地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

福岡・天神の「大画面前」は待ち合わせの定番スポット!場所や行き方をご紹介!

福岡での繁華街といえば天神。その天神での待ち合わせスポットとして多くの方が利用しているのが「大画面前」です。定番スポットですが、慣れていない方にとってはどこのことなのか、いまいちわからないでしょう。そこで、天神の大画面前についてご紹介していきましょう。

福岡・天神の大画面前は有名な待ち合わせ定番スポット! 見出し

Photo bycocoparisienne

福岡の中心といえば天神。福岡だけでなく、九州中から多くの人が集まってくる活気があるエリアです。天神で待ち合わせをするという方も多いでしょう。天神での待ち合わせスポットは多数ありますが、その中でも定番中の定番が「大画面前」です。そこで、天神の待ち合わせスポットとして有名な大画面前についてご紹介していきましょう。

大画面の場所や電車・バス・車での行き方もチェック!

天神によく行くという方であれば「大画面前」といわれただけですぐにどこのことかわかるでしょう。しかし、普段天神を利用しないという場合であれば、「大画面前で待ち合わせ」といわれただけではピンとこないのではないでしょうか。

そこで、天神の大画面前の場所や、大画面前までの電車やバス・車でのアクセス方法も併せてご紹介していきましょう。

天神の大画面とは 見出し

まずは、天神の大画面についてご紹介していきましょう。天神で待ち合わせとして使われることが多い大画面前ですが、天神には多数の大画面があります。しかし、待ち合わせで使われる「大画面」とはその中でも一か所だけをさしており、多くの方がその大画面前を利用しています。大画面の場所を具体的にご紹介します。

西鉄福岡(天神)駅北口にある大型ビジョン

天神の待ち合わせで利用される「大画面」とは、西鉄福岡駅を降りた場所にあるソラリアステージにある大画面です。正式名称は「ソラリアステージ広場ビジョン」であり、縦は2.1m・横3.7mで、165インチと非常に大きな画面です。

西鉄天神駅を改札から出て北口エスカレーターで降りていきましょう。すると、目の前に大画面が出てくるので初めて行かれる方でもすぐにわかるでしょう。

西鉄福岡駅は、天神の中でも中心的な場所に位置しており、様々な場所に行くのに非常に便利です。そのため、大画面前を待ち合わせスポットとして利用すると、その後の予定先へ行くのにも都合が良いのです。

大画面のある天神ってどんなエリア?

待ち合わせスポットとして人気が高い大画面前ですが、その大画面がある天神とは一体どのようなエリアなのでしょう。簡単にご紹介しましょう。

天神は、福岡の中心的なエリアであり、九州の中でも最大の繁華街です。大画面があるソラリアステージや岩田屋、三越、パルコなどのショッピングモールや百貨店が多数集まっており、週末には九州各地から多くの人が集まってきています。

福岡の玄関口である博多駅が全国的には有名ですが、やはり福岡の中で一番の繁華街といえば天神だと答える方が多いでしょう。博多駅から天神までは地下鉄やバスを使って数分で到着します。

天神はショッピング以外にも、名物グルメがいただける飲食店も多いです。また、繁華街であるにも関わらず警固公園といった休憩スポットもあり、一日中楽しむことが出来る人気のエリアです。

天神観光スポットランキング!人気観光地やおすすめグルメは絶対に外せない | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
天神観光スポットランキング!人気観光地やおすすめグルメは絶対に外せない | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
天神は各地域からのアクセスが良く、年々観光客は増加している人気の地になっています。そんな天神には、あまり知られていない観光スポットや、人気で行列の絶えないグルメなどがたくさんあります。そこで今回は、天神の観光スポットランキングを紹介します。

天神には他にも大型ビジョンがあるので間違えないように注意!

天神で待ち合わせスポットとして使われる「大画面前」ですが、天神にはソラリアステージにある大型ビジョンの他にもいくつかの大型ビジョンがあります。そのため、大画面前という単語だけ聞いて、間違えて違うところに行ってしまう恐れがあるので注意が必要です。

天神にある大型ビジョンは、ソラリアターミナルビルに設置されている外壁ビジョンやイムズのシースルーエレベーターに設置されているイムズオーロラビジョン、岩田屋三越新館1階エントランスに設置されているきらめきビジョンなど様々あります。

その中でも、待ち合わせスポットとして「大画面前」と呼ばれているのはソラリアステージにある「ソラリアステージ広場ビジョン」のみです。

住所 福岡県福岡市中央区天神2-11

天神の大画面前への行き方<電車編> 見出し

それでは、天神の大画面前への行き方についてご紹介していきましょう。天神へは、電車やバス・車・タクシーなど様々な方法で行くことができます。そこで、まずは電車を使った行き方についてご紹介します。。天神へ行くために使える電車は、西鉄と地下鉄の2通りとなっています。

西鉄で行く方法

まずは、電車の中でも西鉄を利用して大画面前まで行く方法についてです。天神の待ち合わせスポットである大画面前は「西鉄福岡(天神)駅」から降りてすぐの場所にあります。そのため、西鉄福岡(天神)駅まで行く必要があります。

西鉄福岡(天神)駅に行くことができる電車は、西鉄天神大牟田線のみとなっています。大橋や二日市・久留米・柳川方面から行かれる場合には乗り換えなしで行くことができます。この西鉄天神大牟田線は、福岡に住んでいる方は多数使っている便利な路線です。

西鉄福岡(天神)駅から大画面前への行き方

西鉄福岡(天神)駅に到着したらまず改札から出ましょう。そして、北口階段もしくはエスカレーターを利用して1階に降りていきます。するとそのまま大画面前に到着します。

特に混雑しているような日には、様々な人の流れがありますので、違う場所に行ってしまわないようにご注意ください。ソラリアステージビル方面に向かうようにすれば間違いありません。

福岡市地下鉄で行く方法

続いては、福岡市地下鉄を利用して天神の大画面前まで行く方法についです。福岡市地下鉄を利用する場合には、「天神駅」で下車するようにしましょう。天神駅は地下鉄空港線の駅である、博多駅や福岡空港・姪浜などから行く場合に利用すると便利です。

福岡の地下鉄は非常にわかりやすく、間違える可能性も低いので博多駅から天神の大画面前まで行くという場合にはおすすめの移動手段です。

地下鉄空港線・天神駅から大画面前への行き方

地下鉄空港線・天神駅に到着すると、西5番出口から出るようにしましょう。西5番出口からエスカレーターで地上に上がるようにしましょう。すると、すぐにソラリアステージビルの大画面前に到着できます。西5番が最も近いですが、西4番や西6番から出てもすぐに到着することができるでしょう。

天神の大画面前への行き方<バス編> 見出し

天神の大画面前への行き方、続いてはバスを使った場合についてのご紹介です。九州各地から天神に行くという場合には高速バスを利用されるという方もいらっしゃるでしょう。また、博多駅や福岡空港からはバスで天神に行くという方も多いです。それぞれのバスを利用して天神の大画面前までのアクセス方法をご紹介します。

高速バスで行く方法

まずは、高速バスを利用して天神の大画面前まで行く方法についてです。電車よりもバスの方が安いということで高速バスを利用して天神まで行かれる方も多いです。

高速バスを利用して天神に行くと、ソラリアステージビルの3階にある「西鉄天神高速バスターミナル」に到着することが多いです。これは九州各地からだけなく東京や大阪から行く場合でも同様です。

西鉄天神バスターミナルから大画面前への行き方

西鉄天神高速バスターミナルを利用した場合、大画面前へは非常に簡単に到着します。西鉄天神高速バスターミナルは西鉄天神高速バスターミナルはソラリアステージ・ソラリアプラザと隣接しており3階に位置します。そのため、エスカレーターで1階まで降りていくとすぐに大画面前に到着できます。

博多バスターミナルから大画面前への行き方

高速バスを利用する場合、博多バスターミナルに最終的に到着するというケースも多いです。ただし、西鉄バスターミナルを経由しているケースも多いため、そういった場合には西鉄バスターミナルで下車するようにしましょう。

西鉄バスターミナルを経由していないという場合には、博多バスターミナルから地下鉄を利用して天神まで行く、もしくは路線バスを利用して天神まで行くようにしましょう。路線バスを利用して大画面前まで行く方法は後述します。

路線バスで行く方法

続いては、路線バスを利用して天神の大画面前まで行く方法についてです。福岡の様々なエリアから天神までは路線バスが出ており、それを利用して天神に行くという方も多いでしょう。そこで、博多駅からとヤフオクドームからの2ヶ所から路線バスを利用しての大画面前まで行く方法をご紹介します。

博多駅から路線バスに乗る

まずは博多駅から路線バスを利用した場合です。博多駅から天神の大画面前までは地下鉄以外にも路線バスで行くことができます。まず博多駅からバスに乗るためは博多口にあるAの乗り場に行きましょう。そこで天神行きのバスの乗車します。天神までは100円で行くことができます。天神で下車するとソラリアステージビルまではすぐに到着できます。

ヤフオクドームから路線バスに乗る

続いてはヤフオクドームから路線バスを利用した場合です。ヤフオクドーム前からは天神コア行き、もしくは天神北行きがありますが天神コア行き煮の理ましょう。天神コアで下車したら、渡辺通りの横断歩道を渡ってソラリアステージビルに入りましょう。そうすると、すぐに大画面前に到着できます。

天神の大画面前への行き方<車・タクシー編> 見出し

Photo by Dick Thomas Johnson

天神への大画面前への行き方、最後は車やタクシーを利用した場合についてです。家族連れや大人数で行くという場合、自家用車を利用するという方もいらっしゃるでしょう。また、福岡の土地勘が全くないという場合にはタクシーを利用すると確実に到着することができます。

車で行く方法

まずは車を利用して天神の大画面前まで行く方法についてです。九州自動車道を利用していく場合は福岡ICから都市高速に乗り、「天神北ランプ」で下車します。そのまま天神大通りを南の方へ進んでいき、1キロほど進んでいくと大画面前が面している渡辺通りに到着できるでしょう。

天神の大画面周辺の駐車場

天神の大画面前の周辺には多数の駐車場があります。そのため、車で行かれる場合には特に駐車場で困るということはないでしょう。天神の大画面前からほど近い場所にも駐車場はありますのでご安心ください。ただし、天神の中心部はやはり料金は高めになってしまいます。長時間利用する場合には最大料金が設定されている駐車場の利用がおすすめです。

天神の駐車場はどこが安い?最大料金・空き状況など便利情報まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
天神の駐車場はどこが安い?最大料金・空き状況など便利情報まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
天神周辺の駐車場をお探しですか。天神周辺に訪れる人は多く、空きがあるときもございますが、安い駐車場に停めたいという人も多いと思います。今回は、天神周辺でおすすめの駐車場をご紹介いたします。空き情報や最大料金、周辺環境など参考にしていただければ幸いです。

タクシーで行く方法

続いてはタクシーを利用して天神の大画面前まで行く方法についてです。タクシーを利用する場合、天神の大画面前までと伝えるとほぼ通用するでしょう。降りた後の行き方がわからないという場合にも教えてもらえます。

しかし天神の中心部は交通量も多く、タクシーの方が地下鉄よりも時間がかかるというケースもありますのでご注意ください。確実に時間通りに到着できるのは地下鉄を利用した場合です。

天神で大画面前以外の待ち合わせスポットは?見出し

天神では多くの人が待ち合わせをしていますが、今回ご紹介した大画面前以外にも様々な待ち合わせスポットがあります。そこで、代表的な待ち合わせスポットを簡単にはなりますがご紹介していきましょう。天神での定番の待ち合わせスポットは多数ありますが、これらを押さえておくと非常に便利です。

三越ライオン広場

まずは「三越ライオン広場」です。天神にある人気の百貨店である三越北口にはライオン像がありますが、そのライオン像がある広場が「三越ライオン広場」です。ベンチもあるのでゆっくりとくつろぎながら待つこともでき、非常におしゃれな空間が広がっています。福岡三越まで行けばライオン広場はすぐにわかるでしょう。

住所 福岡県福岡市中央区天神2-1-1

天神地下街中央広場

天神に行くのに地下鉄を利用するという方は「天神地下街中央広場」も待ち合わせスポットとしておすすめです。天神は非常に長い地下街が広がっていますが、その中央あたりに位置している広場となっています。天神地下街には様々なショップがあるので、待ち合わせまでの時間つぶしにも便利です。

住所 福岡県福岡市中央区天神2

行き方をチェックして天神の大画面前で待ち合わせしよう!見出し

Photo by coloredby

天神の待ち合わせスポットとして人気の大画面前についてご紹介しました。天神にある多数の待ち合わせスポットの中でも多くの方が利用している大画面前。天神には様々な大型ビジョンがありますが、その中でもみんなが使っている大画面前とは一つだけです。ぜひ天神の待ち合わせで大画面前を利用してはいかがでしょう。

関連キーワード

投稿日: 2020年3月26日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote