信楽「MIHO MUSEUM」がおすすめ!しだれ桜が満開?アクセスは?

2017年5月6日 (2020年9月6日最終更新)

滋賀県の信楽にあるMIHO MUSEUMをご存知ですか?私設美術館ながら、建築美と収蔵品の質の高さから国内外問わず大人気の観光スポットで、またルイ・ヴィトンのコレクション発表場所として選ばれ話題になりました。そんなMIHO MUSEUMの魅力をご紹介します。

目次

  1. MIHO MUSEUMをご存知ですか?
  2. MIHO MUSEUMとは?
  3. MIHO MUSEUMは建物がすごい!
  4. MIHO MUSEUMの見どころは?
  5. MIHO MUSEUMの収蔵品
  6. MIHO MUSEUMはしだれ桜の名所!
  7. MIHO MUSEUM併設のレストラン
  8. MIHO MUSEUMの入館料
  9. MIHO MUSEUMへのアクセス
  10. MIHO MUSEUMに行こう!

MIHO MUSEUMをご存知ですか?

18299770 1371824892878308 6746054743270883328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kayakaku

美術館巡りがお好きな方ならご存知かもしれません。MIHO MUSEUMという美術館を聞いたことがありますか?滋賀にあるMIHO MUSEUMは、外国からわざわざ訪れる人も多い大人気の観光スポットでもあります!普段美術館に行かないという方でも楽しめる作りになっていてとってもおすすめなんです。MIHO MUSEUMのことを知ったら行きたくなること間違い無しです!

MIHO MUSEUMとは?

18161074 234567043691946 7235940753162108928 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ahancha0310

MIHO MUSEUMは滋賀県甲賀市信楽町の郊外にある登録美術館です。なんとこの美術館、私立美術館なんです!個人のコレクションを収蔵・展示したMIHO MUSEUMは、収蔵品や建物どれをとっても県立、国立のものに見劣りしない素晴らしいものとなっています。

18162130 1889989737939635 5746909508995645440 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nivil

滋賀の信楽といえばたぬきで有名な信楽焼を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、もし信楽まで行くことがあったらぜひ一度訪れてほしい、おすすめの今注目の観光スポットです。

MIHO MUSEUMは建物がすごい!

18299147 419569491747733 2977222470039240704 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yuki.irielife1225

世界的に有名な建築家のI.M.Peiという方が建物のデザインをしています。この方の設計した有名な建物のひとつに、ルーヴル美術館のガラスピラミッドがあります。また、MIHO MUSEUMは周囲の景観を壊さないようにとの配慮から、8割が地下に埋まっているというこだわりのデザインになっています。

18161137 109585506275948 5417342293118025728 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mika62mika

地下に埋まっているとはいえ光が入るように設計されており、非常に明るいです。美術館のどこを歩いても、そのデザインの素晴らしさによって、まるで異世界にいるような不思議な感覚に陥る方も多いそう。収蔵品だけでなく、MIHO MUSEUMの建物自体も美術品の一部となっています。MIHO MUSEUMに訪れた際は、建物の中も見て回ることをおすすめします。

MIHO MUSEUMの見どころは?

MIHO MUSEUMのコンセプトは「桃源郷」。そのコンセプト通り、MIHO MUSEUMは人里離れた信楽郊外の山の中にひっそりと建っています。石山駅から直行のバスが出ており、50分ほどかけて到着します。

18252077 1759965077627877 6359974205978574848 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nivil

レセプション棟に着いたらそこからまた歩いて展示棟に向かうのですが、その道中がまた素晴らしいのです。どこを撮ってもフォトジェニックなのがMIHO MUSEUMの見どころのひとつでもあります。

18298663 1306393009456885 1951352033692876800 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hellomagindia

長いトンネルを抜けると、やっと展示棟が見えてきます。暗いトンネルの中から明るい景色が見えてくる光景は、桃源郷の名前の通り、まるで別世界にたどり着いたように感じます。また山の中なので自然が美しく、四季を楽しめるのが魅力です。アクセスは大変ですが、それでもMIHO MUSEUMに行きたい!という方が多く、毎年たくさんの観光客が訪れています。

この建造物は一見何だろう?と不思議に思いますが、実はこれ自動ドアなんです。このような思わずカメラを向けてしまう素敵なデザインが随所に散りばめられていて、建物を見て回るだけでも楽しめます。ただその場にいるだけでフォトジェニックなスポットなんて、とても興味をそそられませんか?

18298697 1953177041583284 7600986327345004544 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ichigomilk3

MIHO MUSEUMのどこで撮ってもフォトジェニックな雰囲気のある写真に仕上がるのは、建物の素晴らしさと自然に配慮したデザインの両方でもあるのではないでしょうか。写真が趣味の方も世界中から訪れていて、素敵な写真をたくさん見ることができます。建物だけで満足!という意見もちらほら聞かれます。

MIHO MUSEUMの収蔵品

18299026 810858399089730 3046653932093833216 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
koji_blueorchid

MIHO MUSEUMのコレクションはギリシャやローマ、アジアなど、幅広いコレクションが2000点以上収蔵されています。そのうち重要文化財に指定されている収蔵品もあります。仏像や螺鈿細工、絵画など、そのコレクションの素晴らしさに圧倒されてしまいます。

18011615 1371196039612187 5313588858342866944 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
bb_arthistoryy

こちらは円山応挙の孔雀図です。日本画の大家の作品も多く収蔵されています。大人気の伊藤若冲の象と鯨図屏風なども収蔵されており、日本画ファンにおすすめです。2017年夏季展示には雪村の公開も決定しておりますので、収蔵品と合わせて見ることができるかもしれませんよ!

18160912 139573209916484 4148986301116317696 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mihomuseum.official

こちらは西アジアの女神像です。世界中の美術品が一堂に会しており、目の保養になること間違いなしです。企画展は季節ごと行われているので、興味のある方はぜひチェックすることをおすすめします。ただし休館日が長めに取られていますので、行かれる際はご確認をどうぞ。

MIHO MUSEUMの収蔵品の中でも特に有名なのはこちら、「曜変天目茶碗」ではないでしょうか。国宝の三点とは違い、MIHO MUSEUM収蔵の分は重要文化財に指定されており、未だに議論が分かれているそうですが、それでも素晴らしい宝に違いはありません。展示されることがあったらぜひ近くで見てみたい品のひとつです。

MIHO MUSEUMはしだれ桜の名所!

18161693 208138456359240 7936253544645001216 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
the_giving_tree225

MIHO MUSEUMの見どころのひとつはこのしだれ桜です!春になると一斉に咲き乱れ、美しい景色を見せてくれます。その姿は桃源郷というコンセプトを表しているかのようで、魅了される人も多いそうです。このトンネルはスチール製なのですが、その理由はしだれ桜が反射して幻想的な光景を作れるためだそうです。

18013619 201213840394008 4770458624214433792 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yunyunyuka

春になるとレセプション棟から展示棟に向かう間の道に、しだれ桜が150メートルほど続く桜並木が現れるそうで、全国、世界中からしだれ桜をカメラに収めようと観光客で賑わいます。トンネルを抜けるとしだれ桜が広がる光景は、それは壮観な景色だそうです。幻想的な桜並木、ぜひ生で一度見てみたいですね。

18013192 988027127999237 3112342325854994432 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kindkoala

しだれ桜の時期は4月上旬から4月中旬ほど。トンネルを抜けると広がる幻想的な光景は他ではなかなかお目にかかることはできません。春になると大人気の桜の名所となる上、同時に美術館も楽しめるので、もしこの時期に滋賀を訪れる予定があったらぜひ足を運んでほしいおすすめのスポットです。

MIHO MUSEUM併設のレストラン

18161309 238787199858817 8470399248356081664 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hale888

MIHO MUSEUMにはカフェとレストランが併設されています。レセプション棟にはカフェ、展示棟にはレストランがあります。こちらのレストランは無農薬・オーガニックにこだわったメニューが並び、レストランで食事をするだけでも満足感がありますよ。レストランではおむすび膳やパスタ、そばなどの食事メニューがあり、カフェではスイーツを食べることができます。

18382512 1920548941491630 8860219512457265152 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
boc8689

目の保養をしたら、次はおいしい料理でお腹を満たすのもいいですね。ちなみにこちらのレストラン、非常に人気がありますので、着いた時間次第ではレストランに直行することをおすすめします。連休だとレストランに長蛇の列が並ぶほどの人気ぶりだそうですよ。

MIHO MUSEUMの入館料

18252584 175754429617178 6246179249334517760 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
wyuka15

MIHO MUSEUMの入館料は1000円です。そしてそこには、レセプション棟から展示棟を往復している電気自動車の料金も含まれているので、追加料金なしで乗ることができます。友の会に入ると他の提携美術館の割引もききますので、頻繁に行かれる方にはおすすめです。1000円で一日中楽しめる上景色も素晴らしいなんて、人気の理由がわかりますね。

MIHO MUSEUMへのアクセス

MIHO MUSEUMへのアクセスは公共機関がおすすめです。JR石山駅から直行バスが出ています。1時間に1本ほどの割合なので、時刻表のチェックは必須です。バスでアクセスされる場合は、JR石山駅南口よりMIHO MUSEUM行きバスで、タクシーでのアクセスの場合は、JR石山駅、草津駅から各約40分、信楽高原鉄道信楽駅から約20分となっています。

18382507 126266581266104 6637245775506046976 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
takako_1107

車でのアクセスなら、名神高速道路の栗東ICより約18km(栗東IC→県道55号→県道12号)で、新名神高速道路の信楽ICより約14km(信楽IC→国道307号→県道12号)です。また、名阪国道の壬生野ICなら約27km(壬生野IC→三重県道679→49→674号→国道422号→国道307号→県道12号)です。

MIHO MUSEUMに行こう!

18251815 1216386165149841 7673375999664324608 n
uni_uni123

いかがでしたか?MIHO MUSEUMは魅力がたっぷりと詰まった美術館です。アクセスは少し大変ですが、それを差し引いても、建築物から収蔵品、周囲の景色など、見る価値のある素晴らしい美術館です。大人気のMIHO MUSEUM、滋賀に行く際はぜひ訪れてみてくださいね。

2滋賀・永源寺人気観光スポットのご紹介!紅葉が美しい温泉もあり | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
滋賀県の永源寺をご存知でしょうか。滋賀県の永源寺は、観光で人気のスポットとして有名な神社です...
Slide 04 1三井寺観光まとめ!御朱印が頂けて桜や紅葉も美しい!琵琶湖が望める絶景も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
滋賀県にある人気の観光スポット「三井寺」の観光でおすすめの情報をご紹介します。「三井寺」には...
Site3853 02滋賀・甲賀の里忍術村まとめ!忍者屋敷の見学や体験も!衣装も着れる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
滋賀にある「甲賀の里忍術村」の観光おすすめ情報をご紹介していきます。滋賀にある「甲賀の里忍術...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
hanaco_07

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する