地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

沖縄のおすすめ温泉10選!ホテルの施設や日帰り天然風呂もあり!

沖縄のおすすめ温泉10選!ホテルの施設や日帰り天然風呂もあり!

沖縄県は、日本を代表する観光地であり、多くの人にとって憩いの場となる温泉地も非常にたくさんあります。本記事では、沖縄県の温泉の中でも、特におすすめのものを10個、選出しましたので、是非、旅行のプランを立てる際に参考にして頂ければ幸いです。

沖縄のおすすめ温泉を行ってみよう見出し

Photo by yukop

沖縄県は温泉施設の宝庫ですが、その種類の多さから、どこの温泉施設に行けばいいのか絞り切れなくなってしまう、という悩みにぶつかってしまいがちです。そこで、本記事では、そういった悩みを解決する為に、特におすすめの沖縄の温泉施設を10個、厳選致しました。それぞれに違った魅力が有るので是非ご一読下さい。

沖縄の離島にある「琉球温泉・瀬長島ホテル」龍神の湯見出し

「琉球温泉・瀬長島ホテル」というホテルの中にある温泉で那覇空港の南にある、道路で本島とつながった瀬長島という離島にあります。オーシャンビューをダイレクトに眺める事が出来、夕方には沈む夕日を眺める事も出来ます。お湯は、体を芯から温めてくれる優しい泉質が特徴で、「子宝の湯」と呼ばれています。

また、瀬長島ホテルでは、オーシャンダイニング風庭というレストランが有ります。風庭の読み方は「かじなぁ」であり、沖縄で生まれて沖縄食材を熟知し、様々な賞を受賞している料理長の確かな腕と、沖縄食材が使われた様々な料理を味わう事が出来ます。ロケーションも充実しており、忙しい日常から離れたリゾート気分を味わえます。

琉球温泉 瀬長島ホテル

住所:
沖縄県豊見城市瀬長-1745
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:
瀬長島ホテルに泊まろう!温泉からグルメまで癒しのリゾートをくまなくご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
瀬長島ホテルに泊まろう!温泉からグルメまで癒しのリゾートをくまなくご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
「瀬長島ホテル」は、那覇空港から車でわずか15分で行ける、瀬長島にあるリゾートホテルです。那覇から最も近い離島にあり、天然温泉を完備し、本格的リゾート気分が味わえるホテルです。今回は癒しのリゾートホテル「瀬長島ホテル」の天然温泉やグルメ情報などをまとめました。

日本庭園と温泉が魅力の天然温泉アロマ見出し

沖縄本島の自然が豊かな地域である、宜野湾市にあるスーパー銭湯が、天然温泉アロマです。このアロマは、スーパー銭湯だけあって、様々な種類の天然風呂を楽しむ事が出来ます。アロマの温泉のお湯は、地元宜野湾大山から汲み上げられていている天然塩化物泉でph8.2の弱アルカリ性となっており、疲れがよく取れます。

アロマの目玉は、日本庭園の中に作られた天然温泉の露天風呂であり、緑に囲まれた癒やしの空間が忙しい日常を忘れさせてくれます。また、アロマには遠赤外線サウナと塩サウナも用意されているので、天然風呂と交互にサウナを楽しみたい、という方にもおすすめ出来ます。また、風呂上りにはコーヒー牛乳も楽しめます。

Photo by inunami

また、アロマの魅力は食事にもあります。沖縄観光の定番、オーシャンビューを眺めながら食事が出来る、オーシャン8というお店が有り、ランチにはなんと、大人料金で税込み880円と1000円未満のリーズナブルな価格でバイキングを楽しめます。アロマにあるこのお店で、ガッツリ食べて体力をつければ、午後の観光もバッチリです。

沖縄で美浜に来たなら「ザ・ビーチタワー沖縄」見出し

沖縄本島の中頭部美浜にある、温泉付きのホテルで、那覇空港からリムジンバスが通っています。ここの浴場は、地下1400mから湧いている天然温泉で源泉かけ流しをしている、天然風呂となっています。弱アルカリ性の温泉で、神経痛、疲労回復、健康増進などに効きます。また、東シナ海を見ながら入れるのも魅力です。

また、天然風呂以外にも魅力が有ります。この施設にはプールが沢山ありますが、中でも、ヒーリングプールというプールには、天然温泉が使われており、1年中入る事が出来ます。水着を着て入る形式となっており、沖縄の温暖な環境で育った亜熱帯植物に囲まれた環境と合わさって、癒されながら水浴びを行う事が出来ます。

この施設には、東シナ海の絶景を楽しみつつ食事を楽しめるレストランがたくさん有ります。あぐー豚のしゃぶしゃぶを中心に色々な料理が食べ放題のチュラティーダ、食べ放題のバーベキューとお酒を楽しめるヤンバルクッチーナ、地元食材を使った沖縄料理と島唄ライブがウリの北谷ダイニングなど、どのお店にも違った魅力が有ります。

ザ・ビーチタワー沖縄

住所:
沖縄県中頭郡北谷町字美浜8-6
アクセス:
車以外/路線バス120番名護西空港線 軍病院前バス停下車徒歩約7分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:
沖縄リゾートホテルランキングTOP10!格安から高級まで!穴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄リゾートホテルランキングTOP10!格安から高級まで!穴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
誰もが行ってみたいと思う、沖縄のリゾートホテル。リゾートホテルと言うと一見高級そうに思えますが、実際は一流の高級ホテルから格安ホテル、穴場のおすすめホテルまで様々です。沖縄のリゾートホテルであなたもリッチな気分になりませんか?

遊びと温泉で一石二鳥の「ホテルモントレ沖縄」見出し

沖縄本島の恩納村に位置する、「ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート」という正式名称の温泉付きホテルです。名前にある、スパとは、SPAという英単語であり、温泉という意味が有ります。SPAと施設名に入っているだけあって、温泉施設を目玉の1つとしています。

先述した、このホテルの目玉のSPA、すなわち温泉は、「ブルーリーフ」と呼ばれる、プールやスポーツジム、サウナなどがある施設に有ります。ここの温泉は、ゆったりと足を伸ばして入る事の出来る天然風呂であり、1日の旅の疲れを癒やせます。また、朝にブルーリーフでひと運動した後に、浴室でリフレッシュするのもおすすめです。

SPAもさることながら、リゾートの方も充実しています。ホテル付近のタイガービーチでは数々のアクティビティを楽しむ事が出来ます。そのラインナップは、ボートクルーズやシュノーケリングなど沖縄の海の自然に触れて楽しめるものから、ドラゴンボートといったスリリングなものまで幅広く、それらを織り込んだ宿泊プランも有ります。

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート

住所:
沖縄県国頭郡恩納村字冨着1550-1
アクセス:
車以外/那覇空港より車で約60分
料金の目安:
9,000円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

沖縄でイルカと楽しんだら「ルネッサンス」山田温泉へ!見出し

恩納村の「ルネッサンス」というホテルにある温泉です。開放感を重視した内装が魅力で、大きな窓のすぐ近くにある半露天風呂ではオーシャンビューと潮風の香りを味わいながら温泉を楽しむ事が出来ます。朝の6時から入れる為、ここから見える済んだ景色を味わえば、清々しい気持ちで1日をスタート出来ます。

また、温泉以外のサービスも充実しています。付属のレストランには様々なお店が揃っていますし、アクティビティプランもイルカと触れ合えるドルフィンプログラム等、様々なものが有ります。また、リラクゼーションも充実しており、とりわけ、ルームマッサージでは自分が宿泊する部屋でマッサージを受けられます。

ルネッサンスリゾートオキナワ

住所:
沖縄県国頭郡恩納村山田3425-2
アクセス:
車/那覇ICより沖縄自動車道へ入り北上~石川IC~県道73号を仲泊向けへ、国道58号を左折約5分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

沖縄の美肌効果抜群の「ユインチホテル南城」猿人の湯見出し

沖縄ホテルの南城市にある、「ユインチホテル南城」にある温泉で、天然温泉が使われた天然風呂となっています。ここのお湯は、約500万年前のものと役5400万年前という異なる時代のものが自然に混ざり合ったものとなっていて、海水の約8割という高い塩分量が特徴です。また、女性にとても嬉しい美肌効果が有ります。

また、このホテルにはスポーツ施設、キャンプ場、プールなど、様々な施設が用意されているので、そこで遊ぶことが出来ます。プールは、屋外のスライダー付きのものと、屋内の温水プールとに分かれます。また、キャンプ場では沖縄の絶景を味わいながらキャンプを楽しめます。

ユインチホテル南城

住所:
沖縄県南城市佐敷新里1688
アクセス:
車/那覇空港自動車道を沖縄自動車道、豊見城名嘉地IC~南風原北ICより車で約15分~南風原北IC~国道331~県道137号 車以外/那覇バスターミナルから路線バス(39番、41番)
料金の目安:
3,000円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

クジラとジュラ紀温泉が魅力の「ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」モトブ見出し

本部町の、那覇空港から車で100分ほどの距離にある「ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」というホテルにある温泉で、このホテルは沖縄を代表する水族館である美ら海水族館に隣接しています。また、このホテルも、名前にSPAと入っているように、温泉施設が目玉の1つとなっています。

このホテルの目玉のSPAは、正式名称はジュラ紀温泉「美ら海の湯」となっています。およそ2億年以上前の古い地層から湧いてくる天然温泉が魅力の天然風呂です。また、大きな窓からは沖縄のオーシャンビューを眺める事が出来、広い浴槽と合わさって、極上の癒やしを味わう事が出来ます。

また、SPAだけでなく、もちろんリゾートも充実していて、数々のアクティビティやサービスが有ります。そしてなんと、このホテルでは期間限定では有りますがホエールウォッチングを行う事が出来ます。冬から春にかけて、繁殖をする為に沖縄までやってくるザトウクジラを直接見る事が出来るのです。

ホテルモトブリゾート

住所:
沖縄県国頭郡本部町字渡久地861-1
アクセス:
車以外/羽田空港から約2時間45分。
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

沖縄那覇で遊ぶなら「ロワジールホテル那覇」島人の湯見出し

「ロワジールホテル那覇」というホテルの中にある温泉です。地下800mから湧き出してくる天然温泉で、泉質に関しては塩分が高い事から食塩泉と呼ばれています。また、保湿効果がある事から肌に優しいのも魅力です。また、サウナと水風呂も用意されているので、サウナを本格的に楽しみたい、という方にもおすすめです。

また、このホテルは、沖縄県の県庁所在地で有り、沖縄最大の街である、那覇市にあるホテルです。その為、街で沖縄観光を行った後にそのまま宿泊に向かう事が出来ます。また、ホテルでレンタカーを借りられるので、沖縄、特に那覇の辺りを車で自由に見て回りたい、という方にもこのホテルはおすすめです。

ロワジールホテル 那覇

住所:
沖縄県那覇市西3-2-1
アクセス:
車/約7分 「那覇うみそらトンネル」より~沖縄西海岸道路経由~若狭(わかさ)ICを右折し、直進 車以外/ゆいレール「那覇空港」駅乗車、「旭橋」駅下車、徒歩約15分
料金の目安:
7,560円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

沖縄の絶景レストランと温泉が魅力の「ロワジールスパタワー那覇」海人の湯見出し

「ロワジールスパタワー那覇」という、先述の「ロワジールホテル那覇」の隣の施設にある温泉です。SPAと名前にある通り、温泉「海人の湯」が魅力です。島人の湯と同様、高塩分の、美肌効果の高い泉質を誇ります。また、広々とした大浴場と露天風呂も魅力で、シーサーや植物のある内装と合わさってゆったりと癒されながら入浴できます。

また、このロワジールスパタワー那覇には、沢山の飲食店が有りますが、その中でも、「サンセットテラス・パピヨン」というお店は絶景を楽しめるスポットとなっています。東シナ海に沈みゆく綺麗な夕日を眺めながら、ステーキやバーベキュー、お酒を楽しむ事が出来ます。

ロワジール スパタワー 那覇

住所:
沖縄県那覇市西3-1-1
アクセス:
車/約7分 「那覇うみそらトンネル」より~沖縄西海岸道路経由~若狭(わかさ)ICを右折し、直進 車以外/ゆいレール「那覇空港」駅乗車、「旭橋」駅下車、徒歩約15分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

沖縄有数の巨大銭湯!「那覇セントラルホテル」りっかりっか湯見出し

「那覇セントラルホテル」という那覇市内にあるホテルにある温泉施設です。浴場はとても大きく、10種類以上もの豊富なお風呂と、3種類のサウナを楽しめるのが魅力で、露天風呂もあります。お風呂は紫雲泉・桃源泉の2つあり、日替わりで男湯と女湯が入れ替わるようになっています。また、日帰りで気軽に利用する事も可能です。

また、温泉以外のサービスも充実していますが、特にユニークなのがホテル併設の「ブルースカイ」という店でハーレーダビッドソンをレンタルできるサービスです。レンタカーを借りられるホテルはたくさん有りますが、ハーレーダビッドソンを借りられるのは沖縄県でこのお店だけです!

COMMUNITY&SPA 那覇セントラルホテル

住所:
沖縄県那覇市牧志2-16-36
アクセス:
車/約15分 国道58号線を那覇市街方面へ~泊ふ頭入口交差点を右折~約300m直進すると右手にございます
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供:

ここは押さえておきたい沖縄の温泉見出し

Photo by kinneko

以上、沖縄の温泉施設についてまとめていきました。気軽に立ち寄れる日帰り温泉からゆっくりくつろげる温泉付きホテルまで実に様々であり、中には美味しいグルメを出している所もあるなど、そのサービスは実に幅広いものとなっています。ひとたび、これらの施設を訪れれば、それだけでたくさんの沖縄の魅力を味わえるのです。

関連キーワード

投稿日: 2017年5月17日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote