年に起きた「明暦の大火」という大火事で焼失してしまいます。海を埋め立てて土地を築いて本堂を建立した事が「築地」という名称のルーツにもなりました。

1923年に関東大震災が原因で再び焼失してしまいますが、1934年に再建されたものが現在の本堂として残っています。築地本願寺の歴史は火災と再建の繰り返しとも言えるでしょう。

築地本願寺のご本尊とご利益

築地本願寺のご本尊である阿弥陀如来には、生きとし生けるもの全てを救済してくれると言われています。一方で他の寺社仏閣に多い厄除けや金運といった効果はないようです。

ただし、念仏を唱える事でお釈迦様や阿弥陀如来からご加護を授かり、心が平穏になって幸せになれるのは素晴らしいかもしれません。御朱印代わりの記念スタンプもこの考えと関係あるようです。

築地本願寺はパワースポットとしても人気で、古代インド仏教様式を再現した特徴的な外観や本堂入口のステンドグラスなど、神々しい雰囲気を感じられる場所が豊富です。

築地本願寺の基本情報

築地本願寺は京都の西本願寺を本山とした、浄土真宗本願寺派の直轄寺院です。インドの古代仏教建築を模した外観でありながら、内部は伝統的な真宗寺院の造りとなっています。

御朱印代わりの記念スタンプを集める以外に、建物を見て回るだけでも充分楽しめるでしょう。ただのお寺ではありえないイベントも行われているので、気軽に足を運べる場所でもあります。

築地本願寺のアクセス

地下鉄から築地本願寺にアクセスする方法を紹介します。一番近いのは東京メトロ日比谷線「築地」であり、出口1から直結しています。

他にも東京メトロ有楽町線「新富町」駅、都営地下鉄浅草線「東銀座」駅などがあり、いずれも徒歩約5分と近い距離です。

住所 東京都中央区築地3-15-1
電話番号 03-3541-1131

築地本願寺には御朱印がない!

続いては築地本願寺に御朱印がない理由を説明します。最近は御朱印帳に御朱印を貼って集める人が多く、御朱印集めは寺社仏閣を参拝する上で1つの楽しみとしても知られています。

ただし、御朱印の代わりに手に入る記念スタンプは魅力的なので、これを目当てに築地本願寺を参拝する人も多いです。スタンプは御朱印帳に貼れないので、専用の台紙に貼って持ち帰りましょう。

築地本願寺に御朱印がない理由

築地本願寺に御朱印がないのは、宗派の違いが最大の理由です。築地本願寺の宗派は浄土真宗であり、その開祖である親鸞聖人は「心で念仏を唱えるだけでいい」と教えを説いていました。

浄土真宗では写経はせず、その証として奉納する御朱印は宗教上そぐわないものでした。そのため築地本願寺には、最初から御朱印が用意されていません。

築地本願寺では御朱印の代わりに記念スタンプがいただける!

もしこの事を知らずに築地本願寺を訪れると、「御朱印はありません」と不機嫌そうに言われるでしょう。ただし御朱印の代わりに、築地本願寺ならではの記念スタンプがもらえるのでご安心下さい。

記念スタンプは大判で迫力があり、御朱印で押してもらえるような大きめの朱印に似ています。インパクトが強いので、御朱印の代わりに記念品として長く残せるでしょう。

築地本願寺の記念スタンプは4種類!

築地本願寺の記念スタンプは元々あった3種類に、近年新しく増えたスタンプと合わせて4種類となりました。1つ目は門を入って真正面に見える本堂正面のスタンプで、直径7cmある大きなスタンプです。

2つ目は親鸞聖人のデザイン、3つ目は歴史を感じる寺社院のデザインとなっています。それぞれ温かみと力強さがあるのが特徴です。4つ目は「重要文化財」と書かれた丸いスタンプで、美しい蓮の花がデザインされています。

御朱印に負けず劣らずのバリエーションなので、集めるのが楽しくなってくるでしょう。御朱印代わりに記念スタンプのコレクションを目指してもいいかもしれません。

記念スタンプは御朱印帳ではなく専用のスタンプ台紙へ

築地本願寺のスタンプコーナーにて、御朱印帳にスタンプを貼っている人が見受けられます。しかし、御朱印帳にスタンプを押してしまうと、御朱印帳を他のお寺に持って行った時に後悔するかもしれません。

あくまでもスタンプは御朱印ではないので、御朱印帳を受け付けてくれないお寺があっても仕方ない事でしょう。築地本願寺の記念スタンプは御朱印帳ではなく、専用のスタンプ台紙に必ず押しましょう。

築地本願寺の記念スタンプの受付場所と時間

築地本願寺では、拝観時間内ならいつでも御朱印代わりの記念スタンプを押せるようになっています。場所は正面階段を上った先の本堂の入口付近にあり、自分で押す形です。ここが御朱印との違いなのでよく覚えておきましょう。

拝観時間は4月~9月だと6時から17時30分まで、10月~3月だと6時から17時までです。時期によって多少の差がある点にはご注意下さい。築地本願寺の拝観時間は早朝から夕方までと決まっているので、来るまでに慣れておきましょう。

築地本願寺の見どころ

ここからは築地本願寺の見どころを紹介します。長い歴史がある寺院なので、御朱印代わりの記念スタンプ以外にも見どころは豊富です。

重要文化財にも指定されている本堂など、歴史の重みを感じさせる場所で時間を忘れて楽しめます。参拝の際は御朱印代わりの記念スタンプはもちろん、これらの見どころも参考にしてみて下さい。

ユニークなデザインの「本堂」

築地本願寺の正門を入って正面の場所にあるのが本堂です。ユニークなデザインをしており、インド・イスラム・日本・西洋など世界中の異なるモチーフを組み合わせています。

一般的なお寺とは異なる佇まいであり、夜にライトアップされると昼間とは違った美しい姿を見る事もできます。説教や会議など様々な機能がまとめられている点も浄土真宗ならではです。

キリスト教やイスラム教の要素も取り入れた「堂内」

浄土真宗の様式に従った造りですが、パイプオルガンや中東を思わせる模様のランプなど、異国情緒入り混じった雰囲気が目を引きます。

パイプオルガンは結婚式や法要の際に演奏され、毎月最終金曜日にはランチタイムコンサートが行われています。美しい演奏を誰でも無料で聞けるのは魅力的です。

記念撮影スポット「親鸞聖人像」

築地本願寺で人気の記念撮影スポットが親鸞聖人像です。正門を入って右側奥に曲がり、憩いの庭として整備された場所にあります。

浄土真宗の開祖と言われる人物の像は大きく立派で、海外からの観光客も撮影に訪れているようです。また毎月16日は「親鸞さまの日」として、7時から本堂で読経を行っています。早起きが得意な人は参加してみましょう。

築地本願寺の情報発信基地「インフォメーションセンター」

築地本願寺の境内にあるインフォメーションセンターは、総合案内窓口として様々な情報を提供する場所です。施設内にはカフェやブックセンターなどを併設しており、心安らぐくつろぎの時間を過ごせるように心掛けています。ギフトショップには浄土真宗や御朱印関連の商品も並んでいるので、お土産におすすめです。

和がコンセプトの「築地本願寺カフェ Tsumugi」

インフォメーションセンター内にあるカフェの1つです。正面から入って左の場所にあり、一面ガラス張りのオシャレなカフェで境内を見ながら食事を楽しめます。

人気のメニューは朝食であり、18品目ものおかずにお粥と味噌汁が付いています。この「18」という数字は阿弥陀如来の願いにちなんでおり、「命あるもの全てを平等に生まれさせたい」という願いが込められているようです。

Original築地本願寺のカフェ『Tsumugi』はおしゃれなメニューが人気!朝食にも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
築地本願寺カフェは築地本願寺を眺めながら食事やお茶を楽しめる人気の場所。法事帰りはもちろん、...

築地本願寺では宿泊も可能!

築地本願寺では参拝のみならず宿泊も可能です。静かな夜を過ごしたい人や、東京ディズニーリゾートなど近場の観光スポットへのアクセスにおすすめなので、旅行プランが数日の場合は利用しましょう。400年以上もの歴史を持つ築地本願寺では、宿泊客の数もかなりのものです。

第一伝道会館

築地本願寺で宿泊可能なのは、境内にある第一伝道会館です。やや狭いものの和室12室・洋室3室の計15室あり、宿泊料金も5,000~9,000円と比較的安いのがポイントです。

チェックインは15時からであり、3階にある宿泊施設を利用する形になります。室内にはセルフサービスのお茶やコーヒーが置かれてあり、Wi-Fiも利用できるなど快適に過ごせます。

築地本願寺は御朱印の代わりに記念スタンプをいただこう!

築地本願寺では御朱印の代わりに記念スタンプが用意されています。素敵な思い出になるのは確かですが、御朱印帳ではなく専用のスタンプ台紙に押しましょう。他のお寺で御朱印がもらえなくなる原因になるかもしれません。

記念スタンプは種類豊富なので、御朱印の代わりに集めるのも面白いでしょう。築地本願寺で御朱印の代わりに記念スタンプを手に入れ、素敵な思い出を作って下さい。

関連記事

関連するキーワード

578.thumb
この記事のライター
木戸楠龍
福島生まれ福島育ちの木戸楠龍です。美味しいモノと旅行が好きで、休日には人気の飲食店に足を運ぶのがやめられません。ネットを通じて土地の魅力や名物を伝える事で、休日が今よりもっと楽しみになるようになれればと思います。ランチやティータイムにオススメな飲食店も紹介しますので、参考にしていただければ幸いです!

築地・月島・豊洲・八丁堀の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

築地・月島・豊洲・八丁堀の新着のまとめ