地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

美瑛『青い池』が美しい!青い理由は?冬にはライトアップも!行き方も紹介!

美瑛『青い池』が美しい!青い理由は?冬にはライトアップも!行き方も紹介!

北海道・美瑛町と言えば「青い池」が有名ですよね。その神秘的な光景を一目見ようと国内だけでなく、海外からも多くの観光客が押し寄せる、北海道屈指の観光スポットになっています。そんな美瑛の青い池はどうして生まれたのか?おすすめの時期はいつか?など魅力に迫りました。

美瑛の人気スポット「青い池」の魅力に迫る見出し

美瑛町の青い池が有名になったきっかけは、地元カメラマンの1枚の写真からでした。カラマツと白樺に囲まれた青い池は季節や時間帯によって青の表情を変え、観光客や多くのカメラマンを魅了させています。この不思議な池「青い池」はどうしてこんなにも青いのでしょうか?多くの人々と惹きつけて止まない青い池の魅力とは?一度は訪れてみたい青い池について詳しく見ていきましょう。

美瑛の人気ビュースポット「青い池」が青い理由とは見出し

神秘的な美しい光景を見せてくれている美瑛の青い池が、実は自然に生まれたものではなく、人の手によって作られたものだったそうです!驚きですよね。

もともと、十勝岳の火山泥流を防ぐ為に美瑛川に作られたダムに水がたまって出来たのが「青い池」だと言われています。

昔からこの地域の湧水には水酸化アルミニウムなど白色系の微粒子が含まれていて、美瑛川の水と混ざってコロイドが形成されたようです。

詳しい理由は分かっていませんが、池の底に沈殿したコロイド粒子が太陽光を散乱することで、波長の短い青い光が私たちの目に届き、青く輝く池に見えると言われています。

陽の差し具合、風、天候などど僅かな違いで見える青の色が変化すると言われる青い池ですが、水が青く見える理由は過去の水質検査からもわかっていません。神秘に包まれていることから、パワースポットととしても知られています。

誰にも知られる事のなかったダムのたまり水は、ひとりの地元カメラマンの目にとまり、写真集で発表されることで瞬く間に世界中に知られるようになったのです。

青い池が青く見える理由がわからなくても、人々を魅了させる美しさがあるということはハッキリわかりますね。

季節ごとに楽しめる美瑛・青い池見出し

見る角度や時間帯によってコバルトブルーやエメラルドグリーンなど様々な青色になる青い池ですが、春夏秋冬それぞれの季節によっての美しさがあります。春・夏・秋・冬それぞれの楽しみ方を見ていきましょう。

やわらかな日差しと芽吹きの季節「美瑛・青い池の春」見出し

太陽光の散乱によって青い色に見える青い池。春の青い池がコバルトブルーの理由は、十勝岳の雪解け水が美瑛川に注ぎ、青い池の源流に含まれるアルミニウムと混ざるからと言われています。

長く続いた寒い冬の終わりを、今か今かと静かに春の訪れを待つ青い池。周りの木々も少しずつ芽吹きはじめ、白一色だった青池周辺の景色に彩を加え始めています。

萌黄とコバルトブルーのコントラストを愉しめるのは春ならではの楽しみ方ですね。

深緑と夏の日差しが一層青くする「美瑛・青い池の夏」見出し

冬の雪に覆われた時期を除けば、いつ行っても青い「青い池」を見ることができますが、特に夏は青く見える条件が整うと言われています。

「青い池」が青く見える理由は当日の天候、太陽の具合や風など、様々な要素が絡み合っていると前文でも触れていますが、その条件が整いやすいのが夏と言われています。

青く見える条件は3つあります。一つ目は「風が吹いてない無風状態であること」。二つ目が「前日まで雨が降ってないこと」。最後に「当日の天気が晴天であること」です。出来る限り青い池の水が静かに動かず、太陽の光が注いでいる状態がベストコンディションという事になります。

夏の青い池は世界ロマンティック100景にも選ばれているのですね!

全ての条件が揃った夏の日、青い池の青は言葉を忘れてしまうほどの感動の景色を表してくれます。

夏の青空が水面に映えた時、より一層青さが増すのでしょうね。

紅葉が映える水面のコントラストが美しい「美瑛・青池の秋」見出し

「青い池」が青く見える条件が整いやすいのが夏とご紹介しましたが、秋の青い池はまるで水彩画の様な美しさを見せてくれます。

つい水面ばかりに目が行ってしまいがちですが、背景を含めて見渡してみると、紅葉する木々や初雪を纏った十勝山系が目に入ってきます。

秋の訪れから一気に冬へと駆け足で向かう為、紅葉を愉しめる期間は短いものの、この色彩豊かな景色は実際の様子をここへ来て見てみたいものです。

白銀とライトアップで白く輝く「美瑛・青い池の冬」見出し

紅葉シーズンが終わると同時に青い池周辺では初雪を迎えます。まだ葉の落ちきらない木々に積もり始めた雪と、青い池のブルーもまた違った趣を見せてくれます。また、本格的な冬シーズンになると、青い池はライトアップという別の表情を愉しむことができます。

冬の青い池に行けるようになったのはつい最近で、2013年までは冬季閉鎖されていました。2014年の12月より青い池のライトアップが始まり、冬の青い池が楽しめるようになりました。

今シーズンの青い池のライトアップは、平成28年11月1日(火)から平成29年2月28日(火)の4か月間で、17時~21時まで行われています。

冬のライトアップは夜の楽しみ方ですが、初冬の日中も美しい景色を見せてくれます。冬の訪れが早い青い池。水面が凍結して雪が降り積もるまでは、青い池も薄氷の下に青い色を覗かせています。

冬の青い池の愉しみ方に、冬のライトアップは人工的な輝と、自然の輝きの両方の奇跡があります。ライトアップされて輝く水面と、月明りの出会いは様々な偶然が重なった時限定ですが、こんな景色が見られたら寒さなんて忘れてしまいそうですね。

また、ライトアップが消えた後にも愉しみが待っています。人工的な明かり「ライトアップ」が消えて、月の明かりだけに照らされた青い池は自然だけが作り出す美しさを見せてくれますよ。

雪の日はまた別の表情を見せてくれます。ライトアップに反射した雪は、まるで銀色の粉が舞っているよう!

青い池のライトアップは寒い冬だからこそ見応えのある景色に出会えます!青い池のライトアップへは寒さたい対策をしっかりしてお出かけくださいね。

実際に美瑛・青い池に行ってみよう!見出し

雪解けでやわらかい青さの春、青く見える条件が整いやすい夏、紅葉とのコントラストが美しい秋、ライトアップで幻想的な冬と見てきました。どの季節も魅力的な青い池を見に行きたくなりました!

青い池のある美瑛町とは見出し

青い池のある美瑛町は、北海道第二の都市「旭川」と、TVドラマ北の国からでも有名な「富良野」のちょうど真ん中あたりにあり、敷地の70%が山林、15%が農地という長閑な光景が広がる町です。

数々のTVコマーシャルの舞台に取り上げられているその理由は、街の中心部を囲むように広がる丘陵地帯「美瑛の丘」が日本一美しい景色のひとつになっている事にあります。

「青い池」はそんな美瑛町にあるビュースポットのひとつで、「四季彩の丘」「パッチワークの路」「ケンとメリー木」などと一緒に巡るお出かけもおすすめですよ。

北海道・美瑛の丘を観光!絶景の見頃は?季節別のめぐり方!【写真あり】 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
北海道・美瑛の丘を観光!絶景の見頃は?季節別のめぐり方!【写真あり】 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
自然が美しい北海道。特に旭川空港から車で15分の場所にある美瑛の丘は、一面に広がる鮮やかな花畑や美しく整備された丘陵地など、道内でも一、二を争う美しい観光地として有名です。そんな美瑛の丘の基本情報と四季ごとの見どころをご紹介。一年中美瑛の丘を楽しみましょう!
北海道・美瑛の観光スポット案内!名所が沢山!【美瑛の丘・青い池】 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
北海道・美瑛の観光スポット案内!名所が沢山!【美瑛の丘・青い池】 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
観光名所が多い北海道の中でも、特にたくさんの名所が集まる美瑛町。観光に行きたいという人も多いことでしょう。そこで今回は、美瑛の観光名所で、ここだけは外せないおすすめスポットをご紹介します。ひとり旅や家族旅行のプランの参考にしてくださいね。

青い池がある美瑛町へのアクセス見出し

青い池へ行こう!となりましたら、行き方が気になりますよね。ここからは青い池への行き方を見ていきましょう。

最初に、青い池のある美瑛町への行き方ですが、札幌からは旭川まで特急列車を使って、旭川より普通列車に乗り換えて合計で約2時間の距離。札幌からの行き方ですと移動時間に往復4時間は見なければならないので、日帰りは厳しいかもしれません。

一番近い空港は旭川空港になり、空港からの行き方は国道273号線を通り約12分で美瑛町に到着です。

美瑛・青い池への行き方【車編】見出し

美瑛の市街地から青い池への行き方は、国道966号を十勝岳方面へ登っていくと車で約20分ほどで到着できます。国道966号線は美瑛市街地を抜けてしまうとほとんど信号がなく、直線道路なのでドライブにも最適です。

一本道で行き方はとっても簡単。しかも、信号や電線など遮るものが無い場所が多いので、青い池までの途中でも多くのフォトスポットに出会えますよ。

まるでジェットコースターのような道のり!こんなスケールの大きな道をドライブしながら行けるのも、車ならではの楽しみ方ですよね。

但し、冬季の行き方には注意が必要です。雪道であること、凍結の恐れがあることという事を考慮して、移動時間には余裕を持つことが大切です。日頃から運転する機会が多い場合でも、不慣れな土地での運転になることを踏まえて安全運転を心掛けましょう。

美瑛・青い池への行き方【ハイヤー編】見出し

JR美瑛駅まで公共交通機関を利用して、そこからはハイヤーを利用するという方法もあります。ハイヤーで青い池への行き方は大きく2通りあります。一つはJR美瑛駅から青い池まで片道利用する方法。もう一つは人気観光地を効率良く回れるコース利用する方法です。

JR美瑛駅より青い池まで小型車利用で片道4,970円、青い池コースを利用すると2時間12,680円~。帰りのタクシーの心配する必要もないので、青い池への遊歩道もゆっくり散策できますね。

ハイヤーでの行き方は他にも、旭川空港からのコースや富良野からのコースもあります。公共交通機関とハイヤーの組み合わせで効率良い移動を組み立てるのも旅の醍醐味かもしれません。

◇美瑛ハイヤー 電話番号:0166-92-1181

美瑛・青い池への行き方【バス編】見出し

JR旭川駅や美瑛駅からバスを利用して青い池まで行くことも出来ますが、1日の運行本数が限られているので時間配分には注意が必要です。

JR旭川駅から青い池までの行き方は、道北バスを利用して約85分。旭川から美瑛まで1日7往復しており、片道570円です。道路状況によって所要時間も変わりますので、乗り継ぎには余裕を持つことをおすすめします。

◇道北バス 電話番号:0166-23-4161(総合案内)

美瑛・青い池への行き方【ツアーバス編】見出し

青い池への行き方としてツアーバスを利用するという方法も人気です。ひとつの例でですが、札幌発10:00の1日コースで青い池の他に「富良野」や「美瑛の丘」を巡り、20:30頃札幌に戻ってくるというコースがあります。

人気の理由は何と言っても手軽さです。バスに乗っているだけで巡ってくれるのでとっても楽ちん!

札幌から特急列車を利用して青い池まで来ようとすると片道5,760円はかかりますが、バスツアーなら3,000円台から見つけることができるので、コスト的な理由からも人気があるようです。

冬季のライトアップ期間限定ではありますが、美瑛町発のライトアップバスツアーも開催されています。雪道の運転は不安という場合は、ツアーを利用することで手軽に行けて便利ですよ!

美瑛・青い池へ行くのならこの時間帯がおすすめ!見出し

青い池が青く見える理由のパートでも触れましたが、青い池が青く見えるのは太陽の光が大きく関わっていて、3つの条件がクリアされると青く見えるとご紹介しました。

青い池入り口の看板にも、この様に理由が説明されています。

ですが、青い池は国内のみならず今では海外からも多くの観光客が訪れる人気スポット。さらに、写真の様なコバルトブルーが見られるGWから初夏にかけては混雑しています。その為、午前10時前までの時間帯が比較的ゆっくり見られるのでおすすめです。

コバルトブルーの青い池を求めて多くの観光客が訪れます。駐車場の収容は100台まで可能ですが、シーズン中は駐車場待ちが出る事も!ちょっと早めに来る方がよい理由はここにもありました。

午前10時前ならば比較的空いているので、じっくりとアングルを決めて写真も撮れそうですね。

コバルトブルーやエメラルドグリーンの青い池ではありませんが、星空が広がる夜もおすすめです。自然の原風景が残っているので、まるで絵画ような幻想的な光景に出会えることも!

注意点として、台風などの影響により青い池でないどころか閉鎖されてしまうこともあります。自然条件と密接に関わるので事前の確認が大切ですね。

美瑛町に泊まろう見出し

先ほどの「おすすめの時間帯」で午前10時前までが比較的空いているとご案内しましたが、青い池へ早朝鑑賞に行くのなら美瑛に泊まるのをおすすめします。

美瑛町には民宿や温泉の他に、お洒落なペンションなど個性豊かな宿があります。1泊して朝食前に早朝鑑賞をして、午前10時までにチェックアウトする。前日に美瑛町の宿に泊まると混雑時間を避けて動くことができますよ。

人気のシーズン中は車の渋滞も発生するので、レンタサイクルで周辺を巡ってみるのも良いですね。

初夏から夏にかけて、富良野ラベンダーや美瑛の丘と青い池はセットで巡るツアーが多くなります。美瑛町の宿に泊まったら、ツアー客と混雑時間をずらして動く事ができますよね。

また、1泊すると時間に余裕ができるので、美瑛で『美味しいパンが食べられる』と評判のオーベルジュ「ビブレ」でランチするのもおすすめ!

他にも、美瑛育ちの野菜を使ったお洒落で美味しいお店がいっぱい!美瑛町に泊まって、ビュースポットだけでなくカフェも一緒に巡るのも楽しそうですよ。

穴場スポット「美瑛神社」は縁結び・恋愛成就の神様が祭られています。パワースポットとして青い池とセットで注目されているこの美瑛神社は、隠れハートマークを見つけられたら恋愛が成就するとというジンクスも!試してみてはいかがですか。

美瑛の民宿・ペンションに宿泊!おすすめを紹介!ゆっくりと自然を満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
美瑛の民宿・ペンションに宿泊!おすすめを紹介!ゆっくりと自然を満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
美瑛にはたくさんの素敵な観光名所があります。そんな美瑛の自然を心ゆくまで堪能できるように、おすすめの民宿・ペンションを厳選してご紹介させていただきます。おすすめの民宿・ペンションが皆さんの最高な旅行の手助けになれば幸いです。

青い池と美瑛の美しいビュースポットを巡ろう!見出し

美瑛の青い池はいかがでしたか?一度は訪れてみたい青い池ですが、自然の微妙な加減で青く見えることも見えないこともあります。是非、青い池と美瑛の美しいビュースポットをセットにして巡るコースにしてお楽しみくださいね。

投稿日: 2017年2月17日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote