地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

沖縄「ナゴパイナップルパーク」の料金や営業時間は?人気の食べ放題もあり!

沖縄県北部の名護市にあるパイナップルのテーマパーク「ナゴパイナップルパーク」はご存知ですか?行ったことある人も、これから計画している人も必見の情報をまとめてみました。沖縄観光に欠かせないナゴパイナップルパークについて、早速ご覧ください。

沖縄「ナゴパイナップルパーク」をご紹介!見出し

沖縄県北部の名護市にあるパイナップルのテーマパーク「ナゴパイナップルパーク」。広い熱帯植物園やパイナップル畑を自動操縦のカートで冒険したり、店内ではパイナップル缶詰の生産ラインの見学、パイナップルワインの試飲、パイナップルの食べ放題など時期を問わず楽しみがいっぱい!今回は沖縄観光で人気の「パイナップルパーク」の魅力について迫ってみます。周辺情報と合わせてご覧ください。

名護市の人気観光地「ナゴパイナップルパーク」見出し

観光客はもちろん、地元沖縄県民からも人気の観光スポット「ナゴパイナップルパーク」は、沖縄のリゾート名護市にあります。元々は、名護の名産パイナップルの加工品を作る為の施設でしたが、昭和60年から62年にかけてテーマパーク化され、現在のような名護を代表する全天候型の人気観光施設になりました。

ナゴパイナップルパークは年中無休、まるでジャングルの様な熱帯植物園にはパインの仲間であるアナナスが約500種植えられていて、時期を問わず観光客の目を楽しませています。また、姫パイン、サンゴパイン、クリームパインなど珍しい品種を含む約100種のパインが栽培されているので、夏に限らずどの時期でもパイナップルの成長過程を見学することが出来ます。

住所:沖縄県名護市為又1195 電話番号:0980-53-3659

ナゴパイナップルパークでジャングル探検!恐竜とも出会える!? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ナゴパイナップルパークでジャングル探検!恐竜とも出会える!? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県北部の名護市にあるパイナップルのテーマパーク「ナゴパイナップルパーク」はご存知ですか? 行ったことある人も、これから計画している人も必見の情報をまとめてみました。恐竜体験といった新しいエリアもご紹介していきます。沖縄観光に欠かせないナゴパイナップルパークについて、早速ご覧ください。

沖縄「ナゴパイナップルパーク」アクセス情報見出し

那覇市内から名護へはレンタカーがおすすめです。那覇市内からナゴパイナップルパークへは高速道路を使って車で約1時間20分ほど、一般道でも2時間程度の距離です。高速道路を利用する場合は、空港から国道331号を一旦南下して、那覇空港自動車道路・豊見城・名嘉地ICからが便利です。

西原JCTで沖縄自動車道へと合流し、終点の許田ICまで進みます。その先は国道58号線を北上、県道84号線を左折して本部方面へ進みます。許田ICから約10㎞、20分ほどの距離が目安になります。また、この間の高速料金は普通車で950円です。時期にもよりますが、高速道路の渋滞がほとんどないのが沖縄の特徴です。楽々移動なら、高速道路がおすすめです。

沖縄「ナゴパイナップルパーク」駐車場見出し

ナゴパイナップルパークには乗用車なら200台収容の駐車場が完備されていますので、名護観光にレンタカーで来園しても安心です。もちろん、駐車料金は無料なので時間を気にせずにゆっくりとパーク内を満喫することが出来ます。広い駐車場ですが、時期によっては観光バスの来園が多いので、駐車場内の移動には気を付けましょう。

沖縄「ナゴパイナップルパーク」営業時間と料金見出し

ナゴパイナップルパークの営業時間は9時から18時となっています(パイナップル号の最終受付は17時半)。立ち寄りの目安やおよそ1時間なので、余裕をもっての来園をおすすめします。入園料金は大人850円、中学生600円、小学生450円、小学生未満は無料です。※パイナップル号の乗車は入園料金に含む

沖縄「ナゴパイナップルパーク」注意事項見出し

ナゴパイナップルパークで楽しく過ごすためにいくつか注意点があります。1つ目は「忘れ物に注意」です。パーク内の至る所が撮影スポットになっていますが、その際にカメラや携帯の置き忘れが多く発生しています。特に、パイナップル号は自動操縦になっているので、忘れ物に気づいても取りに戻る事ができません。下車前の確認をしっかりしましょう。

2つ目は「マナーに注意」です。園内にはパイナップル食べ放題や、ワインの試飲コーナーがありますが、食べ過ぎや飲み過ぎてしまい他の方に迷惑をかけてしまうマナー違反を見かけることがあります。食べ放題といっても、あくまでも試食です。沖縄に来たら他にも食べたいグルメがいっぱい!食べ放題のパイナップルでお腹いっぱいにならないように注意しましょう。

沖縄「ナゴパイナップルパーク」楽しみ方見出し

パイナップル号

入園料金に含まれている「パイナップル号」は乗車してパーク内を巡ることができます。晴れの日は開放的に、また雨の日には雨避けカーテンが付いているので、天候や時期に左右されずに観覧できると人気です。通常、この手のツアーカーは有料のところが多いですが、こちらでは別料金は不要!特に小さな子供連れには嬉しいサービスです。

自動運転のカート定員は6人なので、グループやファミリーに人気です。ゆっくりと進みながら、パーク内で栽培している植物やパイナップルについて音声案内で説明してくれるので、意外と知らないパイナップルの生態についても学べてしまいます。

住所:沖縄県名護市為又1195ナゴパイナップルパーク内 電話番号:0980-53-3659

ウォーキングコース

広いパーク内を「パイナップル号」で巡る以外に、ウォーキングコースで細かなところまで観察してみると、沖縄とパイナップルの歴史や、市場ではあまり見ることのない珍しいパイナップルに出会うこともできます。時期を問わず常時5、6種類のパイナップルが生育中なので、時間がある方はこちらも必見です。

パイナップル食べ放題

パイナップルツアーを締めくくるのが、お楽しみの「パイナップル食べ放題」です。大皿に盛られたカットパインは試食用で、部位ごとにカットされているので色々と食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。また、時期によって収穫されるパイナップルも違うので、1度来たことがあってもまた別の味が楽しめそうです。

パイナップルの食べ放題以外にも、スイーツコーナーで「特大パイナップルパフェ」や「パインシュー」を味わうのもこちらの楽しみ方です。特に、フレッシュなパイナップルをふんだんに使った「特大パイナップルパフェ」は女性に人気!こちらに来たら是非ご賞味あれ。

沖縄「ナゴパイナップルパーク」の見どころ見出し

工場見学

名護市の名産である「パイナップル」の加工工場をテーマパーク化したナゴパイナップルパークでは、パイナップルを加工している様子をガラス越しに見学することができます。パイナップルの缶詰をはじめ、ゼリー、どら焼きなどパーク内で実際に販売されている商品の生産過程まで見学できるので、お土産に購入する人が多いのも納得です。

ワイン館

パーク内にある日本初のパイナップルワイナリーでは、新鮮なパイナップルだけを使用して作られた「ラグリマ・デリ・ソル」の試飲ができます。パイナップル100%のワインは甘口で口当たりが良く、お酒が苦手な人でも美味しくいただけそう。爽やかな風味は沖縄そのもの!お土産に購入してみては。

沖縄「ナゴパイナップルパーク」周辺ランチ見出し

名護観光に欠かせないのがランチスポットです。ここからは「ナゴパイナップルパーク」周辺で人気のランチスポットを3つご紹介します。パークからの移動に便利なお店の中から人気店をピックアップしました!

ステーキハウス 朝日レストラン

沖縄自動車・許田ICから20分のところにある「ステーキハウス朝日レストラン」は、名護でキャンプする日本ハムファイターズ御用達のお店としても有名なお店。目の前で焼き上げる極上のステーキには県内外からのファンが多く、行列ができることもしばしば。数量限定の「ビッグステーキ300g」は少し早めに来店して味わってみて下さい。

住所:沖縄県名護市為又1219-215 電話番号:0980-52-4251

大家(うふやー)

100年の歴史を刻む古民家を復元した「大家」は、時間の流れを感じさせない空間でいただく、沖縄料理とアグー料理が人気です。庭園の滝の音や、運んでくる風の音をBGMにゆったりとお食事が楽しめます。人気店の為、来店前には状況を確認してからがおすすめです。

住所:沖縄県名護市中山90 電話番号:0980-53-0280

我部祖河食堂 本店

1966年創業、元祖・ソーキそばのお店としても有名な「我部祖河食堂 本店」は、ソーキそばファンならば一度は食べてみたいお店です。県内に10店舗あるなかでも、名護にあるこちらが本店です。地元民に愛される「ソーキそば」は軟骨もトロットロで美味!こちらでは小サイズでもソーキが3つものる豪快さ。元祖の味を試してみて下さい。

住所:沖縄県名護市字我部祖河177民宿かねしろ荘 電話番号:0980-52-2888

ナゴパイナップルパークで南国沖縄を満喫見出し

ナゴパイナップルパークはいかがでしたか?入園料だけでパーク内ツアーにはじまり、工場見学、ワインの試飲、パイナップルの食べ放題と楽しみが盛りだくさんのパイナップルパークは、とってもお得な観光スポットでした。しかも全天候型の施設なので、お天気に恵まれない日でも満喫できそう!周辺には他にも施設がありますので、巡ってみるのも楽しいかもしれません。ご参考になれば幸いです。

沖縄北部を観光しよう!見どころが満載のスポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄北部を観光しよう!見どころが満載のスポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄北部は魅力的な観光スポットがいくつもあります。全国的にも有名な水族館、やんばると呼ばれる自然が多く残る地域、透明度の高い美しいビーチ、沖縄らしさを感じられるテーマパーク、興味深い道の駅など、沖縄北部の観光スポット、穴場スポットをご紹介します。
沖縄でおすすめの体験観光しよう!琉球ガラスやシーサーなどのものづくり!のイメージ
沖縄でおすすめの体験観光しよう!琉球ガラスやシーサーなどのものづくり!
国内旅行人気ナンバーワンと言えば沖縄ですが、沖縄に来たら何をして過ごしますか?マリンスポーツ、レジャー様々ある中で、おすすめはものづくり体験です。工房によって体験メニューも豊富でおすすめです!旅の前の計画にお役立てください。

関連キーワード

投稿日: 2017年6月12日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote