余市のランチ・グルメ特集!口コミでおすすめの店は?地元でも人気!

余市のランチ・グルメ特集!口コミでおすすめの店は?地元でも人気!

余市町はウイスキーの工場見学や宇宙記念館で人気の町です。しかしそれだけではありません。お酒や宇宙の魅力に勝るとも劣らない絶品グルメがあふれた町、それが余市なのです。余市でランチを食べないなんて勿体ない!地元でも人気のランチ・グルメをガッツリご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.余市のおすすめランチ・グルメを求めて
  2. 2.余市グルメといえば海鮮ランチの「柿崎商店」
  3. 3.おしゃれなランチならイタリアン「ヨイッチーニ」
  4. 4.ランチは見た目も楽しむ!余市流グルメ「ジジヤ ババヤ」
  5. 5.北海道発祥グルメを味わう!ランチはスープカレー「海ぞく」
  6. 6.ランチはガッツリ系グルメ!余市駅前「せいちゃんラーメン」
  7. 7.余市だから味わえる大人のグルメ「ラーメンじょぐら」
  8. 8.ランチは余市の地元の味「彩華」
  9. 9.余市の代表格グルメ「ファミリーすしガーデンハウス」
  10. 10.余市は美味しいランチ・グルメの宝庫

余市のおすすめランチ・グルメを求めて

北海道余市はニッカウヰスキーの工場や朝ドラの撮影地など、さまざまな観光スポットを抱えた町です。札幌と函館を繋ぐ主要国道5号線が通っていて近くには海鮮料理で名高い小樽もあるという、いわば「北のグルメのクロスロード」に位置しています。そんな余市の口コミや地元で「美味しい」と人気のお店をご紹介します。アナタもだれかにおすすめしたくなるはず。

北海道絶品グルメランキング!人気の美味しいおすすめ店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
北海道絶品グルメランキング!人気の美味しいおすすめ店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ご存知の人も多いと思いますが、北海道には絶品グルメがたくさんあります。そのクオリティは全国ランキングで間違いなくトップクラスで、世界ランキングでもトップクラスに入ります。そんな北海道の絶品グルメをランキングでご紹介します。

余市グルメといえば海鮮ランチの「柿崎商店」

ご覧ください。鮮やかに輝くイクラの光。まずご紹介するのは「柿崎商店 海鮮工房」観光客や地元の方で行列がたえない超人気店です。アナタが「北海道といえば海鮮料理」と思い浮かべるように、地元の方のなかで「余市でランチといえば海鮮工房」という口コミは少なくありません。何を食べようか迷ったらまずここで間違いなしです。

北海道の新鮮な具材がふんだんに盛り込まれた丼は「 美味しい」はもちろん「美しい」見た目をしています。サーモンとイクラが盛り付けられた「いとこ丼」見た目もゴージャス。

北の恵みの代表ともいえる海鮮は、旨味もさることながら種類の豊富さも魅力のひとつです。イクラ、マグロ、貝類など、あらゆるニーズに対応したバリエーションあふれるメニューは、このお店が口コミで強く支持される大きな理由のうちのひとつです。

丼のメニューは980円の「いとこ丼」から「赤折ウニ丼」の時価まで、安く済ませたい方も高級な食事がしたい方も満足できるものとなっています。また、口コミによると昼と夜で必要な予算があまりかわりません。ランチのように夜もガッツリ楽しめるのは魅力です。

とれたての個性豊かな海鮮ばかりで、リピーターになったという口コミも多数。地元に住んで足繁く通いながら全メニューをコンプリートしたくなるかも。

丼以外にも焼き魚定食や刺身を添えたセットがあるところが嬉しいですね。どの順番で食べようか、箸が右往左往してしまいそうです。

住所:北海道余市郡余市町黒川町7-25 柿崎商店2F
TEL:0135-22-3354

おしゃれなランチならイタリアン「ヨイッチーニ」

『イタリアンなんてどこも大差ないでしょう』とアナタが思っているのなら是非「ヨイッチーニ」を訪れていただきたいです。店名からも感じ取れる余市へのリスペクトと地元愛。それは気持ちの面にとどまらず味にも表れています。

「余市ブイヤベース」「余市パエリア」「余市北島農場の麦豚のポルケッタ」など文字通り余市でとれた魚介、野菜、豚のつまった料理が豊富に用意されています。さらに地元でつくられた余市ワインを携えれば、もう余市以外では出会えない唯一無二のイタリアンを味わうことができます。

ここまで贅沢な食材を使用しながらランチのパスタは680円からいただけます。地元の食材だからこそできるパフォーマンスですね。

住所:北海道余市郡余市町大川町8-32
TEL:0135-48-7700

ランチは見た目も楽しむ!余市流グルメ「ジジヤ ババヤ」

ビックリされたアナタ、ごめんなさい。ビックリさせようとしました。本記事のトップ画像にも使用させていただいた「ヘラガニのトマトクリームパスタ」こんなとっておきパスタが楽しめるのが「ジジヤ ババヤ」です。

「ジジヤ ババヤ」はパスタとピッツァのお店。ピッツァもボリューミーで美味しそうです。こちらのお店も食事と一緒に余市ワインを飲むことができます。

通常営業のほかにもイベントが開催されることがあります。お店のホームページから2016年に行われたワインの飲み比べイベントの様子を見ることができます。イタリアンの楽しみ方まで教えていただける素敵なお店です。

もしもアナタがひとり旅の最中なら家族や地元の人々でにぎわう店内で、ふと孤独を感じることがあるかもしれません。旅先で寂しさと出会うことは誰にでも起こり得ます。そんなときはパスタのお皿を180°回転してみてください。

「わたしがいます。」そこはアナタとカニだけの世界。こんな食べ方ができるのも「ジジヤ ババヤ」ならでは。美味しいパスタと優しい視線でおなかも心も癒してもらえることでしょう。

住所:北海道余市郡余市町朝日町15-1
TEL:0135-22-7822

北海道発祥グルメを味わう!ランチはスープカレー「海ぞく」

「スープカレー発祥の地は北海道である」とアナタは聞いたことがありますか?恥ずかしながらわたしは最近知りました。香辛料の効果とスープの温かさで身体を芯から温めてくれるスープカレー。しかし余市界隈にはスープカレー屋が少ないそうです。「海ぞく」は貴重なスープカレー屋として余市で「発祥の地」の名を支えています。

シャキシャキのサラダとラッシーがついたセットがおすすめ。スープカレーは季節に応じた野菜が使われているため、旬の味覚を楽しめるのも魅力のひとつ。また、ご夫婦で切り盛りされている店内はどこか懐かしい居酒屋の空気に包まれています。

夜道で「海ぞく」の文字に出会ったらアナタは一瞬たじろいでしまうかもしれません。それでも懐かしい古民家風のお店から漏れる優しい明かりに吸い込まれてみてください。地元の方も旅人も癒してくれるレトロな内装が迎えてくれます。

住所:北海道余市郡余市町黒川町2-63
TEL:0135-22-3223

ランチはガッツリ系グルメ!余市駅前「せいちゃんラーメン」

旅のグルメにとって地元の生活の香りは最高のスパイスになります。「せいちゃんラーメン」は余市で働く方や学生さんが訪れるTHE地元グルメ。冒頭でご紹介した「柿崎商店 海鮮工房」と道路を挟んだお向かいさんです。

お店おすすめの「あんかけ焼きそば」を筆頭に「五目チャーハン」「ぎょうざ」など飾らない王道メニューが用意されています。駅前という立地の良さも魅力のひとつです。

住所:北海道余市郡余市町黒川町8-14
TEL:0135-23-2868

余市だから味わえる大人のグルメ「ラーメンじょぐら」

北海道の味噌ラーメンはおなじみですが「ラーメンじょぐら」は新たな北海道ラーメンの世界をつくっています。おなじみの味噌や塩ラーメンも揃えながら、こちらでしか体感できないラーメンと出会うことができます。

こちらの大将は元漁師さん、その歴史がスープに込められたような「エビラーメン」は獲れたて甘海老がまるまる味わえます。一度会ったら忘れられない見た目はSNSでも写真映えするようで、「美味しい」という口コミと共にたくさん見受けられます。

アナタに質問です。こちらのラーメンが樽のような容器に盛られている理由はなんでしょう?実は、スープにウイスキーが入っています!その名も「ウイスキーラーメン」ウイスキー好きが集まる余市ならではの大人のグルメです。

住所:北海道余市郡余市町大川町5-31
TEL:0135-22-0822

ランチは余市の地元の味「彩華」

麺類だけでは納得できないアナタにはコチラがおすすめ。老舗中華「彩華」です。創業年はわかりませんが、歴史と哀愁を感じさせる空気がお店全体を包みこみ、中華食堂好きにはたまらない名店です。

店主さんは鼻歌まじりに鍋を振り、ボリュームと旨味がいっぱいの中華料理を作ってくださいます。そんなところも、口コミで古き良き空気がおすすめされる所以でしょう。店内に置かれたゴルゴも心なしか若く見えます。

やきそばだけでも「五目」「みそ」「スタミナ」「海老あんかけ」「豚肉あんかけ」など豊富なラインナップ。「カツカレー」「親子丼」など食堂ならではのメニューが用意されているのも嬉しいです。

住所:北海道余市郡余市町黒川町8-17
TEL:0135-23-6085

余市の代表格グルメ「ファミリーすしガーデンハウス」

今回さいごにご紹介するお店は、連日お店から行列が溢れ出る大人気店「ファミリーすしガーデンハウス」その決め手は丼に入りきらないほど大量の海鮮ネタです。

ななめから見るとわかる溢れ具合、まるで魚が勢いよく海からとびだしているようです。丼を持つ親指の力の入り方は海鮮丼の重みを感じさせます。

都心の通勤電車のようにギュウギュウに詰め込まれたウニ。贅沢な味覚に乗せられ、旅先という非日常の世界を深く感じることができそうです。

こちらの「さんま丼」は放射状にさんまが飛び出しキラキラと光っています。これほど先端までピンと張ったさんまを私は見たことがありません。

のれんにカタカナ表記は少し新鮮ですが、絶妙に溶け込んでいます。店内はお馴染みの寿司屋のカウンターとお座敷があり、家族も安心して美味しい食事が楽しめます。

驚かされるのはお値段です。これだけのボリュームでなおかつ美味しいのにこの値段。コスパが良いという次元を超え、もはや慈善事業かと思います。ありがとうございます。

溢れ出る丼だけではなく、新鮮なお寿司や夜のおつまみも豊富です。お子様からお父様までまさに家族で楽しめるファミリーすしですね。

住所:北海道余市郡余市町黒川町12-65
TEL:0135-23-8000

余市は美味しいランチ・グルメの宝庫

以上、余市のおすすめランチ・グルメいかがだったでしょうか?北海道の広大な土地に降る雪のように、余市には地元の歴史とともに美味しい料理が積み重ねられていました。是非アナタも余市を訪れてみてください。

UT
ライター

UT

宜しくお願いします。

関連記事

人気記事ランキング