余市町は「北のフルーツ王国」!人気グルメやおすすめ観光スポットをご紹介!

余市町は「北のフルーツ王国」!人気グルメやおすすめ観光スポットをご紹介!

北海道の余市町は果物やウイスキーなどで有名な自然豊かな町。国指定文化財や国定公園など観光スポットも充実しており、全国から多くの観光客が訪れています。今回はそんな余市町の定番観光名所や人気のイベントなど、見どころをまとめてご紹介します!

記事の目次

  1. 1.余市町とはどんなところ?
  2. 2.余市町のおすすめ観光スポット
  3. 3.余市町の人気体験スポット 〜祭り・イベント〜
  4. 4.余市町の定番観光名所
  5. 5.余市町はグルメも観光スポットも充実した町!

余市町とはどんなところ?

豊かな自然に恵まれた余市町は、気候風土にあった美味しい果物の栽培が盛んな「北のフルーツ王国」と呼ばれています。日本で初めて民間のりんご栽培が始まった地であり、初夏から秋まで観光農園で様々な果物狩りを楽しむことができます。

近年はぶどうの栽培も盛んになり、北海道一を誇るワインぶどうの産地としても注目されています。また、ワイナリー見学ツアーが観光客にも人気を集めています。

春には余市川沿いに約5kmに渡って咲き誇る桜を、夏には海水浴場でのキャンプや農業体験などを楽しみに遠方からも多くの観光客が訪れます。

また、"ソーラン節発祥の地"である余市町では、ソーラン踊りパレードや花火大会などが見られる「北海ソーラン祭り」や、地元の食材をたっぷりと堪能できる「味覚の祭典〜よいち大好きフェスティバル」など四季を通じて楽しいイベントが目白押しです。

魅力いっぱいの余市町で観光・自然・グルメ・イベントを満喫し、楽しい思い出をつくりましょう!

余市町のおすすめ観光スポット

余市町の魅力を知ることができるおすすめ観光スポットや余市町ならではのツアーをご紹介します。ウイスキーやワインなど余市町の名産品ができる様子を見学したり、自然の美しい景観に癒されたりしましょう!

ニッカウヰスキー余市蒸溜所

「ニッカウヰスキー余市蒸溜所」は、"日本のウイスキーの父"と呼ばれる竹鶴政孝氏が日本で本物のウイスキーを作るという夢を持って、昭和9(1934)年に大日本果実株式会社として設立されました。

世界でここだけとなった伝統の技、「石炭直火蒸溜」が現在も受け継がれており、余市モルトの重厚でコクのある味わいや香ばしさを生み出しています。

ウイスキーの故郷スコットランドを思わせる工場は、日本はもとより世界各国から見学者が訪れる余市町の定番観光スポットになっています。ウイスキーが眠っていた貯蔵庫を改装してオープンした「ウイスキー博物館」も必見です。

ワインぶどう畑でかんぱいツアー

余市町は北海道一のワインぶどうの産地としても脚光を浴びています。ワイナリー見学やワインぶどう畑を地元ガイドの案内付きで回るなど、ただワインを味わうだけでなく楽しい思い出が作れるツアーも人気です。

冬にはワインぶどう畑でのスノーシュー体験などもあり、四季を通じて余市町のワインぶどうに関する体験が楽しめます。ぶどう畑の真ん中で仲間と味わうワインは格別です。

奇岩(えびす・大黒岩・烏帽子岬)

北海道で唯一の海域公園地区に指定されている海の美しい景観も見ておきたいところです。海岸周辺はニセコ積丹小樽海岸国定公園でもあり、"積丹ブルー"と呼ばれる青い海と点在する奇岩、雄大な烏帽子岬がつくり出す景観は人気の撮影スポットになっています。

余市町の人気体験スポット 〜祭り・イベント〜

余市町では、年間を通して観光客にも人気のお祭りやイベントが充実しています。花火大会、グルメ、スポーツ、ナイトツアーなどのイベントに参加し、余市町の魅力をさらに満喫してはいかがでしょうか。ここでは数あるイベントの中からおすすめのものを厳選してご紹介します。

北海ソーラン祭り

「ソーラン節発祥の地」であり、古くはニシン漁で栄えた余市町の夏の一大イベントといえば「北海ソーラン祭り」です。

毎年7月の第1土曜・日曜日に開催されており、町民はもちろん、全国から訪れる多くの観光客で賑わいます。

見どころは浴衣姿の町民がソーラン踊りで町を練り歩くオンパレードや約4,000発の花火が海上に上がる花火大会など。北海ソーラン太鼓の演奏や余市町の特産品が当たるビンゴ大会なども大いに盛り上がります。

味覚の祭典~よいち大好きフェスティバル

9月の最終日曜日には食欲の秋にふさわしいイベント「味覚の祭典〜よいち大好きフェスティバル」が開催されます。地元産の農作物や海産物、加工品などが集結します。

格安で余市町の美味しいものが購入できるとあり、例年行列のできる盛況ぶりです。同時開催の「味覚マラソン」では全国から約1,000人のランナーが参加し、スポーツの秋を盛り上げています。

また、ワイン農家さんが中心となって年に一度開催される「農園開放祭」はワイン好きの方必見のイベントです。ワイングラスを片手に普段は開放されていないワインぶどう畑巡りや醸造家との会話をお楽しみください。

ニッカ蒸溜所冬のナイトツアー

冬にはニッカウヰスキー北海道工場を舞台に期間限定の「ニッカ蒸溜所冬のナイトツアー」が開催されています。

雪明かりに照らされた工場は幻想的で、日中や他の季節とは全く違った光景に。工場見学の他、特別試飲が提供されるなど毎年キャンセル待ちが出る人気ツアーとなっています。

余市町の定番観光名所

初めての余市町観光で外せない定番観光名所を3つご紹介します。

余市町には4か所の国指定文化財、2か所の北海道指定文化財があるので指定文化財巡りがおすすめです。

旧下ヨイチ運上家

余市町にある国指定文化財のうち重要文化財にも指定されている「旧下ヨイチ運上家」。かつては数十カ所あった運上家建築が現在ではここ余市町のみとなっており、現存する唯一の貴重な施設として守られています。

旧下ヨイチ運上家の建物内には、和人とアイヌが交易していた当時の様子がわかる展示がされており、一般見学可能です。

旧余市福原漁場

古くはニシン漁によって繁栄してきた余市町。その当時の様子がうかがえるのが国指定文化財の「旧余市福原漁場」です。

ニシン漁を経営していた福原家が明治35(1902)年まで所有していた建物群で、明治時代の漁業活動を現在に伝える貴重な施設となっています。

フゴッペ洞窟外観

「フゴッペ洞窟」は日本最大級の岩面壁画のある重要な遺跡として昭和28(1953)年に国指定史跡に指定されたスポットです。

岩面には約800点に及ぶ人物像や動物、舟などが描かれており、土器や石器などの遺物も多数出土しています。国内で続縄文時代の壁面彫刻が見られるのはフゴッペ洞窟と小樽市の「手宮洞窟」のみです。

余市町はグルメも観光スポットも充実した町!

いかがでしたでしょうか?余市町には、自然の絶景スポット、美味しいグルメ、貴重な史跡など魅力的な観光スポットがたくさんあります。年間を通して観光客も楽しめるイベントも充実しているので、可能であれば日程を合わせてご参加ください。

余市町のより詳しい観光情報は以下のボタンからチェックできます◎事前によく計画を立てて、余市町の魅力を大満喫しましょう!

余市観光協会の公式ページはこちら
TravelNote編集部
ライター

TravelNote編集部

「ふらっと旅に出かけませんか?」 TravelNote編集部が実際に行ってみて良かったスポットや施設、 また独自レポートをまとめて紹介しています♪ 次の休日に足を運びたくなるスポットを随時掲載していくのでチェックしてみて下さい✨

関連記事

人気記事ランキング