地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

としまえんの遊び場「アソブラボー」が大人気!料金やおすすめの遊び方は?

としまえんの遊び場「アソブラボー」が大人気!料金やおすすめの遊び方は?

東京としまえん内には、アソブラボーがあります。アソブラボーは完全室内の遊び場なので、天候を気にせず遊ぶことができます。様々な遊びができ、成長に合わせた体験ができます。人気があるアソブラボーの遊び方や料金などをご紹介します。

東京・アソブラボーはとしまえんの人気遊び場スポット!見出し

Photo by yto

東京アソブラボーは、遊びを全身で愉しむことができる室内型アスレチック施設です。広々としている室内なので、ダイナミックな動きや運動ができます。

また動きだけではなく、頭を使って遊べるゾーンもあります。様々なことにチャレンジできる遊び場です。東京アソブラボーについてご紹介します。

6つの遊び場の遊び方や料金・混雑情報もチェック!

東京にあるアソブラボーは、6つの遊び場があります。それぞれ違った特徴があり、世界の遊具やおもちゃで遊ぶことができます。

アソブラボーは東京としまえん内にある施設で、生後6ヵ月から遊ぶことができます。アソブラボーの遊び場や料金、混雑情報などをチェックしましょう。

アソブラボーとは見出し

アソブラボーは、東京としまえん内に2018年11月にオープンした大型室内施設となります。子供向けアスレチックススペースで、ボーネルンド社がプロデュースしています。

こちらの遊び場には、赤ちゃんが遊べるようなベビースペースもあります。赤ちゃんや幼児、小学生など幼い子供から小学生が充実して遊べる施設となります。ひとつひとつの遊具やあそび道具が大きいので、のびのびと遊ぶことができます。

天候を気にせずのびのび遊べる大型屋内型施設

人気があるアソブラボーは、大型室内施設の遊び場なので、天候を気にせずのびのびと遊ぶことができます。

こちらの人気の遊び場は、1000平米の広さがあるので、広々とした空間が広がっています。混雑している時期でも、広さを感じることができます。

成長に合わせた多様な遊びが体験できる

東京としまえん内にあるアソブラボーは、成長に合わせた遊びができます。ベビーゾーンや大型遊具ゾーン、アクティブゾーンなどがあるので、子供の成長に合わせて遊ぶ場所を変えることができます。

またアソブラボーには、世界のあそび道具販売コーナーがあります。世界で販売されているあそび道具を販売しているので、興味のあるあそび道具を購入することが可能です。こちらで販売されているあそび道具は、ボーネルンド社から販売している人気があるあそび道具となります。年齢や成長に合わせた、あそび道具が販売されています。

あそび場を創造する企業「ボーネルンド社」によるプロデュース

アソブラボーをプロデュースしているボーネルンド社は、世界の優れたあそび道具を販売している企業となります。大型遊具の輸入からスタートしたボーネルンド社は、現在室内あそび場やあそび道具販売など、活動の幅を広げています。

ボーネルンド社がプロデュースしているアソブラボーは、子供の「遊びたい」という欲求をかき立て、満足させてくれる環境づくりをしています。子供の健やかな成長にあそびを通して貢献することを目指しています。

アソブラボーは、子供だけではなく大人もワクワクするような空間が広がっており、人気がある室内の遊び場です。

アソブラボーの6つの遊び場ゾーン見出し

アソブラボーには、6つの遊び場ゾーンがあります。それぞれの遊び場には、プレイリーダーというスタッフがいます。プレイリーダーは子供に遊び方を教えてくれたり、友達になれるきっかけ作りをしてくれます。

またアソブラボーの遊び場では、子供は靴下を脱ぐ必要があります。女の子はスカートよりも、ズボンなどの動きやすい恰好がおすすめです。アソブラボーの6つの遊び場についてご紹介します。

アソブラボー遊び場①:アクティブゾーン

アソブラボーのアクティブゾーンは、遊び場の中で最も広いスペースとなります。バルーンのような大きいマットが敷かれているので、思い切り体を動かして遊ぶことができます。

またアクティブゾーンは、受付を済ませると目の前にある遊び場なので、沢山の子供が集まりやすいです。ボルダリングのようによじ登ることができる壁は、綺麗なデザインで大人も愉しむことができます。こちらの遊び場は、子供の成長にも繋がる、ダイナミックな遊びができます。

アソブラボー遊び場②:大型遊具ゾーン

アソブラボーの大型遊具ゾーンは、デンマークのコンパン社が手がけている遊具があります。国内初導入の遊具で、斬新なデザインが特徴です。こちらの遊具は「子供がどのように遊ぶのか」や効果などが研究されているので、普段の遊具では見れないアクティブな動きを見ることができます。

またこちらの遊具は、滑り台がボールプールへと繋がっています。ボールプールがあると安心感があり、普段はできないようなアスレチックにも挑戦することができます。

トンネルや滑り台など、子供の探求心をくすぐるような工夫があります。大型遊具ゾーンは、頭を使いながら遊ぶブロックのようなあそび道具もあるので、人気があります。

アソブラボー遊び場③:ボールプールゾーン

東京としまえん内にあるアソブラボーのボールプールゾーンは、人気がある遊び場となります。底が見えないほどのボールの量があり、子供だけではなく大人もワクワクするような空間です。

ボールプールゾーンにも、大型遊具があるので様々な遊びをチャレンジすることができます。こちらの遊び場は広いので、混雑時期も遊びやすいです。またボールプールゾーンは、落とし物に注意しましょう。ボールの量が多く広いので、見つけにくい場合があるようです。

アソブラボー遊び場④:コンストラクションゾーン

アソブラボーの人気遊び場は、コンストラクションゾーンです。こちらの遊び場は、動く遊びではなく、静のあそびを愉しむことができます。

ブロックやマグネットのおもちゃを組み立てることができたり、おままごとセットなども用意されています。子供用のテーブルや椅子などもあるので、手や頭を使って遊ぶようなゾーンとなります。立体や平面など、想像して遊ぶことができる遊び場です。家では体験できないような、珍しいあそび道具もあるので注目です。

アソブラボー遊び場⑤:ロールプレイゾーン

アソブラボーのロールプレイゾーンは、キッチンやお店のようなあそび道具があるので、ごっこ遊びを愉しむことができる遊び場です。ブリオのような木製のおもちゃや、磁石のパズルなどもあるので、多様に遊ぶことができます。

こちらの遊び場のおもちゃ道具は、数が限られているので、おもちゃの貸し借りや譲り合いなども自然と学ぶことができる遊び場となります。子供同士のコミュニケーションなども、高めることができます。

アソブラボー遊び場⑥:ベビーゾーン

アソブラボーの人気遊び場は、ベビーゾーンです。ベビーゾーンは、床にマットが敷かれているので、赤ちゃんものびのびと過ごすことができます。赤ちゃんの発達段階に合わせた遊びを、安心して愉しむことができます。

ベビーゾーンは、静の遊びと動の遊び、両方を堪能することができます。対象年齢は、生後6ヵ月から18ヵ月前後となります。安心して見守ることができるので、人気があります。

アソブラボーの施設紹介見出し

アソブラボーは遊び場だけではなく、ゆっくりと休むことができる休憩ゾーンやベビー休憩ゾーンがあります。

また世界の遊び道具が販売されている販売コーナーもあります。アソブラボーの施設をご紹介します。

休憩ゾーン

アソブラボーには、誰でも利用することができる休憩ゾーンがあります。休憩ゾーンは飲食可能なので、事前に食べ物を持参している方は、こちらでご飯を食べることができます。

休憩ゾーンは沢山の椅子や机がありますが、混雑時期はどの席も埋まってしまいます。早い時間に行くなど、工夫をすることがポイントです。

ベビー休憩ゾーン

アソブラボーのベビー休憩ゾーンは、遊び場のベビーゾーンから直接行き来することができるので便利に利用することができます。

ベビー休憩ゾーンには、おむつ替えの部屋や授乳室などがあります。混雑時期は、ベビー休憩ゾーンに並ぶこともあるようです。またスタッフに声をかければ、粉ミルク用の熱湯を貰うこともできます。お手洗いや休憩スペースもあるので、一息つきたい時におすすめです。

世界のあそび道具 販売コーナー

東京としまえん内にあるアソブラボーは、世界のあそび道具販売コーナーがあります。日本では購入できないようなあそび道具が販売されています。

ロールプレイングゾーンで遊んだあそび道具なども販売されています。子供が見やすいように、目線が低めに陳列されています。

アソブラボーのおすすめポイント見出し

東京としまえん内にあるアソブラボーは、完全室内の遊び場なので、どんな天候でも気軽に利用することができます。

としまえんがある練馬区や中野区などは、大型室内キッズスペースや室内アスレチックが少ないので、人気がある遊び場となります。としまえんの休園日もアソブラボーは営業しているので、平日も利用できます。人気があるアソブラボーのおすすめポイントをご紹介します。

としまえんの入園料はかからない!

アソブラボーは、としまえんの入園料がかかりません。としまえんの入口で、アソブラボーのチケットのみを購入するとそのまま入園することができます。

としまえんの入園料を支払ってから、アソブラボーで遊びたい方は、アソブラボーのみの追加料金を支払う必要があります。その場合はとしまえんのチケット売り場に戻らず、アソブラボーの入口で受付することができます。

時間制限なし!入退場も自由

人気があるアソブラボーは、時間制限なしで遊ぶことができます。開園から閉館まで、丸一日過ごすことも可能です。またアソブラボー内に休憩スペースはありますが、レストランなどはないのでアソブラボーの外に出て、としまえん内で食事をする形になります。

アソブラボーは入退場も自由にできるので、としまえん内で気軽に食事をすることができます。またとしまえん自体は、入退園自由ではないので気を付けましょう。食べ物を持ち込みたい方は、事前に購入しておくことがポイントです。

入退場する際は、再入場のスタンプをチケットに押してもらうので、必ずチケットを持っておくようにしましょう。

遊園地の休園日も営業!

アソブラボーは、としまえんの休園日でも営業しています。としまえんの休園日は、公式ホームページの営業日カレンダーから確認することができます。

今月と来月の営業時間や休園日を、確認することができます。またとしまえんもアソブラボーも、元旦は休みとなります。

天候を気にせず遊べる!

としまえんはほとんどの遊び場が屋外ですが、アソブラボーは完全室内の遊び場となります。天候を気にせず、遊ぶことができるので人気があります。

アソブラボーは完全室内の遊び場なので、天候が悪い日は混雑することが多いです。こちらの遊び場には休憩スペースもありますが、混雑時期は午前中から満席になっていることもあります。

アソブラボーの基本情報見出し

東京としまえん内にあるアソブラボーは、子供に人気がある遊び場となります。休日は混雑しますが、子供は満足に遊ぶことができます。

休憩スペースなどもあるので、気軽に利用できます。アソブラボーの場所や利用料金、交通アクセスなどをチェックしましょう。

アソブラボーの場所

人気があるアソブラボーは、東京としまえんの中にある遊び場となります。としまえんの正面入り口から入り、正面にある橋を渡り、左手側に見える建物がアソブラボーの建物となります。東ゲートからも、アソブラボーの建物は近いです。アソブラボーから近いとしまえん駐車場は、立体駐車場の第一駐車場です。

人気があるアソブラボーの建物には、ASOBRAVOというロゴマークがあるので分かりやすいです。入口の横には庭園があり、乗り物やベンチがあります。外でゆっくりしたい方にもおすすめです。

またこちらの入口には、ロッカーがあります。有料のロッカーが沢山用意されているので、荷物が多い方は便利に利用できます。

アソブラボーの料金

東京としまえんにあるアソブラボーの料金は、子供1500円、大人500円となります。子供の遊び場なので、子供の料金の方が高くなっているのが特徴です。子供料金の対象年齢は、生後6ヵ月から小学生までとなります。生後6ヵ月未満は、入場料金無料となっています。

またアソブラボーを利用する方は、としまえんの入園料金を支払う必要がありません。としまえんの入口で、アソブラボーのチケットを求めましょう。としまえんに入園してから、アソブラボーを利用する場合は、入園料とアソブラボーの利用料金を支払う形となるので気を付けましょう。

としまえんののりもの一日券やキッズのりもの一日券、木馬の会パスポートは、アソブラボーでは利用することができません。アソブラボーの利用料金は、税込料金となっています。こちらの遊び場は、子供のみでの入場、中学生以上のみでの入場はできません。

アソブラボーの営業時間・定休日

東京としまえんの中にあるアソブラボーは、2020年4月から定休日が変わっています。変更前は毎月第3水曜日でしたが、2020年4月以降は毎月第2火曜日へと変更になりました。また8月中は、休みなしで営業しているようです。元旦は休みとなりますが、大晦日などは営業しています。

アソブラボーは、としまえん遊園地が休園日であっても、アソブラボーの遊び場は営業している場合があります。公式ホームページの営業カレンダーで、確認することができます。

人気があるアソブラボーの営業時間は、日によって違います。10時から16時、10時から17時、10時から18時、10時から19時半までの4種類の営業時間があります。アソブラボーの店内には、営業時間が書かれている看板があるので確認しましょう。

アソブラボーの混雑状況

アソブラボーが混雑する時間帯は、休日の13時から15時の間が混雑します。混雑状況は、秋や冬の間はとしまえん自体が空いている傾向にあるので、休日も遊びやすいです。ゴールデンウィークやお盆、正月などの長期休み期間は、としまえん自体が混雑するので駐車場も満車になるほど混雑します。

混雑する期間は、開園と同時にアソブラボーへ行くか、夕方に遊びに行くなど、混雑する時間帯を避けることがポイントです。またアソブラボーには、無料のロッカーもあります。無料ロッカーは100個ほどありますが、昼過ぎには全て埋まってしまう可能性があります。

混雑期間は、無料ロッカーが開園して直ぐに埋まってしまうこともあります。アソブラボーの入口には、有料ロッカーがあるので、無料ロッカーが埋まってる場合は有料ロッカーを利用しましょう。

アソブラボーの交通アクセス

アソブラボーがある東京としまえんの交通アクセスは、公共交通機関や車でのアクセスがおすすめです。最寄り駅から近い場所にあったり、駐車場の所要台数が800台以上だったりと、どちらのアクセス方法も便利です。としまえんの最寄り駅は、豊島園駅で、豊島園駅は西武線と都営地下鉄大江戸線が利用できます。

西武線豊島園駅は、始発と終点駅となります。改札は1ヵ所しかなく、改札からとしまえんまでは徒歩1分です。都営地下鉄大江戸線豊島園駅の改札は、地下にあります。地上A2出口から地上に出ると、徒歩3分でとしまえんへアクセスできます。

車でアクセスする場合、としまえんに最も近いインターは大泉インターです。大泉インターで降り、目白通りを通り、約20分でアクセスできます。混雑時期は、駐車場や周辺道路も混雑する可能性があるので気を付けましょう。

アソブラボーの駐車場

アソブラボーは、東京としまえんの駐車場を利用することができます。としまえんの駐車場は立体駐車場の第一駐車場と、混雑時期だけ開く西門臨時駐車場があります。第一駐車場の普通車の料金は、30分200円、1日最大1600円となります。

オートバイの料金は1日500円、自転車は無料となります。大型車やバスは、1日2100円です。大型車やバスでとしまえんへ行かれる方は、事前にとしまえんまで連絡する必要があります。西門臨時駐車場の料金は、普通車1日1600円、オートバイ1日500円です。

西門臨時駐車場が開く混雑時期はゴールデンウィーク、7月下旬から8月下旬まで、9月の土日となります。この日にち以外にも、臨時駐車場が開く可能性もあります。としまえんの開園自体は10時ですが、駐車場は8時半から入ることができるので、混雑時期は早めに行くのがおすすめです。

住所 東京都練馬区向山3-25-1 としまえん内
電話番号 03-3990-8800

としまえんでも釣りが出来る!初心者向けエリアやレンタルもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
としまえんでも釣りが出来る!初心者向けエリアやレンタルもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
遊園地やプールで有名なとしまえんはシーズンオフは釣り堀に大変身。マスの仲間が釣れ、食べることだってできるので、家族や友だちと楽しむ人が増えています。道具はレンタルもできますし、初心者も大歓迎。そんなとしまえんでどうやって釣りを楽しむのか、見ていきましょう。

アソブラボーに隣にあるブラボースタンド見出し

アソブラボーの隣には、ブラボースタンドがあります。ブラボースタンドは、軽食やスナックメニューを販売しています。

ブラボースタンドで軽食を購入して、アソブラボー内の休憩ゾーンで食事をとることも可能です。キッズセットやドリンクメニューも販売しています。

アソブラボーで一日中遊びまくろう!見出し

Photo by yto

東京としまえん内にあるアソブラボーは、気軽に遊ぶことができる人気の施設です。様々な体験ができ、子供が愉しむことができます。

大人もワクワクするような空間で、丸一日遊ぶことができます。アソブラボーについて是非参考にしてみて下さい。

関連キーワード

投稿日: 2020年4月6日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote