楊柳青で石家大院と青年画館を訪ねる!歴史ある町並みを散策!

2017年6月19日 (2020年9月6日最終更新)

天津郊外の町「楊柳青(ヤンリュウチン)」は青年画(やたら中国チックな絵)で有名です。またここには天津の富豪の旧家・石家大院があり、今は楊柳青博物館として観光用に解放されています。今回は楊柳青やその中心である石家大院の歴史や見所について紹介していきます。

目次

  1. 古き良き芸術の古都・楊柳青にようこそ!
  2. 楊柳青の博物館「石家大院」
  3. 楊柳青の博物館「楊柳青年画館」
  4. 楊柳青の食品街「天津南市食品街」
  5. 楊柳青周辺の商店街「天津古文化街」
  6. 楊柳青周辺の神殿「天后宮」
  7. 楊柳青周辺の観覧車「天津之眼」
  8. 楊柳青の景勝地「黄崖関長城」
  9. 楊柳青周辺のアウトレット「佛羅倫薩小鎮」
  10. 芸術と歴史の古都・楊柳青に行こう!

古き良き芸術の古都・楊柳青にようこそ!

16230172 366724967016378 1345289026755624960 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
rogerlee21

清末天津八大家の1つ「尊美堂」の邸宅(俗称:石家大院)を中心として明・清朝時代の街並みを再現した楊柳青には、今でも多くのお店が集まっています。郊外にあるこの石家大院は勿論、天津周辺には観光施設や商店街が多く揃っています。楊柳青を初めとした天津の歴史溢れる観光地について紹介しますので、旅行の際は参考にしてください。

楊柳青の博物館「石家大院」

1000年の歴史を持つ楊柳青の中心地

楊柳青の中心的存在である石家大院は敷地の広さや豪華さもさる事ながら、建物の至る所に彫り込まれた彫刻が見物です。邸宅を飾る彫刻は芸術の域に達しており、思わずため息が出るほど美しいと言われています。石家大院の建築構造は北京でもよく見られる「四合院」ですが、楊柳青は大規模なので伝統建築が好きな人には楽しめるでしょう。

16585053 249924828796910 5519965606033489920 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
linyungsyuan

石家大院はかなり広く、全てを見て回るには2時間ほどかかります。青年画以外にも楊柳青名産の泥人形による天津人の暮らしぶりの再現など変遷を感じさせる造りも特徴です。当時の富豪の生活様式や風俗がそのままわかるので歴史的価値のある場所です。時間帯によっては歌劇も行われているので、そこでも当時の歴史を知る事が出来ます。

924441 322585491282842 1822982746 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
m3lv1ntjendana

石家大院を語る上で欠かせないのは、何と言っても保存状態が良い事。屋敷や劇場もさる事ながら、中庭まで広くてキレイなまま残っています。ここまでハッキリとした形で残っているのは中国建築の中でも非常に珍しいとされています。清代末期から民国初期にかけての風俗を色濃く伝えており、現在は時代劇や映画の撮影にも使われています。

楊柳青の博物館「楊柳青年画館」

1枚1枚手作業で作られている年画の宝庫!

15056738 1375551579123762 1701754007900389376 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tedxbohaibay

中国の春節飾るおめでたい絵として古くから親しまれている「年画」ですが、中でも楊柳青は全国でも有名な四大年画の1つに数えられています。職人さんによる手作業で1枚1枚仕上げられる年画は繊細で色彩豊かです。展示室に飾られた数々の作品や職人さんの作業風景などが実際に見学出来ます。興味のある人は是非足を運んでみてください。

楊柳青年画のモデルとして一番多いのは子供です。なぜ子供なんでしょうか?理由は子供が家庭円満の象徴であり、更にそれがプクプクとしている事は裕福の象徴になるからです。そんな子供が同じく裕福の象徴である魚を抱き抱えたり、牡丹の花に囲まれている絵が多く見られます。縁起物だらけの年画はお土産や贈り物にもピッタリです。

楊柳青の食品街「天津南市食品街」

色々な食品店が集う天津の食文化の中心地

天津駅から西へ2キロ行った所にある天津の巨大食品街です。天津名物「狗不理包子」や「麻花」の店などがズラリと並んでおり、郊外や海外からの観光客も多いようです。また地下鉄2号線が開通してからは交通の便も良くなったので、観光客にも大分便利になりました。南市商店街や鼓楼商店街観光の際は、ここで食事を摂ると良いでしょう。

14717447 2146768685547385 1436889705537863680 n
cahyohui

数ある天津名物の中でも筆者がイチオシしたいのは、麻花(マーファ)というお菓子です。麻花は佐藤をまぶしてから油で揚げて作る、かりんとうのようなお菓子です。油で揚げてありますが、1ヶ月以上湿ったりせず風味もなかなか落ちないという、味以外の人気もあります。生地の中心にゴマやクルミを混ぜたものもあるのが意外と奥深いです。

14240646 1762226110710281 2071352944 n
piecebypiecestyle

南市食品街の店舗は屋台のようなものが多く、狗不理包子や麻花以外にもアメによる絵描きの実演といった珍しいものも行っています。他の都市から来た観光客も混じっており、かなり賑やかな印象を与えますが、量はかなり多いのでご注意ください。一品でも10個以上あるので、食べきれなくてギブアップしたという報告もかなりあります。

楊柳青周辺の商店街「天津古文化街」

800年以上の歴史を持つ天津の商店街

18252817 1674951469475838 7966743332795711488 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
linchengxuanpku

中国の昔の街並みを再現したお土産街です。日本から来た観光客の皆さんはこの風景を味わいながらお土産を買うのに良いかもしれません。古文化街は30年以上の歴史がある商店街で、天津特産の古書・青年画などのお店が数多く並んでいます。所々に飲食コーナーもあり、デンプン質のものに自由にトッピング出来る「茶湯」などが有名です。

古文化街にある建築は全て木とレンガで建てられ、清代の民間建築を基に建造されたと言います。80軒近くの店舗は古典名作・神話・民話などを題材とした油絵や木彫りで装飾されています。古いものがそのまま残されているというよりキレイにリノベーションされたテーマパークのような場所です。中国文化に触れたい人は足を運んでください。

楊柳青周辺の神殿「天后宮」

天津最古の建物!海の女神を祀る神殿!

19050445 174551833082248 5632981043293192192 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
chipiron1025

道教において航海と漁業の守護神「媽祖」を祀る廟(神殿)で、数百年の歴史を持つ場所です。海に面して北京を背にする天津は古くから交通の要であり、媽祖を大事に参拝する為に天后宮は建てられたと言います。台湾本島でも多くの天后宮が建てられており、今でも天后宮観光は台湾旅行のメジャーな見学コースとして挙げられています。

1326年に創建された天后宮はエレガントなデザインが特徴で、内部も豪華で素晴らしい内装と歴史的な遺物を見る事が出来ます。また本格的な天后宮参りをしたいなら、媽祖の誕生日である旧暦3月23日を目指せば台湾全土で行われている盛大なお祭りに参加出来るのでオススメです。シーフードなど地元の名物を試してみるのも良いですよ。

楊柳青周辺の観覧車「天津之眼」

世界初にして唯一!河に跨る観覧車!

天津之眼(天津アイ)とは大観覧車の事です。天津区河北区の永楽橋の上に建てられた、世界一にして唯一の河に跨る観覧車です。周囲に遊園地がなく、観覧車だけ独立しているという点でも珍しい存在です。およそ35階建てに相当する天津之眼の高さは、イギリス・ロンドンにある「ロンドンアイ」を超す世界一の観覧車ならではと言えます。

19228761 124505621468660 6629789274193526784 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
deadbuss

天津之眼という名前は、最高地点に達すると周囲の景色を隅々まで一望出来る事から名付けられました。中国の人々と相乗りになる事もありますが、言葉は通じなくても同じ景色に感動したり写真を撮ったりと結構打ち解けてしまえたりします。この機に国境を越えて仲良くなるのも良いでしょう。きっと素敵な思い出作りになりますよ。

楊柳青の景勝地「黄崖関長城」

夕陽と共に黄金に輝く万里の長城!

14547551 187882538317088 7181393087954944000 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sash_a_ustinova

天津郊外の山々にある関所の1つで、その中でも一番堅固な関所だと評価されています。557年に創設され、その後いくつかの改修を繰り返し、明代に大規模な工事が行われ現在の形になりました。黄崖関の東側にある崖の岩が殆ど黄褐色なので、夕陽に当たると極彩色に美しく輝き、「晩照黄崖」の美称を持つので黄崖関長城と名付けられました。

13437405 261535734238258 1953433310 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
uru617

現在黄崖関は観光スポットとして開発され、郊外や海外からの観光者が年に何十万人も訪れています。元々「黄崖夕日」「二龍戯珠」「雲海煙波」という三大奇観があり、雄大・険しさ・秀麗・古風の四大特徴を持っています。近年では中国初の長城博物館が建築され、新しい景観も加わりました。中国独特な自然風景と文化をお楽しみください。

楊柳青周辺のアウトレット「佛羅倫薩小鎮」

ルネッサンス時代を思わせるアウトレット街

14583324 1175661529183456 4036381913701679104 n
gumyeez

ルネッサンス時代のイタリアの街並みを思わせる大型アウトレットモールです。世界の著名なブランドショップが200店を超え、近くには駅もあるので郊外からのアクセスにも便利です。休日には地元人だけでなく、周囲の北京や河北からも人が集まります。ヨーロッパ調の建築様式を楽しみながらリラックス出来る天津の人気スポットです。

佛羅倫薩小鎮の内装は以下のような感じです。1階はブランドショップが多く、ナイキやプーマのような一般的なお店からフェラガモといった高級店まで揃えています。2階はよりカジュアルなお店が並んでいますが、それよりも飲食店やカフェの方が多いです。一般的な小売店よりも30%引きの値段で売られているので、空港よりもお得に買えます。

19228597 140749296497825 6903748625071865856 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
vespakk_1020

いかがだったでしょうか?カジュアルブランドやスポーツ用品、帽子やポーチなどの小物も市内より安いので、郊外にいながらお得な買い物が出来るという点で佛羅倫薩小鎮はオススメです。買い物気分でじっくりと来るのも良いですが、土日は予想外の人出で込み合うそうなので、じっくりと品定めしたい人は平日に訪れる事をオススメします。

芸術と歴史の古都・楊柳青に行こう!

16465143 424496394559319 2728585851201126400 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hanyi.zhang

楊柳青は文化と歴史を感じさせる町です。青年画を初め当時の文化を色濃く残した民芸芸術が未だ息づいており、郊外にあるこの町を訪れる人は、国外問わず後を絶ちません。繊細で色彩豊かな青年画には筆者も心惹かれる気分になります。皆さんも行って、是非この絵や町の風景をご覧になってください。旅行でのご無事をお祈りしています。

800px tianjin tv tower grounds天津の観光おすすめスポット21選!絶対行きたい定番は?穴場も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
中国北方最大の港湾都市である天津には、魅力あふれる観光スポットが数多くあります。古き租界の文...

関連記事

578.thumb
この記事のライター
木戸楠龍
福島生まれ福島育ちの木戸楠龍です。美味しいモノと旅行が好きで、休日には人気の飲食店に足を運ぶのがやめられません。ネットを通じて土地の魅力や名物を伝える事で、休日が今よりもっと楽しみになるようになれればと思います。ランチやティータイムにオススメな飲食店も紹介しますので、参考にしていただければ幸いです!

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する