地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

佐渡宿泊施設おすすめ10選!ビジネスホテル・格安の情報もあり!

佐渡宿泊施設おすすめ10選!ビジネスホテル・格安の情報もあり!

新潟県にある佐渡ヶ島は、自然豊かな人気の旅行先です。のんびりと自然を感じられる佐渡では宿泊場所も大事なポイント。気軽に泊まれるビジネスホテルから高級感のある施設まで、おすすめの宿泊施設を10選ご紹介します。格安情報もあるのでぜひ参考にしてください。

佐渡の宿泊施設が知りたい!見出し

佐渡は、新潟県の西部に位置する日本最大の離島です。美しい海や山はもちろん、果物やブランド牛、清流が育んだ鮎など、佐渡の自然によってできた食材が豊富なのが魅力です。佐渡に行ったからには、宿泊場所も大事なポイントになりますよね。数多くある宿泊施設の中から、特におすすめのホテルや旅館、民宿を10選ご紹介します。

佐渡島観光や旅行のオススメランキング10!アクセス良好・日帰りOKも案内! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
佐渡島観光や旅行のオススメランキング10!アクセス良好・日帰りOKも案内! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
金山やトキ等で有名な観光スポットの佐渡島。離島で有りながらアクセスも良好で日帰りでの観光にも適しています。家族旅行や一人旅等、様々なスタイルでの需要が高まっている佐渡島の人気おすすめスポットや日帰りでの楽しみ方をご案内します。
佐渡島へフェリーで行くには?予約方法や時間・料金などまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
佐渡島へフェリーで行くには?予約方法や時間・料金などまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
佐渡島は新潟県に属する島です。佐渡島へはフェリーで渡ることができます。この佐渡島フェリーの料金はどういったものでしょうか。おすすめ観光地としても人気があります。の予約方法や時間などはあるのでしょうか。今回はこの佐渡島のフェリーについてお届けします。

佐渡の宿泊施設おすすめ1:ホテル大佐渡見出し

こちらのホテルには日本海を一望できる露天風呂があり、夕日や漁火も見え、雄大で幻想的な雰囲気を楽しめます。また、高台に位置しているので客室からは日本海と街並みを一望することができます。宿泊プランが沢山あり料金も様々で、2食付き1万円程と格安なのが嬉しいポイントです。

食事は、佐渡で採れた食材を使用した贅沢な料理をいただくことができます。また、豪華な食事は量が少ない旅館やホテルも多い中、こちらは量も多く、利用者の料理への評価がとても高いです。施設内は清潔感があり設備も良くスタッフの対応も高評価なので、全体的にとてもバランスの取れたホテルです。それでいて格安なのがとても嬉しいですね。

大佐渡温泉 ホテル大佐渡

住所:
新潟県佐渡市相川鹿伏288-2
アクセス:
車/関越道長岡JCT経由、北陸道より新潟方面へ~新潟西IC~バイパス紫竹山IC下車、佐渡汽船両津港下船、車50分 車以外/JR上越新幹線新潟駅下車、新潟佐渡汽船のりばより両津港へ
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

佐渡の宿泊施設おすすめ2:佐渡グリーンホテルきらく見出し

全室から加茂湖と大佐渡山脈を一望できる、眺めの良いホテルです。3階にあるパノラマ大浴場や専用外湯露天風呂、外湯個室露天風呂、足湯からは四季折々の景色を楽しむことができます。また、貸切露天風呂は3つあり、こちらは30分無料で楽しむことができるのが嬉しいです。脱衣所から浴槽までバリアフリーなのも心遣いを感じますね。

食事に使われるご飯は佐渡産コシヒカリ特上米が使用されており、四季折々の佐渡近海の海の幸を使った料理を楽しむことができます。宿泊プランは、スタンダードプランとグレードアッププランの2つから選ぶことができ価格もあまり高くないので、温泉に食事に贅沢な時間を過ごすことができます。

朱鷺伝説と露天風呂の宿 佐渡グリーンホテルきらく

住所:
新潟県佐渡市原黒658
アクセス:
車/関越道長岡JCT経由、北陸道より新潟方面へ~新潟西IC~バイパス紫竹山IC下車、佐渡汽船両津港下船、車5分 車以外/JR上越新幹線新潟駅下車、佐渡汽船のりばより両津港、徒歩10分
料金の目安:
10,950円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

佐渡の宿泊施設おすすめ3:ホテル万長見出し

こちらのホテルは相川湾に面しており、佐渡金山や道遊割戸、春日崎を一望に眺めることができる絶好の景勝地です。また、建物は古き良き時代を残しながら、昔ながらの伝統と風格に近代性を見事に融合させた純和風の旅館のようなホテルです。地元の漁師やダイバーなど各種インストラクターがいて、様々な体験をすることができます。

宿泊プランは、夕食の黄金の膳、大判の膳、小判の膳の3つから選ぶことができます。地元の食材をふんだんに使った贅沢な夕食を食べたい場合は、黄金の膳をおすすめします。また、大浴場や露天風呂からは日本海を望むことができ、非日常の世界を満喫できます。佐渡ならではの体験と食事と温泉で、佐渡を目一杯楽しみましょう。

佐渡相川 伝統と風格の宿 ホテル万長

住所:
新潟県佐渡市相川下戸町58
アクセス:
車以外/佐渡汽船新潟~両津へ、路線バス相川下戸下車(徒歩1分)
料金の目安:
4,860円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

佐渡の宿泊施設おすすめ4:佐渡観光ホテル八幡館見出し

佐渡の中央にあり、観光にもビジネスホテルとしても最適なこちらのホテルは、佐渡随一の湯量をもつ「八幡温泉」を楽しむことができます。ビジネスホテルではありませんが、ビジネスホテルとして使用する人も多く、ビジネスプランが充実しています。様々な宿泊プランがあるので、あなたに合ったプランが必ず見つかります。

客室は7階建てなので眺めが良くて広いので、景色を見ながらのんびり寛ぐことができます。食事はもちろん佐渡の新鮮な食材が使われ、量も十分あるので満足できます。こちらのホテル周辺にはあまりお店がないため、食事付きのプランにしてホテル内で満喫するのをおすすめします。

佐渡随一の源泉かけ流し 八幡温泉 八幡館

住所:
新潟県佐渡市八幡2043
アクセス:
車/関越道長岡JCT経由、北陸道へ入り、新潟方面へ~新潟西IC~バイパス紫竹山IC下車、佐渡汽船両津港下船、車30分 車以外/上越新幹線新潟駅下車、佐渡汽船で乗船、両津港から路線バス50分
料金の目安:
7,530円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

佐渡の宿泊施設おすすめ5:ホテルニュー桂見出し

両津湾と加茂湖の間に建つこちらのホテルでは、ロビーや客室から四季折々の佐渡の自然を満喫できます。客室は純和風の造りで、窓際には双眼鏡が置いてあるので放鳥された朱鷺が見れるかもしれません!加茂湖側の客室は朝夕に変わる湖の表情を望むことができ、海側の客室は田園と両津湾を望むことができます。

大浴場は天井まである大きな窓から優しく陽が差し込み、六角形のフロアや円柱など異国情緒あふれます。露天風呂は全部で3つあり、その内の1つは貸切露天風呂なので、グループやファミリーでの利用にもおすすめです。また、アメニティに使われているボディソープは、佐渡の女将会「美佐渡会(みさとかい)」で開発した佐渡のおけさ柿を使った柿渋のオリジナルです。

ホテルニュー桂

住所:
新潟県佐渡市原黒696
アクセス:
車/関越道長岡JCT経由、北陸道より新潟方面へ~新潟西IC~バイパス紫竹山IC下車、佐渡汽船両津港下船、車5分 車以外/JR上越新幹線新潟駅下車、新潟佐渡汽船のりばより両津港へ
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

佐渡の宿泊施設おすすめ6:ホテル天の川荘見出し

両津港から車で5分の場所にあるこちらのホテルは、街の中心にあるため周辺には居酒屋や食堂、喫茶店やコンビニなどがあり便利です。料金も格安なので、ビジネスで利用する人も多く人気です。ビジネスホテルならではの素泊まりプランが人気で、居酒屋や食堂など街でお好きなものを食べることができます。

夕食と朝食は予約制で、前日までの予約が必要です。ビジネスで利用したい人はもちろん、朝から晩まで外出して佐渡の観光を楽しむから宿泊は素泊まりの格安を求めている人におすすめしたいビジネスホテルです。また、ホテルですが旅館のように客室は全て和室なので、畳の上でゆっくりと疲れた体を休めることができます。

ホテル天の川荘

住所:
新潟県佐渡市両津夷182-4
アクセス:
車以外/佐渡汽船新潟~両津航路 両津港
料金の目安:
5,400円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

佐渡の宿泊施設おすすめ7:みなみ旅館見出し

両津港から車で6分の場所にあるこちらの旅館は、トレッキングや紅葉散策など四季折々の佐渡観光の拠点として、またビジネスとしても利用できます。館内は、古民家の木材で作ったテーブルや椅子があったり、こだわりの古民具や古家具などが飾られていて味わい深い雰囲気を楽しめます。

こちらの旅館では貴重な天然温泉が使われており、泉質はナトリウム塩化物泉で疲労回復や美肌にも効果があります。料理は旬の食材が使われており、熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに提供されるので最後までおいしくいただけます。朝食では、自分で作る卵料理など楽しい試みがあったり、朝早く出発する人にはおにぎり弁当のサービスもありますよ。

みなみ旅館

住所:
新潟県佐渡市住吉215-1
アクセス:
車以外/新潟・佐渡汽船乗り場よりジェットフォイルまたはカーフェリー
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

佐渡の宿泊施設おすすめ8:両津やまきホテル見出し

両津港から車で7分の場所にあるこちらのホテルは、高台に位置しているので景色が良く、忙しい日常から離れゆっくりした時間を過ごすことができます。また秋津温泉の大浴場からは、加茂湖を眺めることができます。客室は佐渡最大の92室を誇り、全客室でWi-Fiが利用可能なのも嬉しいです。

料理は、佐渡のお米をはじめ旬の食材が使われており、誕生日ケーキなども用意してくれるので特別な日に利用するのもおすすめです。また、夜8時半からは佐渡おけさなど佐渡に伝わる踊りや、佐渡おけさの無料講習会を行なっています。他ではなかなか経験できないので、荷物にならないお土産としてぜひおすすめしたいです。

秋津温泉 両津やまきホテル<佐渡島>

住所:
新潟県佐渡市秋津66
アクセス:
車/練馬ICから関越道で新潟方面へ。新潟西IC下車~新潟西IC~新々バイパス(国道7号線)紫竹山IC下車新潟西港佐渡汽船へ 車以外/JR上越新幹線新潟駅からタクシー又はバスで佐渡汽船ターミナルへ
料金の目安:
2,160円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

佐渡の宿泊施設おすすめ9:敷島荘見出し

こちらの宿泊施設は佐渡屈指の人気を誇る大型民宿で、60帖と80帖の大広間をもつ規模の客室もあるので、修学旅行や団体旅行にもぴったりです。建物のすぐ横が漁港で、宿の漁船を所有しており水揚げされてすぐに直送されるので、新鮮でボリューム満点な料理をいただくことができます。中でも、普段なかなか食べる機会のない特大の黒アワビがおいしいと大好評で、注文する人が多いです。

民宿の中ではゆったりとした大きめなお風呂で、窓が大きく作られているので開放感があり、日本海を眺めながらリラックスできます。天気の良い日には、ゆっくりと水平線に沈んでいく夕日を見ることができます。夕日によって黄金に染まった空や海は最高の思い出になります。料金も格安で、1泊2日7200円からなのでとても良心的です。

佐渡の宿泊施設おすすめ10:吉田家見出し

両津港から車で3分の場所にあり、絶好のロケーションの旅館です。お風呂は佐渡加茂湖温泉の天然温泉で、6階にある展望露天風呂からは四季折々の景色を眺めながら日々の疲れを癒すことができます。泉質は弱アルカリ性なので、入浴後の肌はツルツルすべすべです。客室は10帖の和室を中心に和洋室もあり、加茂湖に面しているので自然豊かな風景と静かな空間を満喫できます。

食事は、3名までの利用なら部屋食と個室から選ぶことができます。一つ一つこだわって作られた料理の評判はとても良く、ボリュームもあります。また、朝食では佐渡コシヒカリをはじめ、佐渡の郷土食である巻いごねりや、その場で焼いていただくアジの開きなど嬉しいメニューが揃っています。

佐渡加茂湖温泉 湖畔の宿 吉田家

住所:
新潟県佐渡市夷261—1
アクセス:
車/関越道長岡JCT経由北陸道で新潟方面へ~新潟西IC~新ヶバイパス(国道7号)紫竹山IC下車、新潟西港佐渡汽船へ 車以外/JR上越新幹線新潟駅下車、佐渡汽船両津港下船、徒歩5分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

佐渡でよい旅を!見出し

Photo by Makotoworld

気になる宿泊施設は見つかりましたか?佐渡には、格安で泊まれるビジネスホテルや贅沢な時間を過ごせる旅館まで様々な宿泊施設があるので、佐渡に行く目的や宿泊施設に求めるものに応じて決めてみてください。自然いっぱいの佐渡で、思い出に残る時間を過ごしてくださいね。

投稿日: 2017年6月3日最終更新日: 2020年10月7日
ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote