地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

【広島発祥】ウニホーレンはどこで食べられるの?おすすめのお店11選も!

広島発祥のご当地グルメと言われるウニホーレンはウニとほうれん草を使った非常にシンプルな料理です。テレビで紹介されたことをきっかけにウニホーレンの人気に火がつき、最近では発祥地の広島だけでなく日本全国いろいろな場所の飲食店でウニホーレンを楽しめます。

ウニホーレンは広島発祥のご当地グルメ!見出し

Photo by veroyama

みなさんは広島のご当地グルメと聞くとどんなものを想像するでしょうか。お好み焼きやもみじまんじゅうなどが代表的ですが、いま密かに話題となっているのがウニホーレンです。今回はそんな広島のウニホーレンの魅力を余すところなくご紹介します。

正確な発祥の場所は不明

広島のご当地グルメとして人気のウニホーレンは正確な発祥の時期は分かっていません。ただ昭和50年頃には広島の鉄板焼き屋さんでウニホーレンは食べられており、発祥の場所は不明ですが少なくとも半世紀にわたって広島の人に愛されているグルメであることは間違いありません。

広島ご当地グルメ厳選10選!地元のB級グルメや名物のおすすめはこちら!のイメージ
広島ご当地グルメ厳選10選!地元のB級グルメや名物のおすすめはこちら!
広島県のご当地グルメに何があるか知っていますか?広島風お好み焼きは定番だと思いますが、その他にも魅力的なご当地グルメがたくさんあるんです!地元の人もおすすめする広島県の人気ご当地グルメを10選紹介していきます。広島観光の参考にぜひご覧ください。

ウニホーレンの特徴見出し

ウニホーレンとはネーミングからも分かるようにウニとほうれん草を使った料理です。ウニとほうれん草を一緒に食べる機会が少ないため「本当に合うのか」と疑問に感じる方もいるでしょうが、濃厚なウニの旨味とほうれん草の苦味が相性抜群です。

作り方は簡単

広島のウニホーレンは作り方も非常にシンプルで簡単です。茹でたほうれん草をバターと醤油で軽く炒め、その上にウニをかけるとウニホーレンは完成です。食材さえ手元にあればものの数分で作れる点もウニホーレンの大きな魅力のひとつとなっています。

またシンプルだからこそ奥深いのもウニホーレンの特徴で、使用するウニやほうれん草の種類を変えたり炒める時間を変えたりするだけでも味わいがガラッと変わります。そのためウニホーレンは毎回違った美味しさと出会え、飽きが来ない料理としても多くの人から愛されています。

ウニクレソンもある

ウニホーレンにはいろいろな派生レシピも存在し、例えば広島にはほうれん草の代わりにクレソンを使った『ウニクレソン』という料理も存在します。ほうれん草の部分を代えただけですがこれだけでガラッと味わいが変わり、自分好みのウニホーレンの派生レシピを探すのも楽しいです。

テレビ番組で知名度が上がった

Photo byPexels

もともとウニホーレンは隠れた広島の名物グルメといった立ち位置でしたが、とあるテレビ番組で紹介をされたこときっかけに人気に火がつきました。最近では広島だけでなく全国各地のいろいろな場所でウニホーレンを見かけるようになり、より気軽に食べられるグルメになりつつあります。

ポテチの味に選ばれたことも

ウニホーレンは広島のご当地ポテチの味として選ばれたこともあり、お土産等でウニホーレン風味のお菓子を食べたことがある人も多いのではないでしょうか。ウニとほうれん草を使っていることから大人のグルメのように感じますが、広島ではウニホーレンが大好きな子どもも多いです。

広島でウニホーレンを食べられるお店8選見出し

広島の飲食店にはご当地グルメだけあってウニホーレンを取り扱っているお店がとても多いです。また飲食店ごとにウニホーレンの味付けが微妙に違うため、食べ比べをしてみるのも面白いです。ここでは美味しいウニホーレンを味わうことのできるおすすめのお店を8軒ご紹介します。

①おゝ井すし

広島電鉄の胡町駅から徒歩5分ほどの場所にあるお寿司屋さんが『おゝ井すし』です。ここ『おゝ井すし』は広島県産の魚介類を使ったお寿司や料理が自慢で、新鮮なウニを使ったウニホーレンを味わうことができます。家庭では味わえないワンランク上のウニホーレンを楽しみたい方におすすめです。

お店のある場所が広島の繁華街のすぐそばとアクセスも良好で、ウニホーレン以外にも一品料理が豊富に揃っているので大勢だけでなくひとりでふらっと入るお店としてもおすすめです。営業時間は午後6時から深夜1時半までとなっており、定休日はありません。

住所 広島県広島市中区流川町1-14
電話番号 082-245-3695

②春来

広島電鉄の胡町から300mほどの場所にある鉄板焼き屋さんが『春来』です。ここ『春来』はウニホーレンが看板メニューのひとつで、連日多くのウニホーレンのファンが訪れる人気店です。鉄板で豪快にウニホーレンを作るのも『春来』の特徴で、味覚だけでなく全五感でウニホーレンを楽しめます。

店内には広島ゆかりの有名人のサインが所狭しと書かれており、それを眺めながらウニホーレンを食べるのも楽しいです。営業時間は午後6時から深夜2時までとなっていて、お店の場所は新天地公園が目印です。ただしここのお店は全席で喫煙可能となっている点には予め留意しておく必要があります。

住所 広島県広島市中区流川町3-17
電話番号 082-542-7555

③魚菜家

広島電鉄の胡町駅から歩いてすぐの場所にあるのが『魚菜家』で、地元の食材をふんだんに使った創作和食を楽しめるお店です。ウニホーレンをはじめとした本格的な料理をリーズナブルな値段で味わえ、個室も用意されているのでさまざまなシチュエーションで重宝するお店となっています。

住所 広島県広島市中区胡町2-10
電話番号 082-541-2600

④みやまえ 袋町

隠れ家的なウニホーレンのお店として人気なのが『みやまえ 袋町』で、最寄りの袋町駅から徒歩5分というアクセスの良さも魅力です。提供されているウニホーレンは味付けが濃いめで、そのまま食べてももちろん美味しいですが白いご飯やお酒と一緒に食べるのもおすすめです。

住所 広島県広島市中区中町7-16(ポレスター広島1F)
電話番号 082-246-7591

⑤五エ門 堀川町総本店

『五エ門 堀川町総本店』は「美味しいお好み焼きを食べられる」と評判のお店で、ウニホーレンをはじめとした鉄板焼きのメニューが豊富に揃っています。ここ『五エ門 堀川町総本店』のウニホーレンは作り方も味付けも非常にシンプルなので、初めてウニホーレンに挑戦する方にもおすすめです。

このお店は店内の各テーブルに鉄板が設置されており、注文したウニホーレンをいつでも熱々の状態で楽しむことができます。営業時間が午後6時から深夜2時半までと長めなのも特徴で、ゆっくりお酒やウニホーレンを楽しみたい人に最適です。

住所 広島県広島市中区堀川町1-16(リュウト館2F)
電話番号 082-541-5041

⑥ひろしま丸かじり 中ちゃん

『ひろしま丸かじり 中ちゃん』は先ほど紹介したウニクレソンを考案したお店で、連日ウニホーレンが好きな人たちで大盛況の人気店としても知られます。このウニクレソンをバゲットに乗せて食べるのが『ひろしま丸かじり 中ちゃん』流で、一度食べると病みつきになること間違いなしです。

ウニホーレンを取り扱っているお店はたくさんありますが、ウニクレソンが食べられる場所はほとんどありません。ウニホーレンが大好きなら一度は行ってみる価値のあるお店です。営業時間は午後5時から深夜0時までですが、材料がなくなり次第閉店となるため注意してください。

住所 広島県広島市中区弥生町6-8
電話番号 082-243-6067

⑦海平商店

『海平商店』は広島で人気の牡蠣小屋の直営店で、新鮮な牡蠣を使ったガンガン焼きが名物です。牡蠣だけでなく絶品のウニホーレンを楽しむことができ、このお店には広島グルメの魅力がぎゅっと詰まっているので県外からやってきた観光客にも人気です。

ここのウニホーレンはほかのお店と比べるとバターがたっぷりと使われているのが特徴で、途中でレモンを絞って味を変えるのも美味しいです。ただし上質なウニが仕入れられないとウニホーレンがメニューに並ばないこともあるため注意が必要です。営業時間は午後5時から深夜11時までとなっています。

住所 広島県広島市中区袋町8-11(森田ビル1F)
電話番号 082-249-9219

⑧一娯一笑

広島発祥のウニホーレンをはじめとする鉄板料理で人気のお店が『一娯一笑』です。ちなみに店名は「いちごいちえ」と読みます。座席の目の前にある鉄板で豪快に調理をするのも『一娯一笑』の特徴で、年齢や性別を問わず楽しむことのできるお店となっています。

ここはかなりの人気店です座席数が少ないため、確実にウニホーレンを味わいたいのであれば事前予約で座席の場所を確保しておくことをおすすめします。営業時間は午後6時から深夜2時までですが、日曜などは深夜0時までの短縮営業となるため注意です。

住所 広島県広島市中区流川町7-18(古本ビル)
電話番号 090-6404-8994

広島以外でウニホーレンを食べられるお店3選見出し

少し前まではウニホーレンは発祥の地である広島まで行かないと味わえませんでしたが、最近では東京をはじめとした全国のお店でウニホーレンを味わえるようになりつつあります。ここでは広島まで足を運ばずとも絶品のウニホーレンを食べられるお店を3軒ご紹介します。

①ちんちくりん 新橋本店

『ちんちくりん 新橋本店』は広島風お好み焼きをはじめとした広島のご当地グルメを味わうことのできるお店です。ここ『ちんちくりん 新橋本店』のウニホーレンはウニの上に卵黄が乗っているのが特徴で、濃厚な卵黄を絡めながらいただくウニホーレンは絶品でお世辞抜きに何皿でも食べられます。

最近では東京でもウニホーレンを食べられる場所が増えてきましたが、そのなかでもここのウニホーレンは美味しいと評判でファンも多いです。営業時間はランチが午前11時から午後2時半までで、ディナーが午後5時から深夜11時までです。また土曜日と日曜日が定休日となっています。

住所 東京都港区新橋3-21-11(新花ビル3F)
電話番号 03-6721-5350

②道頓堀あかい 北店

広島発祥のウニホーレンを大阪で味わうのなら『道頓堀あかい 北店』がおすすめです。鍋料理が看板メニューですが、熟成肉のステーキやウニホーレンなどの鉄板料理も美味しいお店となっています。ボリュームたっぷりのメニューが多いことからガッツリ食事をしたい人にもおすすめのお店です。

住所 大阪府大阪市北区堂島1-3-33(新地萬年ビル1F)
電話番号 080-9406-3654

③enjoy teppan! TAMI

ウニホーレンの人気は発祥の広島を飛び出して九州にまで広がっており、福岡市内にある『enjoy teppan! TAMI』でも美味しいウニホーレンをいただけます。広島の名店で修行した店主による料理はどれも絶品で、福岡にいながら本格的なウニホーレンを楽しめます。

『enjoy teppan! TAMI』には広島から取り寄せた地酒やフルーツ酒なども数多く用意されており、広島グルメを満喫したい人にはたまらないお店となっています。営業時間は午後5時から深夜0時までですが、閉店1時間前の深夜11時がラストオーダーとなっているため来店する際は注意です。

住所 福岡県福岡市中央区春吉3-25-8(1F)
電話番号 092-791-1056

ウニホーレンのおすすめの食べ方見出し

飲食店で本格的なウニホーレンを味わうのもいいですが、自分で気軽に作って楽しむことができるのもウニホーレンの大きな魅力です。食材や作り方がシンプルなのでバリエーションが少なそうですぐに飽きそうに感じますが、少し食べ方を変えるだけでウニホーレンはまた違った顔を見せてくれます。

おさけのおつまみにする

ウニホーレンはバター醤油の塩味が特徴的で、お酒のおつまみとしても非常におすすめの料理です。醤油を使っていることから日本酒との相性がバッチリなのはもちろん、ワインをはじめとした海外のお酒とも意外とよく合います。ウニホーレンにピッタリの自分好みのお酒を探すのもおすすめです。

バケットに乗せる

ウニホーレンはそのままでも美味しいですがほかの食材と一緒に食べるのもおすすめで、特に美味しいと評判なのがバゲットです。ウニホーレンを出すお店でもバゲットを提供しているところが少なくなく、付けながら食べることでお皿に残ったウニホーレンを1滴も残さずに済むという利点もあります。

さらにウニホーレンをバゲットと一緒に食べる時には、バゲットを少しトーストしてからウニホーレンを乗せるのもおすすめです。濃厚なウニホーレンに香ばしさがプラスされ、さらに食感もサクサクになるのでぜひ一度試してみてください。

卵黄を乗せる

お米派の人にはぜひウニホーレンの上に卵黄を乗せ、それを白いご飯と一緒に食べることをおすすめします。ウニとバター醤油と卵黄の組み合わせが白いご飯と合わないはずがなく、そこにほうれん草の苦味がいいアクセントとなってお箸が止まらなくなります。

パスタにかける

広島のご当地グルメであるウニホーレンはパスタにかけるのもおすすめです。作り方も簡単でウニホーレンをそのまま茹でたパスタの上にかけるだけです。味がいいのはもちろん、非常に見た目もいいひと皿なのでSNS映えを狙いたい人にもイチオシの食べ方となっています。

ウニホーレンはちょっと贅沢なご当地おつまみ!見出し

Photo bytimvb1990

広島発祥のウニホーレンはそのままでもよ良し、お酒と一緒でも良し、ご飯と一緒でも良し、パンと一緒でも良しと本当に何とでも合います。作り方も簡単で取り扱っているお店もどんどん増えているので、ぜひ広島のご当地おつまみであるウニホーレンに舌鼓を打ってみてください。

投稿日: 2021年11月7日最終更新日: 2021年11月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote