尾道観光おすすめスポットランキングTOP15!歴史散策や名所を巡ってみよう!

2017年5月15日 (2018年12月5日最終更新)

広島県尾道市は坂の町として知られ、情緒豊かな町並みと歴史散策におすすめな古寺が数多くあります。その他にも美術館や新たな観光名所、おすすめスポットもあります。そんな尾道観光の歴史散策や名所巡りに役立つ、おすすめスポットをランキング形式でご紹介します。

目次

  1. 尾道は歴史と坂道の町
  2. 尾道観光おすすめスポット15位
  3. 尾道観光おすすめスポット14位
  4. 尾道観光おすすめスポット13位
  5. 尾道観光おすすめスポット12位
  6. 尾道観光おすすめスポット11位
  7. 尾道観光おすすめスポット10位
  8. 尾道観光おすすめスポット9位
  9. 尾道観光おすすめスポット8位
  10. 尾道観光おすすめスポット7位
  11. 尾道観光おすすめスポット6位
  12. 尾道観光おすすめスポット5位
  13. 尾道観光おすすめスポット4位
  14. 尾道観光おすすめスポット3位
  15. 尾道観光おすすめスポット2位
  16. 尾道観光おすすめスポット1位
  17. 尾道には魅力がまだまだあります!

尾道は歴史と坂道の町

18444588 457170584622580 1177250802121572352 n
myomyo_photo

広島県の南東部に位置する尾道市は、南北約35㎞、東西約20㎞の細長い町で、山の中腹にかけて寺院と民家が連なり、それをぬうようにして坂道が迷路のように続くのが特徴です。尾道の発展の歴史は古く、1169年に倉敷地に指定されたことから始まっています。そんな尾道観光のおすすめスポットをランキング形式でご紹介します。

尾道観光おすすめスポット15位

尾道市因島フラワーセンター

11189850 441184866059080 1426432770 n
akii7

尾道市街からしまなみ海道を通り、因島北ICで降りて2㎞の白滝山の麓に尾道市因島フラワーセンターがあります。芝生広場や大花壇、温室があり、山の斜面という土地形を活かした階段花壇には約3万本のマリーゴールドが植えられています。尾道市が無料で開放している施設ですので、お気軽に散策をかねて家族で楽しめる観光スポットです。

因島の名所といえば「除虫菊(じょちゅうぎく)」の花畑です。因島の除虫菊は、かつては蚊取り線香の原料として栽培されていましたが、化学薬品の普及で現在は観賞用として栽培しています。5月になると因島内にある3つの除虫菊の名所では愛らしい白い花が咲き誇り、地元の人々や観光客の眼を楽しませてくれます。

尾道観光おすすめスポット14位

平山郁夫美術館

12534151 1953165084908760 1424876464 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
24mt1028

しまなみ海道・生口島北ICから車で12分ほどの場所に平山郁夫美術館があります。日本画壇の大家・平山郁夫はここ生口島(いくちじま)で生まれ、青年期までをここで過ごしています。1997年に開館したこの美術館は、両国国技館の設計で知られる建築家・今里隆氏が手がけたものです。

15802097 1828721197350601 3722922663430062080 n
nicholas_kz

館内には平山画伯が幼少期から描いていたスケッチや水彩画などが展示されています。画伯は生前「私の原点は瀬戸内の風土である」と言っていたそうで、瀬戸内の美しい海や島々の風景画が多く展示されています。平山画伯と言えば、シルクロードをテーマにした作品が多いイメージがありますが、この美術館に来ると新たな発見があります。

尾道観光おすすめスポット13位

因島水軍城

17125426 241161713015665 959161893363122176 n
pinkgin0311

因島北ICから2㎞のところにある因島水軍城。2016年4月、“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-として日本遺産に認定された村上水軍(海賊)の資料館があります。この地に天守閣があったという歴史はなく、城郭式の建造物です。

村上水軍は海賊というよりも、掟に従って航海の安全を守り、瀬戸内海の交易や流通を支えてきた「海の門番」的な立場でした。資料館には、県の重要文化財に指定されている貴重な鎧などが展示されています。また、武者人形による戦法会議の様子が再現されており、村上水軍を知る数少ない歴史名所になっています。

尾道観光おすすめスポット12位

尾道市立美術館

12545299 440491339491861 430795150 n
eibauer

千光寺公園内にある尾道市立美術館は、1980年旧NHK尾道放送局跡地に開館しました。その後、2003年に本館を修復し、新たに建築家・安藤忠雄氏による新館が新設され、リニューアルオープンしました。尾道ゆかりの芸術家の作品や尾道市内の遺跡で発掘された考古資料などが展示されており、アートと歴史を楽しむことができる美術館です。

11379083 754877044624950 1595522765 n
kharuayu

安藤忠雄氏が手がけたスタイリッシュな新館内は、ジョージ・ネルソンなど有名デザイナーのデザイナーズ・チェアがいくつかあり、実際に座ることができます。上記写真の赤いチェアは、デンマークの建築家・デザイナーのアルネ・ヤコブセンのエッグチェアと呼ばれるものです。建築や家具に興味のある方にもおすすめのスポットです。

尾道観光おすすめスポット11位

おのみち文学の館

12145399 405525222975053 627336854 n
barter666

千光寺山中腹におのみち文学の館があります。文学記念室、志賀直哉旧宅、中村憲吉旧居、文学公園の4つから成り、志賀直哉旧宅は志賀が1912年から約1年間を過ごした三軒棟割長屋です。ここで名作「暗夜行路」の草稿を書いたと言われています。またここからは瀬戸内海の絶景を見ることができます。

文学記念室には、尾道ゆかりの作家である林芙美子・高垣眸・横山美智子らの愛用品の展示や林芙美子が晩年まで使っていた東京の自宅書斎が再現されています。多くの文人墨客が愛した尾道を散策しながら、近代日本文学の歴史にふれることができるスポットです。

尾道観光おすすめスポット10位

天寧寺(てんねいじ)

18252558 428779577482547 8372762572859899904 n
suzukadesign

天寧寺は室町幕府第二代将軍・足利義詮が父・足利尊氏の遺志を継いで寄進、1367年に普明国師によって開山されたという歴史をもつ曹洞宗の寺院です。しだれ桜や牡丹の名所として知られ、「牡丹寺」とも呼ばれています。花の見ごろには、多くの観光客で賑わいます。

18444451 1568872439846219 8746904265005465600 n
nagatan28

瀬戸内海と尾道の町を見下ろす丁寧寺の三重塔。足利義詮の寄進によって建立されました。当時は五重塔でしたが、1692年上の二層を取り除き、三重塔となりました。別名「海運塔」とも呼ばれています。座禅堂では、無料で座禅の体験ができます。是非座禅を体験してみて、室町時代の歴史に思いをはせて、心静かに過ごすのもおすすめです。

尾道観光おすすめスポット9位

西國寺(さいごくじ)

15624726 216293265445723 3089753400628215808 n
ko0.ta

摩尼山(まにさん)西國寺は、行基が天平年中に創建したと伝わる真言宗醍醐派の大本山です。数ある尾道の寺院の中でも最大規模を誇り「西国一の寺」という意味で西國寺と名付けられました。山門は県の重要文化財に指定されており、中には2体の巨大な仁王像が安置されています。2mある大草履は西國寺の名物で健脚祈願のため祀られています。

境内の奥にたたずむ美しい姿の三重塔。1429年、室町幕府第六代将軍・足利義教の寄進により建立されたもので、国の重要文化財に指定されています。その他、金堂や木造薬師如来坐像などが重要文化財に指定されいます。尾道に来られたら、是非立ち寄っていただきたい名刹です。

尾道観光おすすめスポット8位

白滝山

17332746 1276905912390003 2972388351203606528 n
norihisayabuki

因島にある標高227mの白滝山の歴史は1569年、因島村上水軍第六代当主・村上吉充がこの地に観音堂を建立したことに始まります。山頂からは、360度の大パノラマの絶景を楽しめます。歌人・吉井勇がこの絶景を見て「白滝の 山に登れば眼路広し 島あれば海 海あれば島」と詠んでいます。

ずらりと並んだ石像たち。豪商・柏原伝六が石像群の五百羅漢を弟子や尾道の石工たちとともに刻み、1830年に完成しました。中には十字架を架けたものやマリア像をモチーフにした石像もあります。少々、上りのきつい場所もありますが、散策をかねてその神秘的な清浄世界を見にいくのはいかがでしょう。

尾道観光おすすめスポット7位

因島水軍スカイライン

12797942 880626595379193 1594413847 n
murakami_mxi

因島水軍スカイラインは、因島の山の中腹を海沿いに走る県道366号線の愛称です。約8kmの因島水軍スカイラインは、因島大橋が真横に見える場所など瀬戸内海の絵葉書のような美しい景色を見ることができるビュースポットがたくさんあります。潮風が爽快な観光客に人気のドライブコースです。

因島水軍スカイラインは、サイクリストにとっても人気のコースです。アップダウンの激しい場所や急な坂道があるため、健脚自慢の方におすすめのコースです。体力を使うサイクリングもビュースポットでの美しい展望がご褒美になります。しまなみ海道の「山道バージョン」ですね。

尾道観光おすすめスポット6位

千光寺公園

18299567 188552431666337 233883384701517824 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
baden_baden_lily

千光寺山山頂から千光寺まで続く千光寺公園は、明治時代に当時の千光寺の住職が尾道市内に遊園地が少ないことを憂い、檀家や篤志家たちに働きかけ、長年の歳月と巨額の寄付金を使って作られたという歴史があります。園内には約1万本の桜の木が植えられ「さくらの名所100選」に選定されています。

千光寺公園展望台からは、尾道一のパノラマ絶景を見ることができます。天気の良い日は四国まで見渡せます。1957年に建てられたこの展望台は2018年4月から翌2019年3月の間にリニューアルされる予定です。長らく地元の人々や観光客に愛されてきた尾道のシンボルともいえる現在の展望台を今のうちに見ておきたいものです。

千光寺公園から千光寺へと続く途中に文学のこみちがあります。ここは、尾道ゆかりの正岡子規、志賀直哉、徳富蘇峰といった日本を代表する文人たちの詠んだ詩や句が刻まれている25の自然石の碑が点在する散策道になっています。文豪たちが愛した尾道の町並みを堪能しながら、文学探訪をお楽しみください。

尾道観光おすすめスポット5位

尾道イーハトーヴ

13712326 1770244306594781 495883601 n
shiori.ravi

千光寺山の山麓付近に尾道イーハトーヴがあります。ここは、アーティスト園山春二氏が作り上げた理想郷です。1997年から園山氏が急斜面に建つ廃屋などの古民家をリノベーションして美術館やカフェ、バーなどを作り、新たな尾道の観光スポットのひとつになっています。梟(ふくろう)の館は、1階はカフェ、2階は美術館になっています。

尾道イーハトーヴの中に天寧寺までつづく約200mの猫の細道と呼ばれる道があります。尾道は港町のため、もともと猫が多い町。その中でもこの一帯は細い猫道が多くあり、たくさんの猫たちが棲みついています。猫好きの観光客の名物スポットでもあります。

園山氏が1998年から作り始めた「福猫石」。イーハトーヴ内には色々なデザインのものが多数置かれ、それぞれが風景に溶け込んだ佇まいを見せています。古民家を利用した尾道イーハトーヴはそこだけが異空間のようなファンタジーな雰囲気に包まれています。他にもハーブ園などもあり、散策にはぴったりの場所です。

尾道観光おすすめスポット4位

ONOMICHI U2

18443338 466541117027497 8389185445468045312 n
juillet1203

ONOMICHI U2は、尾道の港の廃倉庫をリノベーションして作られた複合商業施設です。中にはホテルやカフェ、バー、レストランなどがあり、観光客だけでなく地元の人々にも大人気の観光スポットです。ハイセンスな建物や海沿いという立地を生かした空間は海外でも有名になり、外国人観光客も多く訪れる新たな観光名所です。

18161657 1871898033083685 3179877332215136256 n
makimaki_033_

全面にウッドデッキが敷かれた、開放的な海の見えるオープンテラスも人気のひとつです。まるで海外のリゾート地のような風景で、特別な時間を過ごせます。尾道観光の途中に立ち寄ってひと休みするのも、ONOMICHI U2内のホテルに宿泊滞在するのもおすすめです。

尾道観光おすすめスポット3位

千光寺

18252893 1826670780984629 979950089126543360 n
flore3l99

千光寺山の中腹に位置する千光寺。806年に創建された尾道でも屈指の古刹です。その赤い色から「赤堂」とも呼ばれている本堂から眺めた瀬戸内海の景観は最高で向島、因島まで見渡せます。試験合格、縁結び、子授けのご利益があるお寺として有名です。「山陽花の寺二十四か寺」のひとつで桜やつつじの名所としても知られています。

11930872 553064571513578 1209173722 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kiyoka222

千光寺へは車で行くこともできますが、観光客には千光寺山ロープウェイが大人気です。JR尾道駅から徒歩15分のところにある「山麓駅」から千光寺山山頂の「山頂駅」までの3分間の空中散歩は、車窓から美しい尾道の町並みと尾道水道、千光寺山が見渡せる360度のパノラマ風景が楽しめます。

13671180 1761884230725216 1956844372 n
ayaqpqp

千光寺参道まで歩いて散策するのもおすすめです。JR尾道駅から10分ほど歩くと、「千光寺新道」と呼ばれる坂道の細い道が続きます。尾道の町を象徴するレトロな風情に包まれているスポットです。坂道は少しつらいかもしれませんが、途中には見所や撮影スポットが多くあるので、休みながら散策するのがいいですね。

尾道観光おすすめスポット2位

しまなみ海道

18443200 407317366306029 2621087097569673216 n
kyoko_kmy

西瀬戸自動車道、通称しまなみ海道は尾道から愛媛県今治を結ぶ59.4㎞の道路です。途中の向島や因島らを繋いだ橋の姿は美しく、瀬戸内海に溶け合って見事な風景を作り出しています。橋には車だけでなく歩行者・自転車専用道が併設されており、年間を通して多くの観光客が訪れる人気スポットです。

18380310 1720374368256497 4393052168513388544 n
miimi__v

しまなみ海道は「サイクリストの聖地」としても知られ日本全国だけでなく世界中からも多くのサイクリストや観光客が訪れます。しまなみ海道には各地にレンタサイクルターミナルがあり、自転車は各ターミナルで乗り捨てすることもできます。歩いて橋上を散策するのもおすすめです。

尾道観光おすすめスポット1位

耕三寺

18444819 212121302635253 2225063814066339840 n
kousanjimuseum

生口島にある耕三寺は、事業家・耕三寺耕三が敬愛する母の逝去にともない出家、その菩提を追悼するために建立した寺院です。写真中央の豪奢な建造物が「孝養門」言われ、日光東照宮を模して造られたことから「西の日光」と呼ばれています。本堂や山門など多くの建造物が国の登録有形文化財に指定されています。

18444990 241865416290557 6974306261911207936 n
koji_mamiii

耕三寺博物館内にある広大な大理石の庭園、「未来心(みらいしん)の丘」。彫刻家・杭谷一束氏がデザインしたイタリア産大理石のアートの中にいると別世界にいるような気分になります。真っ白な大理石の世界は、女性を中心に「フォトジェニックすぎる」と人気で、新たな観光名所になっています。こんな素敵な庭を散策したいものですね。

尾道には魅力がまだまだあります!

18443788 1483977181667026 3938687320571510784 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
fuka_jaken0607

尾道の観光おすすめスポットはいかがでしたか?ご紹介した以外にも尾道には、まだまだ名所旧跡や寺院がたくさんあります。いくつかご紹介したように、古民家や廃倉庫をリノベーションして観光施設にするという取り組みは継続中とか。古くて新しい町、尾道を訪れて、その情緒と美しい景観をお楽しみください。

Dsc05697 1280 e1451993270303尾道おすすめグルメランキングTOP15!名物やラーメン、おいしい海鮮も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
広島県を代表する人気の観光地、尾道。尾道には神社巡りや坂道や路地散策といった観光スポットだけ...
Ra koi尾道ラーメンおすすめランキングTOP15!おいしい人気店をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
尾道観光に訪れた際に尾道ラーメンを食べてみませんか?この記事では筆者選定のおすすめ尾道ラーメ...
A3067c8641d9ddc0514bbf3d5ad87ec8尾道千光寺は縁結びや桜の名所として有名!ロープウェイで観光へ行こう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
尾道千光寺で有名になっているのが「縁結び」なのですが、桜の名所としてもよく知られています。そ...

関連記事

Original
この記事のライター
tama

広島県の人気ランキング

広島県の新着のまとめ