地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

高槻のクラムスバナナは人気のバナナジュース専門店!おすすめメニューは?

高槻にあるクラムスバナナは濃厚なバナナジュースが味わえると大人気のバナナジュース専門店です。クラムスバナナのバナナジュースはシンプルなものはもちろん、少し変わったものまでメニューが非常に豊富なため毎日足を運んでも飽きが来ません。

クラムスバナナは高槻で人気のバナナジュース専門店!見出し

Photo by iyoupapa

いま若者を中心に爆発的に大ヒットしつつあるスイーツがバナナジュースです。バナナジュース自体は昔からある非常にポピュラーな飲み物ですが、今そのおいしさが再評価されて専門店が続々オープンしています。そんなバナナジュースの名店として多くの人たちから愛されている高槻のクラムスバナナを今回はご紹介します。

人気店のおすすめメニューや店舗情報・アクセスもチェック!

現在東京や大阪を中心にバナナジュースの専門店が目覚ましいスピードで増えており、知識のない人からすると違いが少々分かりづらいかもしれません。

そんな中でクラムスバナナが人気を博すのには当然理由があり、その魅力を今回は余すところなく皆さんにお伝えしていきます。

クラムスバナナってどんなお店?見出し

クラムスバナナは2017年11月にオープンしたバナナジュースの専門店です。バナナジュースが流行する前から既にお店があったわけです。

その後に世の中でバナナジュースが大ブームになったことを受け、高槻のクラムスバナナは瞬く間に知名度が上がり大人気のお店となりました。

濃厚バナナジュース好きにはたまらない人気店

高槻にあるクラムスバナナはバナナジュースを販売しているお店の中でも特に濃厚な味わいであることが高い評価を得ています。

バナナジュースが好きな人にはもちろん、普段飲まない人でもクラムスバナナのメニューを味わえばはまってしまうこと間違いなしです。

高槻市役所の前!サルのマスコットキャラクターが目印のお店

クラムスバナナは高槻市役所のすぐ目の前と言う最高の立地にあり、少し喉が渇いたときになどにふらっとよれるのも魅力のひとつです。

クラムスバナナには可愛らしいおさるさんのマスコットキャラクターがいて、大きなサルの描かれた看板が目印です。

おしゃれな店内には8席イートインスペースも

高槻のクラムスバナナの店舗内にはイートインスペースも用意されており、出来立てのバナナジュースをその場ですぐに飲むこともできます。

カウンター席が8個ほどなので大人数で利用するのは難しいですが、少人数でくつろぐのには充分のスペースとなっています。

かわいいキャラクターグッズも販売中

クラムスバナナの店内ではバナナジュースを始めとしたドリンクメニューのほかにマスコットキャラクターのグッズも販売されています。

可愛らしいおさるさんのマスコットが若い女性を中心に大人気で、バナナジュースと一緒にグッズを買っていく人も少なくありません。

クラムスバナナの口コミ・評判

まだクラムスバナナへ行ったことがなくてどんなお店が不安と言う場合はネット上にある口コミ等をチェックしてみるのもおすすめです。

高槻のクラムスバナナはやはり濃厚なバナナジュースを評価する口コミが多く、メニューの豊富さも喜ばれているポイントです。

クラムスバナナのおすすめメニュー見出し

バナナジュース専門店だけあって高槻のクラムスバナナはバナナジュースに関するメニューだけでも非常に数が揃っています。

初めて足を運ぶと目移りが必至で、ここではそんな方に向けて「これを選んでおけば間違いない」と言うおすすめメニューをご紹介します。

クラムスバナナのおすすめメニュー①:濃厚バナナジュース

数あるクラムスバナナのメニューの中で圧倒的な人気を誇っているのか濃厚バナナジュースです。本当にバナナを丸ごと飲んでいるような一杯です。

非常に濃厚でずっしりとボリュームもあるのでレギュラーサイズでもかなり満足感が高く、軽めの朝食や昼食としてもおすすめです。

クラムスバナナのおすすめメニュー②:濃厚ミックスジュース

高槻のクラムスバナナは実はミックスジュースの専門店としての顔も持っており、メニューにある濃厚ミックスジュースも絶品と評判です。

バナナだけだとどうしても栄養が偏ってしまいがちですが、ミックスジュースにすることでその部分を補えるのでコスパはこちらの方が良いでしょう。

果物や野菜とコラボしたバナナジュースも人気!

シンプルなバナナジュースももちろんおいしいですが、そのバナナジュースに果物や野菜を加えたメニューもクラムスバナナは豊富です。

マンゴーや抹茶といった定番のフレーバーはもちろん、ドラゴンフルーツやオレオといった変わり種も非常に目を引きます。

季節限定や店舗限定の注目メニューも!

クラムスバナナではグランドメニューのほかに定期的に季節限定のメニューが登場し、それもリピーターが多く存在する理由となっています。

例えばほろ苦い甘さがバナナとよくマッチしたキャラメルカフェバナナジュースは冬季限定のメニューです。他にも店舗限定のメニューも存在します。

プラス50円で豆乳に変更もできる!

バナナジュースをよりヘルシーに飲みたいと言う場合にはプラス50円を出して牛乳を豆乳に変更してもらうのもおすすめです。

同じバナナジュースでも豆乳にするだけで風味がガラッと変わり、それに惚れ込んであえて豆乳にする人もいるほどです。

クラムスバナナの店舗情報見出し

ここまではクラムスバナナのバナナジュースを始めとしたメニューに関してご紹介してきましたが、ここからはより具体的なお店の情報をお伝えします。

営業時間やアクセス方法等は意外と軽視されがちですが非常に重要な情報なので、ぜひ足を運ぶ際は頭に入れておきましょう。

営業時間・定休日

Photo bytigerlily713

クラムスバナナの営業時間は午前11時から午後8時までで、基本的には定休日なく営業しています。ただし不定休となる場合もあります。

それぞれの日にちの営業時間や定休日等の情報は公式ホームページから簡単にチェックできるのでアクセスする場合は必ず目を通しておきましょう。

アクセス

クラムスバナナの最寄り駅は阪急京都線の高槻市駅です。駅から店舗までの距離は600メートルほどで、徒歩だと10分前後でアクセスできます。

またJRの高槻駅からも十分に徒歩圏内です。ちなみにクラムスバナナは小さなお店で専用の駐車場はないので、車でアクセスする時は自分でパーキングを探す必要があります。

住所 大阪府高槻市野見町4-6
電話番号 080-6158-0877

クラムスバナナの系列店舗情報見出し

高槻にあるクラムスバナナはその味が評判で次々と系列店もオープンさせており、最近では東京でもその味を楽しめるようになりました。

ここではクラムスバナナの系列店舗に関する情報をご紹介します。もしかしたら皆さんが住んでいる地域のすぐそばにもクラムスバナナがあるかもしれません。

CRAMS BANANA 道頓堀店

クラムスバナナの道頓堀店が2020年6月にオープンしたことを受け、高槻まで行かずに大阪市内で美味しいバナナジュースを味わえるようになりました。

他の店舗とは違い営業時間が午前11時から午後11時までと非常に長いのが特徴で、アクセス面も優れているため連日多くの人で賑わっています。

住所 大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目6-4
電話番号 非公開

CRAMS BANANA 東京FC店

2020年2月に東京・神田にクラムスバナナのフランチャイズ店がオープンしました。間借り営業の為、お昼のみの販売となります。

営業時間は午前10時から午後5時までで、東京メトロの末広町駅から歩いてすぐアクセスできる場所に店舗があります。

住所 東京都千代田区外神田3-7-12
電話番号 080-3863-0877

東京のバナナジュース専門店を紹介!話題の美味しい人気メニューを厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京のバナナジュース専門店を紹介!話題の美味しい人気メニューを厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京で今若い人中心に美味しさが再発見されているスイーツがバナナジュースです。東京にはバナナジュースの専門店がどんどん増えています。専門店ごとにバナナジュースの味には違いがあり、シンプルなものから個性的なものまで東京にはいろいろなバナナジュースがいっぱいです。

クラムスバナナは高槻で濃厚なバナナジュースを味わおう!見出し

Photo by Kanko*

バナナジュースと言うと昔からある飲み物だけに「家と専門店でそこまで味が変わらないのでは?」と思う人も少なくありません。しかし高槻のクラムスバナナでバナナジュースを飲むとバナナジュースに対する価値観がガラッと変わること間違いなしです。ぜひクラムスバナナで絶品のバナナジュースを味わい、その魅力を再発見してみてください。

投稿日: 2020年9月21日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote